カードローンを作ったまま放置しても大丈夫?放置した際のメリット・デメリットまとめ

カードローン

カードローンは一度審査を通過して限度額が決定するとその後は決められた金額内であれば自由に利用でき、借りた分のお金を返済していくと限度額が復活していく特徴があります。

利用できる金額は利用者の収入などに左右されますが、10万円程から数百万円まで借入れを行うことが出来る金融会社が多く存在します。

もちろんカードローンであっても借金であることには変わりないので、利息が発生して借りたお金よりも多くの金額を返済していく必要があります。

安易で無計画な借入れや借り過ぎは禁物ですが、上手く計画的に利用していくことで生活をより良いものにしていくことが可能なサービスです。

そんな使い方によってはとても便利になるカードローンなので、とりあえず作っておくのも手です。

しかし申し込みをして審査が通って契約した後に使う機会がなかった場合はカードローンはどうなるんでしょうか。

契約の更新や更新料、年会費などを支払う必要があるのか?など、今回はカードローンを作った後に放置したらどうなるのか、紹介していきます。

スポンサードリンク

カードローンを利用せずに持っておいた時のメリット

カードローンの審査を受けるには本人確認書類や借りるお金が多い場合は自分の収入を証明できる収入証明書などの書類が必要になり、さらには勤め先への在籍確認など少し手間がかかってしまいます。

ですが審査を通過して契約を結ぶことが出来ればあとは利用限度額内で自由に借りる事ができます。

契約後にカードローンを利用せずに持っていた場合でも得ることができるメリットを紹介していきます。

年会費や更新料などは必要ない

カードローンを作ったはいいものの利用する機会が一切なくて何年も経ってしまったという場合でも、実は問題なく利用することが出来ます。

カードローンにも更新があり、一定期間の間に再審査を行い更新を行っています。

基本的に自動更新なので再審査に問題がなかった場合は知らない間に更新されていることがほとんどです。

更新される際にも長い間使わなかった場合であっても更新料や年会費などは必要なく、カードローンの契約を解除するか金融会社から解除されない限りはいつでも利用することが出来ます。

困ったときにいつでも利用することが出来る

上記したように基本的に自分から解除するか金融会社から契約を解除されない限りカードローンはいつでも利用することができます。

ただカードローンを利用できる上限年齢はあるので覚えておきましょう。

なので長い間使っていなかったカードローンであっても急に現金が必要になった場合などでもちゃんと利用することができます。

お金の引き出し方もとても便利で、銀行カードローンなら銀行のATM、消費者金融ならば無人機などから引き出すことはもちろんの事、提携しているコンビニのATMからでも引き出すことが可能です。

コンビニであれば日本の大体の場所にありますし、利用出来る時間は365日24時間なので深夜であってもコンビニのATMから引き出す事が出来るのはとても大きなメリットです。

さらに最近では多くの金融会社でインターネットからの引き出しに対応しているので、わざわざコンビニやATMに行く必要もなくなり、いつでもパソコンやスマートフォンから簡単に引き出すことが可能になっています。

この方法ならばコンビニがあまり近くになかったり24時間営業ではない地域でも問題なく利用することができます。

カードローンを放置した際のデメリット

カードローンを放置しておくと発生する可能性のあるデメリットについて紹介していきます。

住宅ローンや自動車ローンを組む際に不利になることがある

他の記事でも何度か触れさせて貰ったことはありますが、カードローンを保持していると自動車ローンや住宅ローンなどの大きいローンを組む際に不利になる可能性があります。

ただ勘違いしてはいけないのはカードローンを持っていたから即審査に落ちるという訳では一切ありません。

カードローンの契約があっても契約できる場合もありますが、審査に通るかどうかの境目だった場合にカードローンの契約があるか否かでどちらが有利かというと持っていない方が確実に有利になります。

金融会社側からするとこれから大きな金額のローンを組むことになるのに、既にカードローンの契約を持っていることで住宅ローン+カードローンの返済になってしまいます。そこで「本当にそれだけの返済能力があるか」と疑われる事になるからです。

この際にカードローンの契約はあっても一切使っていない場合でも、利用できる環境にあるのでいつでも使えるという判断をされてしまいます。

ですがカードローン契約があって少なくない金額を借りている場合と、借入れが0の場合は同じではなく、借入れ金が0であればすぐにカードローンを解約する事も出来るので、その点では心象はよくなります。

