カードローンの契約期間と更新とは?契約が切られても支払い期間は変わりません

握手

カードローンは契約を結んだらそのままずっと使っていけるわけではなく、クレジットカードが3~5年の間に更新が必要なように、カードローンにも更新が必要になります。

契約更新をすることができれば、次の更新まで今まで通りにカードローンを利用していくことが出来ますが、更新できなかった場合には残っている返済額はどうなるのかなど疑問が浮かんでくると思います。

今回はカードローンの基準や、もし更新出来なかった場合についてなど「カードローンの更新」について紹介していきます。

スポンサードリンク

カードローンの更新はなぜ必要?

最初にカードローンの契約を結ぶ際にも、銀行のカードローンと消費者金融のカードローンでは審査の難易度は違いますが、しっかりと審査をパスすることで契約を結びお金を借りることが出来るようになります。

その後、年数が経過すると利用者の生活状況が変化し、もしかしたら収入などに大きな変化があり今まで通りの返済が難しくなっている状況かもしれません。

貸す側の銀行や消費者金融会社からしてみればお金を貸すというのはリスクが大きいので、返済してもらえないなどの事態にならないように、定期的に再審査を行ってちゃんと今まで通りの返済能力があるかなどを調べる必要があります。

カードローンの契約期間

カードローンの契約期間の長さは銀行と消費者金融のカードローンでは長さが違います。

  • 銀行のカードローン 1年
  • 消費者金融のカードローン 5年

一般的にはこのくらいの契約期間になっているので、この期間の度に改めて審査を受ける必要があり、再審査のタイミングは契約が成立した日から1年や5年のタイミングで行われるので、契約した日にちは覚えておくようにしましょう。

契約期間は上記のような年数になっていますが、実は「契約期間=返済期間ではない」ではありません。

つまり契約期間の終わりが近づいてきているから、残っている借入金を全て返済しないといけない。という事ではないので、契約更新の終わりが近づいても焦る必要はありません。

再審査の内容について

カードローンの契約期間が終わりに近づくと再審査が行われますが、基本的に問題ない場合は自動更新が行われ、更新できた場合は更新前と同じ銀行のカードローンなら1年、消費者金融のカードローンならば5年の契約期間の延長となります。

源泉徴収票や確定申告などの書類の提出を求められる場合もあるようですが、今まで返済期日にしっかり返済している場合は、ほとんどの場合は申請や書類など必要なく更新することができます。

しっかりと延滞などすること無く返済を行っていき、カードローン会社から信頼を得ることが出来た場合は、この審査によって利用限度額の増加などをしてもらえる可能性もあります。

契約更新できないケース

契約更新は問題ないと自動更新が行われますが、どんな状態でも契約更新が更新されるわけではなく、審査を通ることが出来なければ契約更新は見送られることがあります。

審査を通らないケースはどのような場合かと言うと、金融事故を起こしてしまった場合は契約の更新は難しくなります。

金融事故とは返済の長期延滞や債務整理などをして従来通りに返済が出来なくなった事をいいます。

この金融事故や長期延滞は借りている会社だけでなく、他の会社で起こったとしても信用情報に記載されているので、誤魔化すことは出来ずに審査に影響を与えてしまします。

審査状況などは全て信用情報に記載されているので、1社のみではなく今借りているカードローン全体の返済状況なども踏まえての審査になります。

返済の遅延に関しては1ヶ月や2ヶ月単位の基準のようなので、数日遅れた程度では契約更新が見送られる事はほぼありません。

短期の遅延でも何度も繰り返していると返済能力に疑問を持たれ、契約更新見送りまでは行かないにしても、利用限度額を低くされるなどの措置が取られる可能性もあるので、延滞はなるべくせずに決められた返済日に遅れないようにしましょう。

カードローンには新規契約できる年齢や契約延長する事ができる年齢が決まっています。

会社によって多少の差異はありますが、カードローンの新規契約の場合は65歳まで、契約更新が70歳までの規約になっている会社が多いです。

規約が定めている年齢を超えていると新規の契約や契約更新ができなくなるので注意しましょう。

スポンサードリンク

契約更新できなかった場合は残金は一括で支払う必要がある?

審査を通過して自動更新がされた場合は通知などはない事が多いですが、審査を通れずに契約更新されなかった場合は、カードローン契約終了の通知が届きます。

契約更新できなかった場合は新しい契約が結べないので、新たな借入れができなくなります。

今現在でも返済が続いていてまだ完済出来ていない借入金がある場合は、契約更新ができなかった際に一括で支払う必要はありません。

契約更新できなかった場合、新しいお金を借りることは出来ませんが、返済に関しては完済するまで今まで通りの返済をすればOKです。無理に一括で返済する必要はありません。

もし契約更新できなかった場合でも、現状の借入金に関しては実は何も関係がありません。

まとめ

以上がカードローンの更新などに関する解説でした。

基本的に決められた通りにカードローンを使用していれば契約更新できないという事はありませんが、返済が滞ったりすることもあり得なくはないので、更新できなかった時の事も知っておきましょう。

また自動更新なので、審査を通った場合には自動的に契約が更新されてしまう点には気をつけましょう。

住宅ローンや自動車ローンを考えている場合は、カードローンを契約していない方が審査が有利になります。

契約満了日の一定期間前(約30日)に契約しないという手続きを行う必要がありますが、解約できるのは借りているお金を完済している必要があるので気をつけましょう。