カードローンの解約方法とメリット・デメリットまとめ…状況に合わせてそのまま契約を残すか判断しよう

解約

カードローンは一度契約して限度額を設定すると、あとは限度額内ならば自由に利用することが出来るのでとても便利な仕組みになっています。

そのままカードローンの枠を持っていれば便利に使っていくことが出来ますが、カードローンの枠を持っているだけで不利になることもあるので、解約する方法についても紹介しておきます。

ついでに今回は解約する方法と、解約する事で発生するメリットやデメリットについて紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

解約する前に知っておくべきこと

カードローンを解約する前に注意しておくことや、確認しておくことなどがいくつかあるので、しっかり把握してから解約を行うようにしましょう。

完済が条件

カードローンの解約を行いたい場合はまず、返済を終えている必要があります。何故なら解約条件は完済していることだからです。

まだ残っている場合ですが、借入残高の確認方法はいくつか方法があり、利用しているカードローン会社のATMやコンビニなどにおいてある提携ATMなどでも簡単に調べることができます。

また利用しているカードローン会社の窓口でも確認することができますが、その場合はローンカードや身分証明書などが必要になるので、忘れずに持参するようにしましょう。

多くの場合WEBやアプリからも確認することが可能なので、ATMや窓口に行く時間がなかなか取れないという場合は活用してみて下さい。

上記のような方法で残高確認をし、残金がある状態では解約をすることは出来ないので、すぐにカードローンを解約したいという場合は借入残高すべてを一括で支払えばすべて返済したことになます。

なのでカードローンの解約を考えている場合は、まず借りたお金が全て返済されているかを確認することから始めましょう。

端数に注意しよう

カードローンの返済が終わり完済していると思っていても実は1000円以下の端数と言われる金額が残っている場合があります。

もちろん1000円以下の金額であってもしっかり返済はしないといけないですが、ATMなどを利用して返済している場合に小銭を利用することの出来ないATMがとても多いです。

その場合は若干手間にはなりますが、口座振込で端数を指定して振り込むか、店頭があるカードローン会社の場合は窓口で支払うことで端数までしっかりと支払うことができます。

解約を考えている場合は端数もしっかり確認しておきましょう。

完済と解約は別物

住宅ローンや自動車ローン、フリーローンなどのお金を借りるのが1回きりのローンの場合は、完済することで支払いが終了するので「完済=解約」と言ってもいいかもしれませんが、カードローンはその仕組の特徴からそうではありません。

カードローンの場合は利用できる限度額内であれば、何度でも自由に借りることが可能で、さらに返済していくことで利用できる額が復活していきます。

カードローンの場合は完済しても限度額が復活していつでも利用可能な状態になるだけなので、「完済=解約」という事にはなりません。

カードローンを全く使えないように解約をしたいならば、意思表示をしないと契約がずっと続いていくので、解約方法については後ほど紹介していきます。

カードローンは自動更新されていく

上記したようにカードローンは一度契約をすると利用限度額内であれば、借入れと返済を繰り返していけば好きに利用することができる仕組みになっています。

カードローンも無条件で利用を継続していけるわけではなく、銀行系のカードローンでは1年、消費者金融系のカードローンであれば5年程度の期間で再審査を行っています。

よほどの事がない限り基本的にカードローンは自動更新され、また1年~5年の契約期間が設定されますが、利用者には更新された事に気づかない場合もあります。

なのでカードローンの場合は放っておいてもカードローンが解約されることはなく、問題なければずっと契約が続いていくことになります。

契約は更新されていきますが、携帯電話のように更新月に解約しなければ違約金が発生するというような事はないので解約する時期に関しては好きな時に行っても大丈夫です。

カードローンを解約するメリット

カードローンを解約する際にもメリットとデメリットが存在するので、解約するかどうか悩んでいる場合はメリットとデメリットを比較して判断してみて下さい。

一定期間経過すると信用情報から削除される

信用情報とは個人のカードローンの契約内容や、支払状況などが記録された情報で、この情報を元にカードローン会社は審査を行い、信用できる人かを判断していて、審査の一部としても使われています。

カードローンの場合は解約しないとずっと契約状態という事になるので、信用情報から契約内容などは消えることはありません。

カードローンの契約があるという事はお金を一切借りていなくても、今後いつでも借りることが出来るという状態なので、カードローンやその他のローンの審査の際にいい印象を与えることができなくなります。

カードローンを解約することで、そこから5年間は記録が残りますが、解約したという情報も一緒に掲載されるので、悪い印象を与えることはなくなり、その他の審査などにも通りやすくなります。

住宅ローンや自動車ローンの契約の際に悪印象を与えない

上記した内容と似ていますが、もう少し詳しく紹介すると、家や車を購入するには多くのお金が必要になるので住宅ローンや自動車ローンを利用する人がほとんどだと思います。

住宅ローンや自動車ローンにももちろん審査があり、審査を通過しなければ利用することは出来ませんが、その審査の際にカードローンの契約などがあると、一切カードローンを利用していなくても良い印象を与えることができません。

