カードローンの上手な返済方法やコツまとめ…利息を最小限に抑えよう

お金

一度カードローンを契約をして作ってしまえば利用限度額内で自由にお金を引き出して利用できるという、とても便利なカードローンですがお金を借りた瞬間から同時に返済が始まります。

お金を借りる場合は返済計画をたてて無理のない範囲で借りるのが鉄則ですが、気軽に使えるが故に使いすぎてしまう一面もカードローンにはあります。

なので今回は返済する時に知っておくと支払う利息をできるだけ抑えることができる返済方法のコツなどについて紹介していきます。

お金を借りる前に読まれておくと返済計画をたてる手助けが出来るかもしれないので参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

繰上げ返済(随時返済)を利用しよう

繰上げ返済とは随時返済とも呼ばれる返済方法で、通常の返済に加えて追加で返済することをいい、借金を上手に返済しようとした際に必ず覚えておく必要がある程重要な返済方法です。

なぜそれほど重要かというと、カードローンの多くで採用されている「残高スライドリボルビング方式」という返済方式は、毎月の最低返済額の中に借りたお金(元金)と利息分が含まれています。

つまり

  • 毎月の返済額 – 利息分 = 借りたお金への返済額

という事になるので、返済分が全て借りたお金を減らすために使われるわけではありません。

特に残高スライド方式というのは返済して借りたお金が減っていくにつれて毎月の返済額が少なくなる仕組みになっているので、毎月の家計には優しくなりますが返済期間が長くなっていくのでその分支払う利息が増えてしまうという点もあります。

つまり返済期間が長くなればなるだけ利息を多く支払う必要があり、結果的に多くのお金が必要になってしまうので、そんな時に有効なのが繰上げ返済です。

繰上げ返済は通常の返済とは違い、繰上げ返済で支払った金額は全て借りたお金(元金)の返済に充てられるので、通常の返済よりも素早く元金を減らすことが出来ます。

利息は元金を元に計算されているので、元金を減らすことで支払う利息も減っていく事になりますし、元金を減らしたことで返済期間も短くなりこちらでも支払う利息を減らすことができます。

さらに繰上げ返済の効果を最も大きくしたい場合は、元金が多く残っている時が最も利息が多く発生することになるので、お金を借りて早い段階で繰上げ返済を行うことで元金が多く残っている時期が短くなるのでトータルの支払う利息を減らす事ができます。

このようにメリットしかない繰り越し返済ですが、通常の返済に加えての返済になるので毎月の返済だけでも大変という場合は、無理をしてしまうと通常の生活に支障をきたしてしまう可能性があります。

カードローンは毎月遅れずに返し続けることが重要なので、無理はせずボーナスが出た時やお金に余裕がある時に繰上げ返済を行うようにしましょう。

おまとめローンを利用しよう

おまとめローンとは複数のカードローン会社からお金を借りている別々の借金を1社で1つにまとめる事を言います。

1つにまとめた所で払う返済すべき借りたお金は変わりませんが、利息や金利に違いが出てきます。

総量規制などもあるので、複数のカードローン会社から借りている場合は多くても1社からは数十万程度までしか借りることが出来ないと思います。

その場合金利は会社によって違いますが、利息制限法という金利の上限を決める法律では100万円以下の借入れは最高でも18%までとなっているので、恐らく十数%程度の金利になると思います。

ですがその数十万円を複数社から行っていて、それを一つにまとめると百万円を超えた場合は利息制限法により最高でも15%までとなり金利が下がる事になります。

百万円以上にならなかった場合でも金利は金額が多くなるほど下がっていくものなので、バラバラに借りていた時よりも金利は下がる事がほとんどです。

分かりやすい数字と、金利などは利息制限法の上限の数字で紹介すると以下のようになります。

50万円を2社から金利18%で借りていた場合
(50万円 × 18%)× 2社=年間18,000円の利息
100万円を1社から15%の金利で借りた場合
100万円 × 15% = 年間15,000円の利息

実際はこれほど簡単ではありませんが、簡単な数字で計算してみても年間で3万円もの利息の差があることになり、金額がもっと大きくなるとこの差も大きくなります。

年間の利息が下がるという事は毎月の返済金額も下がるという事になるので、家計の負担を減らすことにもなります。

さらにおまとめローンは総量規制の例外扱いになるので、消費者金融であってもおまとめローンであれば年収の1/3を超える金額を借りることができるのも大きな特徴の1つです。

ただしおまとめローンは通常のカードローンとは違い自由にお金を借りることは出来ず、返済のみに利用できるお金になっています。

また複数のカードローン会社からお金を借りている場合には返済日がバラバラになってしまうこともあり、返済日にうっかり返済し忘れるという事も十分あり得ます。

1つにまとめることで、返済期日も1つになるので返済し忘れや、ATMを使って手数料がかかってしまう場合でも1回分で済むなどの利点もあります。

なので複数のカードローン会社からお金を借りていて返済額を減らしたかったり返済の手間を1回にまとめたい場合はおまとめローンを検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

