イオン銀行「イオン銀行カードローン」特徴まとめ

銀行

イオン銀行はイオングループの銀行で、カードローンは「イオン銀行カードローン」を展開しています。

イオン銀行カードローンは他のネット銀行カードローン同様に利便性の高いカードローンとなっていますが、自動融資や返済方法の選択などより便利に利用することが出来るカードローンとなっています。

そんなセブン銀行カードローンについて特長などについて詳しく紹介していくのでカードローン選びの参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

イオン銀行カードローンの商品概要

イオン銀行のカードローン「イオン銀行カードローン」の詳しい商品内容は以下のようになっています。

利用条件
  • 日本国内に居住している方、外国籍の方は永住許可を受けている方
  • 契約時満20歳以上、満65歳未満の方
  • 本人または配偶者に安定かつ継続した収入のある方
    ※パート・アルバイト、自営業者、専業主婦の方も利用可、学生は不可
  • 保証会社の保証を受けられる方
使用用途自由(事業資金を除く)
契約期間1年(自動更新)
利用限度額10万円~800万円(10万円単位)
金利年3.8%~13.8%(変動金利型)

利用限度額金利
10万円~90万円年11.8%~13.8%
100万円~190万円年8.8%~13.8%
200万円~290万円年11.8%~5.8%
300万円~390万円年4.8%~8.8%
400万円~490万円年3.8%~8.8%
500万円~590万円年3.8%~7.8%
600万円~790万円年3.8%~5.8%
800万円年3.8%
借入方法ATM借入れ
返済方法毎月20日口座引落し
ATM振込(毎月1日~20日までに)
返済方式残高スライド元利定額リボルビング方式

借入残高返済額
3万円以下1,000円
3万円~5万円以下2,000円
5万円~10万円以下3,000円
10万円~20万円以下5,000円
20万円~50万円以下10,000円
50万円~100万円以下15,000円
100万円~150万円以下25,000円
150万円~200万円以下30,000円
200万円~300万円以下35,000円
300万円~500万円以下40,000円
500万円~600万円以下50,000円
600万円~700万円以下60,000円
700万円以上70,000円
担保・保証人不要
保証会社イオンクレジットサービス株式会社
オリックス・クレジット株式会社

以上がイオン銀行カードローンの利用条件や金利、利用限度額などの詳しい商品内容の紹介でした。

イオン銀行カードローンの特徴

詳しい商品内容を紹介した後はイオン銀行カードローンの特徴などについて紹介していきます。

利用限度額は800万円まで

イオン銀行カードローンの利用限度額は10万円~800万円で、利用限度額は通常では3.8%~13.8%に設定されています。

利用限度額の上限800万円は銀行カードローンの中でもトップクラスの金額の高さとなっているので、多くの金額を利用したいという方にとっても十分満足できる金額になっています。

金利については100万円以下の比較的少ない金額を借りる際に重要になる上限金利は年13.8%となっていて、銀行カードローンの平均は年14.5%程度なのでお得に利用する事ができます。

ネット銀行のカードローンでは消費者金融並の18%になっていることもあるのでネット銀行に限定するとはかなりの低金利と言えます。

一方で利用限度額の上限に近い金額をかりる際に重要になる下限金利は年3.8%でカードローンの利用限度額の上限800万円で同額の銀行カードローンでは年3.0%になっていることが多いので、年3.8%というのは平均よりも高い金利となっています。

なのでイオン銀行カードローンは上限金利を利用する際に最もお得に利用する事が出来るカードローンとなっています。

WEB完結が可能

イオン銀行カードローンは店頭へ行くことなくインターネットのみで申し込みから契約まで行うことが出来るWEB完結に対応しています。

銀行の中にはインターネットからの申し込みには対応していても最終的に契約を行うには店頭窓口で行わないといけないカードローンもあります。

その場合は窓口が営業している平日の15時前までに店頭へ行く必要がありますが、忙しい方にとっては平日の昼に銀行へ行くのは難しいという方もいると思います。

そんな場合でもネット銀行であるイオン銀行カードローンであれば24時間インターネットからの申し込みから契約までが可能で、自分の好きな時間に行うことができるので、忙しい方であっても手軽に契約を行うことが可能となっています。

