カードローンの本審査と仮審査の違いは何?…仮審査が最も重要でほとんどの事が決定される

審査

カードローンを利用する際に避けて通れないものが審査です。

審査には仮審査と本審査の2つあり、両方の審査を通過することが出来て初めてカードローンを利用することが出来ます。

なぜ審査を1つにまとめないでわざわざ2回に分けているのでしょうか、そもそも仮審査と本審査で審査される内容はどう違うんでしょうか。

今回はそんな審査に関する疑問について紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

審査とはそもそも何を調べられるのか

カードローンを申し込んだ際に行われる審査とはどのようなことを誰が調べているんでしょうか。

まず審査で調べられることは大きく分けで2つあり、1つ目は「返済能力はどのくらいあるか」、2つ目は「過去に金融事故を起こしていないか」です。

カードローン会社からしてみればお金を貸す相手がちゃんと返してくれるのかが重要なポイントになるので、返済能力があるかどうかを調べるのは当然と言えます。

また過去に金融事故を起こしていないかという点も同様で、しっかりと返済できなかった人は信頼してお金を貸すことが出来ないので、金融事故を起こして一定期間経っていない人は審査に通ることはほぼ不可能になります。

銀行の場合審査は保証会社が行う

審査を行うのはカードローン会社自身ではなく、銀行カードローンの場合は審査は保証会社という外部の会社に委託して行ってもらっています。

この保証会社とは消費者金融やクレジット会社などの信販会社であることが多く、審査能力の高さを生かして銀行の代わりに審査を行っています。

本審査と仮審査の違いは何か

返済能力を見極めるために審査があるのは分かりますが、なぜ本審査と仮審査の2つに分けて行っていて、そしてこの2つの違いとは何なのか?

その違いを知るために仮審査と本審査の違いについて紹介していきます。

仮審査で調べられること

仮審査と聞くと本審査の前の簡単な審査と感じそうですが、実は場合によっては本審査よりも重要になります。

というのも基本的に必要な情報は全て仮審査で調べられることになり、先程も紹介したような返済能力や金融事故を起こしていないかはここで判断されることになります。

  • 年収はいくらか
  • 勤続年数は何年か
  • 安定した収入があるか
  • 家族はいるのか
  • 年収の1/3を超える借入れにならないか
  • 他社からいくら借りているか
  • 返済状況は良好か
  • 金融事故情報があるか
  • 6ヶ月以内に申し込みを行っていないか

などの情報を申込時に提出する申込書や、信用情報期間からの情報を確認してこの人に返済能力はあるか、いくらまで貸しても大丈夫かなどを判断してこの時点で利用限度額の上限も決定される事になります。

ただカードローン会社からしても出来るだけ融資をして利益を得たいと考えているので、金融事故を起こしたりしていなければ、全ての条件を完璧にクリアしていなくてもある程度の水準に達していれば利用限度額が低くなりますが仮審査に通る可能性はあります。

このように重要な部分は仮審査で行われることになるので、カードローンの審査に通れない場合はほとんどこの仮審査で落とされてしまうことになり、逆に言うと仮審査を通ることが出来れば高確率でカードローンを利用できるようになります。

本審査で調べられること

仮審査を通過することで本審査を受けられますが、重要なポイントは仮審査で確認しているので本審査では何が行われるかというと、仮審査の情報が事実かという確認です。

仮審査で提出した情報が本当かを調べるために本審査から書類などの提出が必要になり、本人確認の為の身分証明証や、50万円以上を借りる場合には年収を証明する収入証明書などの提出が必要になります。

またカードローンを利用する際に多くの方が気にされる在籍確認もこの本審査で行われることになります。

申込の際に全て正直に記入している場合は確認だけ行われるので、在籍確認が行われれば何の問題もなく本審査も通ることが出来るでしょう。

ただし申込書などで嘘の記述をしていた場合には、その時点で審査から落ちた上に、信用情報に記載されカードローンの利用が出来なくなる可能性もありますし、一時的に誤魔化せたとしても後々バレて一括返済などを求められる場合も十分にあります。

嘘の記載をしても必ずバレて面倒なことになるので、仮審査だとしてもしっかりと正確な情報を記載をする事で本審査もスムーズに行うことが出来ます。

提出書類に不備がなく、在籍確認も行うことが出来れば本審査も通過することができ、晴れてカードローンを利用することが出来るようになります。

本審査と仮審査が別れている理由

紹介してきたように仮審査で大半の事は決まってしまうので、仮審査の時点でふるいにかけられる事になります。

ここで本審査と仮審査を1つにしてしまうと、最初から本人確認書類や収入証明書などを
提出してもあることになるので、全ての申込に対して書類審査まで行っていると時間が多く必要になってしまいます。

最近のカードローンでは早さを売りにしている所がほとんどなので、それほど審査に時間をかけている余裕はありません。

なので一定水準以上の貸しても大丈夫であろうという人達だけを仮審査を通過させて、本審査に入ってしっかりとした書類を提出してもらう事で素早い審査を行うことができる要因の1つになっています。

スポンサードリンク

まとめ

以上が本審査と仮審査についてや、違いなどに付いての紹介でした。

どうしても「本審査」と聞くと本番はこっちと思ってしまいがちですが、カードローンの場合では仮審査でほとんど審査の可否は決まってしまいます。

なので申し込みを行う際には仮審査だからそれなりに書いとけば大丈夫でしょうと思って申し込みをしてしまうと早々に審査に落ちてしまうかもしれないので、仮審査であってもしっかりと間違いなく記入をするようにしましょう。

また本審査で要求される必要書類も事前に把握して用意しておくとスムーズに審査を終わらせることが出来るので、しっかり準備を行っておきましょう。