レイクに銀行法が適応される理由は?実は既に新生銀行のカードローンのブランド名となっている

困る男性

レイクは最近でもテレビなどでCMを頻繁に行っているので、多くの方が知っているカードローンですよね。

一定の年齢以上の方であればレイクと聞いたら消費者金融と思い浮かぶかも知れませんが、実は今は銀行カードローンとして営業しています。

今回は消費者金融大手だったレイクがなぜ銀行カードローンとなったのかや、銀行カードローンであれば金利は安く利用できるのかなどの疑問について紹介してきます。

スポンサードリンク
合わせて読みたい
     
街金とは?ヤミ金やサラ金との違いについてまとめ…利息は高くなるがブラック状態でも借りれる可能性もある          
     
銀行個人向けローン即日融資の停止へ…審査の厳格化とサービスの縮小の可能性も?          
     
カードローンとフリーローンどちらを優先的に返済していくべき?…金利の違いでカードローンから支払うべき          
     
一括返済の方法とメリットまとめ…利息を抑えたい場合は繰り上げ返済併用して素早く完済しよう          
     
約定返済・随時返済の違いとは?会社やメディアによって呼び方が異なる場合があるので注意          
     
カードローンの利用限度額を増額(増枠)する方法と審査に必要なポイントまとめ          
     
転勤や単身赴任時に地方銀行からお金を借りてたらどうなるのか…一括返済を求められる可能性も          
     
利息制限法とは?…高金利などから消費者を守ってくれる法律          
     
転職直後はカードローンの審査で不利な理由…ただし絶対に借りることが出来ないわけではない          
     
カードローンに時効は存在する?消滅時効までの年数と仕組みを紹介します          

以前までレイクは消費者金融だった

かつてレイクといえば、現在でも消費者金融の大手であるアコムやアイフルなどの消費者金融大手としてカードローンを展開してきたので、消費者金融「レイク」というイメージの強い方も多いでしょう。

現在では新生銀行のカードローン「新生銀行カードローン レイク」としてカードローンの商品名、ブランドとして残っています。

「新生銀行カードローン」という言葉が頭に付いたとしても、やはり「レイク」という言葉の印象が強いですし、後で紹介しますがカードローン内容も消費者金融の物と近いので銀行カードローンなのか消費者金融カードローンなのか分かりづらくなっています。

今回の記事で銀行カードローンとなった経緯や商品の特長などについても紹介していくので、レイク=銀行カードローンというイメージ出来るように役立てば幸いです。

なぜ新生銀行の商品になったか

そもそも今現在でも「レイク=消費者金融」とイメージできるほど会社の規模が大きく、知名度も高かったレイクが商品ブランドとしてなんとか残っているような状況になったんでしょうか。

きっかけは2006年の貸金業法の改正で、この改正で多くの消費者金融が大ダメージを受け、アイフル以外は会社単体で運営することが出来なくなる程のダメージを受けました。

この貸金業法改正では、「総量規制の導入」「グレーゾーン金利の廃止」「取り立ての適正化」「闇金融対策の強化」などが行われ、特に消費者金融に大金ダメージを与えたのが、「総量規制の導入」と「グレーゾーン金利の廃止」でした。

というのも貸金業法改正前までは規制なくいくらでも貸すことも借りることも出来ましたが、総量規制の導入で年収の1/3までしか貸すことができなくなり、貸し出す金額に制限がかかることになります。

さらにグレーゾーンという法律の穴を突いて高額の利息を得ていた金利態勢が見直され、さらにグレーゾーン金利で法律で定められた金利以上に受け取っていた利息を返還する必要が発生しました。

これを「過払い金問題」といい1人数百万という規模になる事も珍しくなく、総量規制で利益を抑えられている上に、過払い金問題が発生したので多くの消費者金融は経営が厳しくなり、アイフルを除き全ての大手消費者金融は銀行傘下に入ることになります。

ここまでは他のアコムやプロミスも同様の流れで銀行のグループ会社として銀行傘下にはなりますが、今も消費者金融として会社は存続しています。

レイクの場合はグループ会社ではなく、新生銀行の子会社となったので新生銀行の一部として「新生フィナンシャル」という名前に変更されてレイクの名前は消えてしまいます。

なので会社としてのレイクは「新生フィナンシャル」となり保証会社として消費者金融時代の審査能力を活かし銀行カードローンの審査を行うなどしています。

レイクという会社はなくなってしまいましたが、最初に紹介したように消費者金融としての知名度は抜群に高いので、新生銀行のカードローンの名前として「レイク」を使い、その審査を元レイクの新生フィナンシャルが行っているという現状になっています。

このようにレイクという名前ではありますが、会社名ではなく銀行カードローンの商品名としてなので、「新生銀行カードローン レイク」は銀行が直接運営して提供するカードローンという事になります。

スポンサードリンク

消費者金融に近い商品内容

紹介してきたような経緯でレイクは銀行カードローンとなりましたが、商品内容を見てみると他の銀行カードローンとは違い明らかに消費者金融に近い商品内容になっています。

銀行カードローンであれば上限金利が年14.5%程度と低くなっていることがほとんどですが、レイクでは消費者金融カードローンの上限金利と同等の年18%に設定されています。

その他にもはじめての利用の場合は30日間無利息であったり、5万円までなら180日間無利息など消費者金融のようなサービスも行っています。

なのでレイクが銀行カードローンだと知らない方が見ればこれは消費者金融のカードローンだなと思ってしまうでしょうし、銀行カードローンになったとなんとなく知っている方が見ればより消費者金融なのか銀行カードローンなのか分からなくなると思います。

そのくらい消費者金融のカードローンと似た内容になっています。

ですが消費者金融と違う点として、今現在は銀行が自主規制として総量規制と同等程度しか借りることが出来ませんが、法律的には総量規制にとらわれずに年収の1/3以上の金額を借りることが可能となっています。

さらに口座引落や振込融資にも対応しているので、利便性が高く総量規制の対象外の消費者金融カードローンのような特長を持った銀行カードローンと言えます。

ですが2018年1月から銀行カードローンでの即日融資が不可能になり、レイクもその影響を受け消費者金融並の金利でありながら即日融資が出来なくなるということなので、特長であった利便性の高さの中でも大きな部分を占める即日融資ができなくなりました。

レイクと消費者金融カードローンをどちらかを選ぼうとした際に、自主規制で総量規制と同等までしか借りれず、即日融資も不可能なレイクを選ぶ理由が少なくなってしまっているかもしれません。

まとめ

以上がレイクに銀行法が適応される理由とその経緯の紹介でした。

新生銀行はレイクの知名度を利用してカードローンの名前にしたのでしょうが、利用者からしてみると消費者金融のイメージが強いレイクが銀行法ってどういう事?と思うのも仕方ないと思います。

なので今回紹介したような経緯やレイクは新生フィナンシャルという会社になっているという事を理解しておくことで、なぜレイクが銀行法が適応されるのかが分かりやすいと思います。

元消費者金融で、銀行が適応される消費者金融カードローンの内容に近い銀行カードローンというのは他には存在しないレイクのみの特殊なカードローンとなっています。