スマートフォンの購入時にカードローンは利用可能…新型iPhoneなどの高額スマホの一括支払いに活用しよう

スマホ

スマートフォンは近年ではリリースされるペースが早く、買い替えを促進しているプランなどもあるので、スマートフォンを頻繁に変える人であれば1年に1回、又は端末の分割払いが終わる2年毎を基準に買い替えている人が多いですよね。

以前から携帯電話は安い買い物ではありませんでしたが、最近ではより高額になっているので買い換える際には多くのお金が必要になることがあります。

その際にカードローンやフリーローンを上手く利用する事で、一括で必要になるお金を用意することが出来るので、負担を少なくスマートフォンの買い替えや乗り換えを行うことができます。

今回はスマートフォンの買い替えや格安シムへの乗り換えの際にカードローンをどう利用していくかを紹介していきます。

スポンサードリンク

スマートフォンは高額化が進んでいる

最近のスマートフォンは機能の進化が止まらず、1年立つとさらにグレードアップした機種が発表されたりと商品のサイクルがとても早い上に、どんどん端末代金が上昇してきています。

最近の最先端の技術が詰まったハイエンド機と言われるスマートフォンであれば、10万円を超える端末も発表されているので、iPhoneなどは毎年新モデルやバージョンアップした端末を発表していますが、正直簡単には手が出せない金額になってきています。

高い機種が出る反面金額が抑えられた端末なども発売されていますが、どうせ買うなら高機能のスマートフォンを買って長く使っていきたいですよね。

ドコモやau、SoftBankなどのキャリアを使っているのであれば分割払いにすることができますし、その中から割引をしてもらうことも出来ます。

ですが端末の契約と2年単位で行われる回線の契約の時期を上手く合わせないと、もしキャリアを変えたり格安シムへ移行しようと考えた際に、端末代金が残っていたり回線の2年契約の違約金として2万円程度を支払う必要があるという事態になりやすいです。

格安シムへの移行にもお金が多く必要な事がある

格安シムはキャリアよりも毎月の支払いをかなり抑えることが出来るので、大手の会社から小さな会社まで多くの会社が提供を始めているので、キャリアからの移行を考えている方も多いと思います。

ですが上記したようにキャリアからMNPなどで離れる場合は、2年契約や端末の未払い分などでお金が多く必要になる事があります。

MVNOで端末を購入する際には一括の方がお得な場合がある

現在使っているキャリアから格安シムを提供している会社(MVNO)へ移るにしても、その会社の電波に対応しているスマートフォンを持っていない場合は、改めて新しい機種を購入する必要があります。

格安シム会社にも端末とシムを一緒に販売している所が多く、端末も分割払いで購入できる所もありますが、分割払いはしておらず一括で購入するしかないという会社もあるので、その場合は自分で端末を用意するか一括でも購入する必要があります。

このように格安シムに移行する際にも多くのお金が必要になる可能性もあります。

ただ分割払いと端末一括払いの両方のプランを用意してある場合は、一括で支払うほうがかなり安い場合があります。

例えば分割で支払う場合は「2900円×24回払い」で、一括払いでは契約年数などのオプションが付く可能性もありますが「55800円(2年契約)」「45800円(3年契約)」などとなっているケースもあります。

値段にしてみると分割払いは69600円で3年契約で一括購入した場合は45800円なので最大で23800円の差が出ることになります。

全てがこのように大きな金額の差があるわけではありませんが、どのMVNOであっても一括購入の方がお得なプランになっている事がほとんどです。

一括で購入しようとすると最初にまとまったお金が必要になるので躊躇して毎月少しづつ支払う分割にしてしまいがちですが、そんな時こそカードローンを利用してみるのも1つの手だと思います。

もちろん借りた分に利息はかかりますが、それでも一括で支払ったほうがお得な事が多いのMVNOでの端末購入を考えている方は検討してみる価値はあると思います。

スポンサードリンク

カードローンを利用するとスムーズに移行することができる

上記のように最近のスマートフォン関連には多くのお金が一括で必要になることも珍しくないので、機種を変えたかったりキャリアを変えたかったりする場合に、その必要なお金のせいで躊躇して先延ばしにしてしまうという事も多いと思います。

特に格安シムの料金はキャリアよりも半額以下になる程値段の差があるので、ある程度の違約金などを支払った場合でもすぐに払った額を取り戻せるくらいお得なので、「なるべく早く格安シムに変えたいけど、一括で必要な金額が多くてなかなか移る事が出来ない」という方もいると思います。

