清水銀行「ピアカードローン」「スピードカードローン」「トクトクカードローン」「アシストカードローン」「ナイスカードローン」「SHIMIZU With Card付帯型カードローン」まとめ

銀行

清水銀行は静岡県静岡市に本店を置く地方銀行で、カードローンは「ピアカードローン」「スピードカードローン」「トクトクカードローン」「アシストカードローン」「ナイスカードローン」「SHIMIZU With Card付帯型カードローン」の6つを展開しています。

6つものカードローンを展開している銀行もほとんど見かけることはないので、これだけカードローンの種類がどれを選べば良いのか分からなくなると思います。

なのでそれぞれの商品詳細や特徴などについて紹介していくので、カードローン選びの参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

Contents

ピアカードローンの商品概要

清水銀行のカードローン「しみずピアカードローン」の詳しい商品内容は以下のようになっています。

利用条件・申込時満20歳以上64歳未満の方
・安定した収入がある方
・保証会社の保証を受けられる方
 ※パート・アルバイトの方も利用可能。主婦学生の方は利用不可
使用用途自由(事業資金を除く)
契約期間1年(自動更新)
利用限度額50万円~1,000万円

50万円・100万円・200万円・300万円・400万円・500万円・1,000万円のいずれか

※住宅コースは上限300万円・給与振込コースは上限200万円

金利年2.8%~9.8%

利用限度額金利
1,000万円年2.8%
500万円年3.8%
400万円年5.0%
300万円年7.0%
200万円年9.0%
100万円年9.8%
50万円年9.8%
300万円(住宅コース)年4.5%
200万円(給与振込コース)年7.0%
借入方法ATM借入れ
返済方法口座引落し
返済方式残高スライド元利定額リボルビング方式

借入残高返済額
3,000円以下全額
3,000円~10万円以下3,000円
10万円~30万円以下5,000円
30万円~50万円以下10,000円
50万円~100万円以下20,000円
100万円~150万円以下30,000円
150万円~250万円50万円増す毎に+10,000円
250万円~500万円以下60,000円
500万円以上120,000円
収入証明書が必要になる金額50万円以上
遅延損害金年15.0%
担保・保証人不要
保証会社株式会社オリエントコーポレーション

以上が清水銀行カードローンピアカードローンの利用条件や金利、利用限度額などの詳しい商品内容についての紹介でした。

ピアカードローンの特徴

詳しい商品内容を紹介した後はピアカードローンの特徴などについて紹介していきます。

利用限度額は1,000万円まで

ピアカードローンの利用限度額は1,000万円まで、金利は年2.8%~9.8%に設定されています。

利用限度額の上限の1,000万円はカードローンの中でもトップクラスの利用限度額となっていて、ネット銀行ではこれ以上の金額はありますが、店舗型の銀行の中では最も高い金額です。

日本の最大手の銀行のメガバンク「東京三菱UFJ銀行」「みずほ銀行」「三井住友銀行」の3社でも最高でも800万円までとなっているので、1,000万円という金額の大きさがわかると思います。

なので大きな金額を借りたいという方にとっても満足できる限度額になっていると思います。

ただし上限は1000万円までですが、借りられる金額のコースが1,000万円の下が500万円となっているので、その間の金額を借りたいという場合には審査で1000万円の返済能力を求められる事になるので、審査が厳しめになってしまうかもしれません。

金利については、100万円以下の比較的少なめの金額を借りる際に重要になる上限金は年9.8%となっていて、これは他の銀行カードローンの平均14.5%と比べるとかなりの低金利になっているのでお得に利用することが可能となっています。

一方で利用限度額の上限を借りる際に重要になる下限金利は2.8%となっていて、利用限度額の上限1,000万円と合わせて他の銀行カードローンと比べると、1%後半~3%程度に設定されている事が多いので平均的な金利と言えます。

