七十七銀行カードローン「77スマートネクスト」「77カードローン」の特徴まとめ…条件が揃えばお得に利用可能

銀行

七十七銀行は宮城県仙台市に本店を置く地方銀行で、カードローンは「77スマートネクスト」と「77カードローン」という2つの商品を展開しています。

77スマートネクストは様々な面で平均的で、利用しやすいカードローンとなっていますが、77カードローンはかなり限定的なカードローンとなっていますが、条件が揃うととてもお得に利用することが出来るカードローンになっています。

このような特徴をもっている2つのカードローンの詳しい内容や違いなどについて紹介していきます。

スポンサードリンク

77スマートネクストの商品概要

スマートネクストの詳しい商品内容について紹介していきます。

利用条件契約時に満20歳以上70歳未満の方
・安定した定期収入のある方
使用用途自由(事業資金を除く)
利用限度額10万円~500万円

10万円・20万円・30万円・40万円・50万円・60万円・70万円・80万円・90万円・100万円・110万円・120万円・130万円・130万円・150万円・180万円・200万円・250万円・300万円・400万円・500万円の20種類のいずれか
契約期間1年(自動更新)
金利年4.9%~14.8%

利用限度額金利
100万円未満年14.8%
100万円~200万円以下年12.0%
200万円~300万円以下年7.7%
300万円~400万円以下年6.9%
400万円~500万円以下年4.9%
遅延損害金年18.0%
借入方法・ATM借入れ
・窓口借入れ
返済方法・ATM返済
・口座引落し
返済方式残高スライド元利定額リボルビング方式

借入残高返済額
2,000円以下残高全て
2,000円~10万円以下2,000円
10万円~30万円以下5,000円
30万円~50万円以下10,000円
50万円~80万円以下15,000円
80万円~100万円以下20,000円
100万円~150万円以下25,000円
150万円~200万円以下30,000円
200万円~250万円以下40,000円
250万円~300万円以下50,000円
300万円~400万円以下60,000円
400万円~500万円以下70,000円
担保・保証人不要
保証会社エム・ユー信用保証株式会社

以上が77スマートネクストの利用条件や金利、利用限度額などの詳細な内容の紹介でした。

77スマートネクストの特徴

77スマートネクストの詳しい商品内容について紹介したので、次は特徴などについて紹介していきます。

利用限度額・金利は平均的

77スマートネクストの利用限度額は500万円までで、金利は4.8%~14.8%に設定されています。

この数字は利用限度額と金利ともに銀行カードローンの中でも平均的といえる高くもなく安くもないという数字になっています。

ですがカードローンの中には上限金利か下限金利のどちらかの金利が低くなっていると、もう片方の金利が若干高めに設定されていることがあります。

そう考えると平均的だからこそ少額を借りる人にも大きな金額を借りる人にとっても対応することができるカードローンとも言うことが出来ます。

口座を持っているとWEB完結可能

七十七銀行の銀行口座を既に持っているという前提ですが、77スマートネクストではWEB完結に対応しています。

WEB完結はカードローンを契約する際に店頭に行く必要が全く無く、申し込みから正式契約まで全てインターネットを通して行うことができます。

平日の夕方までに店頭へ行かない契約できないカードローンではなかなか気軽に申し込むことが出来ませんが、WEB完結であれば時間を気にせずいつでも申し込みを行うことが出来るので、忙しい人にっても便利な契約方法になっています。

口座を持っていないという場合はインターネット申し込みの他に

  • 電話
  • FAX
  • 郵送

などの申込方法があるのでこのような方法で申し込みを行うことが出来ますが、WEB完結のように家から出ずにインターネットで契約を終わらせることはできないので、店頭に行ったり郵送を行って口座を作成するなどの作業が必要になります。

利用限度額は少量規制と同等程度

申し込みを行うと申請された情報を元に審査が行われますが、その際に利用限度額を決めるのは主に申込者の年収を基準に決められます。

銀行では明確な基準はありませんが、大体年収の1/2程度を目安に借りる事ができるようですが、アコムやアイフルのような消費者金融の場合は、貸金業法という法律の中の総量規制という決まりがあり、貸すことが出来る金額は年収の1/3までと決まっています。

77スマートネクストでは銀行でありながら借りられる金額は、消費者金融の総量規制と同等の年収の1/3以内に設定されています。

これは借りられる金額が少なくなってしまうとも言えますが、借り過ぎを防ぐことができるという一面もあるので、便利だからといって使いすぎたくないという人にとっては有り難いかもしれません。

自動融資に対応

77スマートネクストでは自動融資に対応しています。

自動融資とは七十七銀行の口座で電気や水道、ガス料金などの公共料金を引落しで支払っていた場合に万が一口座残高が足りずに引落しが出来なかったという場合に、足りなかった金額分を自動でカードローンからお金を借りて支払ってくれるというサービスです。