銀行カードローンを利用するには利用する銀行の口座が必要になることが多いですが、イオン銀行カードローンでは口座引落し以外の返済方法も選ぶことが出来るので、イオン銀行の口座を持っていない場合でも申し込むことが出来ます。

なのでイオン銀行の口座をわざわざ作らないでも申し込むことが出来るので、イオン銀行の口座を持っていない場合でも口座開設の手間なく申し込み可能となっています。

即日融資は不可能

ネット銀行に限らず一部の規模の大きな銀行などではWEB完結を可能にしている銀行があり、その中には申し込んだその日の内にお金を借りることが出来る即日融資に対応していたカードローンも少なくありませんでした。

ネット銀行の場合は申し込みが主にインターネットからなので素早く申し込みから契約までを行うことができるので即日融資を売りにしているカードローンもありましたが、現在ではネット銀行を含め銀行カードローンの即日融資は不可能となっています。

というのも2018年1月から審査が厳しくなり反社会的勢力への融資を防ぐ為に申込者が反社会的勢力に属していないか1度警察のデータベースと照らし合わせる必要ができました。

その参照は銀行自体ができる訳ではなく警察に頼んで行ってもらうので時間が掛かり今までのように申し込んだその日の内に審査結果が出るというスピードを出すことが出来なくなったからです。

なので情報が少し古めの記事などでは即日融資可能となっていることもありますが、全ての銀行では即日融資は不可能と考えてもらっても問題ありません。

ですが即日融資が不可能なのは銀行のカードローンだけで、消費者金融のカードローンは今まで通りに即日融資が可能となっています。

振込融資に対応

カードローンからお金を借りる方法としてATM借入れがありますが、ATMからお金を引き出すにはローンカードが必要になります。

ATMからお金を引き出すのに必要になるローンカードは契約後に郵送されてくるので、手元に届くまで基本的にお金を借りる事ができません。

ローンカードが手元に届くまで利用できないというものも多いですが、銀行カードローンの中には振込融資に対応しているものがあり、イオン銀行カードローンも振込融資に対応しています。

振込融資というのは、ローンカードが手元に届いていない状態であっても振込融資に対応しているカードローンであれば、契約時に銀行にお願いすることで直接口座に金額を振り込んでくれるので、ローンカードが手元に届く前にお金を借りることが出来るサービスの事です。

イオン銀行カードローンはその振込融資に対応していて、契約後のローンカードが届くまでの期間限定ですが申請を行えば契約したその日の内にイオン銀行の口座だけでなく、指定の銀行口座に振り込んでもらうことが可能です。

なので即日融資までの早さではないですが、ローンカードが届くまで待つ必要がないので早く借りたいという方にとってはありがたいカードローンとなっています。

返済方法を選ぶことが可能

多くの銀行カードローンでは返済方法は「口座引落し」か「ATM振込」のどちらかが採用されていますが、イオン銀行カードローンではどちらにも対応しているので自分に合った返済方法を選ぶことが可能となっています。

口座引落型は毎月指定した日に自動的にイオン銀行銀行の口座だけでなく他の金融機関のからでも返済額を引き落とす事が出来る返済方法で、自分で振り込む手間もなく手軽に返済することが出来ます。

ですが返済にはイオン銀行口座が必要であったり、記帳した場合にカードローンからの引き落としがあったことが分かってしまうので、家族などにバレずに利用したいという方にとっては不安の残る返済方法となっています。

ATM振込は毎月1日から20日までに自分でイオン銀行ATMやコンビニATMなどから返済額を振り込む必要があるので口座引落しよりも手間は掛かってしまいます。

ですがATM振込であればイオン銀行の口座を持っていない場合でも新たに開設すること無く利用可能ですし、口座引落しのように記帳した場合でも記録に残る事はないので、誰にも知られずに利用したい場合は安心して利用できる返済方法となっています。

