カードローンの利用限度額を増額(増枠)する方法と審査に必要なポイントまとめ

sinsa

消費者金融のカードローンは安定した収入があれば比較的簡単に契約を行うことができ、銀行のカードローンも消費者金融ほど簡単ではないですが、審査がものすごく難しいという程ハードルの高いものではありません。

そうしてカードローンを利用している際に、もう少し利用限度額を増額したくなる事もありますよね。

カードローンの利用額を増額する方法と、増額する際にどのような審査があるのかを今回は紹介していきます。

利用限度額の増加をする際の審査は契約時よりも難易度が高くなっています。

審査を通るコツとしては毎月の返済をしっかりと行うという事が重要になってきます。

スポンサードリンク

利用限度額の増額(増枠)とは

カードローンを契約した際に利用者の収入などに応じて、「ここまでの金額なら自由に使ってもいいですよ」という利用できる金額の上限を「利用限度額」と言います。

最初に申し込んだ際には利用限度額は低めに設定されている事もあるので、もう少し利用できる金額を増やしたい場合は増額申請を行う必要があります。

利用限度額を増額してもらうには審査を受ける必要がある

利用限度額の中であればいつでもATMなどから引き出して利用することが出来るのがカードローンの特徴の一つでもありますが、利用額の上限を増やす場合にはそう簡単ではなく、審査を受ける必要があります。

「もう契約は行われているんだからあまり大した審査ではないんではないか?」と考えてしまいそうですが、この審査というのはカードローンを最初に申込んだ際と同じような審査で在籍確認なども再度行われる事になります。

なぜ契約時に行った在籍確認をもう一度行うかと言うと、増額する場合は総量規制などの決まりもあるので、もう一度収入が借入額と利用限度額と見合っているか、申請された勤め先に勤務しているかの確認を改めて行う必要があるからです。

基本的に在籍確認は必ず行われるので、勤め先に在籍確認を行ってほしくないという場合は増額申請は避けたほうがいいかもしれません。

詳しい審査内容などに関しては後ほど紹介します。

増額申請方法

利用限度額を増額する方法としては「会社から増額案内が届く」「自ら増額申請する」の2通りの2パターンがあるのでそれぞれ紹介していきます。

利用限度の増額を申請できる電話番号まとめ

利用限度の上限を上げるのに最も一般的な方法は、自ら利用している金融会社に申請する方法です。

自ら申請をする方法としては、店頭に出向いて行うこともできますが、基本的に多くの銀行や消費者金融で電話や無人機、パソコン、スマートフォンのアプリなどを利用して申請が出来るようになっています。

電話の場合は受付時間が決まっていますが、パソコンやスマートフォンのアプリの場合は24時間申請することができるので時間がない場合でも手軽に申請を行うことができるます。

みずほ銀行
パソコン、スマートフォン「みずほ銀行アプリ」
電話申込(0120-324-555)<受付時間>月曜日~金曜日 9:00分~20:00分
三菱東京UFJ銀行「バンクイック」
電話申込(0120-76-5919)<受付時間>平日9:00~21:00 土・日・祝日9:00~17:00
三井住友銀行カードローン
無人機
電話申込(0120-923-923)<受付時間>9:00~21:00
アコム
会員ページ(インターネット)
アコムATM
アコム総合カードローンデスク(0120-629-215)9:00~18:00
むじんくん(自動契約機)
モビット
電話申込(0120-24-7217)9:00~21:00

電話申し込みに関しては以上のような方法で申込を行うことが出来ます。

パソコンやスマートフォンの操作が苦手で申込方法がわからない場合は電話や店頭で聞いてみるのが一番です。

申請をすると審査が開始され結果が出るまでに、銀行か消費者金融かで時間の違いはありますが、審査結果は早くて数分~数時間という短時間で終了する所がほとんどのようです。

なので申請した時間にもよりますが、審査を通過することができれば申請した日の内に利用限度額を増額できるという事になります。

会社から案内が届く場合

利用額の増枠を自ら行わないでも会社から増額案内の電話やメールなどで連絡が来ることがあります。

これは誰にでも送られるものではなく、金融業者は顧客の返済情報などに関してしっかりと把握していて、後ほど紹介する金融業者の基準となる項目をクリアして優良な客として認識されている場合に金融業者自ら増額の案内を出してくれるようです。

利用限度額の増額をする場合には上記したように審査がありますが、案内が届いた人の場合は連絡が届いた時点で審査を通過したようなものなので、増額の申し出をを受ければほぼ間違いなく審査を通過することができます。

