消費者金融からお金を借りてても住宅ローンは利用可能?…カードローンを利用していないほうが審査には通りやすい

悩んでいる人

家を買う時には大きな買い物になるので多くの方が住宅ローンを利用して購入を考えると思いますが、その際に既にカードローンでお金を借りていたとしたら住宅ローンからお金を借りることが出来ないという事はあるんでしょうか。

結論から言うとカードローンを利用していたとしても融資してもらうことは可能です。

ですが注意しないと行けない点もあるので、その辺りの事も含めて紹介していきます。

スポンサードリンク

消費者金融から借りていても住宅ローンは同時に利用可能

家を買う時には100万円や200万円単位ではなくもっと大きな金額を住宅ローンから借りることになりますが、そんな時に既にカードローンからお金を借りていた場合には審査に通らないんではないかと心配になると思います。

もちろん最も審査に通りやすいのはどこからもお金を借りていない状態ですが、カードローンを利用していた場合でも住宅ローンを組むことは出来ます。

住宅ローンの審査に影響することもある

カードローンと住宅ローンを同時に利用可能と紹介しましたが、実はカードローンが原因で利用できなくなるという事もあります。

それは住宅ローンを利用する際に既に多くの借入れを行っていて毎月の返済額が高くなっている場合に起こります。

というのも住宅ローンの審査基準に「返済比率」というものがあり、年収に対して年間の返済額が30%~35%以上になっている場合は返済できなくなるリスクがあると判断されて審査を通ることができなくなります。

返済比率の計算方法は以下のようになっています。

返済比率 = 年間返済額 ÷ 税込年収 × 100

なので住宅ローンの返済額を加えると年収の30%以上になるほどの返済を既に行っている場合には審査に通ることが出来なくなるので、まずは今ある借金を減らしてからという事になります。

過去に金融事故を起こしていると厳しくなる

住宅ローンはローンの中でも大きな金額を貸すことになるので審査もカードローンなどよりも厳しく行われます。

なので信用情報などもしっかりと調べられ、過去に延滞などを行ってしまった場合は返済能力に疑いを持たれ審査に通る事は厳しくなってしまう傾向にあります。

延滞を行ってしまうと信用情報に記載され5年間はその情報が消えることはないので、5年間はローンの審査が厳しくなる状況になってしまいます。

なのでカードローンを利用している方でこれから住宅ローンの利用を考えている方は絶対に支払いの遅れが無いようにしましょう。

総量規制の対象外

住宅ローンでは大きな金額を借りることになるので、総量規制に引っかかるんではと考えてしまいそうになりますが、住宅ローンは総量規制の対象外となっています。

なのでカードローンと住宅ローンから借りている金額が年収の1/3を超えたとしても何の問題もありません。

そもそも住宅ローンは消費者金融では扱っておらず、総量規制のない銀行が扱っている商品なので総量規制については気にする必要はありませんが、先程も紹介したように返済額が大きくなると審査に通らなくなるので注意しましょう。

同じ銀行で利用すると金利がお得になる事も

住宅ローンを利用するにはカードローンからの借入れがない状態が一番ですが、銀行によっては住宅ローンを利用している事でお得にカードローンを利用することが出来る場合があります。

例えば横浜銀行であれば「バンクカードローン」には住宅ローン利用者専用のカードローンがあり、金利がかなりお得に利用できるようになっています。

  • 【バンクカードローン】

    利用限度額金利
    100万円年13.6%
    300万円年8.5%
  • 【バンクカードローン(住宅ローン利用者専用)】

    利用限度額金利
    100万円年9.5%
    300万円年6.5%
    500万円年4.5%

バンクカードローンとバンクカードローン(住宅ローン利用者専用)にはこのような金利差があり、同じ300万円を借りた場合には年2%の違いが出ることになります。

バンクカードローンの金利が高いわけではなく、むしろ100万円を借りる時の金利は平均よりも低いくらいですが、住宅ローン専用の場合はそれよりも更にお得に利用することが出来るようになっています。

なのでこれから住宅ローンの利用を考えていて、カードローンも利用するかも知れないという方は住宅ローン専用カードローンのある銀行を選んでおくと、いざという時にお得にカードローンを利用する事ができます。

またほとんどが住宅ローンを利用中というのが条件ですが、審査に通っていてもまだ利用開始していない人であっても専用カードローンを利用できる銀行もあるのですぐに低金利の恩恵を受けたい方はそのようなカードローンを検討してみて下さい。

このように住宅ローンとカードローンを同時に利用する際には、住宅ローンをまず利用してから、その後お得な金利でカードローンを利用するというのが理想かも知れません。

スポンサードリンク

審査に通る確率を上げたい場合はカードローンを解約しよう

カードローンを利用していたとしても住宅ローンは利用可能ですが、もっと確実に住宅ローンの審査に通るように準備したいという場合はカードローンを完済して解約するようにしましょう。

お金を借りている状態と完済している場合では、完済している方が有利に審査を進めることが出来ますが、解約をしていないということはお金をいつでも借りれるという状態になります。

なので審査ではまた借りた時の場合も想定される事になりますが、解約してしまえばお金を借りる事が出来なくなるので信頼度はぐっと増すことになります。

まずは利用可能か相談してみよう

住宅ローンの情報はホームページなどに掲載されていますし、情報も調べると色々出てきますが、状況はひとりひとり全く違うものなのでまずは銀行の窓口などで相談してみるのが最も分かりやすいと思います。

その際に他の場所からの借入れについて話すのは気がひけるかも知れませんが、審査で調べれば分かってしまうことなので相談する際はしっかりと今の状況を説明することが重要です。

住宅ローンもカードローン同様に連続して申し込みを行うとその時点で審査に影響を与えることになるので、相談して利用可能だと判断できてから申し込みを行うようにしましょう。

基本的にはやってみないと誰にもわからない

住宅ローンに関しては実際に組んでみるとわかりますが、本当に「やってみないとわからない」ってのが正直な所です。

もちろん過剰な金額をカードローンで借りていたら住宅ローンを組めない可能性は高くなるとは思いますが、逆にカードローンで常に安定して返済してきた場合、それはそれで信用情報が高まるので、カードローンを返済した状態で住宅ローンを申し込んだら通りやすくなる可能性も0ではありません。

もちろん一番はカードローンを組んでない状態がベストである事に変わりはありませんが、それでもやってみないとわからないのが住宅ローンです。

実際に沢山の銀行で断られても、案外好条件で住宅ローンを組んでくれる銀行が見つかる例も実際にありますから。

スポンサードリンク

まとめ

以上がカードローンを利用していても住宅ローンを利用できるのかについての紹介でした。

カードローンを利用していても住宅ローンの審査に通ることは可能ですが、最も利用しやすい条件とは返済能力がしっかりあってカードローンなどを利用していない事なので、そこに近づけるのが審査を通りやすくなるコツでもあります。

さらにこれから住宅ローンを利用したいと考えている場合は、出来るだけ1社から少額にするか住宅ローンを組んだ後に同じ銀行から借りるようにすると、審査に影響を受けにくくなります。

カードローンを利用する時はいつもそうですが、特に住宅ローンなどの利用をこれから考えている方はより計画的にお金を借りるようにしましょう。