楽天銀行「スーパーローン」特徴まとめ

銀行

楽天銀行は楽天の子会社で、カードローン「スーパーローン」を展開しています。

楽天は言わずと知れた通販サイトなど多くの事業を手がけている会社で楽天銀行として銀行としての業務も行っています。

そんな楽天銀行は楽天の子会社らしく利用することで楽天スーパーポイントを貰うことが出来たり、キャンペーンでお得に利用することが出来るようになっています。

そんな楽天銀行のカードローン「スーパーローン」について紹介していくので、カードローン選びの参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

スーパーローンの商品概要

楽天銀行のカードローン「スーパーローン」の詳しい商品内容は以下のようになっています。

利用条件
  • 満20歳以上62歳以下の方
    ※ただしパート・アルバイトの方、及び専業主婦の方は60歳以下
  • 安定継続した収入のある方、または専業主婦の方
  • 保証会社の保証を受けられる方
使用用途自由(事業資金を除く)
契約期間1年(自動更新)
利用限度額10万円~800万円(10万円単位)
金利年1.9%~14.5%

利用限度額金利
800万円年1.9%~4.5%
600万円~800万円未満年3.0%~7.8%
500万円~600万円未満年4.5%~7.85%
350万円~500万円未満年4.9%~12.5%
300万円~350万円未満年4.9%~12.5%
年200万円~300万円未満年6.9%~14.5%
100万円~200万円未満年9.6%~14.5%
10万円~100万円未満年14.5%
借入方法ATM借入れ
振込融資
返済方法毎月1日、12日、20日、27日指定口座から口座引落し
ATM返済
インターネット返済
返済方式残高スライド元利定額リボルビング方式

借入残高返済額
10万円以内2,000円
10万円~30万円以内5,000円
30万円~50万円以内5,000円
50万円~100万円以内15,000円
100万円~150万円以内20,000円
150万円~200万円以内30,000円
200万円~250万円以内35,000円
250万円~350万円以内40,000円
350万円~400万円以内45,000円
400万円~500万円以内50,000円
500万円~600万円以内60,000円
600万円~700万円以内80,000円
700万円~800万円以内100,000円
収入証明書必要
担保・保証人不要
保証会社楽天カード株式会社
株式会社セディナ

以上がスーパーローンの利用条件や金利、利用限度額などの詳しい商品内容の紹介でした。

スーパーローンの特徴

詳しい商品内容を紹介した後はスーパーローンの特徴などについて紹介していきます。

利用限度額は800万円まで

スーパーローンの利用限度額は10万円~800万円で、利用限度額は通常では1.9%~14.5%に設定されています。

利用限度額の上限800万円は銀行カードローンの中でもトップクラスの金額の高さとなっているので、多くの金額を利用したいという方にとっても十分満足できる金額になっています。

金利については100万円以下の比較的少ない金額を借りる際に重要になる上限金利は年14.5%となっていて、銀行カードローンの平均と同じ数字となっています。

ネット銀行の中には年18%程度に設定されている場合もあるので、それと比べるとネット銀行の中では低めの金利になっていると言えます。

一方で利用限度額の上限に近い金額をかりる際に重要になる下限金利は年1.9%でカードローンの利用限度額の上限800万円で同額の銀行カードローンでは年3.0%になっていることが多いので、年1.9%というのは平均よりもかなり低い金利となっています。

なのでスーパーローンは上限金利、下限金利どちらを利用する際に最もお得に利用する事が出来るカードローンとなっています。

WEB完結が可能

スーパーローンは店頭へ行くことなくインターネットのみで申し込みから契約まで行うことが出来るWEB完結に対応しています。

銀行の中にはインターネットからの申し込みには対応していても最終的に契約を行うには店頭窓口で行わないといけないカードローンもあります。

その場合は窓口が営業している平日の15時前までに店頭へ行く必要がありますが、忙しい方にとっては平日の昼に銀行へ行くのは難しいという方もいると思います。

ですがネット銀行である楽天銀行であれば24時間インターネットからの申し込みから契約までが可能で、自分の好きな時間に行うことができるので、忙しい方であっても手軽に契約を行うことが可能となっています。

