ローンカードを不正利用された時の保証は…条件によっては受けれない可能性も

support

カードローンを利用する場合に必要になるのがローンカードで、財布の中に保管しているという方も多いでしょう。

ですが財布を落としてしまうことはそれほど珍しくなく、ローンカードごとなくしてしまう可能性も否定できませんし、盗まれてしまう可能性もあります。

なくしてしまうだけならまだしも、そのローンカードを不正利用されてお金を引き出されてしまった場合には保証を受けることはできるんでしょうか。

結論から言うと保証に対応しているカードローンであれば保証を受けることは出来ますが、紛失や盗難が行われた状況などによっては保証を受けることが出来ない場合があります。

今回はそのようなことなどについて紹介していきます。

スポンサードリンク

ローンカードを悪用された場合

ローンカードを紛失したことに気付かず不正利用されてしまった場合は全額自分で支払う必要があるのでしょうか?そしてカードローン会社からの保証は受けることができるんでしょうか?

これは保証を受けることも可能ですが、場合によっては保証されず自己責任として返済の義務が出てくることになります。

まず保証される条件として上げられるのがカードローン会社への一定期間内での連絡と、警察への届出の提出を行っていることです。

クレジットカードの多くでは紛失から60日以内にクレジットカード会社への連絡をしていなければならないとされていて、カードローンも同様に大体の場合30日~60日以内にカードローン会社への紛失した事を連絡しておかないとその時点で保証の対象外となってしまいます。

また警察への届出も必要になり、警察への届出は最寄りの警察署へ出向かないといけないので、カードローン会社に連絡してカードを使えなくしてもらったから警察へ行かなくてもいいかと思ってしまいがちですが、万が一既に不正利用されていた場合には警察への届出がないと保証は受けることが出来ません。

なので手間と時間はかかってしまいますが、無くし紛失してしまったと気付いたら可能な限り早く、カードローン会社と警察への届出をセットにして必ず行うようにしましょう。

保証されないケース

ただしカード会社と警察に届出を出していた場合であっても保証を受けることが出来ないケースがあります。

それは利用者本人に過失があったと判断された場合で、主に以下のようなケースで保証されない可能性があります。

  • 会員の故意または重大な過失に起因する損害
  • 会員の家族、同居人、留守人等の会員の関係者によって使用された場合
  • 規約に違反している状況において、紛失や盗難が生じた場合
  • カードの署名欄に会員の署名がない状態で損害が発生した場合

主に以上のような状態で悪用されてしまった場合にはカードローン会社からの保証は受けることが出来ません。

利用者の過失

具体的に説明すると、会員の過失に起因する場合というのは以下のような例が上げられます。

  • 他人に暗証番号を教えた
  • 暗証番号をカードに書いていた
  • ローンカードとメモを一緒に保管していた
  • 他人にローンカードを渡した場合
  • 暗証番号を生年月日など分かりやすいものにしていた場合
  • 暗証番号を使いまわしていた
  • ローンカードを自動車内など他人の目に付きやすい場所に放置した

など暗証番号の管理や設定、ローンカードの管理などで不注意な行為を行っていた場合に盗難や紛失が起こった場合には利用者の過失として判断される可能性があります。

なので暗証番号は唯一のものにし、ローンカードの管理もしっかりと行っておかないといざという時に保証されない可能性があるのでしっかりと日頃から管理しておきましょう。

利用者の関係者が使用した場合

保証されないケースの中でも気を付けておかないといけないのが家族や同居人などが勝手にローンカードを利用した場合には保証を受けることが出来ない点です。

家族であれば身内なので家族内で責任をとるというのは分かりますが、家族でもない同居人であっても勝手に利用された場合には保証されないのは、過失の項でも紹介したようにローンカードの管理をしっかりと行っていなかったと判断されるからでしょう。

なので疑っているようであまりいい気はしないのは確かですが、気を許している同居人であってもローンカードの保管場所や暗証番号などについて教える事は避けたほうが良いでしょう。

カードに署名していなかった場合

クレジットカードも同様ですがローンカードの裏面には自筆で自分の名前を署名する欄があります。

この署名欄に名前を書いていなくてもATMなどでは問題なく利用することが出来るので、必ず書かないと利用できないというわけではないので、わかってはいても後回しにしているという方もいるんではないでしょうか。

そのような状態で盗難や紛失を行った場合にも保証が行われない可能性があり、それは署名欄の署名は自分のものであるという証拠なので、他人が署名欄が空欄のローンカードを拾った場合に署名してしまえば使うことが出来てしまうからです。

なのでローンカードだけに限らず、クレジットカードなどの署名欄にはすぐに自筆で署名を行っておくようにしましょう。

スポンサードリンク

まとめ

以上がローンカードを不正利用された際の保証に関する情報の紹介でした。

紹介してきたように保証を受けることが出来る事もありますが、普段からローンカードや暗証番号の管理をしっかりと行っていないと保証を受けることが出来ない場合があります。

なのでカードを紛失してから調べるのではなく、カードローンを利用する前からしっかり知識としてこのようなことを知って起きたい所です。

また保証してくれるカードローンもありますが、中には盗難、紛失に関してはカード会社、警察に届出を出していた場合でも保証に対応していないカードローンもあるので、紛失しない又はすぐに気付ける状況にしておける状況にしておくようにしましょう。