在籍確認は必ず行わないといけないのか?…モビットなら在籍確認なしで利用可能

電話

カードローンを利用する際には出来るだけ誰にも知られずに契約したいと誰もが考えると思いますが、そんな時に立ちはだかるのが在籍確認の存在です。

在籍確認が行われることで職場の同僚や家族などにバレる危険性を考慮してしまいます。

ではそもそも在籍確認は必ず行わなければいけないものなんでしょうか?

じつは在籍確認を行わなくても利用できるカードローンは存在するので、その事などについて今回は紹介してきます。

そもそも在籍確認とは何か?という人はコチラの記事もどうぞ。

スポンサードリンク
合わせて読みたい
     
滞納と延滞の違いとは…ほとんど同じ意味の言葉だが滞納金と延滞金になると別の意味へ          
     
自営業・個人事業主でもカードローンは利用できる?…使えるが条件が厳しくなるので注意          
     
約定返済・随時返済の違いとは?会社やメディアによって呼び方が異なる場合があるので注意          
     
カードローン審査時の家族構成の重要性とは…有利な属性であれば利用限度額が高く設定される事も          
     
金利を低く借りる方法はあるのか?…実は利用限度額を高くすれば金利が下がることがある          
     
病気や怪我で入院して働けなくなった時はカードローンの支払いはどうなる?返済は続くので金融会社にまず連絡を          
     
利息制限法とは?…高金利などから消費者を守ってくれる法律          
     
利息制限法・出資法・貸金業法の違いと関係性…3つの法律の違いまとめ          
     
在籍確認とは?カードローンの利用が会社バレする可能性を少しでも減らす方法まとめ          
     
就活にカードローンは影響を与える?…基本的に影響は与えないが業種によっては調べられる可能性も          

在籍確認を行う意味

まずは在籍確認とは何のために行われるのかについておさらいをしていきましょう。

在籍確認とはカードローンを申し込むと審査の一環として行われる電話確認のことで、主に申込書に記入した勤め先にカードローン会社から電話がかかってきます。

在籍確認を行う理由としては以下のようなものがあります。

  • 申込者本人が申し込んだかの確認
  • 本当に勤務先に所属しているかの確認

このような理由がありますが、1つ目の本人が申し込んだかの確認はおまけ程度となっていて最も大きな理由は勤務先に本当に勤めているかの確認です。

というのも勤め先に電話がかかってきますが、必ずしも本人が対応する必要はなく「○○(申込者)は席を外しています」という電話対応をしてもらうだけで、その会社に勤めていると判断され在籍確認は完了するからです。

もちろん本人が対応するのが一番いいですが、営業などで外回りなどで席を外している事の多いという方にとっては有り難い対応となっています。

確認が取れると申込書に嘘は書いていないと判断されるのと同時に勤務している会社の規模を知ることで大まかな収入もカードローン会社としては把握することが出来る。というのが在籍確認の意味となっています。

在籍確認ができないと審査に落ちる

会社の中には社員の個人情報や、事業の機密性の高い情報を扱っている場合はその会社に勤めていても在籍確認で「お答えできない」と返答されるという場合もあります。

そんな場合には在籍確認が取れなかった事になり、いくら年収が高くて安定した収入があった場合でも審査を通過することは出来ません。

そのくらいにカードローンでの在籍確認は重要視されています。

そのような会社に努めている場合は事前に自分が電話を取れる時間帯に在籍確認を行ってもらえるようにお願いしておくと、ほとんどのカードローン会社では対応してくれるので不安な方は時間指定を行って確実に電話に対応できるようにしておきましょう。

会社に支払いの催促の電話はかかってこない

在籍確認で会社に電話をかけられると返済が出来なくなった時に会社に電話などがかかってくるんではないかと人質をとられたような気分になってしまうかも知れませんが、消費者金融の場合そのような事は法律上出来なくなっています。

