教育ローンと奨学金の違い…金利は奨学金が低いが利便性は教育ローンが高い

比較

教育に関する融資と聞くとまず思い浮かべるのが奨学金ですよね。

奨学金は大学に通う際に利用している人も多く、最近では返済についてニュースなどで話題になったりもしていましたが、同じ教育に関する融資の教育ローンとはどのような違いがあるんでしょうか。

実はこの2つは提供している機関の違いや、条件、返済する人など様々な点で異なっているんです。

今回はこの教育ローンと奨学金の違いについてまとめていきます。

スポンサードリンク

奨学金とは

奨学金とは経済的に進学が困難な学生にお金を融資する制度で、多くの場合は大学に入学する際などに利用されますが、中学校、高校の進学の際にも利用することは可能です。

奨学金には「貸与型」と「給付型」の2種類があります。

貸与型
貸与型には無利子で借りた金額のみを返済する場合と、ローンと同様に金利が発生する2通り存在します。
給付型
給付型は融資してもらった資金を返済する義務がない奨学金の事を言います。

この2つであれば誰でも給付型を利用したいところですが、奨学金にも審査があり、給付型は最も条件が厳しくなっています。

審査と言ってもローンとは違い返済能力などについては問われず、むしろ自費での入学などが困難な家庭に対して融資されるものとなっています。

奨学金として主に利用されるのは貸与型で無利息と利息が発生する物があります。

奨学金を最も利用されている日本学生支援機構の場合であれば利息は年3%を上限としていて、近年では年0.2%~0.3%程度というかなりの低金利に設定されています。

無金利と金利付きの奨学金のどちらに決まるかは給付型とは違い、重要視されるのは学力や成績です

無金利で融資してもらうには一定の成績を残しているかつ、基準の家計基準を満たす場合のみ可能になります。

貸与型の奨学金の場合は在学中に返済する必要はなく、原則的に学校を卒業後に返済を始めていく事になります。

奨学金と教育ローンの違い

では奨学金と、銀行などの商品である教育ローンとはどう違いがあるのでしょうか?

教育ローンについて詳しくはこちらの記事を参考にして下さい。

審査・利用条件について

先程も少し触れていますが、奨学金の利用条件は教育ローンとは逆の条件が必要となっています。

教育ローンを利用する際の審査で重要になるのは返済能力があるかという点ですが、奨学金の場合は本当に奨学金をかりる必要があるかという点を重視しています。

つまり金銭的に余裕がある家庭の学生は奨学金を利用することはできず、金銭的に進学が厳しい家庭に対して融資を行うのが奨学金となっています。

なので利用条件は教育ローンと奨学金では真逆になっています。

金利について

奨学金や教育ローンを利用する場合に気になるのが借りた際に発生する利息に関わる金利です。

教育ローンの場合は年3%程度になっていて、他のカードローンなどと比べるとかなりの低金利に設定されています。

一方で奨学金の場合、給付型、無金利型なども存在しますが日本学生支援機構を例に見ると金利が発生した場合でも最大年3%まで、現在では年0.2%程度という超低金利で借りることができます。

これは奨学金を提供しているのが独立行政法人であったり、公益財団法人などの利益を第一としない団体が行っているのでこのような低金利で融資してもらうことが可能となっています。

融資金額

融資してもらえる金額については教育ローンの場合は銀行毎に違いがあり、300万円~1000万円程度に設定されている物がほとんどです。

またその中でもフリーローン型のように一括での融資や、カードローン型のように必要なときにだけ引き出して使うという形のものも存在します。

奨学金はそれらとはまた少し違った方法で、審査で決まった金額が毎月振り込まれるという形の融資方法になっています。

毎月振り込まれるのは有り難いですが、教育ローンとは違い大きな金額は必要な時に対応することが難しい点が難点とも言えます。

返済について

返済についても卒業後に本格的に返済が始まるという点は共通していますが、若干の違いはあり、教育ローンは借りたお金を減らすための返済はしなくてもいいですが、毎月の利息については払っていかないといけません。

一方で奨学金では在学中は一切返済する必要がありませんし、借りている金額にもよりますが、返済期間も教育ローンよりも長めに設定されている事が多いので毎月の返済額は抑えめにすることができます。

スポンサードリンク

まとめ

以上が奨学金と教育ローンの違いについての紹介でした。

金利に関しては圧倒的に奨学金の方が低く、利息を第一に考えた場合には奨学金が最も適していますが、イベントなど大きな金額がいる際でも奨学金は一定の金額しか振り込まれません。

なので利便性という意味では教育ローンの方が高いと言えますし、奨学金の利用条件に達していない場合は教育ローンを利用するしかありません。

このような奨学金と教育ローンの特長を把握してどちらを選択するのかを決めるようにしましょう。