住宅ローンや自動車ローンを組むために万全を期したいという場合はカードローンは解約しておくのをオススメします。

必要のない借入れをしてしまう場合がある

カードローンのメリットでも紹介したようにカードローンはいつでも使える便利なサービスなので、自分のもう1つ財布が出来たような感覚になってしまいます。

そうなると借金であるという事を忘れて本当に必要でもないものにでもカードローンを利用してしまい、借入金がどんどん膨らんでいくという事態になりかねません。

カードローンのほとんどの返済方法は「残高スライド元利定額リボルビング方式」通称「リボ払い」(※最近のカードローン会社の記載では「残高スライド」と書かれている事が多い)を採用されています。

この返済方式は毎月の返済額がとても安く生活の負担にならないのでありがたいですが、借入金が増えても返済額はそれほど増えないので、借金が増えているという感覚が薄くなっていく事が多いです。

さらに返済額が少ないということは借りているお金の減り方も遅くなっていくことになるので、そうなると返済回数が増え返済期間が長期化し、その分支払う利息も多くなるという側面を持っています。

なのでカードローンで無駄遣いをしてしまう心配がある場合は使えないようにカードローンを解約するのも1つの手段です。

カードローンを多くなるといざという時に審査に通らない可能性がある

カードローンは複数持つことはあまり金融会社からしてみるといい顔はされませんが、実際には複数のカードローンを持つことは可能です。

カードローンを複数持つという事は各契約ごとに利用限度額が設定されている事になるので、多くカードローンを契約している場合に本当に契約したいカードローンを見つけた際に契約できない可能性があります。

それはカードローンを複数契約していると、金融会社から返済能力を疑われて審査に通らない事もありますし、さらに総量規制に引っかかる可能性があるからです。

複数のカードローンがあっても借入金が0なら大丈夫と思ってしまいがちですが、総量規制は借りている金額ではなく、借り入れる事が出来る金額の合計が年収の1/3なので利用していなくても総量規制に掛かることがあります。

総量規制にかかると新たな契約はできないので、契約しているカードローンのどれかを解約する必要がありますが、解約後にすぐ申込ができるかというとそうではなく最低でも1ヶ月空けて申請しないと信用情報に申請ブラックとして掲載される可能性があります。

なのでカードローンを契約する際は自分がいくらまで借る事が出来るのかを把握してつつ、できるだけ利用するカードローンは絞っていくようにしましょう。

盗まれて不正利用される可能性がある

カードローンはカードを使ってATMや無人機からお金を引き出すことができるので、実際にカードを財布の中などに入れて携帯している事が多いと思います。

その際にカードの入った財布などを盗まれて不正利用される可能性があります。

もちろんカードが盗まれたからと言って暗証番号が必要なので、すぐにお金を引き出される事は通常はありえませんが、暗証番号を自分の誕生日などの分かりやすい番号にしていた場合は別です。

財布に入れていた場合はローンカード以外にも免許証や保険証などの個人情報が記載されている物が一緒に入っている事も多く、その中から情報を確認され簡単な暗証番号なら解読されてしまう可能性があります。

盗まれた事に気付いて利用している会社に連絡してカードを利用できなくして貰う前にそれを行われると、不正利用を止めることはできません。

カードローンを盗まれた場合、無条件に保証される訳ではなく、車に置き忘れなどの被害者にも落ち度があった場合は金融会社は保証してくれない可能性もあります

またローンカードを無くして不正利用されてしまった場合でも同じような事が言えるので注意して下さい。

強盗やスリなどの被害者に落ち度が低い場合は金融会社は請求破棄を行ってくれる場合もあり被害額を支払う必要はなくなります。

なので暗証番号は絶対に分かりやすいものにしない事と、カードローンを保持しているとこのようなリスクもあるという事を覚えておきましょう。

スポンサードリンク

まとめ

以上がカードローンを契約した後に放置した場合のメリット・デメリットでした。

文量的にデメリットの方が多くなってしまいましたが、住宅ローンなどの利用を考えていない場合であれば、1つのカードローンならばもしもの時用に持っておいても良いんではないかなと思います。

生きているとお金は必ず必要になりますし、特に急な物入りや冠婚葬祭などが続いた場合はとても厳しいのでそのような時にはカードローンを利用していくのも必要だと思います。

ですが紹介したようなデメリットも存在するということを理解した上で計画的に使っていくようにしましょう。