なのでピアカードローンは利用限度額の上限も高く、上限金利も低いので大きな金額を借りたい方、少額を安く借りたい方両方共におすすめできるカードローンとなっています。

住宅ローン・給与振込利用でお得に利用可能

ピアカードローンでは清水銀行で住宅ローン又は、給与振込を利用している場合は利用限度額に制限はかかりますが通常よりもお得に利用することが可能となっています。

住宅ローンを利用している場合は上限が300万円で金利は年4.5%となるので、通常の金利よりも2.5%程度低くなっています。

清水銀行の口座に毎月10万円以上の給料が振り込まれている場合に、上限は200万円になりますが、金利は年7.0%となるのでこちらも2%程度低くすることが出来ます。

カードローンの為に住宅ローンを組むことは出来ませんが、給与振込ならば比較的簡単に行うことが出来るので、利用限度額の上限が200万円でも大丈夫な方はできるだけこの給与振込を行ってお得に利用するようにしましょう。

条件付きでWEB完結に対応

ピアカードローンはインターネットからの申し込みに対応しているので、店頭へ行くこと無く申し込みから契約までインターネットで行うことができるWEB完結に対応しています。

地方銀行の中にはインターネットからの申し込みには対応していても最終的に契約を行うには店頭窓口で行わないといけないカードローンもあります。

その場合は窓口が営業している平日の15時前までに店頭へ行く必要がありますが、忙しい方にとっては平日の昼に銀行へ行くのは難しいという方もいると思います。

そんな場合でもWEB完結であれば24時間インターネットからの申し込みが可能で、自分の好きな時間に行うことができるので、忙しい方であっても時間を気にせず手軽に契約を行うことが可能となっています。

ただしWEB完結を行えるのは利用限度額が300万円以下である事と清水銀行の口座を申込時に持っている事が条件となっているので、300万円を超える金額を借りれる場合と口座を持っていない場合はWEB完結を行うことが出来ませんが、それでも店頭へは行くこと無く郵送で契約を行うことができます。

即日融資には非対応

ピアカードローンは条件次第でWEB完結に対応していますが、WEB完結に対応している銀行カードローンで可能な事が多い即日融資には対応していません。

というのもピアカードローンでWEB完結で申込んだ場合で最短即日で審査結果を知ることが出来ますが、振込融資にも対応していないので、契約後からもお金を借りることが出来るまである程度の時間が必要になってしまいます。

振込融資というのは、お金をATMから引き出すためにはローンカードが必要になりますが、地方銀行ではローンカードを郵送で送るしか無いので、手元にカードが届くまでお金を借りることが出来ません。

ですが振込融資に対応しているカードローンであれば、銀行にお願いすることで直接口座に金額を振り込んでくれるので、ローンカードが手元に届く前にお金を借りることが出来るサービスの事です。

なので少しでも早くお金を借りたいと急いでいる人には不向きなカードローンかもしれません。

パート・アルバイトの方でも利用可能

カードローンを選ぶ際に消費者金融は審査に通りやすくて、銀行は審査に通りにくいというイメージがあると思いますが、銀行のカードローンであってもパート・アルバイト・専業主婦の方であっても利用できるカードローンが存在します。

ファーストバンクでもパート・アルバイトの方でも利用することが可能ですが、学生と専業主婦の方は利用することができないので注意しましょう。

パート・アルバイトの方たちはそれほど収入が多いわけではないので、借りる事ができる金額は低くなりがちですが、その際に重要になってくるのは上限金利です。

その上限金利は消費者金融のカードローンと銀行カードローンを比べると4%近く差があり、数百万円借りる際に重要になる下限金利よりも大きな差があります。

なので少額のお金を借りる時こそ銀行カードローンを利用するのがお得になるので、パート・アルバイトなどの方も消費者金融カードローンだけでなく銀行カードローンも選択肢に入れてみましょう。

清水銀行の口座がなくても申込可能

ピアカードローンの返済方法は口座引落しなので、利用するためには清水銀行の口座が必要になりますが、カードローン申込と同時に口座開設も行えるので申し込む時点で持っていなくても申込は可能となっています。

その代わりに口座を持っていな場合はインターネットだけで契約を行うことが出来るWEB完結は行うことが出来ず、郵送でのやり取りが必要になるので時間がかかってしまいますが、店頭へ行かずにカードローン契約ができるのは変わりません。

清水銀行にはインターネット支店があるので、全国どこからでもインターネットのみで口座開設が可能となっているので、WEB完結でスムーズに契約を行いたい場合は事前に口座を作っておいてその後申し込むといいでしょう。

