転職直後はカードローンの審査で不利な理由…ただし絶対に借りることが出来ないわけではない

転職

カードローンを利用するにはどのカードローンを選んだとしても審査を受けずに利用することは出来ません。

その審査に重要とされているのは属性と言われる申込者の年収や雇用形態などで、その中で勤続年数も重要な要素となっています。

勤続年数は一定期間以上同じ会社に勤めている方が有利とされているのですが、転職したばかりの場合は審査に通らなくなってしまうんでしょうか?

実は絶対に審査に通らなくなるという事はありませんが、不利な状況になるのは確かです。

今回は転職したばかりでもカードローンを利用することが出来るのかなどについて紹介していきます。

スポンサードリンク

転職直後だと審査に通り難い?

上記したようにカードローンの審査で大切とされているのは属性と言われる申込者の年収や勤続年数、雇用形態などで、それをスコアリングシステムという属性を得点化してある一定以上の点数であれば仮審査に通ることが出来るというシステムになっています。

今回はこの中の勤続年数に注目して紹介していきますが、勤続年数で何を見られるかと言うと「この人は継続して同じ会社に務めることが出来る人なのか」という点です。

さらにこれは安定して収入があるかを判断する材料にもなり、職を短期間で転々としている人の場合は転職先で収入が変わってしまいますし、すぐに次の職が見つかるとも限らないので安定して収入が得られない可能性があると判断されてしまいます。

カードローンの審査に関しては年収が高ければ高いほうが審査に通りやすくなるというイメージの方も多いと思いますが、実はそうではありません。

カードローン会社が重視しているのは年収の高さではなく借入額と年収のバランスと安定した収入で、たとえ年収が低くても安定した収入とそれ相応の金額を借りる場合には審査に通ることが可能となっています。

その点においても勤続年数というのはとても重要な要素となっているので、転職後は勤続年数が0年という評価になり勤続年数の項目の評価はかなり低いものとなってしまうでしょう。

ただしスコアリングシステムは属性のトータルの点数で審査の可否が決まることになるので、その他の部分で勤続年数のマイナス分を補うことが出来れば審査に通ることも不可能ではありません。

転職後でも審査に通りやすくなる要素

勤続年数が少なくても審査に通りやすくなる要素としては以下のようなものがあります。

  • 年収が高い
  • 公務員などの安定した職業に就いた
  • 正社員である
  • 信用情報に傷がない
  • 希望額を少なめに申請する

以上のような点があると勤続年数が少なめであっても審査に通ることができる可能性があります。

特にどのような職業にどのような雇用形態で勤めているかと言うのは、カードローン会社の気にする安定した収入に関わってくるので、正社員で公務員になったという場合にはかなりのプラス材料となるでしょう。

信用情報に傷がない事も重要で、勤続年数が少なくさらに信用情報に傷があるという場合にはほぼ審査を通ることは出来ないでしょう。

また申し込みの際に記入する希望額は出来るだけ高く設定したいので高めに書いてしまいがちですが、審査に通りやすくしたい場合は希望額はかなり抑えめにしておくと効果的です。

利用限度額が高くなればなるほどカードローン会社のリスクは高くなるので、敢えて低い金額で申請するとリスクが低いのでこれなら貸しても大丈夫かもしれないと判断されることもあるからです。

このような要素を踏まえておくと勤続年数が短くても審査に通る可能性はあります。

転職後は最低でも数ヶ月は借入れ不可

転職後でも借入れが出来ると言っても、1ヶ月も経たない本当に直後ではカードローンの審査に通る事はできないでしょう。

というのもカードローンで50万円以上の借入れを行う場合には銀行、消費者金融問わず収入証明書が必要になります。

なので希望額を50万円以下にすれば収入証明書は必要なくなりますが、希望額が50万円以下の場合でもカードローン会社が必要と判断すれば収入証明書の提出を求められる事があります。

勤続年数が0年の場合は50万円以下であってもカードローン会社から提出を求められる可能性が高くなるでしょう。

収入証明書として提出する物の多くは1年間の収入を証明する書類が多く、まだ新しい職場で1年間働いていない場合は提出することが出来ません。

前職で1年以上勤務していたとしても、証明すべきなのは今の職場での収入なので、前職の収入証明書を提出してはいけません。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近2ヶ月分)
  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書

以上のようなものなどが収入証明書として利用することができ、唯一1年経過していなくても利用できる収入証明書が給与明細書です。

なので転職直後でカードローンを利用を考えている場合は給与明細を提出するしかないので、最低でも2ヶ月以上、出来れば6ヶ月以上経過してから申し込んだほうが良いかもしれません。

スポンサードリンク

転職前にカードローンを作っていた場合

転職前に既にカードローンを作っていた場合はそのまま利用していっても問題ありませんが、転職後には必ずカードローン会社に報告を行うようにしましょう。

転職後に収入が前職よりも著しく下がってしまった場合には再審査が行われ、今までの利用限度額よりも引き下げられてしまう可能性もあります。

だからと言って転職をしたことを隠して、後にバレるとカードローンの利用停止や、一括返済などを求められる可能性もあります。

というのも収入が減ったということは総量規制で借りる事が出来る金額の総額が減るという事なので、消費者金融は総量規制以上にお金を貸すと利用者には何も罰則はありませんが、消費者金融には業務停止などの罰則があります。

業務停止などになると会社として大ダメージなので、そのような点を守れない人はカードローン会社として信頼できなくなるのでそのような措置が取られることになります。

なので利用限度額が低くなってしまう可能性もありますが、今後利用できなくなるよりはマシだと思うので素直に申請するようにしましょう。

ちなみに銀行も総量規制と同等の規制を行っていますが、総量規制と同じ程度の基準で自主規制を行っているだけなので法的な罰則はありません。

再度在籍確認が行われる事も

在籍確認はカードローンを利用する際にほとんどの会社で行われるものですが、転職をした場合には転職先に再度在籍確認が行われる事があります。

ですが申込の際のようにほぼ確実に行われるという訳ではなく、再度行われる事が多いですが、行わないというカードローン会社も少なくないようです。

なのでこれは利用しているカードローン会社の判断によって違いますが、再度確認が行われる可能性も高いので、必要ならば時間を調整するなどして準備をしておきましょう。

まとめ

以上が転職後でもカードローンに申し込む事ができるのかなどについての紹介でした。

基本的に数ヶ月経過すれば申し込むことは出来ますが、通常よりも不利な条件になってしまうので、急ぎでない場合は出来れば1年程度勤務してから申し込んだ方が審査に通りやすいでしょう。

それでも転職してすぐに借りたい場合は希望額を下げるなどして審査に通りやすい状況を作っておくようにすると審査に通りやすくなります。

また数ヶ月先に転職しようと考えている場合は勤続年数が長い現在の職場にいる内にカードローンを作っておくとより、有利な条件で作成することが出来ます。

ですが転職後にはカードローン会社への報告は忘れずに行うようにしましょう。