千葉興業銀行カードローン「リリーフ」の特徴まとめ…住宅ローンを利用していると金利を引き下げることができる

銀行

千葉興業銀行は千葉県千葉市美浜区に本店を置く地方銀行で、カードローンは「リリーフ」を展開しています。

リリーフは利用限度額が銀行トップクラスの1,000万円となっているので大きな金額を借りたいという人には気になるカードローンとなると思いますが、金額が大きくなると年収条件が発生するようになります。

なのでそのような条件やリリーフについての詳しい内容を紹介していくのでカードローン選びの参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

ちば興銀カードローン「リリーフ」の商品概要

千葉興業銀行のカードローン「リリーフ」の詳しい商品内容は以下のようになっています。

利用条件・契約時満20歳以上60歳未満の方
・安定かつ継続した収入がある方(パート・アルバイトを含む)
 ※会社経営者、個人事業主、年金生活者の方は対象外
 ※利用限度額が200万円以上は限度額の2倍以上の年収が必要
・保証会社の保証を受けられる方
・千葉興業銀行の営業地域内に在住又は勤務している方
使用用途自由(事業資金を除く)
契約期間1年(自動更新)
利用限度額30万円~1,000円

30万円・50万円・100万円・200万円・300万円・400万円・500万円・600万円・700万円・800万円・900万円・1,000万円
金利年3.9%~14.6%

利用限度額年収条件金利
30万円なし年14.6%
50万円なし年14.6%
100万円なし年11.5%
200万円400万円以上年7.5%
300万円600万円以上年7.5%
400万円800万円以上年5.5%
500万円1000万円以上年5.5%
600万円1000万円以上年3.9%
700万円1000万円以上年3.9%
800万円1000万円以上年3.9%
900万円1000万円以上年3.9%
1000万円1000万円以上年3.9%
借入方法ATM引き出し
返済方法口座引落し
返済方式残高スライド元利定額リボルビング方式

借入残高返済残高
1万円未満全額
1万円~50万円以下10,000円
50万円~100万円以下20,000円
100万円~200万円以下30,000円
200万円~300万円以下50,000円
300万円~400万円以下7万円
400万円~500万円以下90,000円
500万円以上100,000円
担保・保証人不要
保証会社株式会社オリエントコーポレーション

以上がリリーフの利用条件や金利、利用限度額などの詳しい商品内容についての紹介でした。

リリーフの特徴

リリーフの詳しい商品内容を紹介した後は特徴について紹介していきます。

利用限度額は1000万円まで

リリーフの利用限度額は30万円~1000万円となっていて、金利は3.9%~14.6%に設定されています。

利用限度額は最高1,000万円となっていてこれは店舗型の銀行の中で最も高い金額となっているので、高い限度額を求める人であっても満足できる金額になっていると思います。

金利については数十万円単位の比較的少ない金額を借りる際に重要になる上限金利は14.8%となっていて、他の銀行カードローンと比べても平均的な数字となっています。

一方で利用限度額の上限ほどの金額を借りる時に重要になる下限金利は3.9%となっていて、利用限度額の1,000万円と合わせて他の銀行カードローンと比べると、利用限度額が1000万円で金利は1%台~2%台の銀行カードローンもあるので、3.9%というのは高めと言えます。

なのでリリーフをお得に利用する場合は少額を借りたほうがよりお得に利用することができます。

住宅ローンを利用していると金利を引き下げられる

リリーフでは千葉興業銀行で住宅ローンを利用していると、通常よりも金利を引き下げることが可能となっています。

金利が引き下げられるのはリリーフを新規で申込んだ際に、千葉興業銀行の住宅ローン「ちば興銀の住宅ローン」を既に利用している場合に通常金利から年1.0%引き下げる事が可能となっています。

ですが一律で1.0%の金利が引き下げられるのではなく、適応されるのは限度額が500万円までの場合で、それ以上の金額になると金利の引き下げは適応されなくなってしまうので注意しましょう。

200万円以上借りる場合には年収条件がある

リリーフの利用限度額は30万円~1,000万円までとなっていますが、一定以上の利用限度額によっては年収条件が設定されているので、利用する場合にはその条件をクリアする必要があります。

収入条件が設定されているのは200万円以上の金額を借りる場合となっているので、200万円未満の金額を借りる場合は収入条件はありません。

限度額に対して収入がいくら必要になるかは以下のようになっています。

利用限度額年収条件
30万円なし
50万円なし
100万円なし
200万円400万円以上
300万円600万円以上
400万円800万円以上
500万円1,000万円以上
600万円1,000万円以上
700万円1,000万円以上
800万円1,000万円以上
900万円1,000万円以上
1000万円1,000万円以上

