おまとめローンのメリット・デメリットまとめ…詐欺も存在するので御利用は計画的に

まとめ

おまとめローンとは複数の金融会社からお金を借りている際に利用すると、より利息などを少なく返済することがとても便利なサービスになっています。

そんな便利なおまとめローンですが、審査が厳しかったり、場合によってはおまとめローンでまとめる前よりも多くの利息を払ってしまうケースなどがあり、メリット・デメリットがともに存在します。

またおまとめローンは詐欺にも利用されることもあるので詐欺の被害者にならないように、自衛するための知識として知っておきましょう。

スポンサードリンク

おまとめローンとは

おまとめローンとは複数の金融会社からお金を借りている場合に、1社からお金を借りて他社のローンを完済させ、ローンを1社にまとめる事をいいます。

おまとめローンをすることで、複数の金融会社からお金を借りていた場合は借りている額に応じて金利にばらつきがありますが、1社にまとめることで金利を一定に揃えることが出来ます。

複数の金融会社のカードローンで少額のお金を借りていると、高い金利がそれぞれにかかってしまうことになります。

その複数の会社から借りているお金を1社にまとめる事で、利息制限法のルールから1社から借りている額が多いほうが金利の上限が下がるので、支払う利息も少なくなり、毎月の返済額も少なくすることが可能になります。

おまとめローンは銀行だけでなく、消費者金融もおまとめローンを提供していますが、貸金業法に詳しい方は総量規制があるから、年収の1/3を超える額を融資してもらえないんでは?と気付く方もいらっしゃると思います。

2010年に施行された改正貸金業法で総量規制が追加され、消費者金融などの貸金業者からは年収の1/3を超える借入れはできなくなりましたが、このおまとめローンは総量規制の例外扱いとなっています。

総量規制の中の例外となるケースの中に「顧客に一方的に有利になる借換え」という項目があり、おまとめローンはこれに該当し例外扱いになるので、消費者金融もおまとめローンを提供することが可能になっています。

ですが気をつけないとおまとめローンを利用する前より多くの利息を支払うことになるケースもあるので後ほど紹介します。

借り換えローンとおまとめローンの違い

おまとめローンと似たような機能のあるローンとして借り換えローンと言うものも存在します。

借り換えローンとは今現在借りている金融会社からより金利の安い金融会社に変更することを言います。

別の金融会社へ変更するならばおまとめローンと同じじゃないかと思われると思いますが、若干違いがあり、その違いは借りている会社の数です。

おまとめローンの場合は複数の金利がバラバラのカードローンを1つにまとめて1社から借りる金額を大きくすることで金利を安くすることが出来るという物ですが、借り換えローンの場合は借りている数は1社のみです。

つまり、複数のカードローンをまとめたりはせず単純により金利の安いカードローンへ変更するのが借り換えローンという事になります。

借り換えローンの特徴

おまとめローンの場合は、複数のカードローンを1つにまとめるので借りて言えるカードローンの数が多いほどおまとめローンを実行した後の金利や返済額についてのシュミレーションや比較がし難い一面がありました。

ですが借り換えローンの場合は1社のみからの借り換えなので、借り換えローンを実施した後と現在の金利であったり毎月の返済額などの比較がやりやすいので、より手軽に比較することが可能となっています。

また借り換えローンもおまとめローンと同様に、総量規制の例外扱いになる「顧客に一方的に有利になる借り換え」に当てはまるので総量規制の対象外となっています。

なので年収の上限を気にせずにより金利が有利なカードローンへ移ることが可能になりますが、総量規制の対象外と言っても変更先でも審査があるので、金額が大きいとそれだけ審査に通り難くなるという面もあります。

おまとめローンや借り換えローンというプランになっていますが、基本的にはフリーローンと似ている面が多く、審査が通常のカードローンよりも厳しくなっており、年収や勤続年数なども審査の対象となります。

