オリックス銀行「オリックス銀行カードローン」特徴まとめ

銀行

オリックス銀行は東京に本店を置くオリックス傘下の信託銀行でカードローンは「オリックス銀行カードローン」を展開しています。

オリックス銀行カードローンは他の銀行カードローンと比べても珍しいサービスを行っているというわけではありませんが、ATMの手数料無料であったり、返済方法が選べるなど欲しいサービスはしっかりとあるカードローンとなっています。

そんなオリックス銀行のカードローン「オリックス銀行カードローン」について紹介していくので、カードローン選びの参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

オリックス銀行カードローンの商品概要

オリックス銀行のカードローン「オリックス銀行カードローン」の詳しい商品内容は以下のようになっています。

利用条件
  • 申込時満20歳以上69歳未満の方
  • 安定継続した収入のある方
  • 日本国内に在住の方(外国製の方は永住または特別永住者の方)
  • 保証会社の保証を受けられる方
使用用途自由(事業資金を除く)
契約期間1年(自動更新)
利用限度額10万円~800万円(10万円単位)
金利年1.7%~17.8%

利用限度額金利
700万円~800万円以下年1.7%~4.8%
500万円~700万円以下年3.5%~5.8%
300万円~500万円以下年4.5%~8.8%
150万円~300万円以下年5.0%~12.8%
100万円~150万円以下年6.0%~14.8%
100万円未満年12.0%~17.8%
借入方法振込融資
ATM借入れ
返済方法毎月10日か末日に口座引落し
ATM振込
返済方式残高スライド元利定額リボルビング方式

借入残高返済額
30万円以下7,000円
30万円~50万円以下10,000円
50万円~100万円以下20,000円
100万円~150万円以下30,000円
150万円~200万円以下35,000円
200万円~250万円以下40,000円
250万円~300万円以下45,000円
300万円~400万円以下50,000円
400万円~500万円以下60,000円
500万円~600万円以下70,000円
600万円以上80,000円
担保・保証人不要
保証会社オリックス・クレジット株式会社
申請フィナンシャル株式会社

以上がオリックス銀行カードローンの利用条件や金利、利用限度額などの詳しい商品内容の紹介でした。

オリックス銀行カードローンの特徴

詳しい商品内容を紹介した後はオリックス銀行カードローンの特徴などについて紹介していきます。

利用限度額は800万円まで

オリックス銀行カードローンの利用限度額は10万円~800万円で、利用限度額は通常では1.7%~17.8%に設定されています。

利用限度額の上限800万円は銀行カードローンの中でもトップクラスの金額の高さとなっているので、多くの金額を利用したいという方にとっても十分満足できる金額になっています。

金利については100万円以下の比較的少ない金額を借りる際に重要になる上限金利は年17.8%となっていて、銀行カードローンの平均は年14.5%程度なのでそれと比べるとかなり高い金利となっています。

一方で利用限度額の上限に近い金額をかりる際に重要になる下限金利は年1.7%でカードローンの利用限度額の上限800万円で同額の銀行カードローンでは年3.0%になっていることが多いので、年1.7%というのは平均よりもかなり低い金利となっています。

なのでオリックス銀行カードローンは下限金利を利用する際に最もお得に利用する事が出来るカードローンとなっています。

WEB完結が可能

オリックス銀行カードローンは店頭へ行くことなくインターネットのみで申し込みから契約まで行うことが出来るWEB完結に対応しています。

銀行の中にはインターネットからの申し込みには対応していても最終的に契約を行うには店頭窓口で行わないといけないカードローンもあります。

その場合は窓口が営業している平日の15時前までに店頭へ行く必要がありますが、忙しい方にとっては平日の昼に銀行へ行くのは難しいという方もいると思います。

そんな場合でもオリックス銀行カードローンであれば24時間インターネットからの申し込みから契約までが可能で、自分の好きな時間に行うことができるので、忙しい方であっても手軽に契約を行うことが可能となっています。

銀行カードローンを利用するには利用する銀行の口座が必要になることが多いですが、オリックス銀行カードローンでは口座引落し以外の返済方法も選ぶことが出来るので、オリックス銀行の口座を持っていない場合でも申し込むことが出来ます。

なのでオリックス銀行の口座をわざわざ作らないでも申し込むことが出来るので、オリックス銀行の口座を持っていない場合でも口座開設の手間なく申し込み可能となっています。

即日融資は不可能

信託銀行に限らず一部の規模の大きな銀行などではWEB完結を可能にしている銀行があり、その中には申し込んだその日の内にお金を借りることが出来る即日融資に対応していたカードローンも少なくありませんでした。

