北日本銀行カードローン「スーパークイカ」「ASUMO」の特徴まとめ…無利息期間もあり営業地域外の利用も可能

銀行

北日本銀行は岩手県盛岡市に本店を置く第二地方銀行でカードローンは「スーパークイカ」「ASUMO」の2種類を展開しています。

簡単に紹介するとスーパークイカは県外の方も利用出来るカードローンで、ASUMOは北日本銀行の営業地域の人に対するカードローンとなっています。

スーパークイカはとても利便性の高いカードローンとなっていて様々なサービスを受ける事が出来る上に、全国どこからでも利用することが可能となっているので、カードローンを考えている場合は優先的に検討してみてもいい程のカードローンとなっています。

スポンサードリンク

「スーパークイカ」商品概要

北日本銀行のカードローン「スーパークイカ」の詳しい商品内容は以下のようになっています。

利用条件申込時に満20歳以上満69歳以下、契約時の年齢が満69歳以下の方
使用用途自由(事業資金を除く)
利用限度額10万円~500万円(10万円単位)
※60万円以上の場合は収入証明書が必要
金利年3.0%~14.8%(変動金利)

利用限度額金利
100万円以下年6.0%~14.8%
100万円~200万円以下5.5%~14.3%
200万円~300万円以下5.0%~9.0%
300万円~400万円以下4.0%~8.0%
400万円~500万円以下3.0%~7.5%
契約期間1年(自動更新)
借入方法・ATM引き出し
・<きたぎん>ネットダイレクトによる振込
返済方法・ATM振込
・カードローン口座への振込
返済方式残高スライド元利定額リボルビング方式

借入残高返済額
1,000円未満残高全て
1,000円~10,000円以下1,000円
1万円~10万円以下2,000円
10万円~20万円以下4,000円
20万円~30万円以下6,000円
30万円~40万円以下8,000円
40万円~50万円以下10,000円
50万円~100万円以下20,000円
100万円~200万円以下30,000円
200万円~300万円以下40,000円
300万円~400万円以下50,000円
400万円以上60,000円
遅延損害金年14.8%
担保・保証人不要
保証会社・きたぎんユーシー株式会社
・SMBCコンシューマーファイナンス

以上がスーパークイカの利用条件や金利、利用限度額などについての詳しい内容でした。

スーパークイカの特徴とメリット

スーパークイカの詳細内容を紹介した後は特徴やメリットなどを紹介していきます。

利用限度額は500万円で低金利設定

スーパークイカの利用限度額は500万円で金利は年3.0%~14.8%という設定となっています。

利用限度額に関しては至って平均的な金額ですが、それほど大きな金額を借りる予定はないという方にとっては十分な金額と言えます。

金利については、数十万円単位の比較的少ない金額を借りる時に重要になる上限金利は14.8%となっていてこれは平均か若干高めくらいの金利ですが、上限金額の500万円に近い金額を借りる際に重要になる上限期には3.0%と低く設定されています。

他の銀行カードローンで500万円を借りた場合の金利は安くて4.0%で平均的には5%程度になっているので、スーパークイカの500万円で3.0%という金利はかなりの低金利なっているのがわかると思います。

なので500万円程度のお金を借りようと思っていて、なにより金利が低い所を探している場合はスーパークイカはおすすめできるカードローンになっています。

契約から30日間無利息

消費者金融では最初の契約から30日間無利息というサービスは珍しくないですが、銀行ではあまりそのようなサービスは行っていません。

ですがスーパークイカでは銀行でありながら最初の契約を行ってから30日間は無利息でお金を借りる事が出来るようになっています。

つまりスーパークイカで10万円借りた場合でも30日間の間に返済してしまえば利息が0円で借りることが出来るという事になります。

これは極端な例なので無理に無利息期間中に完済する必要はありませんが、無利息期間中に無理のない程度に繰り上げ返済も含めて返済しておくと支払う利息を抑えることが可能になっています。

WEB完結に対応しているので来店不要

スーパークイカでは店頭に向かうことなくインターネットのみで契約を行うことができるWEB完結に対応しています。

地方銀行の中ではインターネットでの申し込みは可能でも契約の際は店頭で行う必要があったり、正式な申し込みは郵送で行わないといけないというケースもありますが、スーパークイカでは申し込みから正式契約まで全てインターネットのみで行うことが出来ます。

