長野銀行カードローン「リベロ」「ユニティ」「なかぎんプレミアムカードローン」特徴まとめ

銀行

長野銀行は長野県松本市に本店を置く第二地方銀行で、カードローンは「リベロ」「ユニティ」「なかぎんプレミアムカードローン」の3つを展開しています。

3つのカードローンにはそれぞれ全く違った特徴をもっていて、金利がお得になっているカードローンもあるので自分に合ったカードローンを探すことが出来るようになっています。

そんな3つのカードローンの特徴を紹介していくのでカードローン選びの参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

リベロの商品概要

長野銀行のカードローン「リベロ」の詳しい商品内容は以下のようになっています。

利用条件・申込時満20歳以上満65歳未満の方
・安定した収入がある方
 ※パート・アルバイトの方も可能
・長野県内に在住の方
・保証会社の保証を受けられる方
使用用途自由(事業資金を除く)
契約期間1年(自動更新)
利用限度額10万円~500万円(10万円単位)
金利年5.5%~14.5%

利用限度額金利
10万円~100万円以下年14.5%
100万円~200万円以下年13.0%
200万円~300万円以下年10.0%
300万円~400万円以下年7.5%
400万円~500万円以下年5.5%
借入方法ATM借入れ
返済方法ATM返済(35日返済)
返済方式残高スライド元利定額リボルビング方式

借入残高返済額
3,000円~10万円以下3,000円
10万円~30万円以下9,000円
30万円から50万円以下15,000円
50万円~100万円以下20,000円
100万円~150万円以下25,000円
150万円~200万円以下30,000円
200万円~500万円以下50万円増す毎に+5,000円
収入が必要な金額300万円以上
担保・保証人不要
保証会社SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

以上がリベロの利用条件や金利、利用限度額などの詳しい商品内容につていの紹介でした。

リベロの特徴

詳しい商品内容を紹介した後はリベロの特徴などについて紹介していきます。

利用限度額と金利は平均的

リベロの利用限度額は10万円~500万円で、金利は14.5%~5.5%となっています。

利用限度額の上限は500万円で、これは他の銀行カードローンと比べても平均的な金額となっていますが、800万円や1,000万円程の金額を借りたいという方以外には十分過ぎる金額になっています。

金利については、100万円以下の比較的少ない金額を借りる際に重要になる上限金利は14.5%となっていて他の銀行カードローンの平均と同等の金利となっています。

一方で利用限度額の上限に近い金額を借りる際に重要になるのは下限金利で、5.5%に設定されています。

利用限度額の500万円と合わせて他の銀行カードローンと比べてみると、5%~6%程度になっているので、5.5%というのは平均的な金利と言えます。

なので上限金利、下限金利共に平均的な金利となっているのでどちらでも使いやすいカードローンになっていると言えます。

店頭へ行かずに契約可能

リベロはインターネットからの申し込みが可能となっていて、店頭へ行くこと無く契約を行うことが出来るようになっています。

ですが申込から最終的な契約まで全てインターネットで行うことが出来るWEB完結には対応していおらず、インターネットからの申込後に契約書類を郵送でやり取りする必要があります。

地方銀行カードローンの中には店頭で契約を行わないといけないものもあるので、その場合は銀行窓口の営業している平日の15時までに店頭へ行く必要があり、忙しい人にとっては時間をとるのが難しいという方も少なくないと思います。

なのでWEB完結ではありませんが、店頭へ行く必要が無いので便利な申込方法となっています。

長野県内のみで申込可能

地方銀行は大手消費者金融や大手銀行などのように全国展開を行っていないので、地方銀行の本店や支店がある地域のみでしかカードローンに申し込めないというケースも珍しくありません。

リベロはさらに利用できる範囲が狭まっていて長野県内に在住のしている方のみが利用することが出来るようになっています。

なので長野県外の方は申し込むことが出来ないので注意しましょう。

長野銀行の口座なしでも利用可能

銀行カードローンの多くは返済方法が口座引落しになっているケースが多く、その場合は利用している銀行の口座が必要になることがほとんどです。

申込時に口座を持っていない場合は、アプリや店頭での開設が必要であったりと手間が増えてしまいがちですが、リベロでは返済方法がATM振込なので長野銀行の口座は必要ありません。

なので申し込む際に長野銀行の口座を持っていなくても口座開設などの手間を掛けること無くスムーズに申込から契約まで行うことができます。

パート・アルバイトでも利用可能

カードローンを選ぶ際に消費者金融は審査に通りやすくて、銀行は審査に通りにくいというイメージがあると思いますが、銀行のカードローンであってもパート・アルバイト・年金生活者の方であっても利用できるカードローンが存在します。