銀行カードローンの多くはは申し込みが主にインターネットからなので素早く申し込みから契約までを行うことができるので即日融資を売りにしているカードローンもありましたが、現在ではネット銀行や信託銀行を含め銀行カードローンの即日融資は不可能となっています。

というのも2018年1月から審査が厳しくなり反社会的勢力への融資を防ぐ為に申込者が反社会的勢力に属していないか1度警察のデータベースと照らし合わせる必要ができました。

その参照は銀行自体ができる訳ではなく警察に頼んで行ってもらうので時間が掛かり今までのように申し込んだその日の内に審査結果が出るというスピードを出すことが出来なくなったからです。

なので情報が少し古めの記事などでは即日融資可能となっていることもありますが、全ての銀行では即日融資は不可能と考えてもらっても問題ありません。

ですが即日融資が不可能なのは銀行のカードローンだけで、消費者金融のカードローンは今まで通りに即日融資が可能となっています。

振込融資に対応

カードローンからお金を借りる方法としてATM借入れがありますが、ATMからお金を引き出すにはローンカードが必要になります。

なのでATMからお金を引き出すのに必要になるローンカードは契約後に郵送されてくるので、手元に届くまで基本的にお金を借りる事ができません。

ローンカードが手元に届くまで利用できないというものも多いですが、銀行カードローンの中には振込融資に対応しているものがあり、オリックス銀行カードローンも振込融資に対応しています。

振込融資というのは、ローンカードが手元に届いていない状態であっても振込融資に対応しているカードローンであれば、契約時に銀行にお願いすることで直接口座に金額を振り込んでくれるので、ローンカードが手元に届く前にお金を借りることが出来るサービスの事です。

オリックス銀行カードローンはその振込融資に対応していて、契約後に申請を行えば契約したその日の内に、指定の銀行口座にお金を振り込んでもらうことが可能です。

なので即日融資までの早さではないですが、ローンカードが届くまで待つ必要がないので早く借りたいという方にとってはありがたいカードローンとなっています。

返済方法を選ぶことが可能

多くの銀行カードローンでは返済方法は「口座引落し」か「ATM振込」のどちらかが採用されていますが、オリックス銀行カードローンではどちらにも対応しているので自分に合った返済方法を選ぶことが可能となっています。

口座引落型は毎月指定した日に自動的に指定した銀行口座から返済額が引き落とされる返済方法なので、自分で振り込む手間もなく手軽に返済することが出来ます。

ですが返済には銀行口座が必要であったり、記帳した場合にカードローンからの引き落としがあったことが分かってしまうので、家族などにバレずに利用したいという方にとっては不安の残る返済方法となっています。

ATM振込は毎月10日か末日までに自分でコンビニATMなどから返済額を振り込む必要があるので口座引落しよりも手間は掛かってしまいます。

ですがATM振込であれば銀行の口座を持っていない場合でも新たに開設すること無く利用可能ですし、口座引落しのように記帳した場合でも記録に残る事はないので、誰にも知られずに利用したい場合は安心して利用できる返済方法となっています。

このような2つの返済方法があるので自分に合った返済方法を選択しましょう。

ただし以下の金融機関からは口座引落しを行うことは出来ません

  • ゆうちょ銀行
  • 商工中金
  • 農林中央金庫
  • オリックス銀行
  • セブン銀行、楽天銀行、イオン銀行等のネット系銀行(ただしジャパンネット銀行は除く)
  • 外資系銀行
  • SMBC信託銀行

返済は7,000円から

オリックス銀行カードローンの返済の最低金額は借りている金額の残高が30万円以下の場合の7,000円からとなっています。

他の銀行カードローンでも借りているお金の残高が50万円の時に返済額10,000円というのは普通ですが、残高が10万円になったら○○円と言うように細かく返済額が変わって返済金額が低くなっていき最低返済額が2,000円というカードローンもあります。

オリックス銀行カードローンでは最低返済額の基準が30万円以下なので、最低返済額が7,000円になってしまい、返済額が細かく変わっていくカードローンよりも毎月の返済額が高くなり家計への負担は大きくなってしまいます。

ですが毎月の返済額が多いという事は返済期間も短くなり、その分支払う利息は最低返済額が低いカードローンよりもかなり減らす事ができるので、トータルで考えるとお得にカードローンを利用することができます。

毎月の返済が楽なカードローンか支払利息の少ないカードローンどちらにもメリット・デメリットがありますが、オリックス銀行カードローンは支払利息を抑えたい人におすすめできるカードローンとなっています。

パート・アルバイトの方も利用可能

カードローンを選ぶ際に消費者金融は審査に通りやすくて、銀行は審査に通りにくいというイメージがあると思いますが、銀行のカードローンであってもパート・アルバイト・年金生活者の方であっても利用できるカードローンが存在します。

