新生銀行「スマートカードローン」「レイク」特徴まとめ

銀行

新生銀行は東京都中央区に本店を置く普通銀行で、カードローンは「スマートカードローン」「レイク」を展開しています。

レイクという名前は今でもよくCMが流れているので聞いたことがあるという方も多いと思いますが、元々は消費者金融でしたが今は新生銀行のカードローンになっています。

そんなレイクには他の銀行カードローンにはあまりみられない特徴なども多いですし、スマートカードローンもとても利便性の高いカードローンとなっています。

そんな2つのカードローンについて紹介していくので、カードローン選びの参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

スマートカードローンの商品概要

新生銀行のカードローン「スマートカードローン」の詳しい商品内容は以下のようになっています。

利用条件
  • 申込時満20歳以上70歳以下の方
  • 本人または配偶者に安定した収入のある方
    ※パート・アルバイトの方も利用可
  • 日本国内に居住している方
  • 日本国籍をお持ちか、外国籍で日本語で理解ができ、永住権または特別永住権をお持ちの方
  • 保証会社の保証を受けられる方
使用用途自由(事業資金を除く)
契約期間5年(以後1年毎の自動更新)
利用限度額1万円~500万円(1万円単位)
金利年4.5%~14.8%

利用限度額金利
1万円~99万円年14.8%
100万円~199万円年12.0%
200万円~299万円年9.0%
300万円~399万円年7.0%
400万円~500万円年4.5%
借入方法ATM借入れ
インターネットバンキング
返済方法ATM振込
口座引落し
インターネットバンキング
返済方式残高スライド元利定額リボルビング方式

借入残高返済額(12.0%~14.8%)返済額(12.0%)
1円~10万円以下3,000円2,000円
10万円~20万円以下5,000円4,000円
20万円~30万円以下7,000円5,000円
30万円~40万円以下9,000円7,000円
40万円~50万円以下11,000円9,000円
50万円~60万円以下13,000円10,000円
60万円~70万円以下15,000円12,000円
70万円~80万円以下17,000円14,000円
80万円~100万円以下10万円増す毎に+2,000円10万円増す毎に+1,000円
100万円~120万円以下25,000円20,000円
120万円~140万円以下29,000円24,000円
140万円~160万円以下33,000円27,000円
160万円~200万円以下20万円増す毎に+4,000円20万円増す毎に+3,000円
200万円~250万円以下62,000円50,000円
250万円~300万円以下62,000円50,000円
300万円~400万円以下50万円増す毎に+1万円50万円増す毎に+5,000円
400万円~500万円100,000円70,000円
遅延損害金20.0%
担保・保証人不要
保証会社新生フィナンシャル株式会社

以上がスマートカードローンの利用条件や金利、利用限度額などの詳しい商品内容の紹介でした。

スマートカードローンの特徴

詳しい商品内容を紹介した後はスマートカードローンの特徴などについて紹介していきます。

利用限度額、金利共に平均的

スマートカードローンの利用限度額は30万円~500万円で、金利は年4.5%~14.8%に設定されています。

利用限度額の上限500万円は銀行カードローンの中でも平均的な数字となっているので、800万円や1,000万円という大きな金額は必要ない方にとっては十分満足できる金額になっていると思います。

金利は100万円程度の比較的少ない金額をかりる際に重要になる上限金利は年14.8%となっていて、他の銀行カードローンでは年14.5%程度なので平均的な金利となっています。

利用減額の上限に近い金額を借りる際に重要になる下限金利は年5.5%になっていて、利用減額500万円と合わせて他の銀行カードローンと比べると年4.5%~6%程度なので平均的な中でも低めの金利と言えます。

なのでスマートカードローンは上限金利を借りる場合でも下限金利を借りる場合でも便利に利用することが出来るようなカードローンとなっています。

WEB完結が可能

スマートカードローンは店頭へ行くことなくインターネットのみで申し込みから契約まで行うことが出来るWEB完結に対応しています。

地方銀行の中にはインターネットからの申し込みには対応していても最終的に契約を行うには店頭窓口で行わないといけないカードローンもあります。

その場合は窓口が営業している平日の15時前までに店頭へ行く必要がありますが、忙しい方にとっては平日の昼に銀行へ行くのは難しいという方もいると思います。

そんな場合でもスマートカードローンであれば24時間インターネットからの申し込みから契約までが可能で、自分の好きな時間に行うことができるので、忙しい方であっても手軽に契約を行うことが可能となっています。

また新生銀行のインターネットバンキング「新生パワーダイレクト」を利用していると必要情報の記入などの手間を省くことができるので最もスムーズに申し込むことが出来るのでスムーズに申し込みを行いたい場合は事前に新生パワーダイレクトに申し込んでおきましょう。