全国から申し込みが可能

地方銀行の多くは銀行の本店や支店がある地域に住んでいるか、勤務先がある人でないとカードローンに申し込むことすら出来ないという銀行カードローンがほとんどです。

ですがピアカードローンは地方銀行であっても日本全国どこからでも申し込みが可能となっています。

地方銀行が本支店がある地域でしか利用できないのは口座を作成が店頭でしか行えなかったりなどの理由がありますが、ピアカードローンではインターネット支店があるのでインターネットやアプリを利用できればどこからでも口座開設が可能になっています。

返済に関しては口座引落しなので清水銀行の口座があれば行えますし、借入れも清水銀行のない地域であってもコンビニATMを利用して行うことができるので問題なく利用することが可能です。

なので気になっている方は静岡県外の方であっても是非ピアカードローンを検討してみてはいかがでしょうか。

セブン銀行・イオン銀行ATMで手数料無料

ピアカードローンはお金を借りる際にATMを利用することになりますが、清水銀行ATMの他にもコンビニのATMなどと提携を行っているので、近くのコンビニにあるATMからもお金を借りることが出来るようになっています。

地方銀行のカードローンのほとんどはコンビニATMでお金を借りることができますが、手数料無料で利用することができるカードローンは多くありません。

なのでコンビニATMを利用できても手数料が必要になるので、最も身近にあるであろうコンビニATMを気軽に使えないのでコンビニに寄ったついでに支払うということができず、地方銀行のATMや提携銀行ATMで利用することになってしまいがちです。

ですがピアカードローンではセブン銀行ATMとイオン銀行ATMを利用する際は時間帯や時間に制限はありますが、手数料無料で利用することが可能となっています。

全てのコンビニATMで手数料がかからないのが理想ですが、セブン銀行ATMはセブンイレブンだけでなくイオンなどにも設置されているので清水銀行ATMやイオン銀行ATMなどと合わせて利用するとそれほど手数料無料のATMを見つけるのには苦労しないでしょう。

ピアカードローンで利用できるATMは以下のようになっています。

手数料無料ATM

清水銀行
セブン銀行
イオン銀行

手数料有料ATM

ゆうちょ銀行
ローソンATM
イーネット
その他提携金融機関

スポンサードリンク

しみずスピードカードローンの商品概要

清水銀行の2つ目のカードローン「スピードカードローン」の詳しい商品内容は以下のようになっています。

利用条件・申込時満20歳以上65歳未満の方
・保証会社の保証を受けられる方
使用用途自由(事業資金を除く)
契約期間3年(自動更新)
利用限度額30万円~100万円

30万円・50万円・100万円
金利年14.9%
借入方法ATM借入れ
返済方法毎月10日口座引落し
返済方式元利定額リボルビング方式

利用限度額返済額
30万10,000円
50万円15,000円
100万円20,000円
収入証明書が必要になる金額50万円以上
担保・保証人不要
保証会社株式会社オリエントコーポレーション

以上が清水銀行スピードカードローンの利用条件や金利、利用限度額などの詳しい商品内容の紹介でした。

スピードカードローンの特徴

詳しい商品内容を紹介した後はスピードカードローンの特徴などについて紹介していきます。

利用限度額は低め

スピードカードローンの利用限度額は30万円~100万円で、金利は年14.9%のみとなっています。

利用限度額の上限100万円は、他の銀行カードローンと比べてもかなり低い金額となっているので、この金額では物足りないと感じる方もいるかもしれません。

金利は他のカードローンのように○%~○%というような幅がなく14.9%のみとなっていて、いくら借りた場合でも金利に変化はありません。

利用限度額の100万円と合わせて他の銀行カードローンと比べると14.5%程度となっている場合が多いので、平均的な金利になっていると言えます。

なのでスピードカードローンは少額の借入れでも大丈夫という方におすすめできるカードローンとなっています。

返済方式は元利定額リボルビング方式

ほとんどのカードローンの返済方式は「残高スライド元利定額リボルビング方式」を採用していますが、スピードカードローンは「元利定額リボルビング方式」を採用しています。

残高スライド元利定額リボルビング方式は借りている金額の残高に応じて返済額が変わっていく返済方式です。

毎月の返済額は少なくなるので毎月の負担が軽くなるというメリットがありますが、毎月の返済額だけでは返済期間が長くなってしまうので結果的に利息を多く支払う事になってしまうデメリットもあります。

