常陽銀行カードローン「キャッシュピット」の特徴まとめ…地域限定だが利用しやすいサービス

銀行

常陽銀行は茨城県水戸市に本店を置く地方銀行で、カードローンは「キャッシュピット」を展開しています。

キャッシュピットはとても利便性の高いカードローンになっていて、多くの方が使いたいと思うであろうカードローンとなっています。

そんなキャッシュピットの特徴やイマイチな点などについて紹介していくので、カードローン選びの参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

キャッシュピットの商品概要

常陽銀行カードローン「キャッシュピット」の詳しい商品内容について紹介していきます。

利用条件・契約時満20歳以上75歳未満の方
・安定継続した収入がある方(パート・アルバイトの方も利用可)
・保証会社の保証を受けられる方
使用用途自由(事業資金を除く)
契約期間3年(自動更新)
利用限度額1万円~800万円
金利2.5%~14.8%

利用限度額金利
1万円~100万円未満14.8%
100万円以上~200万円以下12.0%
200万円~300万円以下9.8%
300万円~400万円以下8.8%
400万円~500万円以下7.80%
500万円~600万円以下5.5%
600万円~700万円以下4.5%
700万円~800万円未満3.50%
800万円2.5%
借入方法ATM引き出し
返済方法・ATM振込
・口座振込
返済方式残高スライド元利定額リボルビング方式

借入残高返済残高
利用限度額500万円以上
利用限度額
100万円以上500万円未満
利用限度額
100万円未満
10万円以下1,000円2,000円3,000円
10万円~20万円以下2,000円4,000円6,000円
20万円~30万円以下3,000円6,000円9,000円
30万円以上10万円増す毎に+1,000円10万円増す毎に+2,000円10万円増す毎に+3,000円
遅延損害金1万円~100万円未満…18%
100万円~800万円以下…15%
収入証明書が必要な額50万円以上
担保・保証人不要
保証会社アコム株式会社

以上がキャッシュピットの利用条件や金利、利用限度額などの詳しい商品内容についての紹介でした。

キャッシュピットの特徴

キャッシュピットの詳しい商品内容を紹介した後は特徴などについて紹介していきます。

利用限度額が高めで下限金利も低い

キャッシュピットの利用限度額は800万円までで、金利は14.8%~2.5%という設定になっています。

利用限度額の800万円という金額は店舗型の銀行の中ではトップクラスの高さなので、大きな金額を借りたいという方にとっても十分な金額になっていると思います。

金利については数十万円単位の比較的少なめな金額を借りる際に重要になる上限金利は14.8%に設定されていて、他の銀行では平均で約14.5%程なので、0.3%高くはなっていますが、借りる金額が小さいのでそれほど大きな金額の差にはなりません。

一方で利用限度額に近い大きな金額を借りる際に重要になる下限金利は2.5%に設定されていて、これは他の上限金利が800万円のカードローンでは3%~3.5%程度の金利に設定されている事が多いので、それと比べると0.5%~1%程度低い金利になっています。

下限金利は多くの金額を借りる事になるので、上限金利とは違い1%でも大きな違いになるのでこの差は大きいと言えます。

なのでキャッシュピットを最もお得に利用できるのは利用限度額に近い大きな金額を借りた場合ということになります。

口座不要で利用可能

銀行カードローンでは利用するカードローンを提供している銀行の口座を持っているか、契約の際に口座を作る必要があるカードローンも少なくないですが、キャッシュピットでは常陽銀行の口座を持っていない方でも新しく口座を作らないでも利用することが出来ます。

既にメインとして使っている銀行が他にある場合は口座が増えることで、管理するべき通帳や印鑑、カード類などが増えることになるので手間がかかってしまうので、口座不要で利用することが出来るというのはとても便利です。

ですが後ほど紹介しますが、常陽銀行の口座をもっていると即日融資を行うことが出来るなどのメリットもあるので、口座を持っているほうがより便利に使えると言えるかもしれません。

即日融資に対応

キャッシュピットの申し込みにはインターネットを利用して行うことができ、審査に通ることが出来たら郵送やFAXで正式な契約に必要な書類を送るという方法が通常の方法となります。

郵送でも申込んだ場合は時間がかかってしまうため即日融資をすることが出来ませんが、申し込んだ時点で常陽銀行の口座を持っている場合に即日融資を行ってもらうことが出来ます。

これは本来なら郵送やFAXで本人確認書類を送らないといけませんが、常陽銀行の口座を持っている方は口座を開設する際に本人確認が終わっているので、その工程を飛ばして素早く振込融資を行ってもらうことが出来るようになっています。

ですが即日融資を行ってもらうためには14時までに申し込みを行っておく必要があるので、希望する方は早めに申し込みを終わらせておくようにしましょう。

振込融資とはATMでお金を借りる際にはローンカードを使う必要があり、そのローンカードは銀行から郵送してくるので、ローンカードが手元に届くまではお金を借りることが出来ません。

ですが振込融資に対応している銀行であれば、お願いすることで直接口座に振り込んでくれるので、ローンカードが手元にない場合でもカードローンを利用することが出来るサービスの事を言います。

しかし常陽銀行の口座を開設できるのは常陽銀行の営業区域に住んでいるか、その地域にある会社に勤めている方のみとなっています。

常陽銀行営業区域

茨城県
栃木県
埼玉県
千葉県
群馬県
宮城県
福島県の一部
東京23区

なので上記のエリア以外に住んでいる方は即日融資をすることが出来ません。

ですが即日融資を行えなかった場合でも2~3営業日以内にローンカードが届くようになっていて、他の銀行カードローンでは郵送に1週間程度掛かるの場合が多いので、それと比べると比較的早くカードローンを利用することが可能となっています。