新生パワーダイレクトを利用していない場合でも必要情報の記入などは必要になりますが申し込みは可能で新たに口座開設する事なく利用することが可能となっています。

インターネット以外からの申し込みを選びたい場合には電話や郵送でも申し込むことが出来るようになっているのでそちらから申し込んでください。

振込融資に対応

カードローンはATMでお金を引き出す際にはローンカードが必要になりますが、ローンカードは契約後に郵送されてくる事になるので、手元に届くまで利用できないというものも多いですが、銀行カードローンの中には振込融資に対応しているものがあり、スマートカードローンも振込融資に対応しています。

振込融資というのは、ローンカードが手元に届いていない状態であっても振込融資に対応しているカードローンであれば、契約時に銀行にお願いすることで直接口座に金額を振り込んでくれるので、ローンカードが手元に届く前にお金を借りることが出来るサービスの事です。

スマートカードローンはその振込融資に対応していて、新生銀行の口座に入金する場合であれば夜中であっても契約したその日の内に口座に振り込んでもらうことが可能です。

また振込融資はカードローンを提供している銀行の口座を持っていないといけないという事も多いですが、スマートカードローンの場合は新生銀行以外の銀行にもお金を振り込んでもらうことが出来るので即日融資ではありませんが素早くお金を借りることが出来るようになっています。

返済額は2,000円から

スマートカードローンの返済額は少し特殊で金利によって返済額が変わり、199万円以下の金額を借りた場合に毎月の返済額は少なくなる特徴を持っています。

スマートカードローンの返済額は借りているお金の残高が10万円以下の場合は毎月2,000円からとなっているので、毎月の返済額が少なく家計の負担になりにくく気軽に利用することが出来るようになっています。

気軽に利用することは利点ではありますが、逆を言うと毎月の返済額が少ないという事は完済するまでの期間が長くなるという事で、期間が長くなるとその分利息を多く支払う必要があります。

なので出来るだけ支払う利息を抑えたいという場合は毎月の返済額に加えて繰上げ返済を行うことが重要になります。

繰上げ返済とは随時返済とも呼ばれ、毎月の返済額に加えてお金を振り込むことで、より早く借りている金額を減らすことができる返済方法です。

毎月の返済額はその中から利息分を引いた金額が返済金額となるので、毎月支払っている金額が全て借りている金額の返済に充てられているわけではありません。

ですが繰上げ返済を行うと繰上げ返済で支払った金額はそのまま全て借りているお金の返済に充てられるのでより素早く借りている金額を減らすことができます。

なので支払う利息を減らしたいという場合は毎月の返済だけでなく、無理のない程度に繰上げ返済を行うようにしましょう。

パート・アルバイトの方も利用可能

カードローンを選ぶ際に消費者金融は審査に通りやすくて、銀行は審査に通りにくいというイメージがあると思いますが、銀行のカードローンであってもパート・アルバイト・年金生活者の方であっても利用できるカードローンが存在します。

スマートカードローンでもパート・アルバイトの方も利用可能となっています。

パート・アルバイトの方たちはそれほど収入が多いわけではないので、借りる事ができる金額は低くなりがちですが、その際に重要になってくるのは上限金利です。

その上限金利は消費者金融のカードローンと銀行カードローンの平均を比べると4%近く差があり、数百万円借りる際に重要になる下限金利よりも大きな差があります。

なので少額のお金を借りる時こそ銀行カードローンを利用するのがお得になるので、パート・アルバイトなどの方も消費者金融カードローンだけでなく銀行カードローンも選択肢に入れてみましょう。

返済方法を選ぶことが可能

多くの銀行カードローンでは返済方法は「口座引落し」か「ATM振込」のどちらかが採用されていますが、スマートカードローンではこの2つに加えてインターネットバンキングからの返済にも対応しているので自分に合った返済方法を選ぶことが可能となっています。

口座引落しは毎月指定した日に自動的に新生銀行の口座から返済額が引き落とされる返済方法なので、自分で振り込む手間もなく手軽に返済することが出来ます。

返済日も銀行から指定された日にちではなく自分で好きな日を選ぶことが出来るので、給料日などに合わせて返済日を選ぶことが可能となっているので便利です。

ですが返済には銀行口座が必要であったり、記帳した場合にカードローンからの引き落としがあったことが分かってしまうので、家族などにバレずに利用したいという方にとっては不安の残る返済方法となっています。

ATM借入れは毎月10日までに自分で新生銀行ATMやコンビニATMなどから返済額を振り込む必要があるので口座引落しよりも手間は掛かってしまいます。

ですがATM借入れであれば新生銀行の口座を持っていない場合でも新たに開設すること無く利用可能ですし、口座引落しのように記帳した場合でも記録に残る事はないので、誰にも知られずに利用したい場合は安心して利用できる返済方法となっています。

