銀行が総量規制と同等の規制を行うと消費者金融の利用限度額は減らされる?…銀行の自主規制に法的効力はない

変更

銀行は以前では消費者金融よりも制約が少ないので多くの金額を融資していましたが、最近では融資の行いすぎなどが問題になり、以前のようには融資が行えなくなりました。

その問題の対処として総量規制と同等の規制を行っているので、借りる事が出来る金額は銀行と消費者金融ではほとんど差はなくなりました。

銀行が総量規制と同等の自主規制を行うと、銀行と消費者金融の両方からお金を借りていたり借りようとした場合に、消費者金融から借りる事が出来る金額は減ってしまうんでしょうか?

結論から言うと既に借りている状態の方で利用限度額が減らされるという事はありません。

今回は銀行の自主規制についてや、総量規制との関係性などについて紹介してきます。

スポンサードリンク

総量規制とは

まずは総量規制とは何かのおさらいから行っていくことにしましょう。

総量規制とは消費者金融が守らなければいけない法律「貸金業法」の中にあるルールで、消費者金融がお金を貸したり返済を求める時に守るべき事が書かれてあります。

取り立ての方法など様々な要素がありますが、今回注目するべきなのは「借りられる金額は年収の1/3まで」というルールです。

これは消費者金融1社からではなく、借りている金額全て合わせて年収の1/3までということなので、年収が300万円の方の場合は合計100万円までしか借りることが出来ないという事になります。

しかし住宅ローンや車のローンは例外として扱われるので家や車のような大きな買い物が出来なくなる訳ではありません。

総量規制は全てのカードローンを対象にしているわけではなく、貸金業法を守る必要のある消費者金融が対象で、銀行は銀行法を元に営業を行っているので総量規制の対象ではありません。

銀行カードローンでも総量規制?

上でも紹介したように総量規制は本来消費者金融が守るべきルールですが、現在では銀行でも総量規制と同等の規制を行っているのも事実です。

銀行カードローンがなぜそのような規制を行っているかというと、以前銀行では年収の何分の1まで貸せるという規制はなかったので理論上であればいくらでもお金を貸すことは可能で、実はそれは今でも変わりません。

もちろん銀行からしてもそのような貸し方は行わないので、以前は年収の1/2程度までと基準を設けていたようですが、一部では年収を超えた貸付けなども行っていて自己破産に追い込まれるケースもあったようです。

そのような事が社会問題になり銀行でも自主規制として借りられる金額を総量規制と同等の年収の1/3までにするという動きになりました。

さらにカードローンの審査を受ける際に自分の年収を証明する収入証明書の提出が必要になる金額も引き下げたり、一部の銀行で行えていた申し込んだその日の内にお金を借りる事が出来る「即日融資」がより詳しい審査を行う為、できなくなったりと以前よりもより審査をしっかりと行っていくという流れになっています。

スポンサードリンク

銀行が規制を行ったことで消費者金融の総量規制に影響があるのか

銀行は総量規制の対象外だったのに総量規制と同等の規制を行うと、今現在銀行と消費者金融から同時に借りている場合消費者金融カードローンの利用限度額は引き下げられてしまうんではと考えてしまうかも知れませんがその心配はいりません。

銀行は総量規制と同等の規制を自主規制として行ってはいますが、今現在でも銀行は総量規制の対象外であるのは変わりなく、あくまでも自主規制なので法的効力はありません。

なので既に銀行と消費者金融を合わせて年収の1/3を超えている場合でも、現在の消費者金融カードローンの利用限度額が銀行の自主規制のせいで減らされるという事はありません。

自主規制前は年収の1/2まで借入れ可能だったので、借りる事が出来る金額は減ってしまいますが、銀行の自主規制によって消費者金融カードローンの利用限度額には大きな影響を与えることはありません。

既に年収の1/3を借りている場合は注意が必要

利用限度額が減らされることはありませんが、既に銀行と消費者金融を合わせて年収の1/3を超える金額を借りている場合には、銀行からも消費者金融からも借りられないという状況になってしまいます。

なにかペナルティなどがあるわけではありませんが、ある程度余裕を持って借りるようにしておかないと急にお金が必要になった場合にカードローンでは対処することが出来なくなるので注意が必要です。

まとめ

以上が銀行カードローンが総量規制同等の自主規制を行った際の消費者金融への影響があるかなどの紹介でした。

銀行が総量規制と同等の規制を行ったと聞くと、総量規制が「消費者金融+銀行」の金額の合計になって、今の利用限度額が減らされる事があるんでは?と考えてしまうかも知れません。

現状では銀行は自ら進んでそのような規制を行っている状態なので、法律的になにか変わったわけではなく、あくまでも法的効力はない自主規制に過ぎません。

今は自主規制として行っていますが、もしかすると法律が変えられ、総量規制は銀行と消費者金融から借りている合計が年収の1/3までと決められる可能性もないとも限りません。

そうなると銀行からしてみると年収の1/3を超えて貸してしまった場合にペナルティがあるのと無いのでは大きな違いになるので、銀行も総量規制の対象となるとより銀行カードローンの審査が厳しくなっていく可能性もあります。

そのような流れになると本当にお金を必要としている人が借りることができなくなり、ヤミ金などに手を出してしまい、収まりを見せていたヤミ金被害がまた増えていくのではないかという懸念も発生します。

今後どのような動きになっていくかこれからも注目していく必要がありそうです。