なので忙しくて窓口に行く時間がない人などでも時間を気にする必要なく申し込みが可能です。

WEB申し込みを行わない場合

申込方法はインターネットを使った方法のみだけではなく、他にも以下のような方法で申し込む事ができます。

  • 電話申し込み
  • 郵送
  • FAX

インターネットを利用しての申し込みをしない場合はWEB完結ほど素早く契約することは出来ませんが、書類を郵送するなどして契約を行うことができるので郵送などで契約したいという場合は上記のような方法で申し込むようにしましょう。

即日融資不可能に

以前までスーパークイカは即日融資に対応していましたが、2018年1月から審査の際に警察の反社会的勢力のデータベースに参照を行わないといけなくなったので、即日回答ができなくなり銀行系のカードローンは即日融資も不可能となりました。

口座開設の必要なし

銀行の中には自社の口座を開設しているというのが条件であったり、申し込みは口座がなくても可能で、申込後に口座を開設しないといけないという場合も珍しくありません。

ですがスーパークイカは申し込み後も新たな口座を開設する必要なく利用することが可能になっています。

なのでWEB完結が可能なのも含めて素早く申込をすることができるのでとても便利です。

ATM手数料無料

カードローンの返済方法はATMからの振込をする人が多いと思いますが、自社ATM以外のコンビニATMを利用した際に手数料が発生するという銀行が多いですが、スーパークイカでは自社ATMに加えてコンビニATMも手数料で利用することが出来るようになっています。

自社ATMを探して利用すれば手数料は必要はありませんが、それほど多く設置されているものではないのでやはり最も利便性が高いのはコンビニATMだと思うので、そのコンビニATMが手数料無料というのは手軽に返済できるようになるので大きなメリットになります。

さらにコンビニATMだけでなくゆうちょ銀行やイオン銀行ATMでも手数料は発生しないので、幅広く身近にあるATMの中から返済することができます。

スーパークイカが無料で利用できるATMは以下のようになっています。

  • 北日本銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローンカードATM
  • イーネットATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • イオン銀行

返済額を分けて返済することが可能

ATMなどから振り込んで返済する場合に、通常のカードローンでは返済期日が決まっていて、返済期日から15日以内(15日以上前に振り込むと先月の繰り上げ返済扱いになる事が多い)にATMから振り込むというのが普通の返済のルールです。

ですがスーパークイカでは独特な返済方法を採用されています。

返済期日は月の最後の日に固定されていて、通常ではそこから15日以内に返済することになりますが、スーパークイカでは月初めの1日から月の最後の日までの間いつでも返済してもいいようになっています。

さらにその月の中で何回かに別けてお金を振り込んだとしても、月で振り込んだ額を合計して毎月の返済額よりも多ければそれで毎月の返済が完了したことになります。

毎月の返済額が1万円だった場合

2日に3,000円振り込んで、その後10日、25日に4,000円ずつ振り込んだとすると、その月に支払った金額の合計は11,000円となるので、毎月の返済額1万円を超えているので毎月の返済は行われたことになり、残りの1,000円は繰り上げ返済として計算されます。

なので返済日を気にする必要なく余裕がある好きな時に好きな額を返済することが出来るので手軽に返済することが可能となっています。

ただ難点というと少しづつ返済すると今月幾ら返済したか分かりにくくなるという面もあるので幾ら返済したかはある程度覚えておく必要があります。

保証会社が2社

銀行カードローンを申し込むともちろん審査がありますが、実際に審査を行っているのは銀行自身ではなく多くの場合は外部の保証会社に依頼して審査を行ってもらっています。

ほとんどの銀行は保証会社は1社のみですが、稀に複数社が保証会社として入っている場合があり、スーパークイカも2社の保証会社が審査を行います。

保証会社が多いとどちらの会社にも保証を受けないと思ってしまいますが、そうではなく2社の内のどちらの保証を受けることができればいいので実は保証会社が1社のカードローンよりも審査に通る可能性が高くなります。

全国どこからも利用可能

地方銀行の多くはその銀行が支店を置いている地域しか利用できないというカードローンが多いですが、スーパークイカでは日本中どこからも利用することが可能になっています。

北日本銀行の営業地域外の人は北日本銀行のATMは設置されていないので利用することはできませんが、北日本銀行の口座も必要ないですし、全国にあるコンビニATMやゆうちょ銀行、イオン銀行を利用しての借入れ・返済が手数料無料で行えるので、店舗がなくても問題なく利用することができます。

スポンサードリンク

スーパークイカのイマイチな点

スーパークイカの特徴やメリットについて紹介したので、次はイマイチな点を紹介していきますが、じつはそれほどイマイチな点が少ないカードローンとなっているので敢えて言うなら程度ですが紹介していきます。

