じぶん銀行「じぶん銀行カードローン」特徴まとめ…コンビニATMがいつでも何回でも手数料無料

銀行

じぶん銀行は三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同で出資するインターネット銀行で、カードローンは「じぶん銀行カードローン」を展開しています。

じぶん銀行はKDDIが出資しているとあってauユーザーであれば通常よりもお得に利用することができます。

さらにそれだけでなくコンビニATMなどの利用がとても便利であったり、借り換えとしても利用ができたりと利便性の高いカードローンとなっています。

そんなじぶん銀行のカードローン「じぶん銀行カードローン」の特徴や詳しい商品内容について紹介していくのでカードローン選びの参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

じぶん銀行カードローンの商品概要

じぶん銀行のカードローン「じぶん銀行カードローン」の詳しい商品内容は以下のようになっています。

利用条件
  • 契約時満20歳以上70歳未満の方
  • 安定継続した収入のある方
    ※自営業・パート・アルバイトの方も利用可
  • 保証会社の保証を受けられる方
使用用途自由(事業資金を除く)
契約期間1年(自動更新)
利用限度額通常:10万円~800万円(10万円単位)
カードローンau限定割 借り換えコース:100万円~800万円
金利年2.2%~17.5%
カードローンau限定割 誰でもコース:年2.1%~17.4%
カードローンau限定割 借り換えコース:年1.7%~12.5%
借入方法ATM借入れ
振込融資
返済方法ATM振込(35日返済も選択可能)
毎月指定日自動支払い返済
※じぶん銀行口座が必要
返済方式残高スライド元利定額リボルビング方式

借入残高年9%以下年13%以下年13%以上
10万円以下1,000円1,500円2,000円
10万円~20万円以下2,000円3,000円4,000円
20万円~30万円以下3,000円4,500円6,000円
30万円~800万円以下30万円増す毎に+1,000円30万円増す毎に+1,500円30万円増す毎に+2,000円
収入証明書が必要になる金額50万円以上
遅延損害金年18.0%
担保・保証人不要
保証会社アコム株式会社

以上がじぶん銀行カードローンの利用条件や金利、利用限度額などの詳しい商品内容の紹介でした。

じぶん銀行カードローンの特徴

詳しい商品内容を紹介した後はじぶん銀行カードローンの特徴などについて紹介していきます。

利用限度額は800万円まで

じぶん銀行カードローンの利用限度額は10万円~800万円で、利用限度額は通常では2.2%~17.5%に設定されています。

利用限度額の上限800万円は銀行カードローンの中でもトップクラスの金額の高さとなっているので、多くの金額を利用したいという方にとっても十分満足できる金額になっています。

金利については100万円以下の比較的少ない金額を借りる際に重要になる上限金利は年17.5%となっていて、銀行カードローンの平均は年14.5%程度なのでそれと比べると高めの金利となっています。

一方で利用限度額の上限に近い金額をかりる際に重要になる下限金利は年2.2%でじぶん銀行カードローンの利用限度額の上限800万円で同額の銀行カードローンでは年3.0%になっていることが多いです。

なので年2.2%というのは平均よりも低い金利なのでじぶん銀行カードローンは下限金利に近い金額をかりる際に最もお得に利用することが可能となっています。

WEB完結が可能

じぶん銀行カードローンは店頭へ行くことなくインターネットのみで申し込みから契約まで行うことが出来るWEB完結に対応しています。

銀行の中にはインターネットからの申し込みには対応していても最終的に契約を行うには店頭窓口で行わないといけないカードローンもあります。

その場合は窓口が営業している平日の15時前までに店頭へ行く必要がありますが、忙しい方にとっては平日の昼に銀行へ行くのは難しいという方もいると思います。

そんな場合でもネット銀行のじぶん銀行であれば24時間インターネットからの申し込みから契約までが可能で、自分の好きな時間に行うことができるので、忙しい方であっても手軽に契約を行うことが可能となっています。

銀行カードローンの中には利用するカードローンを提供している銀行の口座を開設する必要がある場合がありますが、じぶん銀行カードローンであればじぶん銀行の口座がなくても利用する事が可能です。

なので新たに口座開設する必要がないので申し込む手間などが少なく利用することが出来ます。

即日融資は不可能

ネット銀行に限らず一部の規模の大きな銀行などではWEB完結を可能にしている銀行があり、その中には申し込んだその日の内にお金を借りることが出来る即日融資に対応していたカードローンも少なくありませんでした。

ネット銀行の場合は申し込みが主にインターネットからなので素早く申し込みから契約までを行うことができるので即日融資を売りにしているカードローンもありましたが、現在ではネット銀行を含め銀行カードローンの即日融資は不可能となっています。

というのも2018年1月から審査が厳しくなり反社会的勢力への融資を防ぐ為に申込者が反社会的勢力に属していないか1度警察のデータベースと照らし合わせる必要ができました。

