カードローンの利用がバレる原因と対処法まとめ…家族や同僚に知られるリスクを減らそう

バレた

カードローンを利用することは決して悪い事ではありませんし、しっかりと危険性などを把握した上での利用ならば実際には危険性はそこまでありません。

とは言っても「借金」のイメージが悪い日本では、カードローンを利用している事を声高らかと言うものでもないですし、できるだけ誰にも知られることなく利用したいと言うのが本音だと思います。

ですがカードローンを使用するにはカードローン会社とのやり取りが必ず必要になるので、どうしても郵便物や連絡でバレてしまうリスクがあります。

完全には無くすことは難しいですがある程度の対処は可能なので、今回は極力家族や同僚にカードローンの利用がばれないようにする対処法や、バレてしまうなどについて紹介していきます。

スポンサードリンク

通帳を見られてしまう

カードローンの返済方法の中で最も手軽なのは指定した口座から返済日に自動的に引き落とされる口座引落しです。

返済日も気にしないのでいいのでとても便利ですが、引き落とされた会社名は記録されるので、記帳を行った場合にカードローン会社と名前が出てしまいます。

そうすると記帳を行った通帳を家族などに見られてしまった場合にカードローンを利用している事がバレてしまいます。

通帳を見られてしまう場合の対処法

通帳は見られないようにする事が出来れば簡単ですが、夫婦間ではそうもいかない場合も多いです。

ならば記帳を行わなければ良い…とも言えますが、記帳はカードローンに限らず公共料金やクレジットカードの引き落としの取引を行った記録にもなり、なにかあった時の証拠にもなるので出来れば記帳は行っておいた方が良いでしょう。

ではバレないようにするにはどうしたらいいかと言うと、ATM返済が利用できるカードローンを選びましょう。

ATM返済は自分で銀行やコンビニなどに設置されているATMに振り込む事になるので、口座引落しよりも返済日に気を付けないといけませんし、手間もかかってしまいます。

その代りにATMからの返済は記帳を行った場合には記録されることはないので、通帳を見られてしまった場合でもカードローンを使っている事がバレることはありません。

ちなみにインターネットバンキングからの返済でも口座にある金額を動かすことになるので記帳した際に分かってしまうので注意しましょう。

このように家族通帳を見せる機会がある方は返済方法をATM返済を選択するとバレにくくなります。

在籍確認

審査の際に逃れることが出来ないものとして在籍確認があります。

在籍確認とはカードローン会社が勤め先に本当にそこに在籍しているかを確認するために電話をかけてくることをいいます。

上で紹介している記事にもあるように在籍確認であってもカードローン会社が「カードローン会社ですが…」と連絡をしてくるわけではなく、個人名でかけてきてくれたりと最大限の配慮をしてくれます。

ですが個人名から電話がかかってこないような職種の場合はやはり怪しまれてしまいますし、勘のいい人にはバレてしまう事もあります。

在籍確認の対処法

在籍確認はモビットでは不要でも可能となっていますが、原則的に他のカードローン会社では必ず行う必要があるので避けることは出来ません。

対処方法としては、全てのカードローン会社というわけではありませんが多くのカードローン会社で在籍確認を行う時間や、名乗る個人名などを指定することができます。

なので最も確実なのは確実に電話を取れる時間帯を指定して、在籍確認を自分で受けてしまえば他の人に聞かれることなく終わらせることが出来るのでバレることはほぼありません。

ただし営業の外回りや、現場仕事などの場合は自分で電話を受けることはできません。

その場合は在籍確認という事を敢えて隠さずに「クレジットカードの審査」と電話を受ける人に知らせておけば怪しまれる事も少ないです。

その他にも自動車ローンや住宅ローンという理由も使えますがこちらは大きな買い物なので、それを知った同僚などから話題を振られる可能性が高いのであまり有効とは言えません。