さらに新生銀行であればインターネットバンキングからの返済にも対応していて、インターネットバンキングからであれば、ATMへ行かずに24時間いつでもスマートフォンやPCから返済を行うことができます。

さらに記帳した場合にも記録には残らないので口座引落しとATM振込のいいとこ取りのような返済方法となっています。

このような3つの返済方法があるので自分に合った返済方法を選択しましょう。

契約は5年

カードローンには契約期間が設定されていて、その期間が過ぎると審査が行われ問題がない場合は自動で更新されるので、利用者も知らない間に審査が終了していることがほとんどです。

契約期間が自動で更新されてしまいますが、携帯の契約とは違って契約期間中に解約したからといって、違約金が発生するという事は無いので安心して下さい。

審査に問題がなければ何事もなく終わりですが、審査でもっと詳しく審査をする必要があると判断されると銀行から収入証明書の提出を求められる可能性があります。

この契約期間は消費者金融は約5年とかなり長く設定されていますが、銀行の場合は1年契約になっているカードローンがほとんどです。

スマートカードローンでは契約期間が銀行のカードローンでありながら5年となっているので、銀行カードローンの中では長い契約期間となっています。

契約期間が長いという場合は収入証明書の提出を求められるかもしれない頻度が低くなるので、収入証明書を用意する必要が少なくなり手間がかかりにくくなります。

ただし5年というのは1度のみで5年後からは1年毎に自動更新が行われるので気を付けましょう。

全国から申込可能

地方銀行の多くは銀行の本店や支店がある地域に住んでいるか、勤務先がある人でないとカードローンに申し込むことすら出来ないという銀行カードローンがほとんどです。

ですが新生銀行は地方銀行ではなく普通銀行なので日本全国どこからでも申し込みが可能となっています。

新生銀行は店舗が日本各地にありますし、さらに申し込みや返済もインターネットから行うことができるので日本のどこに住んでいた場合でも利用することが可能となっています。

さらに身近にあるコンビニATMやゆうちょ銀行からでも借入れや返済を行うことが出来るので、日本中どこにいても借入れや返済する所がなくて困るという事はほぼないでしょう。

なので地域関係なく便利にカードローンを利用したいという場合は新生銀行のカードローンの利用を検討してみて下さい。

コンビニATMで手数料無料

スマートカードローンはお金を借りる際にATMを利用してお金を借りることも出来ますが、新生銀行ATMの他にもコンビニのATMなどと提携を行っているので、近くのコンビニにあるATMからもお金を借りることが出来るようになっています。

銀行のカードローンのほとんどはコンビニATMでお金を借りることができますが、手数料無料で利用することができるカードローンはそれほど多くありません。

なのでコンビニATMを利用できても手数料が必要になるので、最も身近にあるであろうコンビニATMを気軽に使えないのでコンビニに寄ったついでに支払うということができず、地方銀行のATMや提携銀行ATMで利用することになってしまいがちです。

ですが新生銀行ではコンビニなどに設置されているコンビニATMを利用する際は曜日や時間関係なく24時間365日無料で利用することが可能となっています。

新生銀行銀行ATMとコンビニATMなどを合わせれば、かなりの数のATMになるのでそれほど手数料無料のATMを見つけるのに苦労する事なく利用することができるでしょう。

新生銀行で利用できるATMは以下のようになっています。

手数料無料ATM

新生銀行
セブン銀行
イーネット
ローソンATM
イオン銀行
PatSat(パットサッと)
VIEW ALTTE(ビューアルッテ)
ゆうちょ銀行
三菱UFJ信託銀行
三井住友信託銀行

申し込み可能な上限年齢が高い

カードローンには新規で申し込める年齢には上限があり、銀行カードローンでは60歳~65歳程度までとなっている場合が多いです。

スマートカードローンではカードローンを申し込むことが出来る年齢が70歳までと高い年齢に設定されていて、平均から見ると5年~10年程度長くカードローンを利用することが出来ることになります。

年を重ねても冠婚葬祭などの急な出費がある事は変わらないので、長く使えるということはそれだけで大きなメリットになります。

スポンサードリンク

レイクの商品概要

新生銀行のカードローン「レイク」の詳しい商品内容は以下のようになっています。

ATM振込(手数料無料)

利用条件
  • 満20歳以上70歳以下の国内に居住している方
  • 保証会社の保証を受けられる方
  • 安定継続した収入のある方
  • 新生銀行で他のカードローンの契約のない方
使用用途自由(事業資金を除く)
契約期間5年(以後1年毎の自動更新)
利用限度額1万円~500万円(1万円単位)
金利年4.5%~18%

