カードローンの住所変更のやり方まとめ…引っ越したら必ず変えよう

引っ越し

カードローンの申し込みだけでなく、銀行口座などを作成する際には今住んでいる住所も記入する必要があり、その住所を元に銀行はローンカードであったり、お知らせをDMなどで送ってくる事になります。

なので登録している住所から引っ越しを行った場合には銀行やカードローン会社に住所が変わったことを知らせて住所変更を行う必要があります。

今回はそのやり方などについて紹介していきます。

スポンサードリンク

住所変更は必要?

引っ越しをした際には様々な場所に住所変更をしないといけないので、あまり住所変更の必要性が低い銀行やカードローン会社の住所変更を後回しにしているという事はありませんか?

たしかに銀行やカードローンに関してはカードローンの利用を分かり難くするために最近ではDMなどを送る機会も減らしてメールでお知らせなどを送っているようでそれほど郵便物が届く事はないでしょう。

だからと言って重要性が低いかと言うと決してそういう訳ではありません。

カードローンの場合は登録した住所に催促状などの重要書類も届くようになるので、そのような場合に住所変更を行っていなかった場合には、わざわざ新しい住所を調べて送り直してくれるという事はしてくれません。

そのような場合には住所変更を行っていなかった側の責任になるので、知らぬ間に事態はどんどん進んでいき、最終的には裁判所からの差し押さえ命令などが下されるまでになってしまう可能性があります。

返済を忘れなければ催促状などが届くことはないので大丈夫とも思ってしまいますが、期日を守って返済をしていたとしもシステムのミスや不具合で返済していないとされる可能性も0ではありません。

そのような場合は利用者に非があるわけではありませんが、住所変更を行っていないとミスにも気付くことが出来ない状況なので時間が経つとより面倒な事態になる可能性もあります。

このように住所変更はとても重要な事なので住所の変更があったら必ず手続きを行うようにしましょう。

住所変更のやり方

住所変更のやり方は利用しているカードローン会社や銀行によって若干違いはありますが、基本的には同じような方法が採用されているので、基本的なやり方を覚えておけばどの会社であっても対応することが出来るはずです。

  • インターネットの会員ページから
  • コールセンターに電話をかける
  • 店舗窓口で手続きを行う
  • 郵送で手続きを行う
  • 自動契約機を利用する

主にこのような方法が用意されていて、いずれかの方法で住所変更を行うことになります。

銀行口座などの住所変更であれば、特に必要な書類などがなくても変更することは可能ですが、ローン関係の商品を利用している場合には「本人確認書類」が必要になります。

本人確認書類として利用できるものは以下のようなものです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • マイナンバーカード(写真付き)

またカードローン会社毎によって本人確認書類のコピーと住所変更届けを郵送しても対応してくれる会社や、窓口に本人確認書類を持っていかないと変更できないなどの対応の違いがあります。

自分の利用しているカードローンではどれに対応しているかをホームページなどで確認する必要があるので、窓口で手続きを行うのが最も確実かもしれません。

スポンサードリンク

住所変更はいつ行うべきか

紹介してきたように重要な住所変更ですが、引っ越しをおこなってどの段階で行うべきなんでしょうか。

基本的には引っ越しが終わって住民票などを移してから出来るだけ早く住所変更を行うのが理想ではありますが、それほど何を差し置いても最初に変更を行わなければいけないわけではありません。

というのも郵便局や宅配便などは転送サービスというものを行っていて、どちらも申請してから1年間の間は旧住所に送られてきたものは新しい住所へ荷物を送ってくれます。

引っ越し先が決まったらまずは郵便局や宅配業者に新しい住所を伝えておくことで、引っ越して住所変更を行っていなくても何も届かないという事にはなりません。

だからといって先延ばしにしていると住所変更をする前に1年間経過してしまうという事態にもなりかねないので、引っ越し作業が落ち着いたら他の住所変更と一緒にやってしまうのが無難でしょう。

まとめ

以上が引っ越しをした際に住所変更は必要かについての紹介でした。

紹介してきたように必ず住所が変わる際には住所変更の届出が必要になりますが、転送サービスを利用すれば一刻も早く行わなければ行けないという訳でもありません。

ですが引っ越しの中で忙しくなると住所変更などは生活をしていると忘れがちになるので覚えている内に行っていたほうが良いでしょう。

緊急性はありませんが、とても重要な事なので必ず忘れずに住所変更は行うようにしましょう。