ですがスピードカードローンで採用されている「元利定額リボルビング方式」は残高スライドという文字が消えているように、借りている金額が減っても毎月の返済額が減ることはなく最初から最後まで一定の返済額を返済していくことになります。

この場合は毎月の返済額が残高スライドよりも多くなるので毎月の負担は大きくなりますが、返済期間が短くなりますし支払う利息が残高スライドよりも少なくて済むメリットがあります。

どちらが良いかというのは個人で判断が分かれそうですが、とにかく返済額を少ないしたいという方にとっては「元利定額リボルビング方式」はおすすめの返済方式です。

WEB完結と振込融資には非対応

カードローンの申し込みで最も手軽に行えるのは店頭へ行くこと無くインターネットで申し込みから契約まで行うことが出来るWEB完結ですが、スピードカードローンはWEB完結に対応していません。

スピードカードローンは申し込みはインターネットから申し込む事が出来ますが、仮審査を通過した後に店頭での契約を行う必要があります。

WEB完結であれば忙しい方でも自分の空いた時間を利用してインターネットで契約を行うことができるのでとても便利ですが、店頭で契約を行うという事は銀行窓口の空いている平日15時までに銀行へ行かないといけません。

なので忙しい人にとってはなかなか都合がつかないという方も多いと思います。

店頭での契約後にATMでお金を引き出す際に必要になるローンカードが郵送されるので、ローンカードが手元に届いて初めてお金を借りることが出来るようになります。

一部のカードローンでは契約後にローンカードが届く前にお金を借りることが出来るようにと直接口座にお金を振り込む「振込融資」に対応しているカードローンもあります。

ですがスピードカードローンは振込融資には対応していないので、ローンカードが届くのを待つしかないので即日融資を行うことも出来ません。

なので忙しくてなかなか店頭へ行く時間が無い方や申し込んだその日にお金を借りたい問人にとってはあまり向いていないカードローンとなっています。

契約期間は3年

カードローンには契約期間が設定されていて、その期間が過ぎると審査が行われ問題がない場合は自動で更新されるので、利用者も知らない間に審査が終了していることがほとんどです。

契約期間が勝手に更新されてしまいますが、携帯の契約とは違って契約期間中に解約したからといって、違約金が発生するという事は無いので安心して下さい。

審査に問題がなければ何事もなく終わりですが、審査でもっと詳しく審査をする必要があると判断されると銀行から収入証明書の提出を求められる可能性があります。

この契約期間は消費者金融は約5年とかなり長く設定されていますが、銀行の場合は1年契約になっているカードローンがほとんどです。

スピードカードローンでは契約期間が銀行のカードローンでありながら3年となっているので、銀行カードローンの中では長い契約期間となっています。

契約期間が長いという場合は収入証明書の提出を求められるかもしれない頻度が低くなるので、収入証明書を用意する必要が少なくなり手間がかかりにくくなります。

スポンサードリンク

しみずトクトクカードローンの商品概要

清水銀行の3つ目のカードローン「しみずトクトクカードローン」の詳しい商品内容は以下のようになっています。

利用条件・申込時満20歳以上65歳未満の方
・現勤務先に1年以上勤務されている方
・保証会社の保証を受けられる方
・給与振込又は住宅ローンを利用している方
・【住宅ローン利用の方】
 前年度の税込み年収が300万円以上の方
・【給与振込利用の方】
 前年度の税込み年収が200万円以上の方
  ※新卒後1年未満の方は年収、勤続年収は条件外
使用用途自由(事業資金を除く)
契約期間3年(自動更新)
利用限度額住宅ローン利用の方:100万円(10万円単位)
給与振込の方:50万円(10万円単位)
金利6.775%(変動金利型)
借入方法ATM借入れも
返済方法毎月10日口座引落し
返済方式残高スライド元利定額リボルビング方式

借入残高返済額
10万円~40万円以内10,000円
50万円~100万円以内20,000円
収入証明書が必要になる金額50万円以上
担保・保証人不要
保証会社清水信用保証株式会社

