カードローンの利用限度額が減額される条件と途上与信について…自分から減額申請することも可能

下がる

利用限度額とはカードローンを契約した際に設定される借りられるお金の上限の事をいい、限度額が多いとより多くのお金を借りることが可能になります。

そんな利用限度額ですが、一度設定されたらそのままという訳ではなく、増額はもちろんの事減額されてしまうこともあります。

また自分から減額申請をすることもでき、利用限度額を減額することで幾つかのメリットを受ける事もできます。

今回はカードローン利用限度額が減額される条件と、自ら減額した際のメリット、途上与信などについて紹介していきます。

スポンサードリンク

利用限度額が減額されることがある

カードローンを契約した際に設定された利用限度額は基本的にはあまり変わること無く使っていくことができますが、申請することで上限を増額することが可能です。

増額を行うには一定期間カードローンを利用して毎回返済期日に遅れず支払うなどして返済実績を作って金融会社に「この人はしっかり返済してくれるからもう少しお金を貸しても大丈夫だな。」と信頼してもらう事が重要になってきます。

その上で収入が上がった場合などに増額申請を行い、改めて審査を通過すると利用限度額を増やすことが出来ます。

ただ利用限度額は増えるだけではなく、一定の条件を満たしてしまうと利用限度額が減額されてしまう事もあります。

一度審査に通ったら大丈夫だと気を抜かずに、カードローンを利用し始めてからもルールを守りながらお金を借りたり返したりを行って金融会社の信頼を失わないようにするのが大切です。

利用限度額が減額される条件

利用限度額の減額はカードローンを契約する際に申請する際とカードローンを利用している最中に行われることがあります。

カードローンを契約した後に減額されるパターンとしては、自分の収入に見合っていない利用限度額を申請した際になどに行われます。

消費者金融の場合では総量規制があるので年収の1/3を超えていたり、銀行の場合では自分の年収を超える金額を申請した場合などに減額が行われ、申請した利用限度額よりも減額された額に設定されることになります。

他にも他社のカードローンでの返済実績などがあまりよくない場合は金融会社の信頼を得られず利用限度額が低めに設定されることがあります。

増額申請を行うと減額される可能性

上でも紹介したように、利用限度額を増額するには利用しているカードローン会社に増額申請の申し出をする事で増額をすることができます。

ですが増額は無条件に行われる訳ではなく、金融会社は増額申請があった場合は今までの利用実績だけでなく、カードローンを契約した時のような審査を改めて行うことになります。

なので利用者は収入を証明できる収入証明書を改めて提出する必要があり、この時に以前よりも年収が減っていたり、転職して勤務先や勤続年数が変わっていた場合は増額どころか減額されてしまう事になります。

他にも増額申請を行っているカードローン会社では返済期日にしっかりと支払って延滞などはしていない場合でも、もし他社のカードローンで返済日を守らずに短期でも延滞などを繰り返していると、審査の際に信用情報を確認すると他社の事であってもバレてしまい信用を失って減額される事もあります。

このように増額申請では改めて審査が行われるので、利用限度額を上げたいと思った場合に、とりあえず申請してみようという気持ちで行ってしまうと、逆に利用限度額を減らしてしまう結果になる可能性もあります。

なので増額申請を行う場合には、カードローンを契約した時よりも年収や継続年数などが伸びているという確認をして大丈夫だと確信してから行うようにしましょう。

総量規制を超えそうな場合

消費者金融からお金を借りている場合は総量規制が適応されるので、年収の1/3を超えるお金を借りることが出来ませんが、審査を受けたときには大丈夫であってもその後他社でもお金を借りていた場合に総量規制ギリギリになっている可能性があります。

この場合には総量規制を超える可能性もあるので利用限度額を減らされてしまう事があります。

増額申請を行った際にもこのような事が起こるのは紹介しましたが、増額申請を行わなければ大丈夫という訳でもありません。

増額申請の他にもカードローンは定期的に契約の更新が行われ、基本的には自動更新なので問題なければ契約者も知らない間に更新されていることがありますが、この更新でも契約のチェックは行われます。

この更新の際に他社の借入状況なども信用情報から確認するので、その時に他社から借りているお金も合わせて総量規制を超えそうだった場合は減額される事があります。

利用頻度が極端に増えた場合

カードローンの特徴の1つとして、枠を作ってしまえばその限度額の中で返済しながら自由に使えるという点がありますが、この借りては返しの頻度が極端に増えた場合にも利用限度額が減額される可能性があります。

通常の使い方をしていれば問題はありませんが、普通に生活していて短期間にそれほど何度も何度もお金を借りないと行けない状況というのはあまりないので、このような頻繁に借りては返しを行うと金融会社からしてみると問題視されるようです。

返済しているので問題ないように見えますが、今は返済できていても何度もお金を借りているということは資金繰りが厳しくなってきていて、カードローンの一時金に頼らないと行けない状況で、いずれ返済してもらえなくなるんではないかと判断される可能性があります。

そのような場合に、金融会社からしてみると利用限度額を減らして少しでもリスクを減らすという行動に出るのだと思われます。

なので資金繰りが悪化していない状況でもあまり頻繁に使いすぎると、そのような判断をされかねないので注意しましょう。

スポンサードリンク

途上与信とは

紹介してきたような審査に通った後であっても利用限度額が減らされる事がありますが、それに大きく関わってくるのが途上与信です。

途上与信というのは簡単に言うと審査を通過したあとの定期審査のようなもので、審査に通ってしまえば大丈夫という訳にはいかなくなっています。

カードローンを申し込む際には審査について気にする人は多いと思いますが、この途上与信について気にしている人は少ないんではないでしょうか。

もう少し詳しく紹介すると、カードローンは長くて3年~5年、短くて1年毎に契約の更新があり、その際に改めて審査が行われることになります。

問題がなければ利用者に通知されることもなく契約更新されますが、審査は契約更新のときだけでなく定期的に行われているんです。

途上与信で何がチェックされているかと言うと、紹介してきたような「他社での返済が遅れていないか」、「借入れ額が増えていないか」、「総量規制に達しそうになっていないか」などを確認しています。