一括返済も検討してみよう

一括返済とは文字通り残っている金額全てを一括で支払って完済してしまう返済方法です。

先ほど紹介した繰上げ返済と似たような返済方法で、返済をある程度行って借りているお金が減ってきてこれなら一括で返済できると思う金額になった際に行うと良いでしょう。

そのまま毎月の返済額を支払っていくことでも完済することができますが、支払い回数が多くなるほど利息が必要になるので、一括で返済することで返済回数を減らし利息を押させることが出来ます。

注意するべき所は、返済の際には10,000円や15,000円などのように切りのいい数字で返済しますが、借金には1,000円以下の小銭(端数)が発生していることがほとんどです。

そのような場合は小銭の使えないATMでは返済出来ないので、小銭対応の銀行ATMや窓口で支払うか、多めに支払って払い過ぎの金額を後で金融会社指定の方法で返金してもらうなどを行う必要があるので覚えておいてください。

ただ繰上げ返済と同じで、はやく完済してしまいたいという気持ちはあると思いますが、まずは自分の生活が第一なので無理な一括返済は行わず余裕のある時に行うようにしましょう。

手数料はなるべく抑えよう

カードローンの返済方法は様々ありますが、その中でもATMを使うなどの返済方法だと手数料が発生することがあります。

1回に100円や200円程度なので、1回だけならまだしも何度も支払いを行う場合には合計の手数料はかなりの金額になってしまうので、できるだけ手数料のかからない返済方法を選ぶ必要があります。

手数料のかからない返済方法としては、利用している自社ATMや消費者金融の場合でも提携している銀行のATMであれば手数料無料で振り込むことができるので、自分の利用しているカードローンに合ったATMを見つけておきましょう。

また、大手の消費者金融や銀行であればほとんど行っているネットバンキングからの振込であれば手数料なしで行うことができるので、インターネットなどが不得意でない場合は利用することで、どこでも手軽に返済が行なえます。

もっとも簡単なのが銀行からの引落しにしておくと返済期日になると手数料なしで勝手に引き落とされているので、ちゃんと返済できるだけの金額が口座にあるか以外は気にする必要なしに返済を行うことができます。

ただし口座引き落としの場合は引き落とされた履歴が残ってしまうので、もし家族などにバレたくないという方は利用しないほうがいいかもしれません。

このように様々な方法があるので自分にあった手数料の必要ない返済方法を選んで少しでも返済金額を抑えるようにしましょう。

スポンサードリンク

返済期日をしっかり守ろう

カードローンには毎月の返済日が決まっており、その日までに返済をしないと遅延損害金という物を支払わないといけなくなります。

遅延損害金とは返済期日を1日でも過ぎたら発生し、1日単位で増えていき金利も利息制限法で定められた金利ギリギリであったり、借りているお金にかかっている金利と同じ金利が設定されているのでかなり高い金額になります。

例えば50万円借りている場合であれば利息制限法の上限は18%なのでその設定で計算してみます。

  • (50万円 × 18% ) ÷ 365日 = 246円

となるので1日遅れたら約250円、10日で2,500円となるので決して安い金額ではありませんし、そもそも支払いを遅れなければ一切支払う必要のない金額なのでとてももったいないです。

さらに3ヶ月ほど支払いを延滞すると信用情報に記載されブラック状態になり、5年程度どのカードローン会社からもお金を借りられなくなる上に、残っている金額を一括での返済を求められる可能性もあります。

そうなると債務整理を行わないといけなくなる可能性すらあるので、繰上げ返済なども重要ですが、もっとも大事なのは返済期日を守って毎月きちんと返済していくというのがもっとも重要になります。

どうしても返済日を忘れがちになってしまう場合は、上でも説明した通り、記帳してしまうと記録が残ってしまいますが口座引き落としにしておくことで返済期日を忘れてしまっても口座にお金が入っていれば問題ないので、返済方法を口座引き落としにすることをおすすめします。

まとめ

以上がカードローンの上手な返済方法についての紹介でした。

やはり様々な返済方法がありますが、無理のない返済を毎月忘れずに行っていくというのがもっとも重要な要素で、そうするためにも自分の収入に見合ったお金を必要な分だけを計画的に借りる事が大切になります。

それを最低限行った上で、紹介してきたような返済方法や無駄な利息や手数料などをできるだけ発生しないように工夫していく事が大事になってきます。

無理のない借入れと返済で賢くカードローンを利用していき、よりよい生活にできるよう工夫していきましょう。