カードローンを一番早く契約できるのはどの方法?…WEB申し込みで申し込むのが最も早い

違いを見るオヤジ

カードローンの利用を考える時は急な物入りや、以前から考えた末に契約に踏み切った場合でも契約までの時間がどのくらいの期間が必要にになるのかは気になるものだと思います。

すぐにお金が必要な人はもちろん、そうでない人であってもできるだけ早い期間でお金を借りることが出来たほうが有り難いのは変わりません。

ではカードローンを最も早く契約できる契約方法はどれなのかなどについて紹介していきます。

スポンサードリンク

カードローンの契約方法の種類

最も早い契約方法を知る前にまずはカードローンの契約方法にはどの様な種類があるのかについておさらいを行っておきましょう。

契約方法は借りる会社によって多少の違いはありますが、大手であれば基本的には同じ様な申込み方法が用意されています。

  • 店頭申込
  • インターネット申し込み
  • 電話
  • 郵送
  • 自動契約機

以上のような申込み方法が銀行、消費者金融問どちらにも用意されています。

ただし自動契約機に関しては大手銀行と、大手消費者金融のみが設置していて、それ以外の地方銀行や中小の消費者金融の場合は自動契約機の設置は行われていません。

また今ではほとんどありませんが、中にはインターネット申し込みに対応していないという地方銀行などもまだあるので、地方銀行のカードローンに申し込みを考えている場合はしっかりと申込み方法を確認するようにしてください。

このように大手ではほぼ全てで対応していますが、紹介した申込み方法が全ての銀行、消費者金融で対応しているわけではないので注意してください。

速さ重視なら消費者金融

ほとんどの方がお金を借りる際には銀行か消費者金融かで迷われると思いますが、早さ重視なら消費者金融がおすすめです。

まだ消費者金融というのは以前に問題を起こしたこともあるのであまりいいイメージを持っていないという方も少なくは無いと思いますし、銀行の方がなんと言っても信頼がおけるのでまずは銀行から検討している方も多いと思います。

それは間違いではなく、規模の大きさ、安定感などは銀行、特に大手銀行は消費者金融よりも大きくその信頼感はお金を借りる際には大きな要素となると思います。

ですが今回の素早く契約を結ぶという意味では実は消費者金融の方がおすすめ出来ます。

というのも以前にも何度か記事で触れた事があるのように、2018年1月から銀行のカードローンは即日融資不可能になっているからです。

詳しくは上記の記事を読んでもらいたいのですが、簡単に言うと暴力団に資金を流さないようにする為に警察へのデータベース照合が必要になり、それに時間がかかるために申し込んだその日の内に審査を終わらせることができなくなりました。

早くて翌日、遅ければ1週間程度必要になることもあり、これは今までのカードローンの使い方などは関係なく、暴力団関係者にヒットするかしないかで変わってきます。

今まで一度も延滞などを行ってこなくても暴力団関係者に似たような名前の方がいたりすると、しっかりチェックが行われるので契約までに遅くなってしまう可能性があります。

一方で消費者金融は銀行と同じようにカードローンを展開していますが、銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法という別の法律を守りながら経営を行っている事からわかるように、同じカードローンでもまた別物として考えることも出来ます。

なので銀行カードローンが暴力団対策として審査を厳しくしましたが、それは消費者金融のカードローンとは関係なく、消費者金融カードローンは今でも即日融資を行うことが出来ます。

そのような事から早さを重視で選ぶのであれば消費者金融のカードローンを選ぶようにしましょう。

スポンサードリンク

インターネット申し込みが最も早い

紹介してきたように早さ重視なら消費者金融カードローンが最もおすすめで、その中でもパソコンやスマホを使ったインターネット申し込み(WEB完結)が最も早く契約を行うことが出来ます。

冒頭でも紹介したとおり、ほぼすべての銀行でインターネット申し込みは対応していて、申込みは24時間可能なので好きな時に家から出る必要もなく申し込みを行うことができるのでとても利便性が高いです。

ただ申込み時間が遅いと審査開始は翌営業日になる事がほとんどなので気をつけましょう。

このようにいつでも外に出ることなく申込みができ、最短即日で契約することができるので早さや利便性を重視いている場合は理想的な条件と言えるかもしれません。

またWEB完結でもお金を引き出すのに必要になるローンカードが郵送されてくるまで使えないというものもありますが、口座にお金を振り込んでもらえる「振込融資」に対応していたり、ローンカードなしで利用できるカードローンもあり、そのようなサービスに対応しているものは契約後すぐにお金をかりることが可能となっています。

もちろん申し込む際には書類が必要になるので、本人確認証や50万円以上借りる際などには収入証明書も必要になるので、しっかりと準備してから申し込みを行いましょう。

ローンカードが必要な場合は自動契約機を利用しよう

ローンカードなしでパソコンやスマホからお金を借りる事ができるサービスも広まってきていますが、ローンカードでお金を借りたいという方の場合は自動契約機で受け取ると素早く利用可能になります。

自動契約機は大手消費者金融が設置していて、街角などで消費者金融の名前の書いてある小さな部屋のようなものを見たことがあると思います。

自動契約機を利用すれば誰にも顔を合わせる必要なく、さらにわからないことは電話でオペレーターの方に実際に聞きながら操作できますし、申込みから契約まで早ければ30分程度で終わらせることができるとても便利な施設です。

なので自動契約機に行って申し込むことでも素早く契約を行うことが出来ますが、より無駄なくローンカードを受け取りたい場合は、まずは事前にインターネットから申し込みを行っておき、審査に通ったら自動契約機にローンカードを取りに行くという方法がおすすめです。

そうすることで審査の際の待ち時間も自由に使えますし、結果が出たらあとおは自動契約機でローンカードを発行するだけで済むので素早く終わらせることが出来ます。

この方法は全ての消費者金融カードローンで対応しているわけではないので、利用を考えているカードローンがある場合は公式サイトなどをみて、この方法に対応しているかを確認してから申し込む王にしましょう。

まとめ

以上がカードローンで最も早く契約できるのはどの申込み方法なのかについての紹介でした。

やはり銀行は警察のデータベースと参照するようになってから消費者金融と比べると早さという強みはなくなってしまったので、早さ重視ならば消費者金融を選ぶのが良いでしょう。

1週間くらいなら問題なく待てるという方は消費者金融と銀行どちらの条件がいいかをしっかりと見比べて選んでみてください。

早いと言われる消費者金融のカードローンの中でもローンカードの受け取り方法であったり、振込融資に対応しているのかで利用できるまでの時間は変わってくるので、振込融資や自動契約機でのカード受け取りなどに対応しているカードローンを選ぶようにしましょう。