オリックス銀行カードローンでもパート・アルバイトの方も利用可能となっています。

なので銀行系のカードローンだからといって最初から除外するのではなく、サービスや利便性などがよく使いたいと思った場合は申し込んでみてはいかがでしょうか。

保証会社が2社

カードローンは契約する前に審査を行いますが、この審査を行うのはほとんどの場合銀行自身が行うのではなく外部の保証会社に審査を委託して行ってもらいます。

通常のカードローンでは保証会社は1社の所が多いですが、オリックス銀行カードローンでは保証会社が2社入っています。

保証会社が2社も入っていると両方から保証を受けられないと契約することが出来ないと思ってしまいがちですが、実はそうではなく2社の内どちらかの保証を受けることができれば契約を行うことが出来るようになっています。

どういう事かというと、保証会社は申込者を審査してこの人にお金を貸してもいいというお墨付きをつけるだけではなく、お墨付きをつけた人が返済できなくなって締まった際にその返済できなくなった金額を肩代わりして銀行に支払うという役割もあります。

なので銀行からしてみれば2社の内どちらかが申込者の責任をもってくれればいいということになるので保証会社1社のみから保証を受けるだけでいいという訳です。

なので保証会社が多いと審査が厳しくなるわけではなく、むしろ保証会社が多いほうがチャンスが多くなるので審査に通りやすくなります。

そのような事から保証会社が2社入っているオリックス銀行カードローンは2回のチャンスがあるので他の銀行カードローンよりもより審査に通るチャンスが多いことになるので審査に通る確率を少しでもあげたいという方にとってはおすすめできるカードローンとなっています。

コンビニATMで手数料無料

オリックス銀行カードローンではお金を借りる際にATMを利用することになりますが、オリックス銀行は自社ATMを持っていませんが、都市・地方銀行やコンビニATMなどと提携を行っているので、近くのコンビニにあるATMからもお金を借りることが出来るようになっています。

銀行のカードローンのほとんどはコンビニATMでお金を借りることができますが、手数料無料で利用することができるカードローンはそれほど多くありません。

なのでコンビニATMを利用できても手数料が必要になるので、最も身近にあるであろうコンビニATMを気軽に使えないのでコンビニに寄ったついでに支払うということができず、地方銀行のATMや提携銀行ATMで利用することになってしまいがちです。

ですがオリックス銀行カードローン銀行ATMやコンビニATMに関わらず利用することが出来るATM全てで曜日や時間関係なくいつでも手数料無料で利用することが可能となっています。

なので出先であってもコンビニなどがあれば簡単に返済から借入れまで行うことが出来るのでとても便利に利用することが出来ます。

オリックス銀行カードローンで利用できるATMは以下のようになっています。

手数料無料ATM

セブン銀行
イーネット
ローソンATM
イオン銀行
三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
西日本シティ銀行
ゆうちょ銀行

全国から申込可能

店舗型の銀行の場合は本店や支店がある地域に住んでいるか、勤務していないとカードローンに申し込む事ができないという場合も多いですが、オリックス銀行であれば店舗がないので日本中どこからでも申し込むことができます。

返済も口座引落しと全国のコンビニATMなどからできますし、現金を引き出すのもコンビニやゆうちょ銀行から行うことができるので、便利に利用することが可能となっています。

なので自分の地域の銀行で納得いくカードローンが無いという場合はオリックス銀行カードローンを検討してみてはいかがでしょうか。

申し込み可能な上限年齢が高い

カードローンには新規で申し込める年齢には上限があり、銀行カードローンでは60歳~65歳程度までとなっている場合が多いです。

オリックス銀行カードローンではカードローンを申し込むことが出来る年齢が69歳までと高い年齢に設定されていて、平均から見ると5年~10年程度長くカードローンを利用することが出来ることになります。

年を重ねても冠婚葬祭などの急な出費がある事は変わらないので、長く使えるということはそれだけで大きなメリットになります。

スポンサードリンク

オリックス銀行カードローン評価まとめ

以上がオリックス銀行のカードローン「オリックス銀行カードローン」の詳しい商品内容や特長などの紹介でした。

オリックス銀行カードローンは利用限度額も高く、下限金利がかなりお得に利用することが出来るカードローンとなっていますが、上限金利は17.8%と銀行カードローンと比べると高い金利になっています。

またオリックス銀行カードローンは、他の銀行カードローンに引けを取らない利便性の高さがありますが、インターネットバンキングなどでの返済が出来ないのは若干残念な点でもあります。

ですが返済方法が選べたり、提携ATMが無料で利用できたりと利便性が高いのは間違いないカードローンとなっています。