北海道銀行カードローン「ラピッド」の特徴まとめ…ATM手数料無料やWEBで完結する申し込みなどサービスが充実

銀行

北海道銀行は名前の通り北海道地域で営業を行っているしている地方銀行です。

北海道銀行が展開している「ラピッド」というカードローンは金利も低くWEB完結やATM利用がお得であったりと、地方銀行と言えどもメガバンクなどに引けを取らないカードローンになっています。

そんな北海道銀行のカードローン「ラピッド」の特徴やイマイチな点などを紹介していきます。

スポンサードリンク

ラピッドの金利や借入条件

ラピッドの金利や利用限度額、借入れ条件などについての商品概要は以下のようになります。

利用条件・満20歳以上75歳未満の方
・安定した収入がある方
・保証会社の保証を受けられる方
借入方法・北海道銀行ATM
・コンビニATM
使用用途自由(事業資金を除く)
利用限度額1万円~800万円
金利年1.9%~14.95%
遅延損害金年18%
返済方法・35日返済又は指定日返済
・ATM振込
返済方式残高スライド元利定額リボルビング方式

借入残高借入額400万以上借入額400万以下
10万円以下1000円2000円
10万円~20万円以下2000円4000円
20万円~30万円以下3000円6000円
30万円~40万円以下4000円8000円
40万円以上10万円借りる毎に+1000円10万円借りる毎に+2000円
借入残高返済金額
10万円以下2000円
10万円~20万円以下4000円
20万円~30万円以下6000円
以降10万円増す毎に2000円追加

以上がラピッドの金利や利用条件などに付いての概要でした。

ラピッドの特徴とメリット

ラピッドの商品概要を踏まえた上で、次はラピッドの特徴やメリットなどについて紹介していくので、利用を考えている場合は参考にしてみて下さい。

メガバンク並に低金利

地方銀行というと、都市銀行やメガバンクと言われる「三菱東京UFJ銀行」「三井住友銀行」「みずほ銀行」と比べると金利や、サービスなどで劣ってしまうと考えてしまいがちですが実は全てがそうという訳ではありません。

もちろん資金などの規模で考えると、全く違いますがそれでも地方銀行であってもメガバンクに迫るようなサービスを展開しています。

ラピッドでも金利が「1.9%~14.95%」で、三菱東京UFJ銀行の金利は「1.8%~14.6%」となっているのでメガバンクと比べても引けを取らない低金利となっています。

利用限度額も高め

ラピッドから借りられる金額(利用限度額)は800万円までに設定されています。

これもメガバンクと比べても引けを取らず、店舗型の銀行の中ではトップクラスの金額になっています。

三菱東京UFJ銀行の利用限度額は500万円なので、それよりも多くの金額が借りられるという事になります。

WEB・電話での申し込み・相談が年中無休

北海道銀行ではラピッドの申し込みや、カードローンについての相談受付を24時間年中無休で行っています。

夜遅い時間での申し込みに付いては受付のみで、審査結果については翌営業日以降になります。

仕事柄帰りが夜遅くなったりしがちの人は窓口などで相談しようにも時間が合わなかったりする事も多いと思うので、24時間フリーダイヤルに連絡して相談することができるのはありがたいですね。

コンビニATM手数料が無料

ラピッドでは自社ATMはもちろんの事、主要なコンビニで利用できるATMは利用時関係なく利用手数料無料で使うことが出来ます。

  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • イーネットATM
  • バンクタイムATM

以上のコンビニATMで手数料で無料で利用することができるので、利便性にとても優れています。

口座が必須ではない

銀行のカードローンの場合はカードローンを契約する際に、その銀行の口座を持っていることが条件になっている事も少なくありません。

口座を持っていればより便利なサービスが用意されていたりしますが、急いでいるときなどに口座開設から始めるのは手間だったりする事もあります。

ですがラピッドであれば口座がない場合でも変わらずにサービスを受けることができるので、だれでも素早く審査を受けることができます。

WEB完結に対応(即日融資は不可に)

ラピッドは一切の来店なしで審査から融資まで行うことが出来る「WEB完結」で申請を行うことができます。

パソコンやスマートフォンから申請することで、先程も紹介したように申し込みは24時間365日受付可能なので、思い立った時に申し込むことが出来ます。

以前は即日融資に対応していましたが、今現在では不可能になっています。

2018年1月より銀行系カードローンは即日融資は不可能になりました。

返済スタイルを選ぶことが出来る

カードローンは返済期日が決まっているか自分が選んだ日を返済日と決めてその日までに支払っていくという返済方法が普通です。

ですがラピッドでは2つの方法で自分に合った返済スタイルで返済していくことができます。

指定日に返済していくスタイル

毎月の指定日に返済していくスタイルは他の銀行でもノーマルな返済方法として取り入れられている方法で、毎月6日以外の給料日の後など自分の都合のいいを返済日に指定して、その日までに返済するという返済方法です。

この返済方法は毎月返済日が決まっているので、返済日が分かりやすいメリットがありますが、気を付けないと行けない部分としては返済日に15日以上前に返済していまうと、先月の繰上げ返済として認識されてしまう点です。

繰上げ返済は毎月の返済とは別に返済する返済方法なので、15日以上前に返済を行ってしまうとそれとは別に毎月の返済をしないといけなくなるので、返済をする場合は返済日から15日以内にするようにしましょう。

