京都銀行「京銀カードローンW(ワイド)」特徴まとめ…パート・アルバイトの方も利用可能な低金利カードローン

銀行

京都銀行は京都府京都市下京区に本店を置く地方銀行で、カードローンは「京銀カードローンW」を展開しています。

京銀カードローンWの最大の特徴は金利の低さで、このようなカードローンの場合はパート・アルバイトなどの方は利用できないというケースが多いですが、京銀カードローンWでは利用限度額の制限はありますが、パート・アルバイトの方でも利用可能となっています。

そんな京銀カードローンWの詳しい商品内容について紹介していくので、カードローン選びの参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

京銀カードローンWの商品概要

京都銀行のカードローン「京銀カードローンW」の詳しい商品内容は以下のようになっています。

利用条件
  • 申込時満20歳以上満60歳以下の方
  • 安定継続した収入のある方
    ※パート・アルバイトの方も利用可能(上限30万円)
    ※本人に収入のない方、年金収入のみの方及び学生の方は利用不可
  • 京都銀行でカードローンの契約がない方
使用用途自由(事業資金を除く)
契約期間1年(自動更新)
※65歳まで
利用限度額30万円~500万円

30万円・50万円・100万円・300万円・500万円
前年の収入利用限度額
100万円~200万円未満30万円
200万円~300万円未満30万円・50万円
300万円~900万円未満30万円・50万円・100万円
900万円~1500万円未満30万円・50万円・100万円・300万円
1500万円以上30万円・50万円・100万円・300万円・500万円

※50万円以上を利用を希望の場合は指定の年収と勤続年数1年以上の正社員の方のみ

金利年3.95%~11.975%(変動金利型)

利用限度額金利
30万円年11.975%
50万円年8.975%
100万円5.975%
300万円年4.975%
500万円年3.975%
借入方法ATM借入れ
返済方法毎月5日口座引落し
返済方式

借入残高返済額
0円期間中の利息
1円~50万円以下10,000円
50万円~100万円以下20,000円
100万円~200万円以下30,000円
200万円~300万円以下40,000円
300万円~500万円以下50,000円
収入証明書が必要になる金額100万円以上
担保・保証人不要
保証会社京都クレジットサービス株式会社
オリックス・クレジット株式会社

以上が京銀カードローンWの利用条件や金利、利用限度額などの詳しい商品内容の紹介でした。

京銀カードローンWの特徴

詳しい商品内容を紹介した後は京銀カードローンWの特徴などについて紹介していきます。

金利が低めに設定されている

京銀カードローンWの利用限度額は30万円~500万円で、金利は年3.975%~11.975%に設定されています。

利用限度額の上限の500万円は他の銀行カードローンとしては平均的な数字になっていますが、数百万円単位の金額を借りる予定がないという方にとっては十分過ぎる程の金額になっているので、それほど不満に感じる方は多くないと思います。

金利については100万円以下の比較的少ない金額を借りる際に重要になる上限金利は年11.975%に設定されていて、他の銀行カードローンでは14.5%程度になっていることになっているので、それと比べるとかなりの低金利に設定されています。

一方で利用限度額の上限に近い金額を借りる際に重要に下限金利は3.975%となっていて、利用限度額の上限500万円と合わせて、他の同額の銀行カードローンでは4.5%程度の金利<なっている事が多いので、上限金利と同様に下限金利も低めに設定されています。

なので京銀カードローンWは金額の多い少ないを問わずにどちらでもお得に利用することが出来るカードローンとなっています。

30万円以上をかりる場合は年収指定がある

京銀カードローンWは利用限度額は30万円~500万円までとなっていますが、30万円以上の金額を借りたい場合には金額に応じた年収と勤続1年目以上の正社員という条件が付くことになります。

他の銀行カードローンでも年収条件があるものは珍しくはありませんが、京銀カードローンWの場合は利用限度額を決める際の条件を審査前から教えてくれているといった感じなので、審査を受ける前から自分がどのくらいの金額を借りることが出来るか知ることができます。

金額に応じて必要な年収は以下のようになっています。

前年の収入利用限度額
100万円~200万円未満30万円
200万円~300万円未満30万円・50万円
300万円~900万円未満30万円・50万円・100万円
900万円~1500万円未満30万円・50万円・100万円・300万円
1500万円以上30万円・50万円・100万円・300万円・500万円

必要な年収はこのようになっていて、基本的には年収の1/3程度の金額が利用できる様になっていて消費者金融と同等程度の設定になっています。

このような設定があることで自由に借りられないという面もありますが、自分の返済能力に応じた金額を借りることができるという一面もあるので、借り過ぎたり返済できなくなるといった事を防ぐこともできます。