リベロもその中の1つで、利用条件の中にパート・アルバイトの方でも利用することが出来ると明記されています。

パート・アルバイトの方たちはそれほど収入が多いわけではないので、借りる事ができる金額は低くなりがちですが、その際に重要になってくるのは上限金利です。

その上限金利は消費者金融のカードローンと銀行カードローンを比べると4%近く差があり、数百万円借りる際に重要になる下限金利よりも大きな差があります。

なので少額のお金を借りる時こそ銀行カードローンを利用するのがお得になるので、パート・アルバイトなどの方も消費者金融カードローンだけでなく銀行カードローンも選択肢に入れてみましょう。

収入証明書が必要な金額が高い

カードローンでは一定の金額以上を借りることが出来るようになると、申込者の年収を証明するための「収入証明書」の提出を求められます。

収入証明書が求められる金額には特に決まりがあるわけではないので、銀行毎の設定されている金額は違いますが、多くの地方銀行では「50万円以上」程度という比較的低い金額に設定されていることが多いです。

収入証明書は前年度の収入を証明できる書類を用意しないといけない手間がかかるので、面倒と感じてしまう方も多いと思います。

リベロの場合では収入証明書が必要な金額が300万円とかなり高額に設定されているので、普通に利用する場合ならほとんどの収入証明書の提出を求められることは無いでしょう。

なので収入証明書を用意するのが面倒という方にとってはおすすめできるカードローンとなっています。

ちなみに収入証明書として利用できる書類は以下のようなものです。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 住民税決定通知書
  • 納税通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 年金証書、年金通知書

即日融資と振込融資には非対応

リベロはインターネットから申し込むことができますが、即日融資には対応していません。

というのもインターネットから申し込みを行った後には審査が行われ、審査に通ることができると契約関係の書類が郵送されてくるので、この時点で申し込んだその日にお金を借りることはできなくなっています。

振込融資にも対応していないので、正式な契約を行った後にもすぐには利用することは出来ません。

お金を借りることが出来るようになるのは、契約書類を返送して受理された後にATMからお金を引き出す際に必要になるローンカードが郵送されてくるので、それを受け取って初めて利用する事が出来るようになります。

なので申し込みからカードローンの利用開始まではそれなりの日数が必要になるカードローンなので急いでお金を借りたいという方には不向きかもしれません。

返済は35日返済

リベロの返済方法はATM振込ですが、多くのカードローンで採用されている決められた指定日までに返済する「指定日返済」ではなく、「35日返済」が採用されています。

35日返済とは、毎月の返済日を指定せず前回の返済の翌日から35日以内ならいつでも返済することが出来るという返済方法です。

指定日返済と比べてのメリットとしては、指定日返済だと指定日の15日前からしか毎月の返済ができないので、それ以前の返済は繰上げ返済として処理されてしまうので、返済日にも毎月の返済額を返済する必要があります。

ですが35日返済ではいつでも返済することが出来るので、極端に言えば返済した次の日にも返済することができるので、返済を1ヶ月に1回以上行うことも可能なので、指定日返済よりも素早く返済を終わらすことができます。

返済を早く終わらせるとその分支払う利息も少なくて済むので、トータルの返済額を減らすことが可能です。

デメリットとしては前回の返済日から35日後が期限なので、返済期限がいつなのかわからなくなりやすいので、その点では指定日返済のほうが決まった日になっているので分かりやすいです。

なので素早く返済を終わらせて支払う利息も抑えたいという方にはおすすめできる返済方法となっています。

スポンサードリンク

ユニティ(フレッシャーズ「ユニティ」)の商品概要

長野銀行のもう1つのカードローン「ユニティ」の詳しい商品内容は以下のようになっています。

利用条件・申込時満20歳以上満70歳未満の方
・安定した収入がある方
・保証会社の保証を受けられる方
・長野県内に在住又は勤務している方
【フレッシャーズの場合】
・申込時満20歳以上
・新卒社会人内定者および新卒社会人3年以内の俸給生活者の方
使用用途自由(事業資金を除く)
契約期間1年(自動更新)
利用限度額50万円
 ※長野銀行と取引が無い場合は限度額は20万円まで
【フレッシャーズの場合】
20万円まで
金利年12.2%
【フレッシャーズの場合】
年6.50%
金利引下げ条件
取引状況引き下げ幅
給与振込又は年金振込利用1.0%
定期積金、積立定期預金、財形預金のうち1つ以上利用
(毎月1万円以上)
0.5%
定期預金残高50万円以上の方0.5%
公共料金の引落し5項目以上
(五代公共料金、税金、社保、新聞、家賃など)
1.0%
長野銀行のローン、住宅金融支援機構を利用し、約定返済中か新規契約をした場合1.0%
長野UCカードを持っている方0.7%
フレッシャーズ「ユニティ」から「ユニティ」へ切替をした場合1.0%