その点でもクレジットカードを作ったからと言って見せてくれという人もいないでしょうから丁度いいでしょう。

クレジットカードの番号は人に見られるとその時点で悪用されるリスクがあるので、実際に「見せて」って言われても見せてはいけないので注意ですよ。

スポンサードリンク

利用明細書を見られてしまう

カードローンでも銀行からお金を引き出した時などと同じように利用明細書が発行される事があります。

特にATMなどからお金を引き出した際などにあとどのくらい借りることが出来るかなどの確認を行うために貰うこともあると思います。

その利用明細書をカバンや財布などに入れておいてうっかり処分するのを忘れてしまうと、予期せぬ時に家族や友人などにバレてしまう可能性があります。

利用明細書を見られないようにする対処法

まず一番単純な方法としては必要なくなった利用明細書を確実に処分する事で、これが単純で最も効果的ではありますが、分かっていてもどうしても忘れてしまう時もありますね。

そんな時にはインターネット上から利用明細を確認することが出来るWEB明細に対応しているカードローン選ぶと利用明細書を取っておかなくてもいつでも確認することが出来るます。

なので利用明細書を受け取る必要もないですし、受け取った場合でもその場で処分することで見つかってしまう事はなくなります。

ですがWEB明細は対応しているカードローン会社はまだ少なく、銀行と消費者金融の大手でしか採用されていない場合があります。

  • アコム
  • モビット
  • アイフル
  • 楽天銀行
  • イオン銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行

などのカードローン会社では採用されているのでWEB明細を利用したい場合はこのような会社の中から選ぶようにしましょう。

送られてきたローンカードを見られてしまう

カードローンでお金を借りる際に必要になるローンカードは多くの場合自宅に郵送されてくることになりますが、その受取を家族などが行った際にカードローンの利用がバレてしまうことがあります。

カードローン会社としてもバレにくいようにひと目でカードローンと分かる封筒では送って来ないので、特に消費者金融からの場合は封筒でカードローンとバレることはないでしょう。

むしろ銀行などは〇〇銀行と書かれた封筒で送られてくるので、受け取った人も銀行から何かのお知らせかなと開けやすい状況になってしまうので開けてみたらローンカードだったという事もあり得ます。

送られてきたローンカードを見られない対処法

大手の消費者金融や銀行は自社で自動契約機という無人で契約を行うことが出来る施設を持っていて、自動契約機を利用することでその場でローンカードを受け取ることができ、自宅に郵送される事はないのでバレる事はありません。

自動契約機を持っていない地方銀行等の場合は郵送で受け取るしかないですが、家族でも受け取ることが出来る簡易書留ではなく、本人でないと受け取ることが出来ない「本人限定受取郵便」で郵送してくれる所も増えています。

なので利用している所がそれに対応しているかホームページなどで確認し、もしわからない場合はフリーダイヤルなどで相談してみると良いでしょう。

本人限定受取郵便であれば家族が受け取ることができないので、中身を見られるという事は防ぐことができます。

スポンサードリンク

郵便物を見られてしまう

利用しているカードローン会社からのキャンペーンのお知らせや、増額のお知らせなどが自宅にダイレクトメール等で郵送されてきてバレるという事も少なくありません。

先程のローンカードの時もそうですが、他人宛の郵便物を開けることは決していい事ではありませんが、家族間ではやってしまうというのも珍しくはありません。

郵便物を見られてしまう際の対処法

カードローン会社も利用者が周りの人にカードローンを利用していることを基本的に知られたくないという事は承知しているので、出来るだけ配慮はしてくれます。

なので郵便物を送ってもらいたくない場合は直接電話をして、郵便物を送ってもらいたくないという意思を伝えることで対応してもらえる事があります。

また最近ではそのようなお知らせはメールで送るなどの対応をしている所もあるので、ダイレクトメールなどで通知を行う事は少なくなりつつあるようです。

ただしいくら郵便物を送らないでくれとお願いしたとしても催促状などは関係なしに送られてくることになるので、延滞などは行わないようにしましょう。

まとめ

以上がカードローンの利用がバレる原因とその対処方法などについての紹介でした。

以上のような事でカードローンの利用がバレてしまう事がありますが、カードローンを利用していく限りバレてしまう可能性はあり続けます。

ですがある程度でも対処法を知っておく事でその確率は低くすることも可能なので、誰にも知られずにカードローンを利用していきたいという方は紹介したような対処法を頭の片隅にでも置いておくと役に立つかもしれません。