専業主婦でもカードローンを使うことはできる?…実は意外に利用できる所は多い

専業主婦のイメージ

今回はパートやアルバイトを行っておらず収入のない完全な専業主婦でもカードローンを利用することが出来るのかや、その時に用意するものなどについて紹介していきたいと思います。

さらに配偶者貸付や在籍確認など、カードローンを利用する際に覚えておくとよりカードローンについてよく知ることができる用語などについても解説を行っています。

なので専業主婦の方でカードローンの利用を考えている方は是非参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

専業主婦でもカードローンは利用できる

銀行カードローン、消費者金融カードローンどちらでも利用条件に真っ先に書かれてあることは「満20歳以上であること」と、「安定した収入がある」なのでカードローンを利用する際に大きな条件となるのが安定した収入があるということです。

安定した収入と言うと条件が厳しそうに聞こえますが、実際にパート・アルバイトの方でも利用することが出来るカードローンはいくつもあるので、正社員でないと安定している収入ではないというカッチリしたものではありません。

なのでパート・アルバイトの方でもある程度同じ職場で働いて一定の収入があれば利用することが出来るのでそれほど身構える必要はありません。

ですが専業主婦の方は収入がなく、利用条件の「安定した収入」を満たしていない事になるのでカードローンの利用は難しいと考えられる方も多いかも知れませんが、実は専業主婦の方でも利用できるカードローンは少なくありません。

専業主婦の方は銀行カードローンを選ぼう

専業主婦の方でも利用できるカードローンと聞くと利便性やサービスが充実していることの多い消費者金融カードローンかと思ってしまいますが、消費者金融カードローンではなく銀行カードローンに専業主婦の方が利用できるカードローンが多いんです。

大手消費者金融では借りる事ができない理由

大手消費者金融カードローンがなぜ専業主婦の利用できるカードローンが無いかと言うと、消費者金融が従わないと行けない法律「貸金業法」の中に総量規制という決まりがあり、その総量規制の中には「借りられる金額は年収の1/3まで」と書かれています。

なので収入のない専業主婦の方は借りられる金額は0円になり借りることが出来ないと言うことになります。

ですが総量規制には例外が存在し、「自分に収入がない場合は同意があれば配偶者の収入を元に借りることが出来る」というものがあり、年収のない専業主婦の方であっても配偶者と2人合わせて、配偶者の収入の1/3まで借りることは可能となります。

これを「配偶者貸付」と呼び、法律的には配偶者に安定した収入と、配偶者の同意があれば専業主婦の方でも利用は可能ですが、大手消費者金融カードローンは申込者が専業主婦の場合にはお金を貸してもらうことは出来ません。

というのも大手消費者金融などは審査の早さを売りにしていますが、専業主婦が配偶者貸付を利用して借りようとした場合、同意書や婚姻を証明する書類など多くの書類を受付や確認を行わないといけません。

通常よりも多くの手続きが必要になるのでその作業を嫌がり配偶者貸付を利用しての買い付けを行っていないという理由もあるようです。

銀行カードローンでは専業主婦でも利用可能

紹介したように消費者金融カードローンの場合は専業主婦の方は利用できませんが、審査が厳しいと思われがちな銀行カードローンであれば専業主婦でも利用可能となっています。

なぜ収入のない専業主婦が配偶者の収入を証明するものがなくても利用可能かと言うと、銀行側が審査の際に配偶者に共働きでなくても生活ができるだけの収入があるのだな。と判断されるので無収入の専業主婦の方でも利用することができます。

さらに消費者金融には貸金業法の総量規制というルールがあるので年収の1/3以上の金額を借りることは出来ませんが、銀行カードローンは貸金業法ではなく「銀行法」という法律を元に営業しているので総量規制とは関係ありません。

なので1/3以上の金額を借りることは法律上可能ですが、最近では銀行のお金の貸し過ぎが問題となってきていて、銀行の自主規制として総量規制と同等の金額またはそれ以下の金額しかお金を貸さないという動きになっているので、それほど大きな金額を借りることは出来なくなっています。

そのような流れからか、配偶者の年収が多い場合であっても専業主婦の方が借りる事が出来る金額が制限されている事があり、利用できる金額の上限が10万円~50万円に設定されている事も珍しくありません。

このように銀行カードローンでは専業主婦の方も利用できるものもありますが、配偶者の年収が多いからといって大きな金額が借りられる訳ではなくある程度の制限がかかってしまうことは覚えておきましょう。

スポンサードリンク

配偶者貸付について

先程も紹介したように消費者金融からお金を借りる場合は専業主婦の方であっても配偶者貸付と2人合わせて配偶者の年収の1/3まで利用できますが、この「2人合わせて」という言葉が重要となっています。

