書類提出不要で借りられるカードローンは?実は闇金以外でも条件付きで存在します

書類

カードローンを利用したいけど、必要な書類が多すぎて面倒くさそうと感じた事はありませんか?

金融会社からしてみると自分のお金を貸すことになるので、申込者についての情報をしっかりと確認するために様々な書類を提出してもらうのは当然と言えます。

ですが必要と分かっていても面倒なのは面倒です。できれば最初に必要な書類などが必要ないカードローンがあればいいと思ってしまうのも事実でしょう。

実は若干の条件付きではありますが、契約する時に書類不要のカードローンがいくつかあるので紹介していきます。

スポンサードリンク

契約する際に必要な書類

通常のカードローンでは審査の際には本人であることを証明するための書類を用意する必要があります。

この場合の本人確認書類は

  • 免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 年金手帳
  • 特別永住証明書
  • 外国人登録証

上のような身分を証明できる書類の1つを用意する必要がありますが、注意しないといけないのは顔写真と名前、住所などが記入されている身分証明書がベストとされています。

健康保険証のような名前や住所などの情報はありますが、顔写真がない書類の場合はもう1つ他の本人確認書類を用意したり、電気代や水道代のような公共料金の領収書などが必要になる場合があります。

そうなると手間が増えてしまうので、免許証やパスポートを持っている場合はそれらを利用するのが最も確実で手間がかかりません。

免許証やパスポートを持っていない場合はマイナンバーカードがオススメ

どちらも持っていない場合は、パスポートは誰でも作ることができますが、作成するのに16000円ほどの金額が掛かかりますし、有効期間が過ぎると更新料を払っての更新ではなく、新しく16000円程かけて作り直すしかないので、身分証明書として作るのは経済的ではありません。

そのような時はマイナンバーカードの作成をおすすめします。

マイナンバーカードはひとりひとりに割り当てられた個人番号や、住所、名前、生年月日などが記載されているカードの事で、無料で作成できる上に顔写真も入っているので身分証明書としても完璧に使うことができます。

写真代金の数百円がかかる事がありますが、基本的には無料で作成できますし、スマートフォンから申請を行う事もできるのでとても手軽に作成することができるので、身分証明書として持っておくには最適なカードになっています。

マイナンバーカードの詳しい申請方法などについてはマイナンバーカード総合サイトを御覧ください。【マイナンバーカード総合サイト

契約時に書類不要のカードローン

通常のカードローンの場合は上で紹介したような書類が必要になります。

免許証やパスポートを持っている場合はそれほど手間ではありませんが、持っていない場合では改めて書類を用意する必要があるのである程度の手間がかかってしまうので、素早く申し込んでお金を借りたいという場合には困るかもしれません。

そのような時に選びたいのが契約時に書類が不要のカードローンですが、以下のような金融会社が契約時の書類が不要とされています。

  • セブン銀行カードローン
  • じぶん銀行カードローン
  • 三井住友銀行銀行カードローン

どの金融会社も有名な会社なので、「書類が不要なら闇金融なのでは?」と心配する必要はありませんし、書類が不要なのにはしっかりと理由が存在します。

なぜ書類不要なの?

上記で紹介したような金融会社では契約時になぜ本人確認書類が必要ないのかというと、契約時の条件に口座を持っているとう条件がついているからです。

口座を開設するにはカードローンと同じように本人確認書類が必要になるので、本人確認は口座開設の時に終わっているという事になり、同じ金融会社でカードローンを利用しようとした際には改めて確認するはないという事になっています。

ですが銀行のカードローンが全てそうという訳ではなく、口座を持っている場合でもカードローンを契約する際には改め本人確認書類が必要となるという銀行がほとんどなので、上記した金融会社以外でカードローンを利用する際には本人確認書類が必要になるので覚えておきましょう。

なのでカードローンを利用しようとした場合に口座を持っていない場合は作成に時間がかかってしまいますが、もしどれかの口座を持っている場合は素早く申し込む事ができ、審査の結果も出ることになります。

書類は不要ですが審査はしっかりとある

口座を持っていて本人確認書類が不要となったとしても、審査は通常と同じように行われるので、優遇と言うのは基本的にはありません。

ですが給料の振込口座をカードローンで利用する銀行にしておくと、若干ですが審査に通りやすくなる可能性があります。

と言うのもそうしておく事で銀行は給料がどのくらい振り込まれているか確認出来るので、申込者が申告してきた年収よりも詳しく把握することができるからです。

ですが上で紹介した3社の内2社はネット銀行なので会社によっては給料振込み先として対応していない場合もあるので、ネット銀行ではない三井住友銀行の方が給料振込み口座にできる可能性が高いです。

スポンサードリンク

少額の借入れにすれば収入証明書も不要

本人確認書類は不要の場合はありますが、その他に一定金額以上を借りる場合に必要になる収入証明書は必ず必要になります。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 住民税決定通知書
  • 納税通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 年金通知書・年金証書

収入証明書とは上記のような書類のことをいい、会社員の場合は源泉徴収票は年末に会社から渡されるので、それを利用するようにし自営業などを行っている場合は確定申告書を利用するケースが多いようです。

収入証明書は消費者金融の場合は貸金業法で借りる金額が50万円になる場合と、他社で借りているお金を合わせて100万円を超える場合に収入証明書を提出しなければいけないことになっています。

銀行の場合は収入証明書が必要になる金額はもっと高く場合によっては数百万円からとなっている場合がありますが、最近では一部の銀行で自主規制として消費者金融と同程度の金額で収入証明書の提出を求められることもあるので覚えておきましょう。

このような決まりがあるので、50万円以上のお金を借りる際には収入証明書が必要になりますが、それ以下で借りる場合には本人確認書類も収入証明書も不必要でカードローンを契約することができるので、書類を集める手間を省くことが出来ます。

まとめ

以上が書類提出不要で借りられるカードローンはあるのかという紹介でした。

収入証明書が不要のカードローンというのはありませんが、本人確認書類提出の手間の省略や、申請金額を抑えることで書類などを一切提出することも可能となっています。

利用する銀行の口座が必要になりますが、今すぐにではなくカードローンを検討している場合には今のうちに紹介した3社のどれかで口座を作っておくと、カードローンの契約をしようと思った時に時間を短縮することができるのでオススメです。