金融会社からすれば大きなお金を貸すことになるので、もし返してもらえなかった時には通常のカードローンよりもリスクが大きくなるので審査が厳しくなるのも当然ともいえます。

借り換えローンは消費者金融、銀行ともに商品を展開していますが、カードローンと同様に銀行のほうが金利は低くなりますが審査は厳しくなり、消費者金融は金利は若干高いですが審査は銀行よりも通りやすいという特徴は変わりません。

このような特徴があるのでカードローンのように気軽に変更することはなどはできるものではないので注意して下さい。

おまとめローンは返済専用

おまとめローンはカードローンから借りている金額を1つにまとめる事が出来ますが、おまとめローン自体はカードローンではありません。

というのもおまとめローンは他社への返済に必要な金額分を融資した後は返済のみを行っていく事になるので、追加で借入れをすることが出来ないフリーローンに近い形になっています。

なので他社のカードローンを完済後に解約を行った場合にはおまとめローンからは借りる事ができないので覚えておきましょう。

残高を証明するものが必要になる場合がある

おまとめローンは他のカードローンから借りている金額をまとめるのが目的なので、おまとめローンで借りたお金を他の事に使ったり、実際より余分に申請するという事はしてはいけません。

カードローン会社によっては借りているお金を完済した完済証明書の提出を求められることもありますし、申し込みの際の希望額に疑問がある場合は借入状況の分かる契約書や、ATMを利用した時の明細などの提出も求められることがあります。

そもそもカードローン会社は信用情報を見ることで大体の借入額などは把握しているので、実際よりも大きな金額を申請した所ですぐにバレてしまいます。

なので申し込み内容などは正確に記載するようにしましょう。

おまとめ専用ローンを行っている会社

おまとめローンは主に消費者金融系の会社が積極的に行っていて、大手の消費者金融の多くがおまとめローンの商品を扱っていて、銀行では大手銀行というよりは地方銀行などが力を入れているようです。

ただし気を付けないといけないのがおまとめローンはカードローンのように用途は自由ではなく、返済のみの使用に限定されるので覚えておきましょう。

東京スター銀行 スターワンバンクローン
年率借入上限金額返済方式
5.8%~14.8%30~1,000万円元金同額返済方式
アイフル おまとめMAX
年率借入上限金額返済方式
12.0%~17.5%1~500万円元利定額返済方式
プロミス おまとめローン
年率借入上限金額返済方式
6.3%~17.8%300万円まで元利定額返済方式
アコム 借り換え専用ローン
年率借入上限金額返済方式
7.7%~18.0%1~300万円元利均等返済方式

おまとめローン専用有利な点は通常のカードローンの場合は他社に借入れがあると審査が不利になりがちですが、おまとめローンは前提条件として他社に借入れがあるという状況なので、その点は審査に響くことはありません。

ですが、借りている会社の数が多いとさすがに審査に響いてしまうので注意しましょう。

おまとめ専用ローンがない場合でも、限度額の高いカードローンをおまとめローンとして使うことも出来なくはありませんが、上記したように他社でも借入れをしている場合審査が不利になりなってしまいます。

消費者金融のカードローンを利用する場合はおまとめローンではないので、総量規制の対象外にはならず、最高限度額が高くても上限まで利用できるのは相当な年収が必要となるので、利用できる人は限られてきます。

モビットの場合、最高限度額が800万円で金利も3.0%になっていて消費者金融の中では限度額も金利も優秀ですが、おまとめ専用ローンがないのでおまとめローンとして使うのは厳しいと思います。

銀行のカードローンの場合は基本的に金利は低く、総量規制が適用されないので、審査に通って返済に必要な金額を融資してもらえればおまとめローンとして使うことは金利のリ率からみても可能です。