もし既に配偶者が年収の1/3までいっぱいにお金を借りていた場合には配偶者貸付を利用したとしてもこれ以上借りることは不可能となります。

なので配偶者貸付を利用する場合には出来るだけお互いどれだけ借りているか把握しておく必要があります。

銀行カードローンの場合は総量規制とは関係ありませんが、先程も紹介したように利用できるカードローンでも上限金額は低めに設定されています。

借りる時に必要なもの

専業主婦の方でも銀行カードローンであればお金を借りる事が出来るとわかった所で、借りる際にはどんな書類が必要になるかなどについて紹介していきます。

本人証明書

これはカードローンを申し込む時には誰でも必要になる本人であることを証明することができる物のことで、一般的には運転免許証やパスポートなどを利用する事が多いようです。

ですが運転免許証もパスポートも持っていないという方も少なく無いと思うので、そのような時にはマイナンバーカードを利用すると良いでしょう。

マイナンバーカードと言っても通知カードという番号だけが書かれたカードでは意味がなく、写真付きのマイナンバーカードを申請して作成してもらう必要はあります。

写真付きののマイナンバーカードは自分から申請しないと作ることは出来ませんが、作るのは無料ですし、パソコンやスマートフォンを使えばわざわざ写真を撮りに行かなくても作成することは可能となっています。

保険証でも身分証明書として使えますが、写真がないのでその他にも公共料金の領収書などの書類の提出を求められる事もあるので手間がかかってしまいます。

写真付きのマイナンバーカードを作成しておけばカードローンだけでなく今後も身分証明書として免許証と同じように利用することができるので、免許証やパスポートを持っていない方は少し手間ではありますが作っておいて損はないと思います。

収入証明書

収入証明書とは自分の収入を証明できる書類のことで、一定の金額以上を借りる場合には収入証明書を提出して収入があることを証明する必要があります。

以前の銀行カードローンであれば借りる金額が300万円以下の場合には収入証明書が無くても借りることが出来ましたが、先程も紹介したように銀行の貸しすぎ問題などがあり、今ではほとんどの所で50万円、高くても100万円以上の金額を借りる場合には収入証明書の提出を求められることになっています。

ですが専業主婦の場合は50万円以上借りることが出来る銀行カードローンはほとんどないですし、専業主婦の方自体には収入がないので収入証明書を提出することは出来ないので、収入証明書の提出は不要です。

ちなみに収入証明書として利用できる書類には以下のようなものがあります。

  • 泉徴収票
  • 給与明細書
  • 住民税決定通知書
  • 納税通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 年金証書、年金通知書

このような書類は市役所や役場などで貰うことも出来るのでカードローンの利用を考えている場合は収入証明書の提出を求められても良いように準備をしておきましょう。

同意書

同意書とは消費者金融のカードローンを利用する際に配偶者が自分の年収を元にお金を借りる事と、審査の際に自分の信用情報を参照することに同意するという書類の事です。

審査の際には申し込んだ専業主婦の方ではなく配偶者の信用情報から様々な個人情報をみて判断される事になりますが、夫婦であっても他人である事には変わりないので、申込者以外の信用情報というプライバシーを見る際には本人(配偶者)の許可がないと審査を行うことが出来ません。

なので配偶者に内緒で借りようと自分で同意書に署名を行って提出した場合は文書偽造という犯罪になり、トラブルの元になりかねないので、決して行わないようにしましょう。

銀行カードローンを利用する場合には同意書の提出は必要ありません。

婚姻を証明する書類

配偶者貸付を行うには対象の2人が本当に結婚しているかを証明する必要があるので、婚姻を証明する書類の提出が必要になります。

婚姻を証明する事が出来るのは「戸籍謄本」「住民票」などがあり、どちらもお住まいの市区町村役場、市役所で発行してもらうことができ、さらにマイナンバーカードを発行している場合はコンビニでも発行する事も可能となっています。

スポンサードリンク

在籍確認について

カードローンでは申込者が別の誰かが申し込んだのではなく本当に自分の意志で申し込んだか、申込書に記載されている勤め先に本当に勤務しているかなどを確認するために「在籍確認」という電話確認を行っています。

勤め先のない専業主婦の方であっても在籍確認は行われ、専業主婦の方の場合は自宅や携帯電話に電話をかけることで在籍確認としています。

自宅に電話が来る際に配偶者にバレるんじゃないかと不安になると思いますが、カードローン会社も他人に分からないように配慮してくれ、在籍確認を行う場合はカードローン会社の名前ではなく個人名であったり、カードローンによっては名乗る名前などを指定することも可能となっているので電話が来たからバレルという事はありません。

電話に出たら本人かどうかとカードローンを利用する意思があるかなどの簡単な質問をされるだけですぐに終わるので、身構える必要はそれほどありません。

まとめ

以上が専業主婦がカードローンを利用する事が出来るかや、その時に必要なものなどについての紹介でした。

専業主婦の方でも銀行カードローンであれば多くの選択肢の中から選ぶことが可能で、消費者金融のように同意書などの多くの書類も必要とはなりません。

逆に消費者金融を利用を考えた場合は選択肢は思った以上に狭く、準備するべき書類も多くあるので借りるまでには大きな手間が必要になります。

このように専業主婦の方であってもカードローンの利用は可能なので、必要と感じた場合は検討してみて下さい。