店頭へ行かずに契約可能

京銀カードローンWはインターネットからの申し込みが可能となっていて、店頭へ行くこと無く契約を行うことが出来るようになっています。

ですが全ての手続をインターネットで行うことが出来るWEB完結には対応していないので、インターネットからの申込後に契約書類を郵送でやり取りする必要があり、WEB完結よりも時間がかかってしまいます。

地方銀行カードローンの中には店頭で契約を行わないといけないものもあるので、その場合は銀行窓口の営業している平日の15時までに店頭へ行く必要があり、忙しい人にとっては時間をとるのが難しいという方も少なくないと思います。

なのでWEB完結ではありませんが、店頭へ行く必要が無いので便利な申込方法となっています。

ですが店頭へ行かずに契約できるのは京都銀行の普通預金口座を申込時に持っている方で、口座を持っていない場合は契約時に一緒に口座開設も行わないといけないので、店頭へ行く必要があるので注意しましょう。

即日融資には非対応

即日融資とは申し込みを行ったその日の内にお金を借りる事が出来るサービスで、急いでお金を借りたいという方にとってはとても有り難いサービスになっていますが、京銀カードローンWでは即日融資には対応していません。

即日融資が可能なカードローンというのはインターネットから申し込んで、その日の内に審査回答をもらってすぐに必要書類をインターネットやアプリを使って送る事で即日融資を可能としています。

ですが京銀カードローンWの場合は契約の際の必要書類は郵送で送る必要があるので、その時点で数日は掛かってしまい即日融資は不可能となります。

また即日融資ではないにしろ契約が結ばれたらすぐにお金を借りることが出来る振込融資にも京銀カードローンWは対応していません。

振込融資というのは、お金をATMから引き出すためにはローンカードが必要になりますが、地方銀行ではローンカードを郵送で送るしか無いので、手元にカードが届くまでお金を借りることが出来ません。

ですが振込融資に対応しているカードローンであれば、銀行にお願いすることで直接口座に金額を振り込んでくれるので、ローンカードが手元に届く前にお金を借りることが出来るサービスの事です。

その振込融資に対応していないので、申し込んだその日にお金を借りることはできず、ローンカードが一週間程度で届いて初めてお金を借りることができるようになるので、急いでお金を借りたいという方にとっては不向きなカードローンかもしれません。

金利は変動金利型

カードローンの多くは固定金利型といって基本的には金利は一定となっている金利方式を採用していますが、金利が低めのカードローンで採用されていることが多い方式が変動金利型です。

この変動金利型は固定金利型のように金利が一定ではなく、年に2回程金利の見直しが行われるので金利が変わっていく金利方式となっています。

住宅ローンや自動車ローンでは契約時の金利が適応されて金利が変動しても金利は変わらないというプランもありますが、カードローンでは金利が変更されると契約後であっても、カードローンの金利に反映されることになります。

ですが一気に数%の金利が上昇するといった金利が極端に上がり下がりすることは基本的にないので、それほど気にする必要はないかもしれません。

返済は1万円から

京銀カードローンWの返済の最低金額は借りている金額の残高が50万円以下の場合の10,000円からとなっています。

他の銀行カードローンでも残高が50万円の時に返済額10,000円というのは普通ですが、残高が30万円になったら○○円と言うように細かく返済額が変わって返済金額が低くなっていき最低返済額が2,000円というカードローンもあります。

ですが京銀カードローンWでは最低返済額の基準が50万円以下なので、最低返済額が10,000円になってしまい、返済額が細かく変わっていくカードローンよりも毎月の返済額が高くなり家計への負担は大きくなってしまいます。

ですが毎月の返済額が多い分返済期間も短くなり、その分支払う利息は最低返済額が低いカードローンよりもかなり少なくする事ができるので、トータルで考えるとお得にカードローンを利用することができます。

毎月の返済が楽なカードローンか支払利息の少ないカードローンどちらにもメリット・デメリットがありますが、京銀カードローンWは支払利息を抑えたい人におすすめできるカードローンとなっています。

パート・アルバイトでも利用可能

カードローンを選ぶ際に消費者金融は審査に通りやすくて、銀行は審査に通りにくいというイメージがあると思いますが、銀行のカードローンであってもパート・アルバイト・年金生活者の方であっても利用できるカードローンが存在します。

京銀カードローンWでもパート・アルバイト・派遣社員の方も利用することが可能ですが、専業主婦の方や年金のみで生活している人は京銀カードローンWは利用することが出来ないので、年金受給者の方でカードローンを利用したい場合は年金以外にも収入があると利用することが可能となります。

