青森銀行「Aキャッシング」「あおたす」「WEBカードローン」の特徴まとめ…保証会社や返済額などが微妙に異なります

銀行

青森銀行は青森県を拠点に置く地方銀行で、青森では多くのシェアを誇っている銀行です。

営業区域は青森県、北海道、秋田県、岩手県、宮城県、東京都となっていて、東北だけでなく東京にも支店を置いています。

そんな青森銀行のカードローンは主に「Aキャッシング」「あおたす」という2つのカードローンがあり、さらに「WEBカードローン」と3つもサービスもあるのでよりややこしくなっている感じもあります。

今回はこの3つそれぞれのカードローンについての特徴やメリット・デメリットなどについて紹介していきます。

スポンサードリンク

青森銀行カードローン「Aキャッシング」の商品概要

Aキャッシングの利用条件や金利、利用限度額などの詳しいカードローンの内容は以下のようになります。

利用条件・満20歳以上満75歳未満の方
・保証会社の保証を受けられる方
・青森銀行の営業エリア内に在住又は、勤務している方
使途用途自由(事業資金を除く)
利用限度額10万円~1000万円
10万円毎の段階設定
借入方法青森銀行ATM又はコンビニATM
返済方法・口座引落し
・ATM振込
契約期間3年
金利年2.4%~14.5%

限度額利率
10万円~90万円14.5%
100万円~200万円14.0%
210万円~300万円11.2%
310万円~400万円8.0%
410万円~500万円4.8%
510万円~800万円4.0%
810万円~1000万円2.4%
返済方式残高スライド元利定額リボルビング方式

借入残高返済額
10万円以下2,000円
10万~100万円以下10万円増える毎に+2,000円
100万円~150万円以下25,000円
150万円~200万円以下30,000円
250万円~300万円以下40,000円
300万円~400万円以下45,000円
400万円~500万円以下50,000円
500万円~1000万円100万円増す毎に+10,000円
担保・保証人不要
保証会社アコム株式会社

以上がAキャッシングの利用条件や金利などについての詳しい内容でした。

Aキャッシングのメリットや特徴

以上のような詳しい情報を踏まえた上でAキャッシングの特徴などを紹介していきます。

金利は低めに設定されている

Aキャッシングの金利は「14.5%~2.5%」という設定になっており、低めの設定になっています。

上限金利か下限金利のどちらかが飛び抜けて安いという訳ではないですが、逆に言うと借りるのを躊躇するほど金利が高いというわけでもありません。

飛び抜けた印象はないですが、安定した金利となっていて消費者金融と比べた場合ではかなりの低金利になっているので、消費者金融と迷っている場合はAキャッシングの方が有利と言えます。

利用限額は1000万円

Aキャッシングから借りる事ができる金額の上限である利用限度額は銀行カードローンの中でもトップクラスの1000万円となっているので、多くの融資が必要という場合にはとてもありがたい金額となっています。

メガバンクでも利用限度額は800万円止まりなので、それを踏まえて見てみるとAキャッシングの1000万円という数字の大きさが分かります。

口座を持っていなくてもカードローンと同時に申し込みができる

銀行カードローンで口座がないと利用できないのは珍しいことではなく、Aキャッシングも青森銀行の口座を開設していることが利用の条件となっています。

通常では口座開設をした後にカードローンに申し込むという流れになりますが、Aキャッシングであればカードローンと口座開設を同時に行うことが出来るようになっています。

銀行によっては口座を持っていると口座開設の際に個人を証明する書類を提出しているので、カードローンを契約する際には本人証明の書類が必要ない場合があります。

それと同じ方法で、カードローンと口座開設に必要な本人確認を一回で行ってしまうことが出来るのでわざわざ口座を開設する二度手間にならず、1度の申請でどちらも行えるのはとても便利です。

ですが口座を持っていない方がWEBから申し込む場合はスマートフォンからのみとなっているので、パソコンではなくスマートフォンを使って申し込んで下さい。

口座引落しを利用できる

多くの地方銀行では口座引落しが出来ないケースが多いですが、Aキャッシングでは返済方法で口座引落しを利用することができます。

口座引落しは記帳すると記録に残ってしまうので避けている方も多いですが、それを気にしない人にとっては、返済日にわざわざコンビニATMなどに出向いて振り込む必要が無いので、返済忘れも防げるとても便利な返済方法です。

