カードローンを申し込む時に必要な書類と注意点まとめ…本人確認証と収入証明書は用意しておこう

書類

カードローンからお金を借りるというと様々な手続きと、多くの書類が必要になるイメージがある方もいると思いますが、実は少額をかりる場合には書類もほとんど必要なく利用することができます。

ですが利用する金額が高くなると必要な書類も増えてしまい、何をどれだけ準備すれば良いかわかりづらいです。

今回はカードローンを申し込む時に迷わないで済むように、必要な書類などをまとめてみました。

スポンサードリンク

カードローンの申込方法

カードローンに申し込もうとした場合には様々な申し込み方法があり、各カードローン会社によってそれぞれ対応している申し込み方法に違いがあります。

カードローンで採用されている申し込み方法は以下のようなものがあります。

  • インターネット・アプリ
  • 電話
  • 店舗窓口
  • FAX
  • 自動契約機・ATM

大まかにこのような方法で申し込みを行うことができますが、インターネットからの申込みの場合はここから必要書類の送り方の違いがあるので、さらに種類が増えていきます。

基本的には電話、窓口、FAXなどは多くのカードローンで採用されていますが、最近ではインターネットのみの受付をしているカードローンもあるので、全て申込が電話や窓口でできるわけではありません。

窓口、自動契約で申し込み

窓口や自動契約機で申し込みを行う場合は必要書類を持参して申し込みを行う必要があります。

窓口であれば分からない点などを相談することも可能で、自動契約機でも電話が付いている場合が多く、わからない時はオペレーターの方に聞くことも可能な物が多いです。

話しを聞きながら確実に申し込みを行いたいという方は窓口や自動契約機からの申し込みがいいかもしれません。

書類を提出したあとは窓口申込であれば後日連絡のある審査の可否を待ち、自動契約機の場合は即日でローンカードを受け取ることができるので、その日の内にお金を借りることができます。(消費者金融の場合のみ)

郵送・FAXでの申し込み

郵送やFAXでの申込みの場合は、申込用紙を貰ってきたりホームページから印刷をしたものに記入をして必要書類と一緒にそれぞれの方法で送ります。

その後審査に通った場合には正式に契約を行うための書類が送られてくるので、それに記入して送り返すことで契約が完了します。

郵便でのやり取りになるので他の方法よりも時間が多くかかってしまいますが、インターネットなどが苦手で窓口に行かずに契約したいという方に向いている申し込み方法です。

インターネット・アプリから申し込み

最近では主流になりつつあるのがインターネットやスマートフォンのアプリからの申し込む方法です。

カードローンのホームページから必要情報を打ち込むだけで申込が完了するので、窓口のように時間を気にせずいつでも申し込むことができますし、郵送のように時間もかからないので最も手軽な申し込み方法となっています。

また必要書類もカメラなどで撮影したものをアプリを使って送るだけ完了するカードローンもあり、インターネットだけで申込から契約まで行える事を「WEB完結」といいます。

インターネット申込に対応しているカードローン全てがWEB完結に対応しているわけではなく、申込のみインターネットから行うことができ、必要書類や正式契約の書類は郵送で行うカードローンも多いので、その場合はWEB完結よりも時間は必要になります。

WEB完結に対応していない場合でも時間を気にせずに行うことが出来るので便利な申し込み方法であることに変わりはありません。

申込に必要な書類

申し込み方法は紹介しましたが、その際にどのような書類を準備しておくべきなのでしょうか。

借りている金額の状況や利用する制度によって用意するべき書類に違いがあるので、それぞれに必要な書類について紹介していきます。

本人証明書

これはカードローンを利用する時に例外を除いて誰でも必要になる書類で、カードローンの申し込みを考えている方は必ず用意しておくようにしましょう。

以下のような書類が本人確認書類として認めてもらうことができます。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード(写真付き)
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別在住証明証書

基本的に運転免許証が一般的につかわれていて、持っていない場合はパスポートでも可能となっていますが、パスポートは作るのにお金がかかってしまうので、運転免許証もパスポートも持っていない場合はマイナンバーカードを作成するといいでしょう。

マイナンバーカードと言っても郵送されてきた数字だけが書いてあるものではなく、申請をして作ってもらう写真付きのマイナンバーカードの事です。

基本的に本人確認証明書は顔写真が付いているものが適していて、顔写真のない健康保険証であっても利用可能とはなっていますが、その場合には6ヶ月以内に住んでいる住所が分かる書類を用意する必要があります。

  • 電気
  • ガス
  • 水道
  • NHK
  • 固定電話

以上のような公共料金の支払い領収書が必要になりますが、携帯電話の領収書は不可となっています。

書類をそろえれば顔写真なしでも利用可能ですが、マイナンバーカードがあれば書類を用意する必要がありませんし、今後も身分証明書として免許証と同様に使えるのでとても便利です。

