銀行のおまとめローンが法的規制の対象に?…多重債務に陥る可能性がある

まとめ

多くの銀行や消費者金融で採用されているプランにおまとめローンがあり、これを利用することによって今まで以上に返済を楽にすることが出来るプランです。

おまとめローンには大きなメリットもありますが、それだけではなくデメリットも存在し、最悪の場合多重債務に陥ってしまう可能性のある大きなものです。

なので今回はどのような場合にそのような大きなデメリットに見舞われてしまうのか、そしておまとめローンの問題点などについて紹介してきます。

スポンサードリンク

おまとめローンとは

おまとめローンは銀行や消費者金融両方に多くの場合カードローンとは別におまとめプランやフリーローンの一部として用意されていて、複数の金融会社からお金を借りている場合に1社にまとめることが出来るローンの事です。

おまとめローンのメリットとしては、複数の金融会社から借りている場合は返済日もバラバラで返済方法も返済額も違うことがあり、返済していくのも今どのような状況なのかを把握するのも難しくなっていますが、1社にまとめると返済先も1つになり状況も分かりやすくなります。

それだけでなく、最大のメリットと言っても良いのは金利が低くなりその分毎月の返済額が低くなる可能性があるという点です。

例えば60万円を2社から年18%借りていた場合に1社にまとめると120万円になり、利息制限法で100万円以上を借りた場合は金利上限が15%までになるので、最高でも15%までとなり実際はそれよりも低くなることがほとんどです。

また消費者金融でおまとめローンを行う場合には総量規制が心配になりますが、おまとめローンは総量規制の例外扱いになるので、総量規制関係なく利用することが可能です。

このように返済が簡単になる上に、金利も低くなるとメリットばかりに見えるおまとめローンですが、実は問題点もありそれが問題になりつつあります。

おまとめローンの問題点

紹介してきたように利用するととても良いことばかりに見えるおまとめローンですが、使い方を間違えると多重債務に陥る可能性があり、その点が問題視されています。

おまとめローンというのは、A社、B社から借りている金額の合計を口座に一気に振り込んでもらい、それをA社B社の返済に充てるという方法をとっている事が多いです。

この振り込んでもらった金額を別の事に使おうと思えば使えますが、銀行によっては完済した時に貰うことの出来る完済証明書の提出を求められる事もありますし、真っ当にお金を返したいと考えているならば絶対にしてはいけません。

問題となっているのは振り込んでもらったお金で返済した後の事で、完済すれば借金を1本化することができますが、実はまだ完済したA社、B社のカードローンは利用可能になっています。

カードローンは完済したからと言って契約が終わる訳ではなく、お金を借りていなくてもそのままずっと残しておく事は可能で、解約したい場合は自分から申し出ないと解約されることはありません。

なので借りようと思えば借金を1本化した上でさらにお金を借りてしまえる点が問題で、これが多重債務を引き起こす恐れがあると問題視されていて法的な規制が必要なのではないかと言われています。

おまとめローンを利用した時の信用情報はどうなる?

カードローンなどの取引に関してはカードローン会社が所属している信用情報機関に情報提供を行っていて、もちろんおまとめローンを行ったことも信用情報機関で把握することが出来ます。

カードローン会社が信用情報をチェックする基準は、法定途上与信というルールで1ヶ月に5万円以上のお金を借りていて、かつ借入残高が10万円以上の人は毎月チェックしないといけないルールがあり、1ヶ月の借り入れがなかった場合でも借入残高が10万円以上の場合は3ヶ月に1度チェックしなければいけません。

なので法定途上与信の条件を満たしている場合は最短で1ヶ月、または3ヶ月程度の定期的に行う事になるので、3ヶ月程度は他のカードローン会社もおまとめローンを利用したことには気づかない可能性もあります。

法定途上与信の条件に当てはまらない場合は途上与信といって各カードローン会社が独自の期間で信用情報のチェックを行うことになります。

おまとめローンを利用している可能性があっても完済したカードローンが利用可能という事はおまとめローンを利用することはカードローン会社からしてみてもそれほど大きなリスクはないと考えているという事だと思います。

そもそもおまとめローンはしっかりとしたルールの元で行われているサービスなので、何かのルールを違反した金融事故という訳でもありませんし、むしろ借金を一本化したことで、毎月の返済額が減ってより安定して返済が出来る人と判断される可能性もあります。

カードローン会社のホームページなどにも書いてあることがありますが、重要なのは年収の高さよりも収入に対する借入額(毎月の返済額)で、収入に対して返済額が余裕がある場合はカードローン会社からしてみれば貸してもいいという判断になるのでしょう。

なのでおまとめローンを利用してカードローンを一本化したとしても信用情報に傷が付くことなどはありません。

スポンサードリンク

おまとめローンを利用したら他のカードローンを利用しないことが重要

紹介したようにおまとめローンで借金を一本化すると毎月の返済額も低くなり、余裕が出てきますがその余裕がまた新しいお金を借りても返して行けるのでは?という考えが出てくる可能性は低くありません。

おまとめローンはカードローンとは違い返済しても枠が回復するわけではなく返済のみの商品となっています。

なので今まではお金が足りない時にカードローンを利用していた便利さから抜け出すという事は簡単ではなく、ついついまたカードローンに手を出してしまいそうになるでしょう。

その気持から問題視されている多重債務に突き進んでしまう可能性も否定することは出来ません。

なのでおまとめローンを利用する場合は使わないという強い意志が重要になるので、使ってしまいそうだなと感じている場合は完済を機にカードローンを解約してしまうのも1つの手だと思います。

せっかく審査に通過して利用できているのにもったいないと感じてしまうと追いますが、おまとめローンをしっかりと返済して実績を作っていくことで、次になにかの機会でカードローンをもう一度申し込もうと思った場合に審査で有利に働くことになります。

申込などの手間はかかりますが、多重債務にならないようにするために必要な対策としてとても有効な手段です。

まとめ

以上のようにおまとめローンとカードローンが同時に利用することが出来ることで、多重債務になる可能性があることを問題視されています。

以前には多重債務になる可能性があるという指摘から銀行カードローンでも総量規制と同等の自主規制を行ったり、2018年1月から反社会的勢力に資金を融資する事のないようにより審査を厳しくしたりと銀行カードローンでは自主規制が進んできています。

なのでもしかすると近い内におまとめローンに関しても自主規制が行われ、何かしらの対策が行われる可能性があるので、注目しておく必要があります。

銀行側での自主規制も大切ではありますが、最も重要になるのは利用する側の意識なので、返済額が減り余裕ができた場合でも借金を減らすことを第一に考えるようにし、決して多重債務にならないように気をつけるようにしましょう。