金融会社からしてみると毎月住宅ローンや自動車ローンの金額の大きな返済を行ってもらうのに、さらに別でローンを組める状態にあると、そちらでもお金を借りて毎月の返済ができなくなるという可能性も捨てきれないからです。

カードローンがあると必ず審査が通らないという事ではないので、必ず解約したほうがいいという訳ではありませんが、解約しておくとより住宅ローンなどの審査を通りやすくなるので、不安な方は解約することをオススメします。

スポンサードリンク

カードローンを解約するデメリット

カードローンを解約すると発生してしまうデメリットについて紹介していきます。

急な出費に対応できなくなる事も

カードローンの最大の特徴は契約して枠を作っておけば、急な出費などの時にコンビニのATMなどですぐに対応することができるなど、臨機応変に利用することが出来る点です。

カードローンがある生活が当然と考えてはいけませんが、どうしても借りなければいけないという状況もあるので、そのような場合の時にカードローンを解約していると対応できなくなるというデメリットもあります。

カードローンを完済した状態ならば年会費や、金利などは発生しないので、住宅ローンや自動車ローンなどの大きな買い物をする予定が近いうちに無い場合は無理をして解約する必要はありません。

ですが計画的に利用し、借りることに慣れる事はないようにしていきましょう。

もう一度利用する場合は再審査が必要

解約したからといって同じ会社のカードローンを利用できなくなるという事はないので、再度申し込むことなどは出来ますが、以前使っていたからと言って優遇される事はありません。

なので以前審査に通ったからと行ってまた同じように審査に通るとも限らないので、その際の手間などはかかってしまうので注意しましょう。

解約をしたら解約証明書を貰おう

カードローンを解約すると契約書などは返してもらうことはできますが、解約証明書は申し込まないと貰うことはできません。

解約証明書とは契約を解約しましたという証明する書類のことで、解約後5年間は信用情報から記録が消えないので、解約した証明として住宅ローンや自動車ローンを申し込む際に提出を求められる事もあるので、忘れずに申し込むようにしましょう。

申込方法はカードローンの解約方法によってかわりますが、解約する際に窓口で行う場合は窓口で、電話などで行う場合は電話で申し込むことで解約証明書を貰うことが出来ます。

解約証明書は有料のところもあり1500円ほど必要になることもあるので覚えておきましょう。

スポンサードリンク

カードローンの解約方法

カードローンの解約方法はいくつか種類があり、借りている会社の形態になどによって変わってきます。

大きく窓口と電話で解約を行う2つの方法がありますが、銀行や大手消費者金融のように多くの店舗を持っている会社の場合は窓口まで行き解約手続きを行うことができます。

その際に必要なものとしては下記のようなものが必要になります。

  • 身分証明書
  • ローンカード
  • 印鑑
  • 通帳

ネット銀行などの店舗を持たないカードローン会社の場合は、利用している会社のフリーダイヤルなどに電話をし、解約の旨を伝えると、解約に必要な書類を郵送してもらえるので、記入して返送します。

大手の銀行や消費者金融の場合は窓口と電話の両方に対応していることがほとんどですが、詳しく知りたい場合は、利用している会社のホームページを確認するようにしましょう。

ホームページのカードローンの項目内にある質問やQ&Aなどに解約方法についてかかれていることが多いですし、中なにはワードを記入して検索することができる会社もあるのでその中から解約について調べて確認してください。

大手カードローンの解約方法

大手のカードローン会社の解約方法を紹介します。

三菱東京UFJ銀行 バンクイック
第二リテールアカウント視点専用ダイヤル(0120-76-5919)へ電話すると解約可能
みずほ銀行 みずほ銀行カードローン
みずほ銀行窓口で申し込み
インターネット支店の場合は(0120-3242-99)まで申し込み
三井住友銀行 三井住友銀行カードローン
三井住友銀行窓口で申し込み
取引店舗に電話で解約書を請求し、郵送されてきた書類に記入して返送
楽天銀行 楽天スーパーローン
楽天銀行カードセンター(0120-730-115)へ電話申し込み
アコム
むじんくん(無人機)、アコム店頭窓口で申し込み
アコム総合カードローンデスク(0120-629-215)へ電話申し込み
プロミス
プロミス店頭窓口で申し込み
プロミスコール(0120-24-0365)へ電話申し込み
アイフル
アイフル店頭窓口で申し込み
会員専用ダイヤル(0570-000-417)へ電話申し込み

上記のような解約申し込み方法になりますが、この申込の際に解約証明書についても申し込むと対応してもらえるので、必要な場合は忘れずに申し込むようにしましょう。