実は以前では会社に悪質な支払いの催促の電話や嫌がらせなど、ドラマや映画でありそうな悪質な取り立ては実際に行われていて、消費者金融の大手であってもそのような方法でお金を回収していました。

ですがそれが社会問題になり、貸金業法という消費者金融が守らなければいけない法律が改正され、会社に返済の催促や、早朝や夜遅くに家に押しかけるなどの様々な迷惑行為が法律違反になり、行った場合は逮捕される事になりました。

なので今ではヤミ金などから借りない場合はそのような心配をする必要はなく、会社を知られたからといって何かされるという事はないので安心して下さい。

ただし銀行カードローンの守るべき法律は「銀行法」で貸金業法ではないので、銀行がもし催促の電話を職場に行った場合でも違法ということにはなりません。

ですがそこまでやる事はほぼないと言っていいですし、それまでに自宅に電話や郵便で催促状などが送られて来るのでそこで対応しておけばまず職場に電話がかかってくることはありませんが、無視し続けると絶対にないとは言えません。

スポンサードリンク

自営業や専業主婦の場合は在籍確認はどうなる?

会社に所属して働いている場合には勤め先に在籍確認が行われることになりますが、専業主婦や自営業などの会社に所属していない方の場合には在籍確認はどうなるんでしょうか。

まず自営業の方の場合は必ず在籍確認が行われ、専業主婦の方は収入がないので電話をかけようにも勤め先がありませんが、その場合に在籍確認があるのかないのかはカードローン毎によって違いがあるようです。

在籍確認が行われる場合には申込者の携帯電話、または固定電話に電話がかかってくることになります。

最近では携帯電話の普及が進み固定電話を引いていないという家庭もあると思いますが、中には固定電話がないと契約できないカードローンも若干あるようなので注意が必要です。

固定電話の方が審査に有利?

電話は携帯電話か、自宅の固定電話、または事務所の固定電話に在籍確認は行われることになりますが、携帯電話よりも固定電話の方が審査に有利という噂があります。

ですが今では若干固定電話がないと利用できないカードローンはあるものの、ほとんどの場合でどちらでも変わりはありません。

というのも携帯電話が普及する前は固定回線があると、104番号案内に問い合わせるとその場所に住んでいるという確認が行えたのでより信頼性を高めることができました。

現在では先程も紹介したように携帯電話の普及で固定電話を持っていない家も増えた為どちらでもそれほど違いは無くなっているようです。

在籍確認のないカードローンはある?

家族や職場にバレる可能性がある在籍確認はできるのであれば行ってほしくないという方がほとんどだと思いますが、在籍確認が行われないカードローンは存在するんでしょうか。

カードローン会社としたら申込み内容に嘘はないかや、ある程度の収入を把握する事ができるので、貸したお金を返してもらえない「貸し倒れ」のリスクを減らすための役割もあります。

それを行わないという事はカードローン会社としてリスクを負ってしまう事になるのでほとんどのカードローンでは必ず在籍確認は必要となっています。

モビットは在籍確認なし

先程も紹介したようにほとんどのカードローン会社では在籍確認を行いますが、アイフルやプロミスなどの消費者金融カードローンの中では電話確認ではなく、書類などで代用してくれたという情報もありますがホームページなどに明記されているわけではないので、不確かな情報です。

ですがモビットはカードローンの中で唯一ホームページに電話での在籍確認を行わないと明記されているので、モビットでWEB完結から申し込んだ場合に在籍確認なしで利用することが可能となっています。

なので確実に在籍確認なしでカードローンを利用したいという方はモビットを選択するようにしましょう。

スポンサードリンク

まとめ

紹介してきたようにほとんどのカードローンでは在籍確認は必ず必要になりますが、モビットやその他消費者金融の場合は相談すると在籍確認なしで行えるという噂もあるので、気になる方はまずは申込時に相談してみてください。

ですが基本的は在籍確認はあると考えて家族や職場の人にバレないようにするには時間指定などを行って自分で対応することでリスクを抑えて安心して申し込める対策を行うようにしましょう。