申込の手間はありますが、スマートフォンなどから行えば写真代金もかからずに作成可能なのでこの機会に作成しておいても損はありません。

本人証明書が必要ない場合がある

基本的カードローンを申し込む際には本人証明書の提出は必須ですが、利用しようとしているカードローンを提供している銀行の口座をすでに持っている場合は本人証明書が不要の場合があります。

というのも口座を作成する際にも本人を確認するための本人証明書が必要なので、本人確認は口座作成の際に終わっていると判断されるので、カードローン申込時に本人証明書がなくても大丈夫という事になります。

収入証明書

本人確認は申し込む際にほとんどの場合必要になる書類ですが、収入証明書は一定の条件を満たすと必要になる書類です。

その条件は消費者金融では50万円以上の金額を借りる際と、他社も含めて書いている金額の合計が100万円を超える場合に必要になります。

銀行カードローンの場合は以前は300万円以下をかりる場合には収入証明書が必要ありませんでしたが、最近では自主規制として必要になる金額が引き下げられ、多くの銀行カードローンで50万円以上の金額を借りる場合に収入証明書が必要になります。

また上記のような条件を満たしていない場合でもカードローン会社が必要と判断された場合には収入証明書の提出を求められる事はあります。

とくに自営業者などが利用する場合は収入証明書の提出を求められることが多いので、そのような方が利用する場合は予め収入証明書は用意して方がよいでしょう。

専業主婦の方が銀行カードローンを利用する場合にも収入証明書が必要になりそうではありますが、専業主婦の方は収入がないので収入証明書の提出は必要ありません。

収入証明書が必要となった時に用意するべき書類は以下のようなものになります。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 給与明細書(直近2ヶ月分)
  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書

このようなものが収入証明書として利用できるので、この中から1つでいいので提出する事になりますが、去年の収入を証明するためのものなので最新のものを必ず用意しましょう。

「源泉徴収票」や「住民税決定通知書」、「給与証明書」「市民税・県民税額決定通知書」は会社から渡されるものなので、会社勤めの方にとっては比較的簡単に用意することが出来ますが、なくした場合は市役所や区役所で再発行してもらいましょう。

配偶者貸付

配偶者貸付とは消費者金融に適応されるルールで、通常であればカードローンから借りることができる金額は個人の収入から導き出されますが、夫婦であれば2人の収入を合わせた金額の1/3まで借りる事が出来るようになります。

つまり配偶者貸付を利用すると極端に言うと妻であっても130万円借りることが可能という事になり、夫婦であれば収入が少ない方でも自分の年収以上の金額をかりる事が可能となります。

配偶者貸付を行うには以下のような書類を用意する必要があります。

  • 収入証明書
  • 同意書
  • 婚姻を証明する書類(戸籍謄本、住民票)

収入証明書は上で紹介したものと同じ書類で構いませんが、夫婦で収入がある場合は二人分の収入証明書が必要になります。

同意書は配偶者の信用情報を参照することや配偶者貸付に同意する事を証明する書類で必ず自分ではなく配偶者に書いてもらわないと偽造の罪になりかねないので注意しましょう。

最後に必要な婚姻を証明する書類は本当に結婚をしているのかを証明するために「戸籍謄本」「住民票」のどちらかを市区町村の役場から入手しておきましょう。

配偶者貸付の場合はこの3つの書類全てが必要になるので、初めて申し込む場合はこれに加えて本人証明書も用意する必要があります。

配偶者貸付は大手消費者金融では利用できない

このように収入が少ない配偶者でもお金を借りる事が出来る配偶者貸付ですが、実は大手消費者金融では配偶者貸付の受付を行っていません。

そもそも配偶者貸付は消費者金融だけに当てはまる制度で、銀行カードローンであれば同意書などは必要なく専業主婦の方でも利用することが出来ます。

そんな消費者金融向けの制度であっても消費者金融大手では利用できないのは、提出する書類が増えることになり審査に手間になるど様々な噂がありますがはっきりとはしていません。

大手ではない消費者金融であれば配偶者貸付も利用できますが、最も利用するであろう大手で利用できないのは残念な点です。

スポンサードリンク

即日融資を利用したいなら消費者金融

以前までは銀行カードローンであってもWEB完結ができるカードローンの多くが即日融資に対応していましたが、2018年1月以降審査をより詳しく行うことになったので即日での審査回答が不可能となりました。

一方で消費者金融は今までどおり申し込んだその日の内にお金を借りる事が出来る即日は今でも行うことが可能となっています。

なので急いでお金を借りたいという場合には消費者金融を選ぶようにしましょう。

まとめ

以上がカードローンの借り方とその際に必要になる書類の紹介でした。

基本的には本人証明書があればカードローンは利用することが出来ますが、利用する金額が50万円以上になると収入証明書であったり、配偶者貸付を行う場合は同意書など場合によっては書類はどんどん増えていくことになります。

自分がいくら借りたいのかや、配偶者貸付を利用するかなど申し込む前に整理してから申し込むことで、慌てて書類を用意する必要が無くなるのでまずは必要な書類が何なのかを把握することを優先しましょう。