口座引落しを利用したい人にとってはとても大きなメリットになります。

スポンサードリンク

利用できる上限年齢が高い

カードローンには満20歳からしか申込ができないのと同様に、利用できる年齢の上限も存在します。

通常の銀行カードローンであれば65歳程度が上限になっていることが多いですが、Aキャッシングでは75歳まで利用することができるようになっています。

上限年齢が高いとそれだけ長く利用できるということですし、75歳という年齢では働いている人も少ないので、年金収入のみでも利用できるということだと思われます。

なので年齢の高い方でも安心して利用することができるカードローンになっています。

Aキャッシングのイマイチなポイント

Aキャッシングは利用限度額が1000万円までと高額であったり、金利も低金利に設定されていますが、イマイチなポイントもいくつかあるので紹介していきます。

利用できるのは青森銀行営業区域のみ

地方銀行の宿命とも言えるかもしれませんが、青森銀行では営業地域外に済んでいる方はAキャッシングは利用することは出来ません。

青森銀行営業区域

・青森県
・北海道
・秋田県
・岩手県
・宮城県
・東京都

青森銀行の営業区域は上記のようになっていて、東京も営業区域になってはいますが東京在住の場合はカードローンを利用することは出来なくなっています。

なのでAキャッシングを利用できるのは東京を除く青森銀行営業区域という事になります。

東北の多くの県をカバーしてはいますが、やはり利用できない地域の方が多いのは残念ですね。

即日融資に対応していない

お金なくて困っている時には申し込んで即日でお金を貸してもらうことができる即日融資があったほうが何かと便利ですが、Aキャッシングでは即日融資には対応していません。

というのも即日融資を可能にするにはローンカードを受け取ることが出来る自動契約機を持っているか、銀行キャッシュカードとして使っているキャッシュカードをローンカードとしても使うことが出来るというサービスが必要になります。

ですがAキャッシングではそのどちらにも対応していないので、審査を通過して郵送でローンカードが届いて初めてお金を貸してもらうことが出来ます。

どうしても郵送する時間がかかってしまうので即日で融資してもらうというのは厳しくなっています。

2018年1月より銀行系カードローンの即日融資は不可能になりました。

受け渡し方法は郵送のみで家族にバレる可能性

上で紹介したようにローンカードを受け取るには郵送で送られてくるのを受け取るしか無いので、もし家族の目に止まってしまったらカードローンを利用していることがバレてしまうという恐れがあります。

家族などに内緒でカードローンを利用しているという人は意外に多いので、ローンカードの受取が郵送のみなのは少し不安かもしれません。

お金を借りる際に手数料がかかる可能性

Aキャッシングではお金を借りる場合はATMを利用して引き出すことになりますが、利用できるATMは以下のようになっています。

平日無料ATM
あすなろNET
AAIネット
北洋銀行
北海道銀行
コンビニATM
イーネット
セブン銀行
Bank Time
ローソンATM
イオン銀行
その他金融機関
ゆうちょ銀行
MICS(全国キャッシュサービス)

以上のコンビニで利用する事ができ、一部のATMでは平日無料でお金を借りることが出来るようなっていますが、無料で利用できるのは平日のみなので土日・祝日では手数料が必要となります。

自社ATMでは無料で利用できますが、やはり数はあまり多くないので最も利用しやすいATMはコンビニATMとなると思います、コンビニATMでは全てで手数料が必要になっています。

手数料を払わずにお金を借りる場合は青森銀行ATMを探すか、平日に提携ATMでお金を引き出しておく必要があるので少し利便性は低いと言えるかもしれません。

スポンサードリンク

青森銀行「あおたす」

青森銀行ではAキャッシングの他にも「あおたす」というカードローンもあり、似ている内容にはなっていますが若干違いもあるので紹介していきます。

利用条件・満20歳以上65歳未満の方
・保証会社の保証が受けれる方
・パート、アルバイト、年金受給者の方も利用可能
・青森銀行の営業区域に居住又は勤務している方
利用限度額10万円~500万円
10万円・30万円・50万円・70万円・100万円・150万円・200万円・250万円・300万円・350万円・400万円・450万円・500万円の13コース
借入方法自社ATM又はコンビニATM
金利4.8%~14.5%

利用限度額金利
10万円~70万円未満14.5%
100万円~200万円未満14.0%
250万円~300万円未満11.2%
350万円~400万円未満8.0%
450万円~500万円未満4.8%
返済方法口座引落し
返済方式残高スライド元利定額リボルビング方式

借入残高返済額
50万円以下10,000円
50万円~100万円以下20,000円
100万円~150万円以下30,000円
150万円~200万円以下40,000円
200万円~300万円以下50,000円
300万円~400万円以下60,000円
400万円~500万円70,000円
契約期間3年

以上が青森銀行カードローン「あおたす」の詳しい内容でした。

あおたすとAキャッシングの違い

青森銀行には「Aキャッシング」というカードローンがありますが、それとは別に「あおたす」というカードローンも存在します。

実はこのカードローン借入方法や返済方法などについてはお互いに似ている所が多いですが、返済額や利用限度額などに違いが存在するので、その違いについて紹介していきます。

