カードローンとフリーローンの見分け方まとめ…違うポイントを把握して見極めよう

見分け

銀行からお金を借りる際に最初に思い浮かべるのはカードローンですが、その他の借り方としてフリーローンという方法でお金を借りることも出来るようになっています。

カードローンとフリーローンは名前も似ているように、商品内容も似ている部分が多く、カードローンかフリーローンなのか見分けることが難しい場合があります。

今回はそんなカードローンとフリーローンの見分け方と違いについて紹介していきます。

スポンサードリンク

カードローンとフリーローンの違い

カードローンとフリーローンについては以前の記事でも紹介していますが、簡単におさらいしておきましょう。

カードローンの特徴

消費者金融や銀行が提供しているカードローンの特徴としては以下のようになっています。

  • 比較的審査には通りやすい
  • 限度額内であれば何度でも借りる事ができる
  • 利用できる期間が決まっていない(上限年齢はあり)
  • 事業資金やギャンブル以外なら使い道自由

カードローンにはこのような特長があり、一方でフリーローンには以下のような特長があります。

フリーローンの特徴

  • カードローンよりも審査は厳しめ
  • 借りることが出来るのは1度だけ(希望金額が1度に振り込まれる)
  • 返済期限が設定されている
  • 利用目的は自由。ただし何を買うかはっきりさせないといけない(パンフレットなどを用意)

大まかにまとめるとカードローンとフリーローンには上記のような特長があります。

カードローンは銀行と消費者金融どちらも扱っていますが、フリーローンに関しては消費者金融はほとんど扱っていはおらず主に銀行で利用できるという違いもあります。

またカードローンとフリーローンとは別に目的ローンというものも存在していて、消費者金融の目的ローンはカードローン型、銀行の目的ローンはフリーローン型として提供されている事が多いです。

目的ローンは基本的にはカードローンやフリーローンと内容は同じですが、冠婚葬祭や旅行、医療など使用目的を限定したものになっていて、その分若干通常のカードローンやフリーローンよりも借りやすくなっています。

もっと詳しくカードローンとフリーローンの違いについて知りたい方はこちらの記事で紹介しているので参考にしてみて下さい。

カードローンとフリーローンの見分け方

今度はこの2つの見分け方について紹介していきます。

カードローンとフリーローンは好きな目的の為にお金を借りるという大きな部分では共通しているので、消費者金融や銀行のホームページをみても見分けがつかない事もよくあります。

商品をもっと詳しく見る時には「商品概要」を探してみるようにしましょう。

商品概要はページの下の方であったり小さな文字で「商品概要はこちら」などの文字にリンクが貼ってあり、そこをクリックするとPDFの商品概要を確認することが出来ることが多いですが、中には分かりにくかったりリンク自体がなかったりする場合もあります。

なので探すのは大変な時もありますが、大体のホームページにはあるのでよく探してみて下さい。

またPDFでなくても詳しい商品概要をホームページに載せてくれている所も多いのでそちらでも十分確認することが可能です。

返済期間を確認してみよう

商品概要を見つけたらまずその商品の契約期間・返済期間を確認してみましょう。

この「契約期間」と「返済期間」はカードローンを利用できる期間の事で、これを確認することでカードローンかフリーローンかを見分けることが出来ます。

カードローンの場合は「契約期間」と表示されていて、1年~3年程度に設定されていることが多く、その期間を過ぎると自動で再審査が行われ、延滞などがなければ自動で更新され、また同じ期間カードローンを利用することが出来ます。

契約が終わるのは満60歳~70歳程度までで、問題なく利用していればかなりの長い期間利用することも可能となっています。

フリーローンの場合は「返済期間」となっていて、1年~10年という表記がされていて、フリーローンで借りた金額に応じて返済期間が設定され、この場合は利用限度額いっぱいに借りた場合には最大で10年間かけて返済を行っていくという事になります。

このようにカードローンは問題なく利用していれば上限年齢までお金を借りることが可能で、フリーローンの場合は決められた期間内に返済していくという違いが契約期間・返済期間をみることで判断することが出来ます

返済方式を確認してみよう

カードローンかフリーローンを見極める時に確認するべきところの1つに返済方式があります。

返済方式とは毎月支払っていく返済額を決めるもので、返済方式が違えば同じ金額を借りたとしても返済額や完済できる期間に大きな違いができてしまいます。

そんな返済方式はカードローンとフリーローンでは違いがあり、カードローンは多くの場合「残高スライド元利定額リボルビング方式」が採用されていて、略して「残高スライド」と表記されている事も多いです。

この返済方法は残高が少なくなるに連れて返済額も少なくなっていく特徴のある返済方式で、毎月の負担は少なくなりますがその分返済期間は長くなり支払う期間と利息は大きくなっているデメリットも含んでいます。

「残高スライド元利定額リボルビング方式」以外にも「元利定率リボルビング方式」という返済方式を採用しているカードローンもありますが、重要なのは「リボルビング方式」という文字です。

リボルビングの元の単語である「リボルブ」は回転という意味で、限度額内であれば何度も回転(借入れ・返済)が出来る事から、この文字が入っているとカードローンの特長である「限度額内なら何度でも借入可能」という事を表しているからです。

1度に希望額全てを口座に振り込んでもらいその後には基本的に返済していくだけで新たに借り入れを行わないフリーローンの返済方法は「元利均等返済方式」が採用されていることが多く、文字を見ても分かるように「リボルビング」という文字は含まれていません。

なので元利均等返済方式は新たに借り入れることを前提としてない返済方式となっています。

このように返済方式を見ることでもカードローンとフリーローンを見分けることも可能となっています。

フリーローンは金利が低め

全てのフリーローンがそうという訳ではありませんが、審査が厳しい上に何度も借入れが行えない分だけフリーローンはカードローンよりも金利が低く設定されている事があります。

カードローンで500万円借りた場合は平均で年4.5%程ですが、フリーローンでは3.5%程度であったり、300万円借りた場合にはカードローンの平均が年8%程度に対してフリーローンは年6.8%程度で合ったりと数%お得に利用することが可能となっています。

なのでこのカードローン思ったより金利が低いなと感じた場合はフリーローンの可能性もあるので、上記の2つのような項目を確認してみて下さい。

スポンサードリンク

まとめ

以上がカードローンとフリーローンの見分け方についての紹介でした。

カードローンとフリーローンは売りにしている点などが似ている事もあって、ホームページなどをパッと見ただけではどちらか分からないという事もあると思います。

そんな時は紹介してきた3つの項目を覚えておくことでカードローンかフリーローンかを見分けることが出来るので是非覚えておいてカードローン選びにいかしていってください。