年末年始でもカードローンは利用できる…ただし申し込み自体は先にやっておく方がベター

年末年始と言えばおせち

年末にはクリスマスやお正月などの大きなイベントがあるので、プレゼントや旅行の費用などの遊興費などが多く必要になり、お金が必要になる時期でもあります。

さらにクリスマスセールに、お年玉や福袋などついついお金を使いすぎてしまった場合などにカードローンを利用する方も多いでしょう。

年末年始は銀行などの金融会社も休みに入ってしまいますが、カードローンはいつも通りに利用することができるんでしょうか?

結論から言うと基本的にお金を借りることは可能ですが、幾つかの注意点などがあるので、参考にしていただいて年末にカードローンを利用する場合に備えておきましょう。

スポンサードリンク

年末年始でもカードローンでの借入れは可能

多くの企業や会社が休みに入る年末年始でも既にカードローンを契約している場合はでお金を借りることは可能になっています。

全ての銀行や、大手消費者金融では12月30日まで窓口営業も行っており、ATMも利用することができます。

ですが年末はお金を引き出す人がとても多いので、毎年特に銀行のATMは混雑するのが普通となっているので、時間に余裕があるならば混雑する以前にお金を引き出すなどをしておいた方が時間がかからずスムーズに行うことが出来ます。

さらに12月30日は店舗窓口の営業時間が通常よりも短くなっているところもあるので大晦日に店舗窓口にいく際は注意しましょう。

元日にはATMを利用できない消費者金融もある

既にカードローンの契約を行っている場合は、ATMを利用することでお金を引き出すことができ、ほぼ全ての銀行ATMやコンビニATMを利用することが出来ますが、気を付けないといけないのは一部消費者金融では元日だけATMも使えなくなる場合がある事です。

大手消費者金融の中では「モビット」と「プロミス」が1月1日だけ終日ATMの利用ができなくなります。

ですが自社ATMの話しで、提携しているコンビニATMを利用すると元日でもお金を引き出すことができます。

手数料が100円~200円程度必要になる事があるので、手数料を取られたくないという場合は年内の早い段階で引き出しておくようにしましょう。

店舗窓口はほとんどが休みになっている

銀行や大手消費者金融のATMは一部を除いてほとんど年末年始でも利用することが出来ますが、店舗窓口に関しては年末年始はほぼ全ての銀行、消費者金融で休みとなっています。

大体の金融機関が12月30日まで営業を行い12月31日から1月3日のまでが休みとなっているので、窓口で行う業務などは利用不可になっています。

銀行の場合は全ての窓口業務などが行われなくなるので、お金を借りる際に借りたお金を口座に振り込んでおく「振込融資」が利用出来ないので注意しましょう。

「プロミス」や「モビット」のような一部の消費者金融は元日のみの休みになっているので、2日から営業が開始されるので、急いで窓口を利用したい時にはこのような消費者金融を利用するといいかもしれません。

スポンサードリンク

申し込みは早めに行おう

12月に入ってカードローンを作ろうと思っている場合はできるだけ早めに申し込んでカードローンを作っておくようにしましょう。

というのも先程も紹介したように、年末年始は窓口が休みに入るので窓口業務などができなくなり、その中にカードローンの審査の業務も含まれています。

大晦日の12月31日に申込んだ場合でも最終営業日で忙しいので、審査の結果は来年の始業日の1月4日以降になってしまう可能性が高いです。

なので急いで年内にカードローンを契約したいという場合は必ず12月30日以前には申し込みを終わらせておくようにしましょう。

どうしても年始に新規契約したい場合は消費者金融を利用しよう

1月1日から1月3日の間はほぼ全ての銀行や消費者金融が休みになっているので、新規契約は行うことが出来ないことがほとんどです。

何らかの事情でその時期にどうしても新しくカードローンを契約したいと思った時には自社の自動契約機を持っている消費者金融で契約を行うといいでしょう。

消費者金融であってもプロミスとモビットは元日(1月1日)は窓口、無人機も含めて休みですが、その他のアコムやアイフルなどは元日でも自動契約機の利用は可能になっています。

必要書類を用意して自動契約機に向かい、オペレーターの指示通りに行っていくことで、審査を行うことができ、審査を通ることが出来れば即日でお金を借りることもできます。

なので年始にお金が必要になった場合は自動契約機などを利用を考えてみましょう。

年末年始は銀行振込での借り入れはできない

カードローンでお金を借りようとした際に、コンビニなどで現金を受け取るだけでなくインターネットバンキングなどを使って口座に借りたお金を振り込んでもらう方法があります。

わざわざコンビニなどに行かずにお金を借りることができて便利ではありますが、最初の方でも紹介したように、銀行が休みの時にはお金を口座に振り込む事ができません。

なので多くの場合12月31日~1月3日の間にインターネットバンキングなどの口座にお金を振り込んでもらう融資方法は利用できなくなります。

なので銀行が休みの間にお金を借りたい場合は、コンビニや自動契約機を利用して現金で受け取る必要があります。

ですがコンビニで借りると手数料が必要になってくる事もあるので、消費者金融の場合は既にローンカードを持っているなら自動契約機を利用して借りたお金を現金手数料なしで受け取ることもできるので、自分にあった方法で受け取るようにしましょう。

スポンサードリンク

まとめ

以上が年末年始にカードローンを利用する事が出来るかどうかと、注意するべき点でした。

基本的にはコンビニATMを利用することで対処することができますが、銀行に振り込む事が出来なかったり、手数料を取られたくない場合は自動契約機を利用することで手数料が必要なかったりする事は覚えておきましょう。

また12月にカードローンを作りたいと思っている場合はできるだけ早く申し込んでおかないと審査結果が来年に持ち越される可能性もあるので、余裕を持って申し込んで下さい。

出費が多い時期なので、現金がなくなって困った。となっても大丈夫なように知識としてだけでも知っておくと役に立つ事もあると思います。