35日毎に返済していくスタイル

35日返済とは、前の返済日から35日以内に返済していき、返済日した次の日からまた35日以内に返済するという、毎月の返済日を決めない返済方法です。

ちょっとわかりづらいこの35日返済にも大きなメリットがあります。

前に支払った日から35日以内であればいつ支払ってもいいということなので、素早く支払っていくことで返済までの期間を短くすることができ、支払う利息を少なくすることが出来ます。

ですがどうしても返済日が分からなくなってしまうという場合は、給料の後の日などを返済日と決めておいてその日に必ず返済すると返済日が分かりにくくなるという事を防ぐことができます。

北海道銀行以外の銀行にも振込融資可能

ラピッドは口座開設が必須ではないと紹介しましたが、借りたお金を口座に振り込むなどのサービスを行う場合は、その銀行の口座を持っていないと利用できない事がほとんどですが、ラピッドではそうではありません。

北海道銀行はラピッドから借りたお金を北海道銀行以外の銀行口座にも振り込んでくれるサービスを行っていて、このようなサービスを受ける際にも口座開設を強要されることはありません。

銀行カードローンから借りたお金をその銀行の口座に振り込んでおくというサービスは珍しくありませんが、他社の口座にも振り込んでくれるというサービスは他ではあまり見かけないユニークなサービスとなっています。

ローンカードを持っていない場合でも利用可能

地方銀行のほとんどは自動契約機を持っていないので、ローンカードやキャッシュカードの受け渡しは郵送で行われるので、すぐに審査を通過したとしてもローンカードが届くまでお金を借りられないという事になりやすいです。

ですがこの他社口座への振込を行ってもらうことで、ローンカードを持っていない状態でも振込融資を行ってもらえるというとても大きなメリットがあります。

北海道地域以外でも利用可能

北海道銀行では地方銀行ではよくありがちな、銀行の営業地域に済んでいるか勤めている人のみ対象という条件がなく、北海道以外でも利用可能となっています。

なので他社へ振り込んでもらうサービスなどに魅力を感じた場合は北海道以外に在住している方でも問題なく利用可能になっています。

紹介したようにコンビニATMなどの利用手数料は無料なので、近くに店舗が無くても問題なく借入れや返済を行っていくことが出来ます。

利用可能な年齢上限が高い

カードローンを利用する時には20歳以上が条件であるように、利用条件には上限も存在します。

通常の銀行カードローンの場合は満60歳~65歳程度の設定されていることがほとんどですが、ラピッドでは満75歳まで利用することができるので、普通の銀行よりも10年も長く利用できる可能性があります。

カードローンを利用する際の安定した収入というのに年金が含まれるかどうかは各社で判断が異なりますが、北海道銀行では年金も安定した収入として認めているという事になるので、収入がない場合でも利用できます。

スポンサードリンク

ラピッドのイマイチな点

続いてはラピッドのイマイチな点について紹介していきますが、実はそんなに大きなデメリットは見えてきませんが、その中で幾つかあるイマイチな点について紹介していきます。

口座引落しができない

ラピッドはコンビニATMを手数料無料で利用することができるのでとても便利ですが、返済方法がATMからの振込か銀行からの振込のみとなっています。

最も楽な返済方法は口座から指定日になると勝手に引き落としてくれる口座引落しですが、それをラピッドでは利用することが出来ません。

口座引落しは利用すると通帳に記帳した場合に履歴が残りバレてしまう可能性があるので、返済方法として避けている人も少なくありませんが、それを気にしない人に取ってはやはり不便に感じる所があると思います。

口座引落しが出来ないという事は毎月忘れずにATMに行って振り込まないといけないので、つい忙しかったりした場合などに返済日が過ぎているという事もあり得ます。

返済日を過ぎると1日単位で遅延損害金が発生するので余計なお金を支払わないといけなくなるので、忙しい人であったり忘れやすい人にとっては注意しないと行けない点です。

店舗がないと不便な事もある

北海道以外の地域でも利用できるのは強みですが、北海道以外の地域には店舗がないという事になります。

相談などに関しては24時間電話サポートがありますが、やはり書類などに関しは対面で説明して欲しい場合などもあると思いますがそれが出来ないので、対面で説明を受けたい人に取ってはデメリットと言ってもいいかもしれません。

ローンカードの発送が郵送のみ

ラピッドの大きな特徴の1つに他の銀行口座へも振込可能というのがあるので、契約後にローンカードが届く前から利用することが出来るのはとてもありがたいですが、そのローンカードの受取方法は郵送のみとなっています。

さらに配達の際に本人確認後にローンカードが使用できるようにいなる仕様なので、家で自分が受け取る必要があるので、家族にバレたくないという場合には厳しいかもしれません。

まとめ

以上が北海道銀行のカードローン「ラピッド」の特徴やイマイチな点についての紹介でした。

ラピッドは地方銀行とは言っても金利は低いですし利用限度額も高く、WEB完結、他社口座利用可能、ATM手数料も無料という利便性の高さもあり、メガバンクに全く引けをとらないような充実したサービスになっています。

なので北海道以外の地域の人であっても利用する銀行の候補に入ってくるようなカードローンになっていると思います。

ですが口座引落しをしたい人や、わからない場合は店舗で説明を受けたい、家族にバレたくないという人の場合は少し厳しいかもしれません。

そのような事が大丈夫な場合は多くの人におすすめできる優秀なカードローンになっていると思います。