総量規制に達しそうになった場合はもちろんですが、自社では遅れがなく返済されていても、他社で滞納していた場合には返済能力に問題があると判断されて減額や、新たな借入の停止などの処置が取られることがあります。

途上与信が行われる期間は定期的と紹介しましたが、契約者全員が同じ期間で行われるというわけではなく、利用している金額が高くなってきていたり、頻繁に借入れを行っている人は他の人より頻繁にチェックされているようです。

また次に紹介する法定途上与信では一定の条件を満たすと定期的に途上与信が行われる事になるので、常にチェックされているという意識は持っておいたほうが良さそうです。

法定途上与信とは

先ほど紹介した途上与信と似た言葉に「法定途上与信」というものがあります。

途上与信と法定途上与信の違いは、途上与信はカードローン会社独自の決まりの期間で行うものですが、法定途上与信は一定の条件を満たした人は法律で決められた期間で定期的に行わないといけません。

毎月途上与信が行われる条件
1ヶ月内に5万円以上の借入れを行っていて、借りている金額の残高が10万円以上の場合
3ヶ月毎に途上与信が行われる条件
借りている残高が10万円以上の場合

このような条件を満たしている場合は、毎月~3ヶ月に一度の途上与信が行われることになります。

カードローンを利用している多くの人が10万円以上借りていると思うので、ほとんどの場合3ヶ月に1度は途上与信が行われているという事になります。

なので他社で延滞などを行ってしまった場合には、1ヶ月又は3ヶ月以内にカードローン会社にバレてしまい、利用限度額の減額や利用停止等の処置を取られてしまう可能性があります。

カードローンを利用する時には常に気を付けているべきではありますが、法定途上与信の条件に当てはまっている方は特に注意をしておいたほうが良いでしょう。

途上与信は悪いことばかりではない

途上与信があるのでカードローン会社からは常にチェックされているという状況が窮屈に感じてしまうかもしれませんが、常にチェックされている事は悪いことばかりではありません。

というのも頻繁にチェックされているということは真面目に返済を行っていると、その点についてもしっかりと見てもらうことが出来ます。

なのでカードローン会社に優良な利用者として認められ、増額の誘いが来やすくなるというメリットもあります。

増額申請を行う際は新たに審査が行われることになりますが、カードローン会社側からの誘いであればほぼ間違いなく審査に通ることができます。

返済能力を証明することで増額するチャンスにもなるので途上与信を上手く利用していきましょう。

自分から減額申請することも可能

これまでは金融会社側から利用限度額を減額されるケースを紹介してきましたが、実は自分から利用限度額の減額をお願いすることも可能になっています。

増額申請を行う場合には再審査を行う必要があるので、改めて収入証明書などの書類を提出する手間などが必要になりますが、減額申請の場合はそのような手間はかからないのでその日の内に減額することが可能となっています。

利用限度額を増額するメリットは簡単に想像できますが、減額した際にはどのようなメリットがあるんでしょうか?

減額するメリット

利用限度額が減ると使える金額が減ってしまうというのがまず浮かぶと思いますが、それがデメリットであり、メリットにもなります。

使い過ぎを抑える事が出来る

生活にはお金が必要になるので、どうしても利用限度額を見ると「ここまでしか使えない」というよりも「ここまで使っても大丈夫」という気持ちになりやすく、まだ限度額に余裕があるからといって無駄遣いしてしまう事も珍しくないと思います。

なのでついつい無駄遣いをしてしまい返済が苦しくなるという事もあるので、それを防ぐためにも利用限度額を減額して無駄遣いを抑えるという使い方をする事もできます。

総量規制の空きを作ることができる

カードローンにも各社で様々な特徴があるので、「このカードローン会社から借りるのが一番お得だ」と思っているカードローンがあったとしても、他社からもお金を借りている場合には総量規制があるので、十分な利用限度額を設定してもらえない可能性があります。

そのような場合には、あまり使っていないカードローンを解約してしまうのが一番ですが、もしかしたら必要になるかもしれないという場合は減額申請をおこなっておくと、解約ほどではないですが、総量規制に空きができる事になります。

そうすることでお目当てのカードローンでも利用限度額が上昇する可能性もあるので、どうしても契約したいカードローンがある場合には、使っていないカードローンを減額申請などを行って準備をしておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

以上が利用限度額が減額されるケースと自ら減額申請をするメリットでした。

利用限度額の減額は延滞などがなくても起こる事があるので、その条件をしっかりと把握しておくことで想定外の減額に戸惑う事がなくなりますし、減額され難いカードローンの使い方も見えてくると思います。

利用限度額が減額と聞くとデメリットしかないような気もしますが、使い方によっては使いすぎの防止であったり、他のカードローンをより利用しやすくなるなどのメリットもあるので、増額申請だけでなく減額申請も上手く使うことでよりカードローンを賢く使っていくことが出来ます。

またカードローンの審査に通ったと行っても途上与信が行われ、常にチェックは行われているという意識を持っておくことが重要になります。

特に法定途上与信の条件に当てはまる方は特に高い意識を持ってカードローンを利用していくようにしましょう。