コンビニでの手数料無料

キャッシュピットの返済方法はATMからの返済と口座振込なので、お金を借りる時も含めてATMを利用することが多くなります。

常陽銀行ATMや提携銀行ATMは手数料無料で使えますが、それだけでなくコンビニ主要3社のコンビニATMも手数料無料で利用可能となっています。

地方銀行のカードローンではコンビニATMを利用することが出来ても手数料が必要になるというケースが多いので、最も身近にあるであろうコンビニATMを気軽に使えないのでコンビニに寄ったついでに支払うということが出来ませんでした。

常陽銀行はコンビニATMでも手数料無料で利用できるので、より手軽に便利に返済を行うことが出来るようになっています。

契約期間が長い

カードローンには契約期間が存在し、カードローンを契約して一定期間ごとに改めて審査が行われて問題ない場合は利用者の知らない間に自動更新が行われています。

利用していない間でも知らない間に契約が更新されていることもありますが、携帯電話の契約のように契約の途中に解約すると違約金が発生するという事はないので、知らない間に契約が更新されていても気にする必要はありません。

この契約期間は消費者金融では5年程度に設定されていることが多く、銀行では1年に設定されている事が多いので毎年審査が行われて、審査で疑問点などが合った場合は改めて収入証明書などの提出が必要になることがあります。

なので契約期間が1年だとそのような手間が毎年発生する可能性があるので若干面倒なところもありますが、キャッシュピットでは銀行では珍しい契約期間が3年と長めに設定されています。

この場合審査が3年毎になるという事なので、収入証明書の提出をお願いされる頻度も格段に下がるので、手間がかなり減るので使いやすくなっています。

返済方法を選ぶことが出来る

カードローンの返済方法は返済日を決めてその日までにお金を振り込んで毎月の返済を行うという場合が多いですが、キャッシュピットではその指定日返済と35日返済の2つから返済方法を選ぶことが出来ます。

35日返済とは、毎月の返済日を指定せず前回の返済から35日以内ならいつでも返済することが出来るという返済方法です。

指定日返済と比べてのメリットとしては、指定日返済だと指定日の15日前からしか毎月の返済が出来ず、それ以前の返済は繰上げ返済として処理されてしまうので、返済日にも返済する必要があります。

ですが35日返済ではいつでも返済することが出来るので、極端に言えば返済した次の日にも返済することができるので、返済を1ヶ月に1回以上行うことも可能なので、指定日返済よりも素早く返済を終わらすことができます。

返済を早く終わらせるとその分支払う利息も少なくて済むので、トータルの返済額を減らすことができます。

デメリットとしては前回の返済日から35日後が期限なので、返済期限がいつなのかわからなくなりやすいので、その点では指定日返済のほうが決まった日になっているので分かりやすいです。

この2つの返済方法を選んで利用していくことができるので、素早く返済を行いたいという場合は35日返済で、分かりやすい返済がしたいという場合は指定日返済を選ぶといいでしょう。

利用できる上限年齢が高い

カードローンには新規で申し込める年齢には上限があり、銀行カードローンでは60歳~65歳程度までとなっている場合が多いです。

キャッシュピットでは新規で申し込める年齢が75歳までとかなり高い年齢に設定されていて、平均から見ると10年~15年程度長くカードローンを利用することが出来ることになります。

年を重ねても冠婚葬祭などの急な出費は変わらないので、長く使えるということはそれだけで大きなメリットになります。

年金受給者の方も利用可能

カードローンではパート・アルバイトの方でも利用可能というのは多いですが、利用できる場合と出来ない場合に分かれてしまうのが年金受給者の方です。

年金を安定した収入として判断するかどうかでカードローン会社の判断が変わってくるので、年金受給者の方が利用できるかどうかはそれぞれの会社の判断次第となっています。

キャッシュピットでは年金も安定した収入として認めているようで、年金受給者の方でも利用することが可能となっています。

さらに先程も紹介したように75歳まで利用することが出来るので、年金をもらいながら長い期間カードローンを利用することが出来るので、とても便利になっています。

スポンサードリンク

キャッシュピットのイマイチな点

キャッシュピットの特徴などについて紹介してきたので、次はイマイチな点を紹介していきます。

常陽銀行の営業地域でしか申し込みできない

実はキャッシュピットにはデメリットと言えるものがほとんど無く唯一と言っていいほどの残念なポイントは、地方銀行では珍しいことではありませんが常陽銀行の営業地域のみでしか申し込みできない点です。

申し込みできる地域は以下のようになっています。

  • 茨城県
  • 福島県
  • 栃木県

以上のような地域がキャッシュピットに申し込むことが出来る地域で、常陽銀行はその他に地域にも支店があるようですが、申し込むことが出来るのは以上の3県のみのようです。

以上に優秀なカードローンなので、できれば全国でも利用できるようにして欲しいくらいですが、3県のみという狭い地域のみでしか申し込みできないのはとても残念な点です。

まとめ

以上が常陽銀行カードローン「キャッシュピット」の特徴やイマイチな点についての紹介でした。

常陽銀行は利用限度額も高く、条件付きですが即日融資にも対応し、他にも振込融資、っ口座不要、ATM手数料無料などカードローンに必要なものをほとんど備えているかなり優秀なカードローンになっていてイマイチな点もほとんどありません。

ですが唯一で最も大きなイマイチな点として地域限定でしか利用することが出来ないという点があります。

おそらくこれだけ利便性の高いカードローンは他の地域の方であっても利用したいと思っている人も少なくないと思うので、その点だけが残念ですね。

茨城県、福島県、栃木県に住んでいるか、勤務している方でカードローンを考えている人にはおすすめできるカードローンになっています。