 ※フレッシャーズおよび新規実行時には適応不可

借入方法ATM借入れ
返済方法毎月10日口座引落し
返済方式元利定額リボルビング方式
毎月1万円
担保・保証人不要
保証会社長野カード株式会社

以上がユニティの利用条件や金利、利用限度額についての詳しい商品内容の紹介でした。

ユニティの特徴

詳しい商品内容を紹介した後はユニティの特徴などについて紹介していきます。

フレッシャーズ「ユニティ」とは

ユニティにはフレッシャーズ「ユニティ」というものも存在し、ユニティとは若干利用条件などに違いがあります。

フレッシャーズは新社会人や、新卒社会人3年までの若者を対象にしたカードローンとなっていて、基本的な条件はユニティと同じですが、利用限度額や金利について違いがあります。

利用限度額は低いが金利もお得

ユニティの利用限度額は50万円までで、金利は12.2%となっていて、フレッシャーズ「ユニティ」の場合は利用限度額は20万円まで、金利は年6.5%に設定されています。

ユニティ、フレッシャーズ共に利用限度額は銀行カードローンの中でもかなり低い金利となっているので、物足りない金額と感じる人も多いかもしれません。

ですが金利は他の銀行カードローンよりの平均よりもかなり低めの設定になっているので、それほど大きな金額を借りる予定は無くて50万円程度で問題ないという方にとってはかなりお得に利用することが可能となっています。

金利を引き下げることが可能

ユニティの金利はかなり低めに設定されていますが、この金利から条件を満たすと更に金利を下げることが可能です。

その条件とは以下のようなものです。

取引状況引き下げ幅
給与振込又は年金振込利用1.0%
定期積金、積立定期預金、財形預金のうち1つ以上利用
(毎月1万円以上)
0.5%
定期預金残高50万円以上の方0.5%
公共料金の引落し5項目以上
(五代公共料金、税金、社保、新聞、家賃など)
1.0%
長野銀行のローン、住宅金融支援機構を利用し、返済中か新規契約をした場合1.0%
長野UCカード(クレジットカード)を持っている方0.7%
フレッシャーズ「ユニティ」から「ユニティ」へ切替をした場合1.0%

以上の条件を満たすと最大で金利を年5.7%引き下げることができます。

かなり難易度が高い条件というわけではありませんが、フレッシャーズからの切替や住宅ローンの利用などの条件は行えないという方も多いので、全ての条件をクリアすると言うのは至難の業といえます。

ですが公共料金の支払いや給与振込・年金振込は比較的簡単に行うことができ、この2つだけでも2%の金利を引き下げることが可能なので、元から金利はお得なので出来るものだけ条件をクリアしていくといいでしょう。

返済は口座引落しで毎月定額が引き落とされる

リベロでは返済方法はATMからの振込でしたが、ユニティでは口座引落しのみとなっています。

口座引き落としとなるので長野銀行の口座が必要になるので、持っていない場合は開設することになります。

また返済額はいくら借りても毎月1万円が引き落とされることになり、借りているお金の残高で返済額が変わる残高スライド元利定額リボルビング方式よりは分かりやすい返済額となっています。

ただし毎月の返済額は残高スライドよりも高くなってしまうデメリットもありますが、その分返済期間は短くなるので、支払う利息は少なくなるというメリットも存在します。

なので素早く返済を終わらせて利息も抑えたいという方にピッタリの返済方法となっています。

契約は店頭で行う必要がある

リベロでは店頭へ行くこと無く契約を行うことが出来ましたが、ユニティではインターネットの申込後、審査を通過することが出来たら必要書類をもって店頭で最終的な契約を行う必要があります。

なので平日の15時までに銀行に行かないといけないので、なかなか厳しいと言う方も多いかもしれません。

リベロではインターネットや郵送を利用して店頭へ行くことなく契約が出来るので、それと比べると不便に感じてしまうでしょう。

利用可能年齢の上限が高く設定されている

カードローンには新規で申し込める年齢には上限があり、銀行カードローンでは60歳~65歳程度までとなっている場合が多いです。

ユニティではカードローンを利用することが出来る年齢が70歳までと高い年齢に設定されていて、平均から見ると5年~10年程度長くカードローンを利用することが出来ることになります。