と言っても審査方法は自ら申し込んだ際と変わらない方法で行われるので、もし会社を辞めていて在籍確認ができなかった場合などは増額は不可能となります。

スポンサードリンク

審査に必要なもの

増額審査に必要なものは基本的にカードローンを最初に申し込んだ際に必要だった書類と変わらないのでまずは下記のような身分証明書を1つでいいので用意しましょう。

  • 運転免許証
  • 顔写真付きのマイナンバーカードや住基台帳カード
  • パスポート
  • 健康保険証

収入証明書は必ず用意しておこう

消費者金融や一部の銀行では利用限度額が50万円を超えると収入証明書の提出が必要になるのは最初のカードローン申請時と変わりません。

ですが利用限度額を増額する際は、今ある限度額にプラスされるので、利用限度額が50万円を超える可能性や、他の借入れ額と合計して100万円を超える可能性が高くなるので、必ず収入証明書は用意しておくようにしましょう。

収入証明書とは

  • 源泉徴収票
  • 給与明細
  • 確定申告書

など収入を証明できるものが収入証明書として認められています。

収入証明書についてはこちらの記事でも触れているので参考にしてみて下さい。

用意する収入証明書は以前にカードローンで申請したものではなく、最新の収入状況がわかる書類を用意するようにして下さい。

増額審査でいい影響を与える行動

増額申請時にはカードローン申請時と似たような審査をされると紹介しましたが、さらにそれからの返済履歴や、借入状況などについて重点的に審査されることになります。

どのようの行動が審査に良い影響を与える事ができるのか、逆に悪い影響を与えるのかを紹介していきます。

ここで紹介する良い影響を及ぼす行動を取っていると審査が通りやすくなるだけでなく、上記したような金融業者側から増額の案内が来やすい優良のお客になることが出来るので覚えておきましょう。

返済実績を積む

カードローンを契約してすぐに増額申請をおこなったとしてもまず、審査を通ることは出来ないでしょう。

なぜならまだほとんど借りたお金を返していない状況なので、金融業者からしてみると契約時以上に利用者の事を信用することが出来ないからです。

なのでまずはしっかりと「借りたお金は返す利用者ですよ」という事を行動で示していく必要があります。

増額審査では最低3ヶ月、通常であれば6ヶ月以上の利用期間があってその間に一度も返済を遅れる事無く返済を行っていく必要があります。

借りたお金を期日までに返すのは当たり前の事ではありますが、当たり前の事を当たり前にできるという事を証明することで金融業者からの信頼を得ることに繋がっていきます。

繰上げ返済を行う

返済期日に送れずに返済していくことで信頼を得ていくことが出来ると紹介しましたが、それのさらに一歩進んだ方法として繰上げ返済を行う方法があります。

繰上げ返済とは毎月支払う返済額に加えて余分に返済を行う事を言いますが、繰上げ返済を行うという事は、今の返済を行っていても金銭的に余裕があると言うことになります。

この人にはもう少し利用限度額をあげても十分返済能力があると判断され増額されやすくなります。

ですが無理に繰上げ返済をして生活に負担がかかるという事になると本末転倒なので、出来る限りの範囲で行っていくようにしましょう。

スポンサードリンク

増額申請を行うタイミング

増額申請に対していい影響を与える行動の後にはいつ、どのような時に増額申請をすればよいのかについて紹介していきます。

収入が上がったことを証明する

カードローンを契約したときよりも収入が上がっている場合は、返済能力も上がっているという事になるので、増額審査に通りやすくなります。

ただし月収が少し上がったからと言って増額申請しても総量規制があるので、上限を上げることが出来るのは最大でも上昇した年収の1/3までとなりますし、紹介したように増額申請には再度審査を受ける必要があります。

そうなると書類も必要になるので細目に増額を行うのではなく大きく年収が上がった際に行ったほうが手間が省けてよいでしょう

また収入が上昇してから期間が短い場合、源泉徴収票や所得証明書は去年の年収を表すものなんで、最近の収入上昇には対応できません。

なのでここ数ヶ月で収入が上昇した場合は給与明細書を2ヶ月分ほど用意することで収入が上がったことを証明することが出来ます。

他のカードローンを完済する

カードローンからお金を借りる際には総量規制が重要になってきますが、今現在複数のカードローン会社からお金を借りている場合は他のカードローンを完済することで増額してもらいやすい状況を作ることが出来ます。

最も良いのは完済後解約する事で、総量規制の上限までの余裕を作る事が可能になります。

そうすると利用しているカードローン会社も他社を完済したことが信用情報を見れば分かるので、優良な利用者として認められていれば空いた分だけ利用限度額を上げてくれる可能性があります。

なので条件がいいカードローンの利用限度額を上げたい場合は他社のカードローンを完済して解約してしまうというのも1つの手段です。

審査に悪影響を及ぼす行動

次は審査に悪影響を及ぼしてしまい審査に通りにくくなる可能性がある行動を紹介していきます。

利用会社が増えている

カードローンを契約した時よりも利用している金融業者が増えている場合はあまりいい印象を持たれません。

借りている会社の数や、契約内容などは信用情報を参照することとで簡単に把握することができるので、誤魔化すことは出来ません。

利用している会社が増えるということはそれだけ借りているお金や借りることの出来るお金が増えているという事なので、本当にこれ以上返済できるのかという疑いを持たれてしまいます。