その参照は銀行自体ができる訳ではなく警察に頼んで行ってもらうので時間が掛かり今までのように申し込んだその日の内に審査結果が出るというスピードを出すことが出来なくなったからです。

なので情報が少し古めの記事などでは即日融資可能となっていることもありますが、全ての銀行では即日融資は不可能と考えてもらっても問題ありません。

ですが即日融資が不可能なのは銀行のカードローンだけで、消費者金融のカードローンは今まで通りに即日融資が可能となっています。

auユーザーはお得に利用できる

じぶん銀行はauを展開しているKDDIが関わっているのでauユーザーは通常よりもお得に利用することが可能となっています。

たとえば金利では通常金利は年2.2%~17.5%となっていますが、auユーザーの場合は年2.1%~17.4%と年0.1%ですがお得な金利で利用することができるようになっています。

さらにauユーザーで借り換えでじぶん銀行カードローンを利用する場合にはさらに金利が低くなり、1.7%~12.5%と最大0.5%お得に利用することも可能です。

申込時でもauユーザーであれば既に個人情報などに関しては携帯電話を契約する際に記入しているのでその分通常よりも簡単に申し込みを行えるというメリットもあるのでauユーザーは特にお得に利用することが出来ます。

借り換えとしての利用も可能

じぶん銀行カードローンは借り換えとして利用することも可能となっていて、借り換えとは複数の場所からお金を借りている場合に借りる先を1つにまとめたり、より条件のいいカードローンへ移ることを言います。

例えば4社から各100万円を年18%で借りている場合は、毎月15,000円を各社に払わないといけませんが、借り換えを行って1社にまとめてしまうと400万円で金利は5%とすると毎月の返済は16,000円程度に抑えることができます。

なので毎月の返済が厳しい場合は出来るだけ借りているお金を1つにまとめることで家計への負担を減らすことができます。

しかしその分返済期間は長くなってしまうので繰り上げ返済などの計画的な返済を行っていく必要があることも覚えておきましょう。

振込融資に対応

カードローンからお金を借りる場合にはコンビニATMなどからお金を引き出すか、銀行口座に振り込んで貰うことが多いですが、じぶん銀行カードローンではじぶん銀行以外の銀行への振込融資に対応しています。

他の銀行の口座への振込融資に対応していることで、インターネットで買い物をする場合などはわざわざATMから現金を引き出して自分の引き落とし口座に振り込むという手間をしなくてもいいのでとても便利に使うことができ、さらに手数料も無料です。

じぶん銀行の口座がなくても同じように便利に使えるのはとてもありがたいですね。

返済方法を選ぶことが可能

多くの銀行カードローンでは返済方法は「自動支払い返済(口座引落し)」か「ATM振込」のどちらかが採用されていますが、じぶん銀行カードローンではどちらにも対応しているので自分に合った返済方法を選ぶことが可能となっています。

口座引落型を利用するにはじぶん銀行に口座を持っていることが前提となりますが、毎月指定した日に自動的にじぶん銀行の口座から返済額が引き落とされる返済方法なので、自分で振り込む手間もなく手軽に返済することが出来ます。

返済日も銀行から指定された日にちではなく自分で好きな日を選ぶことが出来るので、給料日などに合わせて返済日を選ぶことが可能となっているので便利です。

ですが返済には銀行口座が必要であったり、記帳した場合にカードローンからの引き落としがあったことが分かってしまうので、家族などにバレずに利用したいという方にとっては不安の残る返済方法となっています。

ATM振込は毎月自分の決めた指定日までに自分でコンビニATMなどから返済額を振り込む必要があるので口座引落しよりも手間は掛かってしまいます。

ですがATM振込であればじぶん銀行の口座を持っていない場合でも新たに開設すること無く利用可能ですし、口座引落しのように記帳した場合でも記録に残る事はないので、誰にも知られずに利用したい場合は安心して利用できる返済方法となっています。

このような2つの返済方法があるので自分に合った返済方法を選択しましょう。

返済額は1,000円から

じぶん銀行カードローンの返済額は借りているお金の残高が10万円以下の場合は毎月1,000円からとなっているので、毎月の返済額が少なく家計の負担になりにくく気軽に利用することが出来るようになっています。

気軽に利用することは利点ではありますが、逆を言うと毎月の返済額が少ないという事は完済するまでの期間が長くなるという事で、期間が長くなるとその分利息を多く支払う必要があります。

なので出来るだけ支払う利息を抑えたいという場合は毎月の返済額に加えて繰上げ返済を行うことが重要になります。

繰上げ返済とは随時返済とも呼ばれ、毎月の返済額に加えてお金を振り込むことで、より早く借りている金額を減らすことができる返済方法です。

毎月の返済額はその中から利息分を引いた金額が返済金額となるので、毎月支払っている金額が全て借りている金額の返済に充てられているわけではありません。

ですが繰上げ返済を行うと繰上げ返済で支払った金額はそのまま全て借りているお金の返済に充てられるのでより素早く借りている金額を減らすことができます。

なので支払う利息を減らしたいという場合は毎月の返済だけでなく、無理のない程度に繰上げ返済を行うようにしましょう。

返済で35日返済を選択可能

じぶん銀行カードローンの返済方法はATM振込ですが、多くのカードローンで採用されている決められた指定日までに返済する「指定日返済」だけでなく、「35日返済」を選択することも可能となっています。