以上がトクトクカードローンの利用条件や金利、利用限度額などの詳しい商品内容の紹介でした。

トクトクカードローンの特徴

詳しい商品内容の紹介をしたあとはトクトクカードローンの特徴などについて紹介していきます。

他の清水銀行カードローンとの共通点

ほかの清水銀行のカードローンとトクトクカードローンの共通している部分は以下のようになっています。

  • WEB完結・即日融資には非対応
  • 店頭での契約
  • セブン銀行・イオン銀行ATMは手数料無料
  • 契約期間は3年

金利がお得に設定されている

トクトクカードローンの利用限度額は住宅ローンを利用の方が100万円まで、給与振込の方が50万円までとなっておりどちらも他の銀行カードローンよりもかなり低い金額に設定されています。

多くの人の場合は利用限度額が50万円になってしまうと思いますが、それだとやはり少ないと感じる方が多いと思います。

金利はスピードカードローンと同様に一定で、いくら借りても6.775%に設定されていて、他の銀行カードローンの平均14.5%と比べてもかなりの低金利設定になっています。

なのでトクトクカードローンでは50万円以下の少なめの利用限度額でもとにかく低い金利で借りたいという方にとってはおすすめ出来るカードローンとなっています。

住宅ローンか給与振込を行っている人限定のカードローン

トクトクカードローンは低金利で誰でも利用したくなる条件のカードローンですが、利用するには条件があり、清水銀行で住宅ローンを利用しているか、清水銀行口座に給料を振り込んでもらっている方のみが利用可能となっています。

上で紹介したようにかなりお得の金利になっていて、条件の住宅ローンを組むというのは厳しいですが、もう1つの給与振込の場合は給料の振込を清水銀行の口座へ変更するだけなので比較的簡単に条件をクリアすることが出来ます。

ですが給与振込の場合はカードローンを申し込んだ際に変えるだけではダメで、事前に給与振込先を清水銀行の口座に変えておく必要があるので、トクトクカードローンを考えている場合は早めに給与振込先を変更しておきましょう。

利用条件の1つはこれでクリアすることが出来ますが、さらに前年度の年収が200万円~300万円、同じ勤務先に1年以上というのもあるので条件は普通の銀行カードローンよりも厳しめに設定されています。

かなりお得な金利になっているので仕方ない所もあるので、条件をクリアできる方は是非検討してみて下さい。

申込は店頭で

銀行カードローンの多くはWEB完結に対応していない場合でも申込はインターネットから行うことが出来るのがほとんどですが、トクトクカードローンの申込方法は店頭窓口で行う必要があります。

なので他の項でも紹介したように平日の昼の15時までに窓口に行って契約する必要がある上に、審査を通過することが出来た後の正式な契約も窓口で行う必要があります。

なので平日の昼に何度も銀行へ行かないといけないので、かなりの手間になってしまうので、お得なカードローンですがその辺りは不便に感じてしまう人が多いと思います。

金利は変動金利型

カードローンの多くは固定金利型といって基本的には金利は一定となっている金利方式を採用していますが、金利が低めのカードローンで採用されていることが多い方式が変動金利型です。

この変動金利型は固定金利型のように金利が一定ではなく、年に2回程金利の見直しが行われるので金利が変わっていく金利方式となっています。

住宅ローンや自動車ローンでは契約時の金利が適応されて金利が変動しても金利は変わらないというプランもありますが、カードローンでは金利が変更されると契約後であっても、カードローンの金利に反映されることになります。

ですが一気に数%の金利が上昇するといった金利が極端に上がり下がりすることは基本的にないので、それほど気にする必要はないかもしれません。

しみずアシストカードローンの商品概要

清水銀行の4つ目のカードローン「しみずアシストカードローン」の詳しい商品内容は以下のようになっています。

利用条件・申込時満20歳以上65歳未満の方
・安定継続した本人税込み年収が150万円位以上の方
・同一勤務(営業)年数が1年以上である方
・保証会社の保証を受けられる方
 ※新卒後1年未満の方は年収・勤続年数は条件外
使用用途自由(事業資金を除く)
契約期間3年(自動更新)
利用限度額30万円・50万円・70万円
 ※70万円コースにする場合は増額審査あり
金利年11.0%
借入方法ATM借入れ
返済方法毎月10日口座引落し
返済方式元利定額リボルビング方式