カードローンを利用するには利用するカードローンの提供元の銀行の口座が必要になることも珍しくありませんが、スーパーローンであれば楽天銀行以外の銀行口座を引き落とし口座として登録することが出来ます。

なのでスーパーローンを利用する際に楽天銀行の口座を持っていない場合でも新しい口座を開設する事なく利用することが出来るのでとても便利になっています。

即日融資は不可能

ネット銀行に限らず一部の規模の大きな銀行などではWEB完結を可能にしている銀行があり、その中には申し込んだその日の内にお金を借りることが出来る即日融資に対応していたカードローンも少なくありませんでした。

ネット銀行の場合は申し込みが主にインターネットからなので素早く申し込みから契約までを行うことができるので即日融資を売りにしているカードローンもありましたが、現在ではネット銀行を含め銀行カードローンの即日融資は不可能となっています。

というのも2018年1月から審査が厳しくなり反社会的勢力への融資を防ぐ為に申込者が反社会的勢力に属していないか1度警察のデータベースと照らし合わせる必要ができました。

その参照は銀行自体ができる訳ではなく警察に頼んで行ってもらうので時間が掛かり今までのように申し込んだその日の内に審査結果が出るというスピードを出すことが出来なくなったからです。

なので情報が少し古めの記事などでは即日融資可能となっていることもありますが、全ての銀行では即日融資は不可能と考えてもらっても問題ありません。

ですが即日融資が不可能なのは銀行のカードローンだけで、消費者金融のカードローンは今まで通りに即日融資が可能となっています。

期間限定で金利が半額になることも

スーパーローンの通常金利は年1.9%~14.5%となっていますが、期間限定で金利が引き下げが行われることがあります。

金利引下げ幅は通常金利の半分になるので、キャンペーン中は年0.8%~7.25%という金利が適応される事になります。

ですがこの期間中に申し込んだからといってずっとキャンペーン中の金利が適応される訳ではなく、半分の金利が適応されるのはキャンペーン期間中のみとなります。

なのでずっと続く訳ではありませんが、金利が半分の期間の間にいつも通りの返済額を支払うと通常よりも多くの元金(借りているお金の残高)を減らすことができるので早く返済を終わらせる事もできます。

もちろん金利が半額の内に何かをしないといけないというわけではありませんが、金利半額期間を有効に使うことも可能となっています。

初めての利用で楽天スーパーポイントを貰うことも可能

スーパーローンでは初めて利用した際に楽天スーパーポイントを貰うことができるようになっています。

1つ目の特典はスーパーローンの審査を通る事で「1,000ポイント」獲得することができ、これは審査に通るだけで貰うことが出来るのでとても簡単に獲得できます。

2つ目の特典は審査を通過後、初めてスーパーローンからお金を借りた翌月に借りた金額が幾ら残っている金額に応じて更に楽天スーパーポイントを獲得することが出来ます。

利用残高獲得ポイント
20万円~30万円未満500ポイント
30万円~50万円未満1,000ポイント
50万円~80万円未満2,000ポイント
80万円~100万円未満3,000ポイント
100万円~200万円未満10,000ポイント
200万円~300万円未満12,000ポイント
300万円~400万円未満15,000ポイント
400万円~800万円以下30,000ポイント

このような金額で最大3万ポイントを貰うことができるので、貰ったポイント分を返済に充てるなどお得に利用することができます。

ですが以下の条件をみたす方は利用不可なので注意して下さい。

  • 過去6ヶ月に「マイワン」「楽天銀行スーパーローン」を申し込みされている場合
  • すでに「マイワン」「楽天銀行スーパーローン」を申し込みされている方
  • いたずらや重複あど、申込内容として相応しくない入力が見られた場合
  • ブラウザのクッキーの設定を有効にされていない環境で利用した場合
  • その他楽天銀行が相応しくないと判断した場合

返済方法を選ぶことが可能

多くの銀行カードローンでは返済方法は「口座引落し」か「ATM振込」のどちらかが採用されていますが、スーパーローンではどちらにも対応しているので自分に合った返済方法を選ぶことが可能となっています。