口座引落しに対応していない

カードローンの返済を行う際に最も簡単な返済方法は返済期日になると自動で口座から返済額が引き落とされる口座引落しですが、スーパークイカは口座引落しには対応していません。

というのもスーパークイカを契約する際に北日本銀行の口座が必須ではないので、仕方ない面もありますし、コンビニATMなどは手数料無料で利用することができるのでそれほど大きなマイナス点ではないかもしれません。

ですが返済日を忘れやすかったり、自分から振り込むのは面倒という方にとっては口座引落しがないのは不便になるかもしれません。

金利が変動金利

多くのカードローンの場合に設定されている金利は、後から数字が変わることのない「固定金利」になっている事がほとんどですが、スーパークイカでは金利の数字が変わる可能性がある「変動金利」が採用されています。

変動金利は北日本銀行が基準にしている金利が変動するとそれに合わせてカードローンの金利も変化することになります。

金利は高くなることも低くなることもあるので、メリットとデメリットどちらとも言えますが、固定金利のようにわかり易くない点についてはデメリットともいえるかもしれません。

カードローン「ASUMO」商品概要

北日本銀行のもう1つのカードローン「ASUMO」の詳しい商品内容は以下のようになっています。

利用条件・申込み時に満20歳以上満63歳以下の方
・安定した収入がある方(パート・アルバイト・主婦・年金受給者の方も対象)
・北日本銀行の営業地域に居住又は勤務されている方
・保証会社の保証を受けられる方
使用用途自由(事業資金を除く)
利用限度額10万円~500万円(10万円単位)
※パート・アルバイト・主婦・年金受給者の方は上限30万円まで
金利年4.5%~14.8%(変動金利)

利用限度額1st2nd3rd
100万円以下年7.0%年10.0%年14.8%
100万円~200万円以下年6.5%年9.5%年14.3%
200万円~300万円以下年6.0%年9.0%
300万円~400万円以下年5.0%年8.0%
400万円~500万円以下年4.5%年7.5%
契約期間1年(自動更新)
借入方法・ATM引き出し
・きたぎんネットダイレクトからの借入れ
返済方法口座引落し
返済方式残高スライド元利定額リボルビング方式

借入残高返済額
10万円以下2,000円
10万円~20万円以下4,000円
20万円~30万円以下6,000円
30万円~40万円以下8,000円
40万円~50万円以下10,000円
50万円~100万円以下20,000円
100万円~200万円以下30,000円
200万円~300万円以下40,000円
300万円~400万円以下50,000円
400万円以上60,000円
担保・保証人不要
保証会社・一次保証会社…きたぎんユーシー株式会社
・二次保証会社…株式会社オリエントコーポレーション
・(リトライ)SMBCコンシューマーファイナンス

以上がASUMOの利用条件や金利、利用限度額についての内容紹介でした。

スポンサードリンク

ASUMOの特徴とスーパークイカとの違い

ASUMOの商品内容を紹介した後は特徴やスーパークイカとの違いについて紹介していきます。

申し込み方法が豊富

銀行カードローンでは申し込み方法が、インターネットと郵送のみだったりと選択肢が少ないカードローンも存在しますが、ASUMOでは多くの申込方法があるので自分に合った申込方法を選ぶことができます。

  • 電話
  • PC・スマートフォン
  • ATM
  • FAX
  • 郵送
  • 店頭窓口

以上のような申込方法があるので自分がやりやすいと思う方法を選ぶことが出来ますし、ATMや店頭窓口からの申し込みできるのは珍しいので多彩な申し込み方法があるのはたすかります。

パート・アルバイトの方なども利用可能

スーパークイカでもそうでしたが、ASUMOでもパート・アルバイト・主婦・年金受給者の方でもカードローンの利用が出来ると明記されています。

銀行は審査が厳しいという印象があるのでパート・アルバイトの方などは難しいと思っている方も多いと思いますが、このようにしっかりと明記されていると安心して申し込むことができるので有り難いですね。

ただしこのような方の場合は初回の利用限度額の上限は30万円までと決まっているので最初はそれ以上のお金を借りる事ができないので注意して下さい。

ですが、30万円という金額はそれほど小さい金額では無いと思うので、ある程度はこの金額で補うことが出来ると思いますが、これ以上の金額を借りたい場合は増額申請を行って利用限度額をあげてもらうようにしましょう。