安易にカードローンを使うのはおすすめしませんが、今後の支払い計画をしっかりと立てた上でカードローンを利用してお金を用意することで比較的スムーズに携帯会社を動くことが出来ます。

ですがカードローンを利用した場合はキャリアで分割払いを行う際にはない利息を支払う必要がありますし、カードローンを利用したことの無い場合は、審査を受けて契約を結ぶ必要があるなどメリットばかりではないのは覚えておきましょう。

10万円ほどならフリーターでも借入可能

スマートフォンの乗り換えを目的にカードローンを契約するならば10万円程で足りると思いますが、この金額ならフリーターの方でも借入可能です。

条件としてはほとんどの場合20歳を超えた成人で、安定した収入があるというのが大前提であります。

さらに総量規制とう消費者金融では年収の1/3までしか借りることが出来ないので、フリーターであっても年収が最低でも30万以上はないと10万円の融資はしてもることは出来ません。

この条件に当てはまって審査を通過することができれば、利用限度額は10万円は割り当てられると思うので、それを利用していく事ができるようになります。

消費者金融の無利息期間を利用すると利息なしで借りられる可能性もある

アイフルやアコム、プロミスなどの消費者金融系の会社とレイクでは、最初の利用時に限り30日間は利息0で借り入れる事ができるサービスを展開しています。

初めてお金を借りた時の1度限りですが、これを利用することで借りたお金を30日の間に返済すれば利息なしでの借入れも可能です。

と言っても30日以内に全額返すのは難しいと思うので、金利は借りているお金の残高に対してかかるの仕組みになっているので、無利息期間中にできるだけ返済して借入残高を減らしておくことで、期間が終了した後でも通常よりも利息を減らすことも出来ます。

スマートフォンの買い替えなどで必要な10万円位ならば無利息期間も利用しながら素早く返済できれば利息もそれほどかからずに完済することが出来るでしょう。

フリーローンを利用することも出来る

お金を借りる方法としてはカードローンだけではなくフリーローンを使うという手段もあります。

フリーローンとは基本的に何に使うかは自由ですが、カードローンと違うのは目的のものを買うためだけのローンという点です。

カードローンはお金を借りたら、スマートフォンを買ってもいいし旅行に行ってもいいですが、フリーローンはスマートフォンならスマートフォンを購入する資金としてしか使うことができないという事になります。

このフリーローンの特徴としては、主に銀行が展開しているサービスで、審査はカードローンよりも厳しくなり、勤続年数や一定以上の年収も条件に含まれてきます。

審査が厳しいですが、その分金利はカードローンよりも低く設定されているので、審査を通ることができて、資金の使いみちが決まっている場合はフリーローンを使うと利息を抑えて借入れをすることが出来ます。

ただ気を付けないといけないのはフリーローンとは本来カードローンよりも大きな額の借入れを想定している事がおおいので、融資の最低金額が50万円からという設定になっているフリーローンもあります。

その場合は10万円程度で済むスマートフォンの購入では利用することができないので、フリーローンの融資最低額が10万円程度でも利用可能なフリーローンを利用するようにしましょう。

10万円以下でも利用可能なフリーローン

ローンとしては少額の10万円でも以下のような銀行が提供するフリーローンでは利用することが可能です。

みずほ銀行
みずほ銀行多目的ローン 3000万円まで
三井住友銀行カードローン
三井住友銀行フリーローン 10万~300万円まで
りそな銀行
りそなプライベートローンJ 10万円~300万円まで
ジャパンネット銀行
ジャパンネット銀行フリーローン 10万円~200万円まで

このような銀行で10万円からの融資ができるフリーローンを提供してますが、フリーローンは他にも地方銀行などでも取り扱っているので、大手以外でも条件に合ったお近くの銀行があるか探してみるのもいいと思います。

スポンサードリンク

まとめ

以上がスマートフォンを買い替えなどする時のカードローンの利用方法でした。

特に最近では格安シムが一般的になってきているので、キャリアから移動する為には違約金などが多く必要になることが多いので、それプラス端末代金となると一括で支払うのはなかなか厳しくなります。

格安シムに移って料金を低く抑えたいのに違約金などがネックでなかなか移ることが出来ないという方は返済計画をしっかりと立てた上で、カードローンやフリーローンを利用して格安シムへ移行し、毎月の携帯料金を抑えていくようにしましょう。