このような2つの返済方法があるので自分に合った返済方法を選択しましょう。

返済額は1,000円から

イオン銀行カードローンの返済額は借りているお金の残高が3万円以下の場合は毎月1,000円からとなっているので、毎月の返済額が少なく家計の負担になりにくく気軽に利用することが出来るようになっています。

気軽に利用することは利点ではありますが、逆を言うと毎月の返済額が少ないという事は完済するまでの期間が長くなるという事で、期間が長くなるとその分利息を多く支払う必要があります。

なので出来るだけ支払う利息を抑えたいという場合は毎月の返済額に加えて繰上げ返済を行うことが重要になります。

繰上げ返済とは随時返済とも呼ばれ、毎月の返済額に加えてお金を振り込むことで、より早く借りている金額を減らすことができる返済方法です。

毎月の返済額はその中から利息分を引いた金額が返済金額となるので、毎月支払っている金額が全て借りている金額の返済に充てられているわけではありません。

ですが繰上げ返済を行うと繰上げ返済で支払った金額はそのまま全て借りているお金の返済に充てられるのでより素早く借りている金額を減らすことができます。

なので支払う利息を減らしたいという場合は毎月の返済だけでなく、無理のない程度に繰上げ返済を行うようにしましょう。

自動融資に対応

イオン銀行カードローンは自動融資に対応していてイオン銀行の口座でクレジットや公共料金の引き落としなどを行っている場合に自動融資のサービスを受けることが可能となっています。

自動融資とは利用しているカードローンを提供している銀行の口座でクレジットカードや公共料金を引落しで支払っている場合に、万が一口座残高が引き落とし額よりも少なかった場合には支払うことが出来ません。

自動融資に対応していれば自動で不足分をカードローンから借りる事ができ、引落し可能にしてくれるサービスのことを言います。

なので万が一残高が足りなかった場合でも延滞などを発生させること無く支払いができるのでとても便利なサービスとなっています。

もちろん自動融資で補填された金額はカードローンから借りた事になるので返済するべき金額は増えていくことになるので、できるだけ利用しないことに事したことはないので計画的に利用していくようにしましょう。

ただしイオン銀行の場合は以下に該当する場合は自動融資の対象にはなりません。

  • 積立定期預金・投信自動積立および利息支払い
  • イオン銀行ローンの元金返済および利息支払い
  • WAONへのオートチャージ
  • イオンクレジットサービス株式会社の引き落とし

金利は変動金利型

カードローンの多くは固定金利型といって基本的には金利は一定となっている金利方式を採用していますが、金利が低めのカードローンで採用されていることが多い方式が変動金利型です。

この変動金利型は固定金利型のように金利が一定ではなく、年に2回程金利の見直しが行われるので金利が変わっていく金利方式となっています。

住宅ローンや自動車ローンでは契約時の金利が適応されて金利が変動しても金利は変わらないというプランもありますが、カードローンでは金利が変更されると契約後であっても、カードローンの金利に反映されることになります。

ですが一気に数%の金利が上昇するといった金利が極端に上がり下がりすることは基本的にないので、それほど気にする必要はないかもしれません。

パート・アルバイト・専業主婦の方も利用可能

カードローンを選ぶ際に消費者金融は審査に通りやすくて、銀行は審査に通りにくいというイメージがあると思いますが、銀行のカードローンであってもパート・アルバイト・年金生活者の方であっても利用できるカードローンが存在します。

イオン銀行カードローンでもパート・アルバイト・年金受給者・専業主婦の方も利用可能となっています。

パート・アルバイトの方たちはそれほど収入が多いわけではないので、借りる事ができる金額は低くなりがちですが、その際に重要になってくるのは上限金利です。

その上限金利は消費者金融のカードローンと銀行カードローンの平均を比べると4%近く差があり、数百万円借りる際に重要になる下限金利よりも大きな差があります。

なので少額のお金を借りる時こそ銀行カードローンを利用するのがお得になるので、パート・アルバイトなどの方も消費者金融カードローンだけでなく銀行カードローンも選択肢に入れてみましょう。