上限金額、金利が違う

Aキャッシングとあおたすでは上限金利が変わっていて、それに伴い金利にも違いがあります。

Aキャッシングは利用限度額が1000万円と高額でしたが、あおたすの利用限度額は500万円と半減しています。

それに伴って下限金利も約倍の4.8%となっているので利用限度額は変わっても金利は変わっていないのでどちらがお得と言うのはなさそうです。

保証会社の違い

Aキャッシングとあおたすの大きな違いのひとつが保証会社の違いです。

Aキャッシングでは消費者金融大手のアコムが行っていて、アコムは言わずと知れた消費者金融の最大手のひとつで、保証会社としても様々な銀行で審査を行っているので審査はお手の物ですが、あおたすの場合はあおぎんカードサービス株式会社という青森銀行のグループ会社が行っています。

保証会社は自社と同じような基準で審査を行うので、もしアコムで金融事故を起こしたことがある場合は、信用情報から記録が消える期間が経過したとしてもアコムの会社内ではブラックとして残り続けるので、保証会社としてであっても審査を通ることは出来ません。

ですがあおたすはAキャッシングとは保証会社が違うので、Aキャッシングで審査に通らなくてもあおたすでは通る可能性があります。

保証会社が違うということは審査の基準も若干違うので、どちらかに落ちたとしてももう片方に申し込んで見ると審査に通過する可能性もあるかもしれません。

あおたすの返済額が多い

Aキャッシングの場合は10万円以下なら2,000円、10万円~20万円以下なら4,000円というように細かく返済額が変わっていく仕様になっていますが、あおたすではAキャッシングよりも返済額が大きくなっています。

例えば同じ50万円を借りた場合には。Aキャッシングは10,000円であおたすでは20,000円となっています。

返済額が多いと毎月の負担が大きくなりますが、実は返済額が多いということは返済期間が短くなるので、支払う利息が少なくて済むというメリットもあります。

利息を最小限に抑えたという場合はあおたすが優れていることになります。

申込方法に違いがある

Aキャッシングの場合は、WEBや電話、郵送などの申込方法がありましたが、あおたすではWEBからの申込しか出来なくなっています。

申込方法は【http://www.a-bank.jp/contents/kojin/loankarishinsa/index.html】このページから仮審査を申し込み、仮審査を通過すると連絡があり正式な申し込みを行うという流れになります。

なのであおたすを申し込みたい場合は店頭ではなく、インターネットから申し込むようにしましょう。

利用できる上限年齢に違い

カードローンを利用できる上限年齢はAキャッシングでは75歳とかなり高い設定にしてありましたが、あおたすでは65歳まで引き下げられているので大幅に違いがあります。

なので少しでも長く利用したい場合はAキャッシングの方が向いていると言えます。

WEBカードローン

青森銀行には「Aキャッシング」と「あおたす」のカードローンがありますが、さらにネット支店があり、そこではWEBカードローンからお金を借りることができます。

利用条件・満20歳以上満75歳未満の方
・保証会社から保証を受けれる方
金利14.5%

利用限度額金利
10万円~50万円14.5%
使途用途自由(事業資金を除く)
利用限度額10万円~50万円

借入残高返済額
10万円以下2,000円
10万円~20万円以下4,000円
20万円~30万円以下6,000円
30万円~40万円以下8,000円
40万円~50万円以下10,000円
50万円12,000円
借入方法ATMからの引き出し
返済方法・口座引落し
・ATM振込
契約期間3年
保証会社アコム株式会社

以上がWEBカードローンの内容の詳細ですが、実はほとんどはAキャッシングと内容は同じになっていて、違うのは利用限度額とネット支店の口座を使うかどうかになっています。

ネット口座は青森銀行のアプリ「口座開設アプリ」から開設することが出来るので、そちらから口座を作ると同時にWEBカードローンにも申し込むことが出来るようになります。

WEBカードローンは青森銀行に口座を持っていないという人でもAキャッシングを利用できるように、ネット支店の口座を作成することで利用限度額は50万円までと低くなりますが、Aキャッシングを利用できるというサービスになっています。

インターネットバンキングではありますが、返済方法も借入方法もAキャッシングで同じで、ATMを利用するか口座引落しで返済していくことになります。

青森銀行のカードローンについてまとめ

以上が青森銀行カードローン「Aキャッシング」「あおたす」「WEBカードローン」についての紹介でした。

3種類もあるとどれがどれだかわからなくなりそうですが、それぞれ微妙に異なる特徴があるので、比較して自分に合ったものを利用する事をオススメします。

大前提として、青森銀行の営業区域(東京を除く)である必要がありますが、多くの金額を借りたいという場合はAキャッシングを、500万円以上を借りる予定はなく、毎月の返済は高くていいので利息を少なく素早く返したいという場合はあおたすを選ぶと良いでしょう。

また保証会社にも違いがあり、アコムが保証会社のカードローンによく落ちるという場合はAキャッシングを避けてあおたすを選ぶのもありだと思います。

WEBカードローンは青森銀行の口座を持っていないし、金額は少しでいいという場合には手軽に申し込むことが出来るので便利だと思います。