カードローンの契約者が死亡した場合に借金はどうなる?家族が引き継ぐ際に実は選択肢が存在します

財産

カードローンは原則的に契約した本人がお金を借りて返済していきますが、もしカードローンを契約している本人が何らかの理由でなくなってしまった場合には残された借金はどうなってしまうのでしょうか?

実は亡くなった人に借金が残っていた場合でも、残された家族が返済をする必要があります。

ですが絶対に借金を引き受けないといけないという訳ではなく、借金を支払わなくてもいい方法もあるので、借金を返済しないといけない場合と返済しないでもいい方法などを含めて紹介していきます。

スポンサードリンク

契約者が死亡した場合借金は払わなくてもいい?

住宅ローンでは契約する際に保険契約を結んでおくことで、契約者が亡くなった場合に残りの住宅ローンを返済しなくてもよくなるというような方法がありますが、カードローンではそのような契約は行わないので、契約者が亡くなった場合でも借金は基本的に無くなりません。

ですがカードローンのほとんどは借金を返済出来なくなった場合に別の物で支払う「担保」や、別の人に借金を支払ってもらう「保証人」の両方を必要としないので残った借金は誰が返済していくのかと言うと、契約者の家族になります。

家族が借金を返済していかないといけない理由

カードローンは家族にバレないように借りることも比較的に簡単にできるので、契約者の方が亡くなって初めて借金の存在に気付くケースもよくあります。

その場合には家族には関係ないとも思ってしまいそうですが、家族に返済の義務が出てきてしまいます。

その理由は死亡した人が残した財産の中に借金も含まれるからです。

財産や遺産と言われると現金や家、車、土地のような物を想像してしまいがちですが、そのようなプラスの財産だけでなく、実は借金のようなマイナスの財産も遺産の中に含まれてしまいます。

借金のような負の遺産だけを切り離して、利益のあるものだけを相続して受け取るという事はできないので、基本的に遺産を相続するということは故人が残した借金も受け継いでいかないといけないのです。

相続にはいくつかの方法がある

相続とはなくなった人の現金や家などを権利のある家族が受け継ぐという事ですが、先程も紹介したように価値のあるものばかりではなく借金も相続することになります。

相続する時に借金よりも大きな価値のあるものを相続する事ができればいいですが、借金の方が大幅に多かった場合はできれば相続したくはありませんよね。

そのような場合は3種類ある相続方法から自分に合ったものを行うことが出来るようになっています。

単純相続

単純相続とは最も一般的な相続の方法で、亡くなった人が残した財産を全てそのまま相続する事です。

単純相続は亡くなった人が残した財産マイナスの財産も全てそのまま受け継ぐので借金があった場合は全ての返済を行う必要があります。

相続が決まった時から3ヶ月経過すると自動的に単純相続となるので、他の相続方法と違い家庭裁判所に申請する必要がないので、申請などの手間をかける必要ないのは利点とも言えます。

亡くなった人がどのくらいの財産や借金があるかなどがはっきりしていて相続した方が得な場合であったり、全ての物を受け継ぎたいという場合には単純相続を選ぶと良いでしょう。

限定承認

限定承認とは相続したプラスの財産の範囲内でマイナスの財産も引き継ぐという相続方法です。

少し分かり難いので例をあげると、現金や家などを合わせて1000万円の財産を引き継いだ場合には借金も1000万円までは引き継いで返済し、1000万円を超える借金は支払う必要がないという方法です。

この限定承認は亡くなった人にどれだけの借金があるかはっきり把握できない時や、全ては相続できないが、どうしても手元に残しておきたいものなどがある場合に選択すると良い相続方法です。

手放したくないものがある場合は鑑定してもらいその金額を支払うことで手元に残すことが可能になります。

ただし相続開始されたと知った時から3ヶ月以内に家庭裁判所に限定承認するという手続きを行わないと単純相続となってしまうので気を付けましょう。

相続放棄

相続放棄とはプラスの財産やマイナスの財産を含めて全ての財産を一切相続しない方法です。

全ての財産を放棄することになるので、家や土地があった場合でもそれを受け継ぐことはできなくなりますが、残された財産よりも借金の方が大幅に多かった場合などでは相続放棄を行うことで借金も返済する必要がなくなります。

ですがカードローン以外の借金で連帯保証人になっている場合は相続放棄を行ったとしても借金を免れる事はできません。

相続放棄も相続が開始されたと知った時から3ヶ月以内に家庭裁判所で手続きを行わないと単純相続とされてしまい、多くの借金を支払わないといけなくなるので限定承認以上に忘れずに行うようにしましょう。

スポンサードリンク

まとめ

以上がカードローンの契約者が亡くなった際に借金はどうなるかでした。

カードローンは基本的に他の人にバレずに借りることも出来ますから、突然借金があるとわかった場合には家族が亡くなって大変な時でもあるので、尚更どうすればいいか分からなくなってしまうと思います。

なので事前に知識として覚えておけばある程度落ち着いて財産や借金などを比較しながら対処を行えると思います。

とくに注意しないといけないのは、3ヶ月経過すると無条件に単純相続となってしまい借金が多い場合は借金も相続してしまい返済の義務が出てくるので、家族が亡くなって忙しい時ではありますが忘れずに家庭裁判所で手続きを行うようにしましょう。