もちろん1社や2社程度であれば大丈夫な場合もありますが、それ以上増えると利用限度額の増額は厳しいです。

延滞や金融事故を起こしていないか

利用限度額の増加を行うには上記したように延滞や滞納を行わないという事が重要になってくるので、延滞をしている場合は印象はよくありません。

延滞をしているのは返済日を忘れているか返済するお金がないかのどちらかだと思いますが、金融業者からすると返済するお金がないと判断されやすいので、それ以上の増額をした場合に返済してもらえるという確信を得ることができません。

これは利用している会社のみではなく、他の会社でも延滞をしていると信用情報で分かってしまうので、利用している金融業者すべてが対象の話になります。

さらに金融事故になるほどの長期の滞納などの金融事故を起こしている場合は増額は不可能と考えたほうが良いでしょう。

長期の延滞の場合は信用情報に掲載されるので、増額のみではなく他のサービスにも影響が出てしまうのでカードローン利用全体に支障が出ることになります。

限度額を増額するか他社から新たに借りるかどっちが良いのか?

お金を借りたい時には、今回紹介している現在持っているカードローンの利用限度額を増額させるか、新たに他の会社のカードローンに申し込んで新しい契約を結んでお金を借りるかのパターンがあります。

どちらも同じような審査が待っていますが、難易度としては新規でカードローンを契約する難易度のほうが低いです。

利用限度額を増額する場合はカードローンを申請した時よりも収入が上がっていなければ難しかったりもするので、そうでない場合は増額申請を通過することが出来ても増額幅が数万円という事もあり得ます。

消費者金融の新規の場合は金融事故などを起こしていなければ安定した収入があれば高確率で契約することができ、数十万円程度の利用枠を得ることができます。

ただ新規契約をする事はメリットばかりではなく、複数の会社からお金を借りている場合は金利が高くなる傾向にあるので、多くの利息を払わなければいけなくなります。

例えば、A社から既に50万円を借りている状態で、B社からも50万円借りたとすると、A社の50万円とB社の50万円それぞれに最高で18%の金利がかかってしまいます。

これをA社1社からまとめて借りていた場合は利息制限法から100万円に15%の金利がかかるだけなので支払う利息は抑えることができます。

さらに返済を引き落としにしない場合は返済を複数回行わないといけないですし、会社によって返済期日が違うので支払いの手間も増えてしまいます。

なので利用限度額の増額か新規契約かはメリットとデメリットを見極めて、収入が増えて今まで返済も滞りなく行ってきている場合は利用限度額の増額を行い、そうでない場合は新規契約を考えるという考えで良いと思います

増額審査に通らなかった場合

増額の審査に通らなかった場合は、何度も申請をしてはいけないという決まりはありませんが、審査を通過しなかった理由としては「返済実績が足りなかった」であったり「年収が足りなかった」の可能性が高いです。

両方共にすぐに改善するにはなかなか厳しい内容なので、すぐに申請したとしても結果が変わることは無いでしょう。

どうしても同じ会社の利用限度額のを増額したい場合は、3ヶ月~6ヶ月以上返済を延滞すること無く行って返済実績を積み重ねたり、収入が上昇した時に再度申請するようにしましょう。

増額にこだわらずどうしてもお金が必要な場合は、上記したように支払う利息は増えてしまうことになりますが、別の金融会社へ新規契約として申請するほうが借入れを行うことができる可能性は高いと思います。

ただ審査に悪影響を及ぼす行動でも紹介したように、利用している金融会社の数が多いとどの会社で会っても利用限度額の増額は厳しくなったり、金融会社事態にはいい印象を与える事にはならないという事は覚えておきましょう。

緊急の際は仕方ないですが、新しく契約する会社の利用額を少なくしてできるだけ早く返済し、完済できた会社からカードローンの解約を行っていくと金融会社からの信頼度も上がっていきます。

まとめ

カードローンは最初の契約をするのは比較的簡単ですが、利用限度額の増加をするには紹介して生きたような今までの返済履歴など厳しい審査を受ける必要があるので、気軽には増額は行えなくなっています。

カードローンはとても便利なサービスなので手軽に使ってしまいがちですが、本当に必要な時以外は今与えられている限度額の中で計画的に利用していくことが大切となります。

延滞などを行わず毎月繰上げ返済などを混ぜながら真面目に返済していると優良なお客して増枠の案内が来ることもあるかもしれません。

その場合には利用限度額の増額を考えてもいいと思いますが、まずは計画的に利用することを第一に考えていくようにしましょう。