もちろん自動融資を利用した分の金額はカードローンに上乗せされますが、払い忘れなどを防ぐことが出来るので万が一の時にとても役立つ便利なサービスとなっています。

ですが全ての口座引落しの料金に対応している訳ではなく対応している項目は以下のようになっています。

  • 5大公共料金
  • 学費の自動振替
  • クレジットカード利用代金の引落し
  • 税金
  • 保険料
スポンサードリンク

77スマートネクストのイマイチな点

77スマートネクストの特徴やメリットについて説明した後は、イマイチな点などについても紹介していきます。

七十七銀行の口座が必須

七十七銀行の口座を持っているとWEB完結が可能と紹介しましたが、持っていない場合は新たに口座を作成してからカードローンの正式契約となるので、メインバンクで使うつもりがない場合でも作成するしかありません。

既にメインバンクの口座などがある場合は、新しい口座を作ると通帳やカード類、暗証番号、印鑑など注意して保管しておかないといけないものが増えるということになるので、手間が増えてしまうことになります。

自社の口座が無くても利用できるカードローンも存在するので、その点を考えると若干不便に感じる人もいると思います。

即日融資・振込融資に対応していない

77スマートネクストではWEB完結を行うことができますが、WEB完結ができるカードローンに多い審査を申し込んだその日に審査を終えてお金を貸してもらうことの出来る即日融資には対応していません。

2018年1月より銀行系カードローンの即日回答が出来なくなり即日融資は不可能になりました。

さらに正式な契約を行った後でもローンカードが郵送されてくるまでATMを利用することが出来ないので、ローンカードが届くまでの期間もカードローンを利用することが出来ません。

ほかの地方銀行では、ローンカードが手元に届く前でも利用できるように契約後に銀行にお願いすれば直接口座に振り込んでくれる振込融資を行っている銀行もありますが、77スマートネクストは振込融資にも対応していません。

カードローンが郵送されてくるまで利用することが出来ないので、急いでお金を借りたいという場合には向かないかもしれません。

コンビニATMを利用するには手数料が必要

77スマートネクストではお金を借りるのにも返済する場合にも七十七銀行ATMやコンビニのATMを利用して行うことができますが、もっとも身近にあるであろうコンビニATMを利用する場合は手数料が必要となります。

七十七銀行のATMや提携銀行のATMであれば無料で利用することができますが、それほど設置数が多いわけではないので、身近にあるとは限りません。

1回の手数料は100円~200円程ですが毎月の返済などで利用した場合にはそれなりの金額にもなるので、できるだけ無料で利用することの出来る七十七銀行のATMや提携銀行のATMを探しておくようにしましょう。

77スマートネクストで利用できるATMは以下のようになっています。

手数料無料
七十七銀行ATM
みやぎネット
MYキャッシュポイント
東北銀行ATM
北日本銀行ATM
手数料有料
セブン銀行ATM
イーネット
ローソンATM

77カードローンの商品概要

七十七銀行のもう1つのカードローン「77カードローン」の商品の詳しい内容について紹介していきます。

利用条件・申込時の年齢が20歳以上68歳未満の方
・勤続年数1年以上、営業年数3年以上の方
・前年の税込み収入(自営業の場合は申告所得)が150万円以上
使用用途自由(事業資金を除く)
利用限度額10万円~300万円

10万円・20万円・30万円・40万円・50万円・60万円・70万円・80万円・90万円・100万円・110万円・120万円・130万円・130万円・150万円・180万円・200万円・250万円・300万円の18種類のいずれか
契約期間1年(自動更新)
金利年11%(固定)
利用限度額が100万円以下の場合は取引項目に応じて金利が引き下げられる

取引項目引き下げ率(年率)
消費者ローン・住宅金融支援機構-0.7%
給与振込・年金受取-0.7%
総合口座(定期10万円以上)-0.5%
積立預金・財形預金-0.5%
77カード-0.4%
5大公共料金・学費自動振替(2項目以上)-0.3%

※利用限度額が100万円の場合は取引項目にかかわらず金利から3.1%引き下げられる

返済方法・口座引落し
・ATM振込
返済方式残高スライド元利定額リボルビング方式

借入残高返済額
5,000円~30万円以下5,000円
30万円~50万円以下10,000円
50万円~80万円以下15,000円
80万円~100万円以下20,000円
100万円~150万円以下25,000円
150万円~300万円以下30,000円
担保・保証人不要
保証会社株式会社七十七カード

