外国人でもカードローンは利用できるのか…条件付きですが借入可能

外国人

生活をしているとお金に困ることは国籍関係なくもちろんありますが、その時に日本国籍ではなく、外国籍の方でも日本のカードローンを利用することは出来るんでしょうか?

結論から言うと条件付きではありますが、外国籍の方でもカードローンからお金を借りることは可能となっています。

今回はその条件や契約に必要なものなどについて紹介していきます。

スポンサードリンク

外国籍の方が融資を受ける条件

日本のカードローン会社が融資の対象としているのは基本的には日本国籍を持っている人となっています。

その理由としては日本に腰を据えて居住していない人に融資を行った場合に返済を行ってもらえずに海外へ出国されてしまうと回収するのに費用や時間がかかってしまい現実的には回収不可能になってしまうからです。

なので日本に住所と職業をもっていて簡単には海外に逃げることが出来ない日本人を対象にしています。

ならば外国籍の人が全員カードローンを利用できないかというとそういう訳でもなく、条件をクリアしていれば融資を受けることが可能となっています。

その条件とは「永住者または、特別永住者の方」「在留カードを発行されている方」で、どちらも国から特別な許可をもらっていて生活の拠点を日本に置いているので融資をしてもらう事が出来る可能性があります。

もちろんこれらの条件に当てはまるからと言ってすぐに融資が可能等わけではなく、条件+通常の審査を受ける必要があるので、在留カードなどが必要という以外は通常のカードローンと同じとなっています。

永住者とは

永住者とは一定の条件をクリアしていて、国からこれからもずっと日本に住んでもいいと認められた外国籍の人の事を言います。

永住を認められるのには以下のような条件を満たす必要があります。

  • 素行が善良であること
  • 独立の生計を営むに足りる資産又は技能を有すること
  • 法務大臣がその永住が日本国にとって利益があると認めた時
  • 10年以上日本に在留し、かつ就労資格・居住視覚をもって5年以上在留していること

などがあり簡単に言うと許可を得て日本に長期滞在していて、問題を起こさずに5年以上資格をもって仕事や居住している人は日本に利益をもたらせてくれる存在として日本に住み続けることを認めるという事です。

永住権を得ようとしても最低でも10年かかってしまうのでかなり長期的な話になってしまいますが、日本人と結婚した場合は「婚姻生活を3年、1年間以上日本に在留する」という条件になりかなり緩和されます。

在留カードとは

在留カードとは外国籍の方が日本に3ヶ月以上の期間滞在することを許可された際に発行されるカードの事を言います。

在留カードには氏名や生年月日、性別、国籍、在留資格、在留期間、就労の可否などの情報が記載されているので身分を証明するものとしても利用することが出来ます。

在留カードで銀行からの融資は厳しい

カードローンでお金を借りる場合、主に消費者金融か銀行から借りる事になると思いますが、永住権を持っていない場合は銀行カードローンの利用は厳しくなっています。

永住権を持っていていも、海外でも生活することができるという点では、審査において日本人よりは若干融資に慎重になってしまうカードローン会社もあると思いますが、在留カードの場合はより顕著になってしまいます。

永住権を持っている方はこれからも日本に滞在し続けることが出来ますが、在留カードの方の場合はいずれ日本を出国しないといけないので、その間に返済してもらえるか不透明な部分が有るからです。

なので銀行よりも融資に積極的な消費者金融では在留カードでもお金お借りることは可能ですが、銀行では厳しくなっているので在留カードでお金を借りたい場合は消費者金融を第一に考えるようにしましょう。

ですが在留カードで消費者金融の利用を考えている方でも在留期間の残りが少ない場合は融資してもらうことは厳しいでしょう。

というのも基本的にはカードローンは年単位の契約になるので、数カ月後には日本から出なくてはいけないという方にとっての融資はリスクがあるので貸したがるカードローン会社も少くなります。

なので在留カードを利用してのカードローンは在留期間が長く残っているうちに行うようにしましょう。

スポンサードリンク

外国籍の方が有利になる条件

永住権を持っている方でもカードローンなどを利用する際の審査では完全に日本人と同等の審査が行われるのではなく、やはり若干ですが不利になる部分もあります。

そんな外国籍の方が少しでも有利に審査を進めるにはどのような条件を満たしていればいいのかについて紹介していきます。

日本に長期滞在して仕事をしている

カードローンが外国籍の方を審査では、融資した直後に海外に出国されると回収がきびしくなるので、どれくらい日本に生活の拠点を置いているかを重視しています。

なので日本に数年住んでいて、仕事をして生活の基盤を日本にしているとこれからも大丈夫だろうという判断をされ審査を有利に運ぶことが出来ます。

さらに先程も紹介したように残りの在留期間が長いほうが融資されやすくなるので、できるだけ提示する在留カードは最新のものにしておきましょう。

ある程度の日本語が出来たほうが有利

最近ではよりグローバルな社会になりつつありますが、契約書などは基本的に日本語のままで、カードローンも同じように基本的には外国籍の方でも日本語での契約となります。

なので日本語が全く読めないし書けないという状態では、契約を行うのも難しいですし、今後の日本での生活がしていけるかなどの懸念を持たれることにもなります。

なので完全に日本語はできなくてもいいので、契約書の内容は分かるように事前に勉強しておくと悪い印象を与えずに済むでしょう。

まとめ

以上が外国籍の方でもカードローンを利用することができるかについての紹介でした。

外国人の方はカードローンの利用などは厳しいイメージが有りましたが、ある程度の在留期間があって安定した収入があれば日本人よりは審査に通りにくくはありますが、カードローンを利用することが出来ます。

長く住んでいるとは言え外国の地でお金が足りなく無くなるというのは不安になると思うので、条件はかんたんではありませんが、計画的に返済が可能であればカードローンの利用を考えてみてはいかがでしょうか。