カードローンで名義貸しは絶対にしちゃダメ…他人の借金を背負わされる可能性が高い

こっそり話す人

カードローンの審査は難しいというイメージの方もいますが、自分の身の丈にあったものであれば実は審査に通るのはそれほど難しいという訳ではありません。

ですが信用情報に傷がついていたり、複数の会社から既に借りている場合はそれ以上の金額を借りることは難しくなります。

そのような状況になった場合に友人などにカードローンを契約してもらって、自分がそれを使おうと考える人もいるかも知れません。

これを名義貸しと言い、そのような事は可能といえば可能ですが、詐欺行為になるので絶対に行わないようにしましょう。

今回はなぜ名義貸しにそのようなが危険あるのかについて紹介してきます。

スポンサードリンク

名義貸しとは

名義貸しとは自分の名前を貸して商品の契約をさせることを言います。

カードローンでも名義貸しは存在し、それは冒頭にも紹介したような契約している人と利用している人が別という状況のことを言います。

名義貸し自体がカードローン会社を欺いているので詐欺行為なのですが、カードローンの場合は名義貸しなのか、そうでないのかは判断することは非常に困難です。

というのもカードローン会社は申し込みを行った人物が本人で、住所や収入などを正直に申請された物を提出された場合に申込者以外が使うなどと疑う余地はないでしょう。

審査が通った後は、ローンカードがあり暗証番号が分かっている場合は誰でもお金を引き出すことが出来るので誰が使っているかは会社としては知る由もありません。

なのでカードローンでの名義貸しは実際に利用する人とカードローンを契約を行った名義人が同意していた場合に簡単に行うことが出来てしまいます。

簡単にできるからと言ってやってもいいという訳ではなく、名義貸しを行った場合には特に名義人の人にとって大きな負担がかかる事になる可能性があります。

名義貸しのリスク

名義貸しを行った場合でも普通に利用している分にはまずカードローン会社にバレる可能性というのはかなり低いでしょうが、万が一バレてしまった時にはカードローンの利用停止や現在借りている金額の一括返済などを求められることになるでしょう。

名義貸しは立派な犯罪行為ですし、嘘の申告やカードローン会社の信頼を裏切る行為なので当然なのですが、一括返済を求められるのは利用した人ではなく名義を貸した名義人に行われることになります。

「利用したのは自分ではないのに!」と名義人の方は思うかもしれませんが、それはカードローン会社からすると関係なく、名義人の人の信用をもとにちゃんとした手続きを行って融資したものなので請求先は名義人という事になります。

ただし同意無しで名義貸しを行われた場合には会社に連絡し、警察に被害届を出すと詐欺として捜査が行われるので、名義人の方に支払い義務はなくなります。

同意して行っていた場合には名義人も加担した事になるので、返済義務を逃れることはできない上に、実際に利用していた人には返済義務は発生しません。

なぜなら名義人以外の人が使っていたと証明することはとても難しいからです。

スポンサードリンク

一時的にローンカードを貸した場合は名義貸しになる?

あまり考えにくいシチュエーションではありますが、友人や家族からお金を借りたいけどカードローンは作りたくない(作れない)からローンカードを少しの間貸してほしいと言われた場合には名義貸しになるんでしょうか?

このケースであれば名義貸しになるかと言われると微妙なところではありますが、継続的に他人が使用しない限り名義貸しとしてバレることはまずないでしょうが、利用規約には違反している行為です。

さらに今まで紹介してきた通り他人が使っても請求されるのはカードローンの名義人であるあなたです。

ローンカードを貸している間に貸した相手がカードを無くしてしまって結果不正利用されてしまった場合、本来受けることができる保証を一切受けることができず、不正利用された金額も自分で支払う事になります。

上の記事で紹介しているように保証を受けることができない事例は基本的にローンカードの所持者がカードの保管をしっかり行っていなかった行為を行った場合なので、他人にローンカードを貸すという行為もそれに当てはまります。

このようにカードローンの名義人の方がローンカードを貸すという行為には一切のメリットがなく、リスクが増えるだけです。

どうしてもローンカードを借りたいと言ってきた人を助けたいと思うのであれば、自分でお金を引き出して直接貸すようにしてください。

そうすればカードローンの利用規約にも違反しませんし、負う必要のないリスクを回避することができます。

名義貸しを持ちかけられても必ず断ろう

紹介してきたように名義貸しがバレることは少ないかもしれませんが、だからといって仲のいい友達や家族から名義貸しを進められても必ず断るようにしましょう。

「絶対にバレないから」と言われるかもしれませんが、そもそも名義貸しを持ちかけた人がカードローンの審査に通らないのか総量規制以上に借りることが出来なくなっているのかは分かりませんが、カードローンを契約することができないという事は返済能力に問題があると自分から言っているようなものです。

親しい人ならばなんとか助けてあげようと思ってしまうでしょうが、返済が出来なくなったり、一括返済などを求められた場合全て請求されるのは名義人の方です。

利用した人がちゃんと返済してくれるならまだしも、その人は返済義務がないので逃げてしまえば何も関係なく生活をすることが出来てしまいます。

そうなると自分は全くお金を使っていなくても莫大な借金を抱えさせられる事になり、信用情報にも傷がつき、最悪の場合は自己破産を行わなければならなくなる可能性もあるんです。

なので「絶対にバレないから」という言葉に惑わされずに親しい人であるからこそ、断ってそのような事を辞めるべきと教えて上げるようにしましょう。

何よりも詐欺行為を自分に持ちかけてくる人は、もはや友人とは呼べません。

私もカードローン会社にお金を借りすぎて何ともならないと言う人にお金を貸して欲しいと言われた事がありますが、きっぱり断りました。

公的な機関からお金を借りる事ができない時点で、その人には既に返済能力は無い状態ですから、絶対に手を貸してはいけません。あげるつもりで貸すなら良いかも知れませんが…。

スポンサードリンク

まとめ

以上が名義貸しとは何かや、リスクなどについての紹介でした。

紹介してきたように名義貸しは意外と簡単に行うことが出来てしまいますが、行った際のリスクは人生を変えてしまうほど大きなものなので絶対に行わないようにしましょう。

またこれはローンカードを無くしてしまったり、盗まれた場合にも暗証番号があれば簡単に利用されてしまうということでもあるので、無くしたと気付いた場合には必ず素早くカードローン会社と、警察への届けを出すようにしましょう。

名義貸しを行っても名義人の方は何のメリットもなく大きなデメリットしかなく、そもそも犯罪行為なので絶対に名義貸しは行わないようにして下さい。