保証会社が2社

カードローンは契約する前に審査を行いますが、この審査を行うのはほとんどの場合銀行自身が行うのではなく外部の保証会社に審査を委託して行ってもらいます。

通常のカードローンでは保証会社は1社の所が多いですが、イオン銀行カードローンでは保証会社が2社入っています。

保証会社が2社も入っていると両方から保証を受けられないと契約することが出来ないと思ってしまいがちですが、実はそうではなく2社の内どちらかの保証を受けることができれば契約を行うことが出来るようになっています。

どういう事かというと、保証会社は申込者を審査してこの人にお金を貸してもいいというお墨付きをつけるだけではなく、お墨付きをつけた人が返済できなくなって締まった際にその返済できなくなった金額を肩代わりして銀行に支払うという役割もあります。

なので銀行からしてみれば2社の内どちらかが申込者の責任をもってくれればいいということになるので保証会社1社のみから保証を受けるだけでいいという訳です。

なので保証会社が多いと審査が厳しくなるわけではなく、むしろ保証会社が多いほうがチャンスが多くなるので審査に通りやすくなります。

そのような事から保証会社が2社入っているイオン銀行カードローンは2回のチャンスがあるので他の銀行カードローンよりもより審査に通るチャンスが多いことになるので審査に通る確率を少しでもあげたいという方にとってはおすすめできるカードローンとなっています。

全国から申込可能

店舗型の銀行の場合は本店や支店がある地域に住んでいるか、勤務していないとカードローンに申し込む事ができないという場合も多いですが、ネット銀行でるイオン銀行であれば店舗がないので日本中どこからでも申し込むことができます。

返済も口座引落しと全国のコンビニATMなどからできますし、現金を引き出すのもコンビニやゆうちょ銀行から行うことができるので、店舗がないネット銀行でも便利に利用することが可能となっています。

なので自分の地域の銀行で納得いくカードローンが無いという場合はネット銀行を検討してみてはいかがでしょうか。

コンビニATMを手数料無料で利用可能

イオン銀行のカードローン店舗をもたないので自社ATMはなく、全国のコンビニATMなどを利用してお金を引き出すことになります。

銀行カードローンでもコンビニATMなどを利用してお金を借りることは出来ますが手数料が必要であったり、無料であっても平日のみであったり時間が決められている場合がほとんどです。

ですがカードローンであれば一部のコンビニATMやゆうちょ銀行などでATM利用可能時間であればいつでも手数料無料で利用することが可能となっています。

ただし銀行カードローンでは大手コンビニATMを利用することが出来ることが出来ますが、イオン銀行の場合はセブン銀行ATMは利用できないので注意が必要です。

そんなカードローンで利用できるATMは以下のようになっています。

手数料無料ATM

イオン銀行
イーネット
ローソンATM
みずほ銀行
三菱東京UFJ銀行
ゆうちょ銀行

手数料有料ATM

三井住友銀行
りそな銀行

スポンサードリンク

イオン銀行カードローンの評価まとめ

以上がイオン銀行カードローンの詳しい商品内容や特長などの紹介でした。

イオン銀行はネット銀行の特長である利便性の高さはもちろんの事、金利も上限金利が年13.8%もネット銀行の中では低めの金利に設定されています。

利便性も他の金融機関への振込融資に対応していたり、返済方法も口座引落しとATM振込から選ぶことも可能なのでとても使いやすいカードローンとなっています。

注意するべき点としてはセブン銀行ATMでは利用することは出来ないので、他のイーネットやローソンATMを利用する必要があります。

ですがファミリーマートやローソンでは利用することが出来るのでそれほど不便に感じる事はないと思います。

なのでネット銀行の中でもより利便性の高いカードローンを選びたいという場合はイオン銀行カードローンを選ぶようにしましょう。