35日返済とは、毎月の返済日を指定せず前回の返済の翌日から35日以内ならいつでも返済することが出来るという返済方法です。

指定日返済と比べてのメリットとしては、指定日返済だと指定日の14日前からしか毎月の返済ができないので、それ以前の返済は繰上げ返済として処理されてしまうので、返済日にも毎月の返済額を返済する必要があります。

ですが35日返済ではいつでも返済することが出来るので、極端に言えば返済した次の日にも返済することができ、返済を1ヶ月に1回以上行うことも可能なので、指定日返済よりも素早く返済を終わらすことができます。

返済を早く終わらせるとその分支払う利息も少なくて済むので、トータルの返済額を減らすことが可能です。

デメリットとしては前回の返済日の翌日から35日後が期限なので、返済期限がいつなのかわからなくなりやすいので、その点では指定日返済の方が決まった日になっているので分かりやすいです。

なので素早く返済を終わらせて支払う利息も抑えたいという方にはおすすめできる返済方法となっています。

コンビニATMなどを手数料無料で利用可能

ネット銀行は店舗をもたない銀行なので、自社ATMは持っていませんが全国にあるコンビニATMやゆうちょ銀行などで利用することが可能となっています。

さらにじぶん銀行カードローンであば提携ATMを利用すると借入れと返済共に365日24時間、回数無制限で手数料無料で利用することが可能となっています。

地方銀行などでもコンビニATMを利用することが出来ますが、手数料が必要であったり無料であっても平日や時間などに指定があるので、いつでも手軽に利用することが出来る訳ではありません。

ですがじぶん銀行カードローンであればいつでも手数料無料で借入れから返済まで行うことが出来るので、出先などでも手数料を気にせず利用することができるので便利に利用可能となっています。

じぶん銀行カードローンで利用することが出来るATMは以下のようになっています。

手数料無料

三菱東京UFJ銀行
イーネット
ローソンATM
セブン銀行
ゆうちょ銀行

パート・アルバイト・専業主婦の方も利用可能

カードローンを選ぶ際に消費者金融は審査に通りやすくて、銀行は審査に通りにくいというイメージがあると思いますが、銀行のカードローンであってもパート・アルバイト・年金生活者の方であっても利用できるカードローンが存在します。

じぶん銀行カードローンでもパート・アルバイト・自営業の方も利用可能となっています。

パート・アルバイトの方たちはそれほど収入が多いわけではないので、借りる事ができる金額は低くなりがちですが、その際に重要になってくるのは上限金利です。

その上限金利は消費者金融のカードローンと銀行カードローンの平均を比べると4%近く差があり、数百万円借りる際に重要になる下限金利よりも大きな差があります。

なので少額のお金を借りる時こそ銀行カードローンを利用するのがお得になるので、パート・アルバイトなどの方も消費者金融カードローンだけでなく銀行カードローンも選択肢に入れてみましょう。

全国から申込可能

店舗型の銀行の場合は本店や支店がある地域に住んでいるか、勤務していないとカードローンに申し込む事ができないという場合も多いですが、ネット銀行であれば店舗がないので日本中どこからでも申し込むことが可能です。

返済も口座引落しと全国のコンビニATMなどからできますし、現金を引き出すのもコンビニやゆうちょ銀行から行うことができるので、店舗がないネット銀行でも便利に利用することが可能となっています。

なので自分の地域の銀行で納得いくカードローンが無いという場合はネット銀行を検討してみてはいかがでしょうか。

申し込み可能な上限年齢が高い

カードローンには新規で申し込める年齢には上限があり、銀行カードローンでは60歳~65歳程度までとなっている場合が多いです。

じぶん銀行カードローンではカードローンを申し込むことが出来る年齢が70歳までと高い年齢に設定されていて、平均から見ると5年~10年程度長くカードローンを利用することが出来ることになります。

年を重ねても冠婚葬祭などの急な出費がある事は変わらないので、長く使えるということはそれだけで大きなメリットになります。

スポンサードリンク

じぶん銀行カードローンの評価まとめ

以上がじぶん銀行のカードローン「じぶん銀行カードローン」の詳しい商品内容や特徴などの詳しい商品内容の紹介でした。

じぶん銀行カードローンはジャパンネット銀行のようにインターネットバンキングを最大限に利用しているというカードローンではありませんが、コンビニATMやゆうちょ銀行でいつでも手数料無料などまた違った面での利便性の高いカードローンとなっています。

またauユーザーであれば通常よりもお得に利用することが出来るという特徴もあるので、携帯電話でauを利用している方であればまずはじぶん銀行カードローンの利用を検討してみてもいいと思います。