みなと銀行「Qポートネオ」の特徴や商品詳細について紹介

銀行

みなと銀行は兵庫県神戸市に本店を置く第二地方銀行で、カードローンは「Qポートネオ」を展開しています。

Qポートネオは利用限度額が高かったり、銀行カードローンの返済方法としてはではあまり多くは採用していないATM振込に対応しているなどの特徴を持ったカードローンです。

そんなQポートネオについて詳しく紹介していくのでカードローン選びの参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

Qポートネオの商品概要

みなと銀行のカードローン「Qポートネオ」の詳しい商品内容は以下のようになっています。

利用条件
  • 契約時満20歳以上65歳未満の方
  • 安定した収入のある方
  • 日本国籍を有する方、または永住許可を受けている外国人の方
  • 保証会社の保証を受けられる方
使用用途自由(事業資金を除く)
契約期間1年(自動更新)
※66歳まで
利用限度額10万円~800万円(10万円単位)
金利年4.5%~14.0%

利用限度額金利
10万円~100万円以下年14.0%
110万円~200万円以下年10.0%
210万円~300万円以下年8.0%
310万円~400万円以下年7.0%
410万円~500万円以下年6.0%
510万円~600万円以下年5.5%
610万円~700万円以下年5.0%
710万円~800万円以下年4.5%
借入方法ATM借入れ
返済方法毎月7日までにATM振込
返済方式残高スライド元利定額リボルビング方式

借入残高返済額
50万円以下10,000円
50万円~100万円以下20,000円
100万円~200万円以下30,000円
300万円~400万円以下50,000円
400万円~500万円以下60,000円
500万円~600万円以下70,000円
600万円~700万円以下80,000円
700万円~800万円以下90,000円
遅延損害金年14.6%
担保・保証人不要
保証会社SMBCコンシューマファイナンス株式会社

以上がQポートネオの利用条件や金利、利用限度額などの詳しい商品内容の紹介でした。

Qポートネオの特徴

詳しい商品内容を紹介した後はQポートネオの特徴などについて紹介していきます。

利用限度額は800万円で下限金利は高め

Qポートネオの利用限度額は10万円~800万円までで、金利は年4.8%~14.0%に設定されていまいます。

利用限度額の上限は800万円までで、この金額は銀行カードローンの中ではトップクラスの高さとなっているので、大きな金額が必要という方でも満足できる設定になっていると思います。

金利については100万円以下の比較的少ない金額を借りる際に重要になる上限金利は年14.0%となっていて、他の銀行カードローンでは14.5%になっていることが多いので、平均的か低めの金利となっています。

利用限度額の上限に近い金額を借りる際に重要に下限金利は年3.8%となっていて、利用限度額の上限800万円と合わせて同額の銀行カードローンと比べると、3.5%程度になっている事が多く、Qポートネオの年4.5%は1%程度高い金利となっています。

利用限度額が高くなると1%の違いでも発生する利息に大きな違いが出てくるので、下限金利に関してはあまりお得な金利とは言い難い数字になっています。

店頭へ行かずに契約可能

Qポートネオはインターネットからの申し込みが可能となっていて、店頭へ行くこと無く契約を行うことが出来るようになっています。

ですが全ての手続をインターネットで行うことが出来るWEB完結には対応していないので、インターネットからの申込後に契約書類を郵送でやり取りする必要があり、WEB完結よりも時間がかかってしまいます。

地方銀行カードローンの中には店頭で契約を行わないといけないものもあるので、その場合は銀行窓口の営業している平日の15時までに店頭へ行く必要があり、忙しい人にとっては時間をとるのが難しいという方も少なくないと思います。

なのでWEB完結ではありませんが、店頭へ行く必要が無いので便利な申込方法となっています。

即日融資と振込融資には非対応

申し込んだその日の内にお金を借りることができる即日融資を行うには、申し込んだ日の内に審査結果を知ることが出来、さらにその後にインターネットなどで必要書類をアップロードができるという条件が揃って即日融資を行うことが出来ます。

みなと銀行では審査を通過した後に送る必要のある必要書類はインターネット経由ではなく郵送で送る必要があるので、この時点で申し込んだ日にお金を借りる「即日融資」は不可能となっています。

また振込融資に対応している銀行カードローンもありますが、Qポートネオは振込融資にも対応していません。

振込融資というのは、お金をATMから引き出すためにはローンカードが必要になりますが、地方銀行ではローンカードを郵送で送るしか無いので、手元にカードが届くまでお金を借りることが出来ません。