利用限度額返済額
30万円10,000円
50万円・70万円20,000円
担保・保証人不要
保証会社株式会社セディナ

以上アシストカードローンの利用条件や金利、利用限度額などの詳しい商品内容の紹介でした。

しみずアシストカードローンの特徴

詳しい商品内容を紹介した後はアシストカードローンの特徴などについて紹介していきます。

他の清水銀行カードローンとの共通点

アシストカードローンと清水銀行の他のカードローンとの共通点は以下のようになっています。

  • WEB完結・即日融資は非対応
  • 店頭での申込・契約が必要
  • 返済方式は元利定額リボルビング方式
  • セブン銀行・イオン銀行ATMは手数料無料
  • 契約期間は3年

利用限度額は低めで条件も厳しめ

アシストカードローンの利用限度額は30万円~70万円で、金利は年11.0%に設定されています。

利用限度額はスピードカードローンやトクトクカードローンと同様にかなり低めの金額に設定さていて、100万円以上などの大きな金額を借りたい人にとっては物足りないものになっています。

また70万円までとなっていますが、最初に申し込めるのは50万円までとなっているので、70万円まで増額するには一度50万円で審査を受けた後に改めて70万円に増額する為の審査を受ける必要があります。

金利はこちらも同じように一定になっているので、いくら借りても金利は変わりませんが、年11.0%という金利は他の銀行カードローンと比べると低金利になっていますが、トクトクカードローンなどと比べると若干高めの設定になっています。

ですがトクトクカードローンの条件が難しいという方はこちらを選ぶと、トクトクカードローン程ではないですが、他の銀行カードローンよりも低めの金利で利用することが可能になります。

しみずナイスカードローンの商品概要

清水銀行の5つ目のカードローン「しみずナイスアシストカードローン」の詳しい商品内容は以下のようになっています。

利用条件・申込時満20歳以上65歳未満の方
・保証会社の保証を受けられる方
使用用途自由(事業資金を除く)
契約期間3年(自動更新)
利用限度額100万円
※平成13年1月31日以前から利用している方は200万円、300万円は継続可能
金利年11.0%
収入証明書必須
借入方法ATM借入れ
返済方法毎月10日口座引落し
返済方式残高スライド元利定額リボルビング方式

借入残高返済額
1万円未満全額
1万円~30万円以下10,000円
30万円~100万円以下20,000円
100万円~200万円以下30,000円
200万円~300万円以下40,000円
担保・保証人不要
保証会社株式会社セディナ

以上がナイスカードローンの利用条件や金利、利用限度額などの詳しい商品内容の紹介でした。

ナイスカードローンの特徴

詳しい商品内容を紹介した後はナイスカードローンの特徴などを紹介していきます。

他の銀行カードローンとの共通点

ナイスカードローンと他のカードローンの共通点は以下のようになっています。

  • WEB完結・即日融資は非対応
  • 店頭での申込・契約が必要
  • セブン銀行・イオン銀行ATMは手数料無料
  • 契約期間は3年

厳しい条件なしでお得な金利に設定されている

ナイスカードローンの利用限度額は100万円で、金利は年11.0%に設定されいています。

金利や利用限度額はアシストカードローンと似ていますが、アシストカードローンとは違い年収や勤続年数などの条件無しで同じような金額、金利で利用可能になっているので手軽でお得なカードローンとなっています。

ただし利用限度額は100万円のみなのでアシストカードローンよりも利用限度額の幅がないので、若干審査が厳しくなる可能性があります。

ですがそれ以外はトクトクカードローンよりも手軽でお得に利用することができますが、ピアカードローンよりも金利は高くなっているので、ピアカードローンを選んだほうがお得に利用することが出来るかもしれません。

SHIMIZU With Card付帯型カードローンの商品概要

清水銀行の6つ目のカードローン「SHIMIZU With Card付帯型カードローン」の詳しい商品内容は以下のようになっています。

利用条件・申込時満20歳以上満64歳以下の方
・安定継続収入で、前年度税込収入がある方
・保証会社の保証を受けられる方
・SHIMIZU With Cardを利用可能な方
 ※パート・アルバイト・年金受給者の方も利用可能
 ※主婦・学生の方は利用不可
使用用途自由(事業資金を除く)
契約期間1年(自動更新)
利用限度額30万円~100万円