このような金額になっていて、500万円以上の金額を借りようとすると年収が1,000万円以上必要になるので、かなり利用条件は厳しくなっています。

なので気軽に利用したい場合は利用限度額は100万円までにしておくようにしましょう。

千葉興業銀行の営業地域内のみ申込可能

地方銀行は大手銀行や大手消費者金融のように全国展開を行っていないので、地方銀行の本店や支店のあるエリアのみで申し込むことが出来ると言う場合があります。

リリーフも同様に千葉興業銀行の営業エリアに在住又は勤務している方のみでしか申し込むことができないカードローンとなっています。

千葉興業銀行営業エリア

千葉県
東京都

以上の千葉と東京のみでエリアはかなり狭くなっているので、申し込める方も限られてしまっています。

即日融資やWEB完結には非対応

カードローンの申し込みで最も手軽に行えるのは店頭へ行くこと無くインターネットで申し込みから契約まで行うことが出来るWEB完結ですが、リリーフはWEB完結に対応していません。

リリーフは申し込みはインターネットから申し込む事が出来ますが、仮審査を通過した後に郵送か店頭での契約を行うと、ATMでお金を引き出す際に必要になるローンカードが郵送されるので、ローンカードが手元に届いて初めてお金を借りることが出来るようになります。

一部のカードローンでは契約後にローンカードが届く前にお金を借りることが出来るようにと直接口座にお金を振り込む「振込融資」に対応しているカードローンもあります。

ですがリリーフは振込融資には対応していないので、ローンカードが届くのを待つしかないので即日融資を行うことも出来ません。

なので忙しくてなかなか店頭へ行く時間が無い方や申し込んだその日にお金を借りたい問人にとってはあまり向いていないカードローンとなっています。

千葉興業銀行の口座が必要

リリーフを利用するには千葉興業銀行の口座が必要となっていますが、申込時に口座を持っていなくても申し込むことはできます。

ですが口座を持っていれば郵送で店頭へ行かずに契約を行うことはできますが、口座を持っていな場合は店頭へ出向いて契約と口座開設を行わなければいけません。

銀行窓口は平日の15時までしか営業していないので、忙しい人にとってはなかなか難しいという事もあると思います。

銀行カードローンの中には口座を持っていなくても利用できるものもあるのでそれと比べてしまうと不便に感じてしまうかもしれません。

コンビニATMで手数料が必要

リリーフからお金を借りる方法はATMからの引き出しになるので、頻繁にATMを利用することになりますが、恐らく最も身近にあるATMはコンビニATMであるという人が多いと思います。

なのでコンビニATMでお金を引き出すのが最も手軽ではありますが、リリーフはコンビニATMを利用する際には利用する時間関係なく手数料が発生してしまいます。

リリーフの返済方法は口座引落しなので、ATM返済のカードローンよりはATMを利用する機会は少なくなりますが、毎回手数料が必要になると最終的には大きな金額になってしまいます。

手数料無料で利用したい場合は千葉興業銀行ATMか提携銀行ATMを利用する必要があるので、出来るだけ自分の生活範囲で無料で利用できるATMを探しておいて、そのATMを利用してお金を引き出すようにしましょう。

リリーフで利用できるATMは以下のようになっています。

手数料無料ATM
ちば興銀ATM
みずほ銀行
横浜銀行
東京都民銀行
常陽銀行
筑波銀行
山梨中央銀行
武蔵野銀行
銚子信用金庫
館山信用金庫
イオン銀行
手数料有料ATM
セブン銀行ATM
ローソンATM
イーネット
ゆうちょ銀行
ビューアルッテ
スポンサードリンク

まとめ

以上が千葉興業銀行のカードローンリリーフの特徴やイマイチな点などについての紹介でした。

リリーフは利用限度額が1,000万円と高くなっていますが、年収条件などがあるなどするので気軽に利用することは難しいですし、金利もそれほどお得というわけではありません。

住宅ローンを利用している際に適応される金利1.0%の引き下げを適応してようやく300万円程度までの金額を借りる場合はお得になります。

その金利の引き下げも利用限度額500万円までと全てに適応されているわけではないのも残念な点です。

なのでリリーフをおすすめできるのは千葉興業銀行で住宅ローンを利用していて、300万円以下程度の金額を借りたいと考えている方です。