北日本銀行の口座が必要

スーパークイカでは北日本銀行の口座は不要でしたが、ASUMOでは北日本銀行の口座を持っている事が利用条件となっています。

申込時には口座を持っていなくても申し込む事は可能ですが、審査を通過した後に店舗窓口で口座を開設する必要があります。

口座をすでに持っている方は審査に通過したあとは郵送で書類を送ると正式契約になるので来店不要で契約することが可能です。

北日本銀行の営業地域のみで申込可能

スーパークイカでは全国どこからでも申し込むことが出来ましたが、ASUMOでは北日本銀行の支店がある地域に在住、または勤務している人のみが利用することができます。

北日本銀行の支店がある営業地域は以下のようになっています

北日本銀行営業地域

・岩手県
・青森県
・秋田県
・宮城県
・福島県
・東京都

以上のような地域に北日本銀行の支店があるのでその地域に在住している方はASUMOを利用することが可能となりますが、それ以外の地域の方はスーパークイカの利用を検討していみるといいかもしれません。

即日融資には対応していない

ASUMOでは正式契約を行うには郵送を行って書類を送る必要があるので、申し込んだその日にお金をかりることが出来る即日融資には対応していません。

先程も紹介したように銀行系のカードローンは即日融資は不可能となっているのでASUMOだけが対応していないという訳ではありません。

保証会社が3社で金利も変わる

スーパークイカでも保証会社が2つありましたが、ASUMOでは合計で3社の保証会社が存在します。

ASUMOの審査は順があり、最初に「きたぎんユーシー株式会社」が審査を行い、審査を通らなかったら次の「株式会社オリエントコーポレーション」が行うという順になっていて最後にリトライとして最後に「SMBCコンシューマーファイナンス」が審査を行うという仕組みになっています。

審査が3回チャンスがあるという事にもなりますが、ホームページには明記されていませんが、商品概要には3つの金利が書かれているので、審査を通った保証会社によって金利が変わってくるようです。

利用限度額1st2nd3rd
100万円以下年7.0%年10.0%年14.8%
100万円~200万円以下年6.5%年9.5%年14.3%
200万円~300万円以下年6.0%年9.0%
300万円~400万円以下年5.0%年8.0%
400万円~500万円以下年4.5%年7.5%

上記のようになっているので、順番が下がってくるほどに金利が高くなっていく傾向があり、リトライになると上限金利も200万円までになるようです。

なので審査が3回チャンスがあるのは変わりはありませんが金利は変わってくることになるようなので覚えておきましょう。

自動融資サービスに対応

自動融資サービスとは公共料金やクレジットカードなどを引き落とす口座を北日本銀行の口座に設定していた場合に、万が一残高が足りずに引落しができなかった際に銀行がカードローンからお金を借りて支払ってくれるサービスの事です。

なので万が一口座の残高足りなかった場合でも延滞を行わずに済むことになるので便利なサービスです。

ですがもちろん支払ってもらった金額はカードローンに追加されるので借金は増えることになるので気を付けましょう。

口座引き落としに対応

スーパークイカでは返済方法はATMからの返済でしたが、ASUMOでは最も簡単な返済方法である口座引き落としに対応しているので、返済忘れをする心配がなくなります。

先程も紹介しましたが、口座引き落としは記帳すると記録に残ってしまうので家族にバレたくない人に取っては避けたほうがいい返済方法ですが、それを気にしないという方にとっては便利な返済方法になっています。

しかしそのかわりにATMからの返済は随時返済(繰り上げ返済)にしか対応していないので、返済方法を間違えないようにしましょう。

まとめ

北日本銀行のカードローンの「スーパークイカ」と「ASUMO」の特徴やイマイチな点などについての紹介でした。

簡単な違いは以下のようになっています。

特徴スーパークイカASUMO
即日融資不可不可
口座不要必要
営業地域外の利用不可
WEB完結不可

2つのカードローンにこのような違いがありますが、特にスーパークイカに関してはかなり利便性が高く無利息期間や、WEB完結、ATM手数料無料などかなりの利便性が高くなっていてイマイチな点がほとんどみつかりません。

必要な利用限度額が800万円や1,000万円程度の大きな金額になる場合はスーパークイカでは難しいですが、500万円いないで金利よりも利便性の高さを重視したいという場合にはメガバンクにも引けをとらない内容になっていると思うので、スーパークイカはおすすめできるカードローンになっています。

スーパークイカは日本国内であればどこからでも申し込みが可能となっているので、利便性重視でカードローンを検討している方に対してはピッタリのカードローンになっているんではないかと思います。