30万円・50万円・100万円
金利12.5%
借入方法ATM借入れ
返済方法毎月10日口座引落し
返済方式残高スライド元利定額リボルビング方式

借入残高返済額
2,000円未満全額
2,000円~1万円以下2,000円
10万円~30万円以下5,000円
30万円~50万円以下10,000円
50万円~100万円以下20,000円
収入証明書が必要になる金額100万円以上
担保・保証人不要
保証会社株式会社ジェーシービー

以上がSHIMIZU With Card付帯型カードローンの利用条件や金利、利用限度額などの詳しい商品内容の紹介でした。

SHIMIZU With Card付帯型カードローンの特徴

詳しい商品内容の紹介をしたあとはSHIMIZU With Card付帯型カードローンの特徴などを紹介していきます。

他の清水銀行カードローンとの共通点

SHIMIZU With Card付帯型カードローンと他のカードローンの共通点は以下のようになっています。

  • WEB完結・即日融資は非対応
  • 店頭での申込・契約が必要
  • パート・アルバイトも利用可能
  • 主婦・学生は利用不可
  • セブン銀行・イオン銀行ATMは手数料無料

利用限度額、金利共に低め

ウィズカードの利用限度額は30万円~100万円で、金利は12.5%に設定されています。

ほかの清水銀行のカードローンと同様にウィズカードも利用限度額が低く設定されていて、そのかわりに金利も平均よりも低めの12.5%となっています。

金利が他のカードローンよりも若干高くなっているのはこの後紹介する他のカードローンにはない特徴が関係しているのだと思います。

その特徴と合わせて考えるとそれほど高いというわけではないと思うので、利便性を重視する人に取ってみると金利以上にお得になるかもしれません。

SHIMIZU With Cardと一体化したカードローン

ウィズカードで利用するローンカードはATMからお金を引き出すだけのカードではありません。

クレジットカードとキャッシュカード、Pontaカードが合わさったカードが「SHIMIZU With Card」でさらに、そのウィズカードにローンカードを合わせたのが「SHIMIZU With Card付帯型カードローン」です。

なのでお金を借りる事が出来るローンカードだけの役割ではなく、クレジットカード、キャッシュカード、Pontaカードの4つの機能が一体化した便利なカードになっています。

ウィズカードにはPontaカードが入っているので、ウィズカードを利用して買い物や公共料金の引き落とし、さらにカードローンの返済を行ってもポイントが貯まっていくことになります。

貯まったPontaポイントを買い物などに利用して浮いた金額を繰り上げ返済などに充てることもできるので、よりお得に返済を行っていくことも可能です。

さらにクレジットカードはJBCなので、国内だけでなく海外でもJCB加盟店で利用することが可能になるのでどこでもお得に利用することができます。

クレジットカード機能がある分審査の難易度も上がる

様々な機能が一体化したカードなので1枚あればとても便利に利用することが出来ますが、その分他のカードローンよりも審査がより厳しくなってしまいます。

というのもカードローンを利用できるかの審査に加えてJCBのクレジットカードの審査に通る必要があり、どちらかの1つでも無理だった場合はウィズカード自体を作ることができなくなります。

なのでウィズカードの総合的な審査は厳しくなっていると言えるので、クレジットカードもカードローンも頻繁に申し込んで良いものではないので、審査に通る事ができるか見極めて申し込みを行う必要があります。

清水銀行カードローンまとめ

以上が清水銀行の6つのカードローンについての紹介でした。

銀行カードローンと言うのは大体1つか2つ程度で、多くても3つ程度ですが、清水銀行は6つものカードローンを展開している所はそうそう無いんではないでしょうか。

数が多いのでどれを選んでいいか分からなくなると思いますが、印象としては「アシストカードローン」「スピードカードローン」「ナイスカードローン」を合わせたのがピアカードローンなので、どれを選んでいいか分からなくなったらピアカードローンを選んでおけば間違いはありません。

その他に年収の条件などがあっても金利を低く抑えて借りたいという場合はトクトクカードローンを選んだり、クレジットカードなどが一体化した便利なカードが欲しい場合は「SHIMIZU With Card付帯型カードローン」を選ぶと言った位の選択肢を考えればいいと思います。