口座引落型は毎月指定した日に自動的に楽天銀行や指定銀行の口座から返済額が引き落とされる返済方法なので、自分で振り込む手間もなく手軽に返済することが出来ます。

ですが返済には銀行口座が必要であったり、記帳した場合にカードローンからの引き落としがあったことが分かってしまうので、家族などにバレずに利用したいという方にとっては不安の残る返済方法となっています。

ATM振込は毎月1日、12日、20日、27日のどれかを返済日と決めてその日までにコンビニATMなどから返済額を振り込む必要があるので口座引落しよりも手間は掛かってしまいます。

ですがATM振込であれば、口座引落しのように記帳した場合でも記録に残る事はないので、誰にも知られずに利用したい場合は安心して利用できる返済方法となっています。

またスーパーローンではスーパーローン利用者限定の専用サイト「メンバーズデスク」があり、このメンバーズデスクはインターネットバンキングのようなもので登録することでインターネットから返済を行うことが可能となります。

メンバーズデスクへの登録も無料で、メンバーズデスクからの返済も手数料無料で行うことができるのでとても便利に利用することができます。

なのでスーパーローンを利用する場合はメンバーズデスクの登録を忘れないようにしましょう。

このような3つの返済方法があるので自分に合った返済方法を選択しましょう。

返済額は2,000円から

スーパーローンの返済額は借りているお金の残高が10万円以下の場合は毎月2,000円からとなっているので、毎月の返済額が少なく家計の負担になりにくく気軽に利用することが出来るようになっています。

気軽に利用することは利点ではありますが、逆を言うと毎月の返済額が少ないという事は完済するまでの期間が長くなるという事で、期間が長くなるとその分利息を多く支払う必要があります。

なので出来るだけ支払う利息を抑えたいという場合は毎月の返済額に加えて繰上げ返済を行うことが重要になります。

繰上げ返済とは随時返済とも呼ばれ、毎月の返済額に加えてお金を振り込むことで、より早く借りている金額を減らすことができる返済方法です。

毎月の返済額はその中から利息分を引いた金額が返済金額となるので、毎月支払っている金額が全て借りている金額の返済に充てられているわけではありません。

ですが繰上げ返済を行うと繰上げ返済で支払った金額はそのまま全て借りているお金の返済に充てられるのでより素早く借りている金額を減らすことができます。

なので支払う利息を減らしたいという場合は毎月の返済だけでなく、無理のない程度に繰上げ返済を行うようにしましょう。

パート・アルバイト・専業主婦の方も利用可能

カードローンを選ぶ際に消費者金融は審査に通りやすくて、銀行は審査に通りにくいというイメージがあると思いますが、銀行のカードローンであってもパート・アルバイト・年金生活者の方であっても利用できるカードローンが存在します。

スーパーローンでもパート・アルバイト・専業主婦の方も利用可能となっています。

また学生はアルバイトをしている場合でも利用不可のカードローンも少なくありませんが、スーパーローンであればアルバイトをしている学生でも利用可能となっています。

パート・アルバイトの方たちはそれほど収入が多いわけではないので、借りる事ができる金額は低くなりがちですが、その際に重要になってくるのは上限金利です。

その上限金利は消費者金融のカードローンと銀行カードローンの平均を比べると4%近く差があり、数百万円借りる際に重要になる下限金利よりも大きな差があります。

なので少額のお金を借りる時こそ銀行カードローンを利用するのがお得になるので、パート・アルバイトなどの方も消費者金融カードローンだけでなく銀行カードローンも選択肢に入れてみましょう。

金利は変動金利型

カードローンの多くは固定金利型といって基本的には金利は一定となっている金利方式を採用していますが、金利が低めのカードローンで採用されていることが多い方式が変動金利型です。

この変動金利型は固定金利型のように金利が一定ではなく、年に2回程金利の見直しが行われるので金利が変わっていく金利方式となっています。

住宅ローンや自動車ローンでは契約時の金利が適応されて金利が変動しても金利は変わらないというプランもありますが、カードローンでは金利が変更されると契約後であっても、カードローンの金利に反映されることになります。