ですが振込融資に対応しているカードローンであれば、銀行にお願いすることで直接口座に金額を振り込んでくれるので、ローンカードが手元に届く前にお金を借りることが出来るサービスの事です。

その振込融資に対応しておらず申し込んだその日にお金を借りることはできないので、ローンカードが届いて初めてお金を借りることができるようになります。

なのでQポートネオは申し込んだその日にお金を借りたいという方や、急いでお金を借りたいという方にとっては不向きなカードローンとなっています。

返済方法はATM振込

カードローンの返済方法は主に口座引落しとATM振込の2種類がありますが、多くの銀行カードローンでは口座引落しが採用されていますが、QポートネオではATM振込が採用されています。

それぞれの返済方法の特徴としては、口座引落しでは毎月決まった日に口座から自動で毎月の返済額が引き落とされるので簡単に支払いを行うことが出来ますが、利用している銀行カードローンの口座が必要であったり、記帳を行った際に記録が残るので家族などにバレてしまうかもしれないというデメリットもあります。

一方でATM振込では毎月の指定された日までに自分でATMから振り込む必要があったり、返済額が変わる返済方法の場合は振り込む金額が変わったりと手間がかかってしまいますが、その代わりにカードローンを利用している銀行の口座が必要ではない場合が多かったり、記録には残らないので知られずに借りることが可能です。

どちらの返済方法にも一短一長がありますが、QポートネオではATM振込が採用されているので、自動で返済を行いたいという方にとっては手間に感じてしまうかもしれません。

返済は1万円から

Qポートネオの返済の最低金額は借りている金額の残高が50万円以下の場合の10,000円からとなっています。

他の銀行カードローンでも借りているお金の残高が50万円の時に返済額10,000円というのは普通ですが、残高が30万円になったら○○円と言うように細かく返済額が変わって返済金額が低くなっていき最低返済額が2,000円というカードローンもあります。

Qポートネオでは最低返済額の基準が50万円以下なので、最低返済額が10,000円になってしまい、返済額が細かく変わっていくカードローンよりも毎月の返済額が高くなり家計への負担は大きくなってしまいます。

ですが毎月の返済額が多い分返済期間も短くなり、その分支払う利息は最低返済額が低いカードローンよりもかなり少なくする事ができるので、トータルで考えるとお得にカードローンを利用することができます。

毎月の返済が楽なカードローンか支払利息の少ないカードローンどちらにもメリット・デメリットがありますが、Qポートネオは支払利息を抑えたい人におすすめできるカードローンとなっています。

コンビニATMを利用するには手数料が必要

Qポートネオからお金を借りる方法はATMからの引き出しになるので、頻繁にATMを利用することになりますが、恐らく最も身近にあるATMはコンビニATMであるという人が多いと思います。

なのでコンビニATMでお金を引き出すのが最も手軽ではありますが、Qポートネオは借入れ、返済共にコンビニATMを利用する際には利用する時間関係なく手数料が発生してしまいます。

Qポートネオの返済方法はATM振込なので、返済で毎回ATMを利用する必要があり、その度に手数料が必要になると最終的には大きな金額になってしまいます。

手数料無料で利用したい場合はみなと銀行ATMか提携銀行ATMを利用する必要があるので、出来るだけ自分の生活範囲で無料で利用できるATMを探しておいて、そのATMを利用してお金を引き出すようにしましょう。

Qポートネオで利用できるATMは以下のようになっています。

手数料無料ATM

みなと銀行
関西アーバン銀行
近畿大阪銀行
りそな銀行
さいたまでりそな銀行
三井住友銀行

手数料有料ATM

セブン銀行
ローソンATM
イーネット
イオン銀行
ゆうちょ銀行

スポンサードリンク

Qポートネオの評価まとめ

以上がみなと銀行のカードローン「Qポートネオ」の特徴や商品詳細などの詳しい商品内容の紹介でした。

みなと銀行カードローンはそれほど他の銀行カードローンと比べても突出した特徴などがあるわけではありません。

ですが利用限度額は高めの設定になっていますし、あまり多くはないATM振込での返済を採用しているカードローンなので、口座引落しよりもATM振込のカードローンを選びたいという方には気になるカードローンだと思います。

みなと銀行は兵庫と大阪を中心に店舗があるので、その地域にお住まいの方で返済方法がATM振込のカードローンを探している方は検討してみてはいかがでしょうか。