楽天スーパーローンをおまとめローンとして使う

銀行のカードローンをおまとめローンとして使う場合に一番人気なのが、楽天スーパーローンです。

楽天銀行 楽天スーパーローン
年率借入れ上限返済方式
1.9%~14.5%10~800万円残高スライドリボルビング方式

楽天銀行の楽天スーパーローンは上記のように年率の下限金利がカードローンの中でもトップクラスに低くなっているのが最大の特徴です。

上限限度額も800万円と高くなっているので審査を通る事ができればおまとめローンとして十分に利用することは可能です。

ですが銀行のカードローンには変わりないので、審査は消費者金融のカードローンよりは厳し目になっていて、何よりも気を付けないといけないのは返済方式です。

返済方式が残高スライドリボルビング方式となっていて、カードローンの返済方法としては一般的な負担の少ない返済方法になっていますが、これをおまとめローンとして使う場合は注意が必要です。

残高スライド方式は借りているお金の残高が少なくなると自動的に返済額も減少していく仕組みになっています。

という事は返済額が減るので、支払い回数も増えて返済期間も長期間になるので、結果的に利息を多く払う必要が出てくるようになってしまいます。

楽天スーパーローンをおまとめローンとして使う場合は最小返済額+おまとめローンにする前と同等程度の返済額を払っていかなければ、いくら金利が低いと言っても余計に利息を払って損をしてしまう可能性があるので注意しましょう。

フリーローンをおまとめローンとして使える場合がある

フリーローンは使用用途は基本的に自由ですが、メガバンクと言われる三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行などの銀行はフリーローンを他社の返済資金として使用するのを認めていません。

ですが、一部のネット銀行などではフリーローンを他社の返済として使うのをホームページなどで推奨している銀行もあるので、その銀行ならばフリーローンをおまとめローンとして使うことができます。

どの銀行がフリーローンをおまとめローンとして使っても良いのかなどは基準ははっきりとはわからないので、ホームページなどを個別に確認してみる必要があります。

フリーローンの場合は勤続年数なども審査対象になるのでカードローンよりも審査は厳し目になっているので覚えておきましょう。

イオン銀行 フリーローン
年率借入れ上限返済方式
3.8%~13.5%30~700万円元利均等返済
りそな銀行 りそなプライベートローン
年率借入上限金額返済方式
6.5%~14.0%10万円~300万円元利均等払い
りそな銀行 プレミアムフリーローン
年率借入上限金額返済方式必要条件
6.0%または5.7%固定100万~500万円元利均等返済前年度の年収400万円以上

上記以外にも多くの地方銀行がフリーローンを取り扱っているので、お近くの銀行などを調べてみてもいいかもしれません。

スポンサードリンク

おまとめローンのメリット

おまとめローンで借入金をまとめることで得る事が出来るメリットについて紹介していきます。

うまく利用することで返済額や支払額を減らすことが出来る

記事の最初にも紹介しましたが、複数の金融会社から借入れをしているとそれぞれに金利がかかることになるので、それを一つにまとめることで安い金利で統一することができます。

例えの為に簡単な金額にしますが、金利18%で50万円をそれぞれ3社の消費者金融から借りていた場合に、おまとめローンで1社にまとめると、150万円を1社から借りることになります。

これでは今までと同じですが、借入額が100万円を超えたので利息制限法から金利が最高でも15%までとなります。
なので単純計算で1ヶ月の利息が50万円×0.18÷12×3(社)=22500円 から 150万円×0.15÷12=18750円となり3750円の差が出ることになります。

このような差が毎月発生するので、上手に返済していくことで総返済額も少なくすることにも繋がっていきます。

分かりやすく例えるための数字なのでここまで簡単では無いでしょうが、仕組みは一緒なので、1社で多く借りたほうが安い金利になっていきます。

ですが10万円を3社からというかなり少額の場合は合計してもそれほど金利は変わらないのであまり意味はありません。

何においても返済額が減ることが一番の目的なのでうまくおまとめローンを利用していきたい所です。

1社にまとめることで返済や借入残高が分かりやすくなる

複数の金融会社を借りている場合はそれぞれに返済日があり、口座からの引き落としなどにしていない場合は忘れずに振り込んだりするのはとても大変です。

自分が後どのくらいの返済をすればいいのか把握するためにも全ての会社の借入金を調べて計算する必要がありますが、1社にまとめる事で返済日も1回になり、返済額も1回で分かるようになります。