以上が77カードローンの利用条件や金利、利用限度額などについての詳細な内容の紹介でした。

スポンサードリンク

「77カードローン」の特徴と「77スマートネクストの違い」

77カードローンの詳しい商品についての紹介を行った後は、特徴やメリットなどについて紹介していきます。

利用限度額は300万円、金利は固定

77カードローンの利用限度額は300万円まで、金利は11%と固定されています。

利用限度額を見ていみると77スマートネクストとくらべてみると500万円と300万円までとなっているので、77カードローンのほうが200万円も低くなっています。

ですが金利を比べてみると77カードローンは300万円までのお金をいくら借りたとしても金利は11%と固定されているので、つまり10万円借りても300万円借りた場合でも金利は11%という事になります。

100万円程度を借りる場合は低金利

この11%という金利は他の銀行のカードローンと比べてみると、300万円をかりて11%という数字は若干高めの設定になっているので、それほどお得な金利というわけではありません。

ですが100万円を借りた場合に11%の金利というのはかなりの低金利となっていて、他のカードローンでは安くても13%の後半程度に設定されているので、2%~3%程度低い数字になっています。

この後に紹介しますが77カードローンでは最大3.1%金利を引き下げることが可能となっていますが、その場合に300万円借りた場合には7.9%となりますが、それでもやっと平均程度の金利なので、やはり特筆するほどの金利の低さというわけではありません。

ですが金利が下げられたあとの場合は200万円くらいまではかなり低金利といえる数字になっています。

なので77カードローンを借りる場合は金利が11%のときは100万円程度まで、金利が最大に引き下げられた後ならば200万円程度まで借りると最もお得に利用することが出来ます。

七十七銀行の利用していると金利が引き下げられる

77カードローンは金利が11%固定というのはとてもユニークですが、ユニークなのはそれだけではなく、七十七銀行の口座で引落しなどを行っていると金利を引き下げてくれるサービスがあります。

金利が引き下げられる対象になっているのは以下のような取引を行っている場合です。

取引項目引き下げ率(年率)
消費者ローン・住宅金融支援機構-0.7%
給与振込・年金受取-0.7%
総合口座(定期10万円以上)-0.5%
積立預金・財形預金-0.5%
77カード-0.4%
5大公共料金・学費自動振替(2項目以上)-0.3%

このような取引が対象となっていて全てを合計すると3.1%の金利を引き下げることが出来ることになりますが、さすがに全てを利用することは難しいです。

ですが中には給与振込や公共料金の引落しなどの比較的手続きをすれば簡単なものもあるので、出来る範囲で行うことで11%の金利から対応した金利が引き下げられることになります。

ただし77カードローンの利用限度額が100万円を超えている場合は上記された項目の中の1つでも当てはまれば3.1%の金利が引き下げられることになるので、金利は最高で7.9%まで下げることができます。

勤続年数・年収の設定がある

カードローンの利用条件の多くに「安定した収入がある方」という条件が追加されていますが、77カードローンでは年収や勤続年数という具体的な数字が明記されています。

フリーローンではこのような年収や勤続年数が条件として設定されているのは珍しくないですが、カードローンでこのように具体的な数字が設定されているのは珍しいです。

なので普通のカードローンよりも利用条件が厳しく設定されていて、年収150万円以上というのは正社員で働いている方であればそれほど難しい条件ではありませんが、アルバイトやパートの人にとっては厳しい場合があるかもしれません。

宮城県内のみ申込可能

地方銀行では支店がある地域のみしか利用することが出来ないという事は珍しくありませんが、77カードローンも地域限定でしか利用することが出来ません。

さらに77カードローンでは支店がある地域でも利用することが出来ず、本店のある宮城県内しか申し込みをすることが出来ないので、より地域が限定されています。

なので通常の地方銀行のカードローンよりも利用できる人はかなり限られてくるので、宮城県以外で77カードローンを利用したいと思った場合に近くに七十七銀行の支店があった場合でも利用することはできないので注意しましょう。

自動融資に対応

77スマートネクストでも対応していた自動融資に77カードローンも対応しているので、同じように公共料金など引落しの際に口座残高が足りない場合は自動で支払ってくれるので払い忘れを心配する必要がなくなります。

まとめ

以上が七十七銀行のカードローン「77スマートネクスト」「77カードローン」の特徴やイマイチな点についての紹介でした。

77スマートネクストは銀行カードローンの中でも平均的なものになっている印象で様々な状況に対応できるカードローンとなっています。

一方で77カードローンは宮城県限定であったり年収や勤続年数の設定があったりとかなり対象隣る人が限定的ではありますが、100万円~200万円程度の金額を借りる場合にはとてもお得な金利で借りることが可能となっています。

なので多少審査や条件が厳しかったとしても低い金利で借りたいという場合は77カードローンを選ぶといいでしょう。