離婚する相手に内緒の借金があったら?…生活の為の借金でなければ元配偶者が支払う義務は無い

お金

配偶者と離婚をするとなった時に今まで全く知らなかった借金を相手が隠している事が分かってしまった場合、その借金は夫婦で払わないといけないものなんでしょうか?

結婚すると財産は二人のものになるという認識はありますよね。そして借金であっても共有されるものというイメージの方も多いと思います。

確かに結婚してから築いた財産は2人のものになるので、借金も2人で分ける事になりますが、借金の種類によっては全てのケースでそうなるわけではありません。

そのあたりも含めて紹介していきます。

スポンサードリンク

結婚後の財産は2人のもの

結婚後に旦那さんは仕事に出て、奥さんは専業主婦として生活を始めた場合、旦那さんはお金を稼いでいますが、奥さんの収入はありません。

だからと言って「旦那さんが稼いできたお金は旦那さんのもの」という訳ではなく、結婚後では奥さんがご飯を作ったり家事をしたりしとしてる場合は、お互いのサポートがあって成り立っています。

なので奥さんが直接稼いでいないとしても、旦那さんの稼いだお金は2人の財産という事になります。

離婚をする際、基本的には結婚後に築いた財産は2人の物なので、夫婦2人で分ける事になっています。

実は独身時代から持っている別口座の貯金などに関しては、結婚以前のものなので夫婦で分配する対象にはなりません。

分けるのは価値のある財産だけではない

夫婦で財産を分ける財産分与と聞くと、貯金や車、家などの価値のある物というイメージがあると思いますが、実はそれだけではありません。

生活が苦しい時に生活費としてカードローンなどでお金を借りていた場合はその借金も財産の内に入るので分配の対象となります。

名義人が旦那さんでも配偶者貸付けを利用して奥さんであっても、名義人がどちらかであるかは関係なく生活の為に借りた場合は分配対象です。

つまり価値のある物だけじゃなく借金も二人で作ったものなので分ける必要があるということになります。

借金の種類によっては返済義務がない場合もある

生活費として夫婦で借金をした場合は、その借金も2人で分けて返済していかないといけないというのはわかりましたが、タイトルのようにどちらかが相手に隠していた場合ならどうなるんでしょうか。

実は秘密にしていたかどうかはあまり大きなことではなく、この際に重要になってくるのはその借金が何に使われたのかが最も重要になってきます。

先程も紹介したように、旦那さんや奥さんに秘密にしていたとしても生活のために借りていてたのなら、秘密にしていたかどうかは関係なくこれも夫婦で分ける必要があります。

ですがどちらか度の過ぎたギャンブルや、遊びの為に作った借金の場合は話が変わってきます。

財産分与になる条件は生活やお互いのために借りた借金と言うことなので、自分だけが楽しむだけに借りた借金は財産分与の対象となりません。

なのでドラマなどで「旦那にギャンブルで借金が…」などというシーンがありますが、その時に離婚しても一切相手は支払う必要はなく、返済義務は借金を作った張本人だけにあります。

スポンサードリンク

保証人や連帯保証人の場合は逃れられない

最近のカードローンに関しては保証会社が報奨してくれるので、保証人や担保の必要なしで借りることができますが、保証人や連帯保証人をつけてのお金を借りた場合にはその責任から逃げることは出来ません。

連帯保証人や保証人は他人ではないといけないような気がしますが、実は自分の配偶者を連帯保証人にすることも可能となっています。

なので自分の夫の借金だからと連帯保証人になってしまった場合は、その後離婚をしても連帯保証人である事が変わる事はなく、元旦那さんが返済できなくなった場合は連帯保証人の元奥さんに返済の義務があることになります。

なのでたとえ夫婦であっても連帯保証人になるというのはしっかりと考えてから行うようにしましょう。

まとめ

以上が離婚の際に相手に秘密の借金があったらどうなるかの紹介でした。

配偶者が隠していた借金が突然明らかになった場合驚いてしまいますが、自分のためだけに使った借金であるならば配偶者には返済の義務はありません。

ですがもし相手がそれを認めなかった場合に証拠などが無い場合は弁護士などにお世話になる可能性もあるので、簡単にはいかない可能性もあります。

それでも知識として知っておくかどうかでも全く対応や心構えなども変わってくるところもあると思うので、このような事実があるという事は知っておいて下さい。