基本的に長い付き合いになる事が多いローンなので、このような一見ちょっとした事に見える事でもとても大切になってきます。

おまとめローンのデメリット

おまとめローンにはメリット以外にもデメリットも存在するのでどのようなことがデメリットになるかを紹介していきます。

再度審査を受けて審査を通過する必要がある

おまとめローンを受けるためには、申込者がちゃんと支払い能力があるかなどを判断する必要があるために審査を受ける必要があります。

おまとめローンの場合は他社の借入金を合計した金額を借りることになるので、金額が大きくなりがちです。

金融会社からしてみると金額が多い分リスクが高くなるわけなので、それだけ審査も慎重に行う必要があるので、カードローンよりも厳しい審査になります。

フリーローンのように勤続年数なども審査の対象になりますし、信用情報についてももちろん調べられることになるので、滞納や返済の延滞などはなるべく行わない用にしておきましょう。

返済が難しく感じてきた場合は、延滞や滞納を何度も行ってしまう前に、早めにおまとめローンなどを申し込むと自分も助かりますし、信用情報に傷をつけるのを最小限に抑えることができます。

利息が高くなってしまうケースがある

利息を減らすためにおまとめローンを利用したのに利息が高くなっては本末転倒ではありますが、気を付けておかないとそういう事態になることがあります。

まず消費者金融などが提供しているおまとめ専用ローンなどを利用するとそのような事はありませんが、フリーローンや銀行のカードローンをおまとめローンとして使う場合は注意が必要です。

上記した楽天スーパーローンの項でも触れましたが、楽天スーパーローンはカードローンなので、残高スライドリボルビング方式を採用しているのは通常のカードローンとしては珍しい事ではありません。

ですがおまとめローンとしてみると最低返済額だけ返済していると返済回数が飛躍的に増え利息も増えてしまいます。

残高スライド方式だけでなく、おまとめ後に返済額がガクッと減った場合は返済回数が増える可能性があります。

なのでおまとめローンで返済をまとめた後でもまとめる前と同等程度の返済額を基準にして返済するようにすると利息が増える事態は防げると思います。

カードローンをおまとめローンとして利用する際は返済額に気を付けておき、必要なら繰り上げ返済を行うようにし、不安な場合は金利は若干高くなる事もありますが、おまとめ専用ローンを利用するようにしましょう。

完済後のカードローンを利用してしまう場合もある

おまとめローンを利用すると、今まで利用していたカードローン会社の借入金は完済することができます。

もちろん借入金は全て別の会社に移るだけなのですが、完済したことで今まで使っていたカードローンの利用枠が復活してまた限度額まで使えるようになります。

使えるようになっても、使わなければ何の問題もないので急にどうしてもお金が必要になった時の為に残しておけばいいですが、我慢できずに新たに借入れをしてしまう人もいます。

そして返済したはずの会社のカードローンを利用してしまい結果的に借金が増えてしまうという事態にもなりかねません。

意思の強い人であれば大丈夫ですが、どうしても使ってしまいそうという人の場合はおまとめローンで完済した後に少しもったいない気もしますが、新たに借入金を増やさないためにカードローンを解約しておくのも一つの手です。

おまとめローンを謳った詐欺もある

なかなかおまとめローンの審査を通ることが出来ない人に対して、メールやチラシ、ダイレクトメールなどで「おまとめローン利用できます」などと言った内容で送られてくることがあります。