利用限度額金利
1円~100万円未満年15.0%~18%
100万円~200万円年12.0%~15.0%
200万円~300万円年9.0%~15.0%
300万円~400万円年7.0%
400万円~500万円年4.5%
借入方法ATM借入れ
返済方法WEB返済(手数料無料)
口座引落し
返済方式残高スライド元利定額リボルビング方式

借入残高15%~18%12%~15%12%以下
1円~10万円以下3,000円3,000円2,000円
10万円~20万円以下5,000円5,000円4,000円
20万円~30万円以下7,000円7,000円5,000円
30万円~70万円以下10万円増す毎に+3,000円10万円増す毎に+2,000円10万円増す毎に+2,000円
70万円~80万円以下20,000円17,000円14,000円
80万円~90万円以下23,000円19,000円15,000円
90万円~100万円25,000円21,000円17,000円
利用限度額12.0%~15.0%12.0%以下
100万円~120万円以下25,000円20,000円
120万円~140万円以下29,000円24,000円
140万円~160万円以下33,000円27,000円
160万円~180万円以下37,000円30,000円
180万円~200万円以下42,000円33,000円
200万円~250万円以下52,000円42,000円
250万円~300万円以下62,000円50,000円
300万円~350万円以下72,000円55,000円
350万円~400万円以下82,000円60,000円
400万円~500万円100,000円70,000円
担保・保証人不要
保証会社新生フィナンシャル株式会社

以上がレイクの利用条件や金利、利用限度額などの詳しい商品内容の紹介でした。

レイクの特徴

詳しい商品内容を紹介した後はレイクの特徴などについて紹介していきます。

上限金利は高め

レイクの利用限度額は1万円~500万円までで、金利は年4.5%~18.0%に設定されています。

レイクは名前を知っている人は多いと思いますが元々は消費者金融として営業をしていましたが、今は新生銀行の商品の1つとして銀行カードローンとして営業しています。

銀行カードローンになったので総量規制の対象外となりましたが、カードローンの内容は銀行カードローンよりも消費者金融のカードローンに近い特徴があります。

というのも銀行カードローンでは上限金利は年14.5%程度になっていることがほとんどですが、レイクでは消費者金融のカードローンの平均18.0%に設定されているので、銀行カードローンよりもかなり高い金利となっています。

上限金利は高めですが、下限金利は500万円で年4.5%と平均的な数字になっているのでこちらは銀行カードローンと変わりない金利となっています。

なので100万円いかの比較的少ない金額を借りる場合にはそれほどお得とはいえないカードローンと言えます。

無利息期間がある

レイクの消費者金融のカードローンに近い特徴のひとつに無利息期間が存在する点も挙げられます。

消費者金融では珍しいものではありませんが、銀行カードローンの中ではそれほど多くないサービスなので大きな特徴となっています。

レイクの無利息期間は初めての利用の場合以下の2つの種類から選ぶことが可能です。

  • 5万円まで180日間無利息
  • 借入れ金額全額30日間無利息

このようなサービス内容になっていて、自分の利用する金額に応じて好きな無利息サービスを受けることができます。

利息は借りているお金が多いほど多く発生するので、この無利息期間中に繰り上げ返済で返済しているとトータルで支払う利息の額を減らすことができるので、支払う利息を少しでも減らしたいとう場合はこの無利息期間を利用するようにしましょう。

消費者金融のカードローンに近い

紹介してきたように上限金利の高さや無利息期間などのサービスがあるようにレイクは消費者金融のカードローンに近い特徴を持っているカードローンです。

さらに返済方法も通常の銀行カードローンとは違い、WEB返済でもお金を振り込んでもらう場合でも新生銀行の口座ではなく提携している銀行口座を利用することが出来るので、わざわざ新生銀行の口座を開設する必要もありません。

上限金利の高さというデメリットはありますが、消費者金融の利便性に加えて総量規制の対象外という特徴もあるので、銀行カードローンと消費者金融カードローンを合わせたようなカードローンとなっています。

スポンサードリンク

新生銀行カードローンの選び方まとめ

以上が新生銀行の「スマートカードローン」「レイク」の特徴や商品内容などの証明でした。

スマートカードローンはWEB完結やインターネットバンキングが利用可能であったり、コンビニATMの手数料が無料で利用できたりとかなり利便性の高く使いやすいカードローンとなっています。

金利はそれほどお得と呼べるよど低いわけではないですが平均的で、全国から申込可能でコンビニATMでも手軽に借入れや返済が出来るという使い勝手はかなりのものなので、利便性を求める方にはおすすめできるカードローンとなっています。

もう1つのレイクは利便性の高さはスマートカードローンと同等ですが、少ない金額を借りる際には他の銀行カードローンと比べてしまうと金利がかなり高いので、あまりおすすめできません。

ですが上限金利が高くても他の銀行カードローンにはない無利息期間などを利用したい場合にはレイクはオススメすることができるカードローンとなっています。