はじめてのカードローンで総量規制の上限まで借りることは可能か…利用限度額を上げるには信頼が必要

野

カードローンを利用する際に気になるのはまずどのくらいの金利になるかだと思いますが、次にどれだけの金額をかりることが出来るかという点についても気になると思います。

誰であっても多くの金額が利用することが出来たほうが様々なものに対して利用することが出来るので、利用限度額が高いに越したことはないと思います。

では初めてのカードローンを利用する際でも総量規制の上限まで設定してもらうことは出来るんでしょうか?

実はこれはほぼ不可能に近いと言えるほど厳しく、利用限度額を上げてもらうには時間が必要な場合が多いです。

今回はなぜ初めてでは利用限度額が高くすることが難しいのかなどについて紹介していきます。

スポンサードリンク

利用限度額は基本的に年収の1/3まで

カードローンは出来れば高い利用限度額に設定してほしい所ですが、消費者金融には総量規制があるので年収の1/3までしか借りることは出来ません。

さらに以前であれば総量規制の対象外であった銀行カードローンであっても、自主規制なので法的な拘束力はありませんが総量規制と同等の年収の1/3までしか借りることが出来なくなっています。

総量規制には例外・除外されるものがあるので全ての場合という訳ではありませんが、基本的にはどこのカードローンから借りたとしても年収の1/3までしか借りることが出来なくなっています。

初めての利用では利用限度額は低めに設定される

総量規制があるので借りることが出来る金額に上限があるのはわかったと思いますが、最初からその上限まで借りることが出来るのでしょうか?

結論から言うと最初から利用限度額の上限まで借りることは不可能です。

というのもカードローンの審査では属性という申込者の年収や勤め先などを見極めて審査の可否を決めることになるので、年収が高ければ高いほど最初に設定される利用限度額も高くなると思ってしまいそうですが、実はそうではありません。

もちろん年収や勤務先、勤務年数も利用限度額を導き出す大事な要素であることにはかわりありませんが、それだけで決まるわけではありません。

年収と同じくらいに大事になってくるのがカードローン会社からの信頼です。

カードローン会社からすると年収が高いことも重要ですが、お金を持っていても返済をキチンと行ってくれない利用者であった場合には「貸倒れ」という貸したお金を回収できない状態になる可能性があり、損をしてしまうかもしれません。

なので初めてのカードローンの利用でないにしても他のカードローン会社で返済が遅れがちであったりした場合は、信用情報を見れば把握することができ、その段階で信頼することがあまり出来ないので審査に通ったとしても利用限度額が低くなってしまう可能性があります。

なので新規の申し込みの場合はこの人は本当に毎月返済を行ってくれる人かわからないので、様子見として年収の1/3よりはかなり低い利用限度額に設定される事になるでしょう。

スポンサードリンク

信頼を得てから増額申請を行おう

紹介してきたように最初はカードローン会社からの信頼は薄いので多くの金額を借りることは出来ませんが、利用から6ヶ月程度が経過して一度も支払いの遅れなどを行わずにカードローンを利用できたならばカードローンからある程度の信頼を得ることが出来ています。

その程度の期間が経ってもっと多くの金額を利用したいと思っているならば増額申請を行って審査に通ることが出来ればより年収の1/3に近い金額に設定してもらうことが出来ます。

一度の増額申請では総量規制の上限いっぱいにすることは出来ないでしょうが、引き続き返済の遅れなどがないようにカードローンを利用していくことでより利用限度額を上げることが可能になりますし、場合によっては優良な利用者としてカードローン会社から「増額しませんか?」と誘いが掛かることもあるかもしれません。

そうなればよほどのことが無い限りはほぼ確実に利用限度額を上げることが可能となります。

ただし問題なく返済できていたとしてもその間に年収が以前よりも低くなってしまっていた場合には利用限度額が上がるどころか下がってしまう可能性があります。

増額申請では再度収入証明書などの提出が必要となるので誤魔化すことはできないので、そのような場合は増額申請を行うのは得策とは言えません。

増額申請を行わない場合でも年収が以前より大きく変わってしまった場合にはカードローン会社に知らせておかないと最悪の場合はカードローンの利用停止などの措置が取られてしまう可能性があるのでそのような場合は素直に知らせるようにしましょう。

他のカードローンに申し込んでも総量規制の上限までは借りれない

最初のカードローンに申し込んで審査にも通ったものの想像していた金額よりも低かったから、他のカードローン会社に申し込んでもっと利用できる金額を増やそうと考えてしまう方もいると思います。

ですがあなたがどこからいくら借りているかは信用情報に全て記載されているので、他のカードローン会社も簡単に知ることが出来ます。

なので他のカードローンに申し込んだ場合審査に通ったとしても最初のカードローンよりも利用限度額は低い金額に設定されてしまうでしょう。

つまり複数のカードローン会社に申し込んだとしても総量規制の上限まで借りるという事は不可能となっています。

まとめ

以上が初めてのカードローンの利用で総量規制で定められた上限までの金額に設定してもらうことができるかについての紹介でした。

利用限度額の設定には年収も大きく関わってきますが、最も大事なのはカードローン会社からの信頼となるので、その信頼を勝ち取るために返済の遅延のないように計画性と無理のない利用が重要になってきます。

なので最初は提示された金額で我慢して利用し続けて信頼できる利用者であることを証明してから増額申請を行って利用限度額を上げていくようにしましょう。