そのような場合はお金をだまし取るための詐欺の確率が高いので甘い言葉には注意して下さい。

具体的にはいくつか手口があるようです。

  • 審査が通ったと店舗に呼び出して、債務整理を勧めて弁護士を紹介して紹介料と手数料を奪うという手口。紹介した業者と弁護士両方とも犯罪で、弁護士は資格のない人から債務整理などの斡旋を受けることは弁護士法で禁止されています。
  • おまとめローンの契約を行う際に、返済できる証拠や返済実績を作る為などといい、大手の消費者金融や指定された消費者金融からお金を借りてこさせ、そのお金を小包やレターパックで送金させる手口。

このような詐欺の手口が多くあり、様々な方法で騙そうとしてきます。

中には大手消費者金融と紛らわしい名前で詐欺を行おうとする手口もあるようですが、大手の消費者金融などはメールやチラシなどでそのような勧誘は行うことはないと考えていいので、甘い言葉に惑わされずに少しでも怪しいと感じたら無視するようにしましょう。

スポンサードリンク

おまとめローンは総量規制の例外

記事の中でも少し触れてきましたが、おまとめローンは総量規制の例外扱いとなっています。

総量規制には「対象外」の他にも「例外」扱いになるものもあり、似たような意味合いの言葉ではありますが、総量規制での2つの言葉にははっきりとした違いがあります。

総量規制においての除外とは通常年収の1/3までしかお金を借りることができませんが、自動車ローンや住宅ローンなどの担保のある融資などは、年収の1/3を越える金額を借りる事が出来る上に、総量規制にカウントされません。

なので、カードローンを利用する際に自動車ローンや住宅ローンがあっても利用限度額に影響を及ぼすことはありません。

一方で例外案件とは緊急医療費やおまとめローンのように顧客に一方的に有利な条件の借り換えを行う際に採用されています。

例外の場合は貸付残高(借りている金額)にカウントされるので総量規制の対象とはなりますが、例外案件での借入の場合は年収の1/3を越えた場合でもお金を借りることが出来る様になっています。

つまり年収300万円の人が既に複数のカードローンから合計100万円借りていた場合であっても、おまとめローンを利用する場合は更に100万円借りることが出来るという事になります。

おまとめローンの融資金は返済にしか使えないので一時的にはなりますが、合計で年収の1/3を超える200万円の借り入れを行っている事になり、これが総量規制の例外となります。

おまとめローンは多重債務者の救済措置とは言い難い

おまとめローンは複数の金融会社から多くの借入金がある場合にはとてもいい話に見えますが、実はそれほど多重債務者を助けることができる仕組みではありません。

積極的に商品を展開している消費者金融のおまとめローンの借入金の上限金額を見てみるとわかりますが、上限が300万円や500万円までしかありません。

さらにおまとめローンの審査は厳しく、返済の滞納などがある場合は審査を通ることが難しいようです。

このように、本当に多重債務者を助けるのであれば上限金額は低いと思いますし、返済の滞納がないならばある程度の余裕がありそれほど切羽詰った状態ではないですし、本当に返済できないほど困っている人は助けることができない仕組みと言ってもいいと思います。

なので、そのような人は上記のしたような詐欺にもかかりやすくなると思うので、本当に困っている場合はおまとめローンの方法をさぐるよりも債務整理をおこなるなどの方法を取るようにしましょう。

債務整理とは

債務整理とは返済が出来ないことを弁護士に相談して元金だけを支払っていき、借入金の利息を払わなくてもいいように措置を取ってもらうことです。

もちろん債務整理を行うことで信用情報に記載されるのでおよそ5年程度カードローンやクレジットカードを利用することが出来なくなりますが、利息だけで返済が厳しくなった場合には仕方ないです。

真面目な方はどうにか返済しようとヤミ金融に手を出してしまいさらに泥沼にはまっていってしまうという状況になってしまうという事もあり得ます。

なので犯罪組織にお金を払ってまでお金を返すよりも、法律でしっかりと定まれた方法で対処するようにしましょう。