ですが一気に数%の金利が上昇するといった金利が極端に上がり下がりすることは基本的にないので、それほど気にする必要はないかもしれません。

保証会社が2社

カードローンは契約する前に審査を行いますが、この審査を行うのはほとんどの場合銀行自身が行うのではなく外部の保証会社に審査を委託して行ってもらいます。

通常のカードローンでは保証会社は1社の所が多いですが、スーパーローンでは保証会社が2社入っています。

保証会社が2社も入っていると両方から保証を受けられないと契約することが出来ないと思ってしまいがちですが、実はそうではなく2社の内どちらかの保証を受けることができれば契約を行うことが出来るようになっています。

どういう事かというと、保証会社は申込者を審査してこの人にお金を貸してもいいというお墨付きをつけるだけではなく、お墨付きをつけた人が返済できなくなって締まった際にその返済できなくなった金額を肩代わりして銀行に支払うという役割もあります。

なので銀行からしてみれば2社の内どちらかが申込者の責任をもってくれればいいということになるので保証会社1社のみから保証を受けるだけでいいという訳です。

なので保証会社が多いと審査が厳しくなるわけではなく、むしろ保証会社が多いほうがチャンスが多くなるので審査に通りやすくなります。

そのような事から保証会社が2社入っているスーパーローンは2回のチャンスがあるので他の銀行カードローンよりもより審査に通るチャンスが多いことになるので審査に通る確率を少しでもあげたいという方にとってはおすすめできるカードローンとなっています。

コンビニATMで手数料無料

スーパーローンではお金を借りる際にATMを利用することになりますが、楽天銀行は自社ATMを持っていませんが、コンビニATMと提携を行っているので、近くのコンビニにあるATMからもお金を借りることが出来るようになっています。

銀行のカードローンのほとんどはコンビニATMでお金を借りることができますが、手数料無料で利用することができるカードローンはそれほど多くありません。

なのでコンビニATMを利用できても手数料が必要になるので、最も身近にあるであろうコンビニATMを気軽に使えないのでコンビニに寄ったついでに支払うということができず、地方銀行のATMや提携銀行ATMで利用することになってしまいがちです。

ですが楽天銀行では利用できるコンビニATM全てで曜日や時間関係なくいつでも手数料無料で利用することが可能となっています。

さらにスーパーローンではインターネットやスマートフォンのアプリからも借入れを手数料無料で行うことも出来るので、出先であっても家であっても便利に返済や借入れを行うことが可能となっています。

楽天銀行カードローンで利用できるATMは以下のようになっています。

手数料無料ATM

ローソンATM
イーネット
セブン銀行
イオン銀行
三井住友銀行
みずほ銀行

手数料有料ATM

三菱東京UFJ銀行
りそな銀行
しんきんバンク

全国から申し込み可能

店舗型の銀行の場合は本店や支店がある地域に住んでいるか、勤務していないとカードローンに申し込む事ができないという場合も多いですが、楽天銀行であれば日本中どこからでも申し込むことができます。

返済も口座引落しと全国のコンビニATMなどからできますし、現金を引き出すのもコンビニから行うことができるので、便利に利用することが可能となっています。

なので自分の地域の銀行で納得いくカードローンが無いという場合は楽天銀行スーパーローンを検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

スーパーローン評価まとめ

以上が楽天銀行のカードローン「スーパーローン」の特長や詳しい商品内容の紹介でした。

スーパーローンはネット銀行の中ではかなりの低金利で、店舗型の銀行と比べても遜色のない金利となっているので、ネット銀行利便性の高さと銀行の金利の低さを併せ持ったカードローンです。

さらに楽天らしくポイントが貰えたり、金利が半額になるサービスなども行っているので、お得に利用したいという方にとってはおすすめできます。

楽天IDを既に持っている場合は個人情報などの入力を省くことも可能なので既に楽天ユーザーの方はより便利に利用することができなど楽天ユーザーやお得に利用したいという方にとっておすすめできるカードローンとなっています。