パート・アルバイトの方たちはそれほど収入が多いわけではないので、借りる事ができる金額は低くなりがちですが、その際に重要になってくるのは上限金利です。

その上限金利は消費者金融のカードローンと銀行カードローンの平均を比べると4%近く差があり、数百万円借りる際に重要になる下限金利よりも大きな差があります。

なので少額のお金を借りる時こそ銀行カードローンを利用するのがお得になるので、パート・アルバイトなどの方も消費者金融カードローンだけでなく銀行カードローンも選択肢に入れてみましょう。

ただし先程も紹介したように30万円以上の金額を利用したい場合は年収指定がある上に正社員の方しか利用できないので、パート・アルバイトの方などは利用限度額の上限は30万円までとなるので注意してください。

30万円と金額は少ない気はしますが、それでも京銀カードローンWの上限金利は他のカードローンよりも遥かに低い金利で利用することが可能なのでかなりお得になっていると言えます。

保証会社が2社

カードローンは契約する前に審査を行いますが、この審査を行うのはほとんどの場合銀行自身が行うのではなく外部の保証会社に審査を委託して行ってもらいます。

通常のカードローンでは保証会社は1社の所が多いですが、京銀カードローンWでは保証会社が2社入っています。

保証会社が2社も入っていると両方から保証を受けられないと契約することが出来ないと思ってしまいがちですが、実はそうではなく2社の内どちらかの保証を受けることができれば契約を行うことが出来るようになっています。

どういう事かというと、保証会社は申込者を審査してこの人にお金を貸してもいいというお墨付きをつけるだけではなく、お墨付きをつけた人が返済できなくなって締まった際にその返済できなくなった金額を肩代わりして銀行に支払うという役割もあります。

なので銀行からしてみれば2社の内どちらかが申込者の責任をもってくれればいいということになるので保証会社1社のみから保証を受けるだけでいいという訳です。

なので保証会社が多いと審査が厳しくなるわけではなく、むしろ保証会社が多いほうがチャンスが多くなるので審査に通りやすくなります。

そのような事から保証会社が2社入っている京銀カードローンWは2回のチャンスがあるので他の銀行カードローンよりもより審査に通るチャンスが多いことになります。

自動融資に対応

京銀カードローンWは自動融資に対応していて京都銀行の口座でクレジットや公共料金の引き落としなどを行っている場合に自動融資のサービスを受けることが可能となっています。

自動融資とは利用しているカードローンを提供している銀行の口座でクレジットカードや公共料金を引落しで支払っている場合に、万が一口座残高が引き落とし額よりも少なかった場合には支払うことが出来ません。

自動融資に対応していれば自動で不足分をカードローンから借りる事ができ、引落し可能にしてくれるサービスのことを言います。

なので万が一残高が足りなかった場合でも延滞などを発生させること無く支払いができるのでとても便利なサービスとなっています。

コンビニATMを利用するには手数料が必要

京銀カードローンWからお金を借りる方法はATMからの引き出しになるので、頻繁にATMを利用することになりますが、恐らく最も身近にあるATMはコンビニATMであるという人が多いと思います。

なのでコンビニATMでお金を引き出すのが最も手軽ではありますが、京銀カードローンWは借入れ、返済共にコンビニATMを利用する際には利用する時間関係なく手数料が発生してしまいます。

京銀カードローンWの返済方法は口座引落しなので、ATM振込が返済方法のカードローンよりは利用頻度は低くなりますが、毎回手数料が必要になると最終的には大きな金額になってしまいます。

手数料無料で利用したい場合は京都銀行ATMか京都府外のイオン銀行を利用する必要があるので、出来るだけ自分の生活範囲で無料で利用できるATMを探しておいて、そのATMを利用してお金を引き出すようにしましょう。

京銀カードローンWで利用できるATMは以下のようになっています。

手数料無料ATM

京都銀行
イオン銀行(京都府外)

手数料有料ATM

セブン銀行
イーネット
ローソンATM
ゆうちょ銀行
イオン銀行(京都府内)
その他提携金融機関

スポンサードリンク

京銀カードローンWの評価まとめ

以上が京都銀行カードローン「京銀カードローンW」の特徴や詳しい商品内容などについての紹介でした。

京銀カードローンWはWEB完結や即日融資、振込融資には対応していませんし、金利にも年収条件がありますが、お得な金利になっています。

さらに30万円の場合ならばパート・アルバイトの方でも他の銀行カードローンよりもさらに低い金利で利用することが出来るので、借りる金額が30万円で充分という方にとってもかなりお得なカードローンです。

充分な年収がある方や、そうでなくても利用できる金額が30万円まででも大丈夫という方には低金利で利用できるオススメのカードローンとなっています。