固定金利と変動金利どちらがお得?…安定の固定と手金利の変動で自分に合っている方を選ぼう

変動

カードローンを選ぶ際に大きな要素となるのが金利ですが、金利は1種類だけでなく変動金利と固定金利の2種類が存在しいます。

変動金利と固定金利にはそれぞれ特長があり、どちらを選ぶかで返済する金額も変わる場合もあるのでどちらを選ぶのかが重要になります。

カードローンを選ぶ際の決定的な要素とは言い難いですが、重要な要素になるのでそれぞれの特長を知ることはとても大事なので今回はその事に付いて紹介していきます。

スポンサードリンク

変動金利とは

変動金利とはほとんどの銀行で採用されている金利方式で、名前の通り金利は一定ではなく、変動して変化していく金利のことを言いほとんどの銀行カードローンで採用されています。

カードローンの商品概要の金利欄の下に「利率は金融情勢により随時変動します」「金融情勢により金利を見直しさせていただきます」などの文が入っているとそれは変動金利という事になります。

変動金利の特長としてはまず低金利という事が上げられますが、変動金利なので契約した時の金利がそのままずっと続くわけではなく、高くなったり低くなったりする可能性があり、その金利の変動は毎月の返済額にも直結してきます。

返済額も金利の変動がある前と後では変わるので、口座引落ではなくATM返済を行っている場合には注意が必要ですが、借りている金額にもよりますがそれほど大きな違いが出るわけではありません。

景気によって金利が上下する

変動金利は金利が一定ではなく情家するというのは分かりましたが、では変動金利とはなにを基準に変わっているのでしょうか。

先程も紹介したように変動金利の場合は「金融情勢により変動」という意味の文言があるように、金利は金融情勢によって変化していくようです。

金融情勢というのは簡単にいうと景気のことで、景気が良くなると金利があがり、景気が悪いと金利が低くなる傾向にあります。

もう少し詳しく説明すると、物の値段(物価)も影響していて、物価が上がってくると景気が良くなりますし、逆に下がると景気が悪くなり金利に影響してきます。

その他の日銀の金融政策が金利に影響を及ぼし金利に変化が出ることもあります。

紹介したような状況で金利は変動していきますが、年に何回も変動するようなこともありませんし、金利も変化の幅もそれほど大きいわけではなく、いきなり数%上昇するなんて事はありません。

なので変動はしますがそれほど大きな変化はないので、変動する事はそれほど気にしないでもいいかも知れません。

固定金利とは

固定金利は消費者金融のカードローンが採用している金利方式で、変動金利とは対照的に契約した際の金利は変わらず、そのままの金利で利用していく事ができます。

ずっと一緒の金利で返済を行うことができるので、返済も計画的かつ金利が高くなるリスクなしで行うことが可能となっています。

ですが安定して返済していくことが出来る分だけ変動金利と比べて金利は高めに設定されています。

消費者金融カードローンと銀行カードローンの金利を比較してみると分かりますが、上限金利は銀行カードローンが14.5%程度に対して消費者金融カードローンは18%程度になっているので金利の違いが分かります。

金利の違いは変動金利か固定金利かの違いだけではありませんが、消費者金融と銀行の金利の違いの要因の一つとなっています。

スポンサードリンク

まとめ

以上が変動金利と固定金利の特長などについての紹介でした。

紹介してきたように低金利の変動金利、安定の固定金利という選び方をすることが可能となっています。

どちらをおすすめできるかというと、やはり金利の低い変動金利で、金利が高くなる可能性があると言っても固定金利のように18%まで上がることはまず無いでしょうから、金利を重視して選んでもいいと思います。

ただ、変動金利か固定金利かだけでカードローンを選ぶ方もいないと思うので、カードローン選びの1つの要因として知っておくとより自分に合ったカードローンを選ぶようにしましょう。