年を重ねても冠婚葬祭などの急な出費がある事は変わらないので、長く使えるということはそれだけで大きなメリットになります。

なかぎんプレミアムカードローンの商品概要

長野銀行の3つ目のカードローン「なかぎんプレミアムカードローン」の詳しい商品内容は以下のようになっています。

利用条件・満20歳以上満58歳以下の方
・長野銀行の住宅ローン(有担保住宅ローン、保証付き住宅ローン、住宅金融支援機構および無担保住宅ローンを含む)を利用中、もしくは申し込みをして実行となった方
 ※限度額が200万円、300万円の場合は3年以上経過している必要あり
・安定した収入が継続して得られる給与所得者および自営業者の方
・前年度の税込み年収が300万円以上(限度額が300万円の場合は500万円以上)
・保証会社の保証を受けられる方
・直近1年間に住宅ローンの月越延滞のない方
使用用途自由(事業資金を除く)
契約期間2年(自動更新)
利用限度額100万円~300万円
100万円・200万円・300万円のいずれか
金利4.6%(変動金利)
借入方法ATM借入れ
返済方法毎月5日口座引き落と
返済方式元利定額リボルビング方式

借入残高返済額
100万円1万円
200万円2万円
300万円3万円
担保・保証人不要
保証会社株式会社かんそうしん

以上がなかぎんプレミアムカードローンの利用条件や金利、利用限度額などの詳しい商品内容の紹介でした。

スポンサードリンク

なかぎんプレミアムカードローンの特徴

詳しい商品内容を紹介した後は、なかぎんプレミアムカードローンの特徴などについて紹介していきます

住宅ローンを利用している人限定のカードローン

なかぎんプレミアムカードローンは長野銀行で住宅ローンを利用している方限定のカードローンとなっているので、大前提としてその条件をクリアする必要があります。

利用条件はそれだけではなく年収が300万円以上、場合によっては500万円以上必要になるのでかなり条件は厳しいと言えます。

限度額必要年収
100万円300万円以上
200万円300万円以上
300万円500万円以上

他の銀行カードローンでも住宅ローン利用者専用のカードローンは存在しますが、その中でも住宅ローンを利用している事のみが条件で年収まで条件に加わっているのは珍しいです。

利用限度額は低め

なかぎんプレミアムカードローンの利用限度額は100万円~300万円で、金利は4.6%となっています。

利用限度額はカードローンの中では若干少なめな金額になっていますが、少額の借入れを希望している方にとっては十分な金額になっています。

金利は幾ら借りた場合でも4.6%に固定されていて、利用限度額の上限の300万円と合わせて考えると、他の銀行カードローンでは5%~7%程度になっている事が多いので、それほど飛び抜けて低い金利とは言い難いです。

住宅ローンに加え年収条件まである厳しい条件になっているのでそれに見合った金利ではありませんが、100万円を借りた場合に4.6%と考えると他の銀行カードローンよりも10%近く低金利になります。

なのでなかぎんプレミアムカードローンは利用限度額の上限の300万円を利用するよりも100万円程度の比較的少ない金額を借りると最もお得に利用することが出来ます。

金利は変動金利型

カードローンの多くは固定金利型といって基本的には金利は一定となっている金利方式を採用していますが、金利が低めのカードローンで採用されていることが多い方式が変動金利型です。

この変動金利型は固定金利型のように金利が一定ではなく、年に2回程金利の見直しが行われるので金利が変わっていく金利方式となっています。

住宅ローンや自動車ローンでは契約時の金利が適応されて金利が変動しても金利は変わらないというプランもありますが、カードローンでは金利が変更されると契約後であっても、カードローンの金利に反映されることになります。

ですが一気に数%の金利が上昇するといった金利が極端に上がり下がりすることは基本的にないので、それほど気にする必要はないかもしれません。

長野銀行カードローン評価まとめ

以上が長野銀行のカードローン「リベロ」「ユニティ」「なかぎんプレミアムカードローン」の特徴などの紹介でした。

長野銀行の3つのカードローンにはそれぞれ特徴があり、リベロは多くの人が借りやすい平均的なカードローンとなっていて、ユニティは利用限度額は少ないですが、新社会人にも借りやすい低金利のカードローンとなっています。

なかぎんプレミアムカードローンは長野銀行で住宅ローンを利用している方専用のカードローンで、利用条件は厳し目ですが少額の借入れを行う場合はかなりの低金利となっているのでお得に利用することができます。

それぞれの特徴を把握して自分に必要なカードローンを選んで利用してみて下さい。