親和銀行「親和銀行カードローン」特徴まとめ…利用限度額が高く利便性も高い

銀行

親和銀行は長崎県佐世保市に本店を置く地方銀行で、カードローンは「親和銀行カードローン」を展開しています。

親和銀行のカードローンは「親和銀行カードローン」の1つだけですが、この親和銀行カードローンは利用限度額も高い上に、様々な便利なサービスを受けることが出来るカードローンとなっているので、利便性の高いカードローンとなっています。

そんな親和銀行カードローンの特徴や詳しい商品内容について紹介していくので、カードローン選びの参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

親和銀行カードローンの商品概要

親和銀行のカードローン「親和銀行カードローン」の詳しい商品内容は以下のようになっています。

利用条件
  • 申込時満20歳以上満69歳以下の方
  • 安定継続した収入のある方
    ※パート・アルバイト・年金受給者の方も利用可
  • 保証会社の保証を受けられる方
  • 親和銀行の営業区域内に居住および勤務されている、または親和銀行の普通預金口座をお持ちの方
使用用途自由(事業資金を除く)
契約期間1年(自動更新)
利用限度額10万円~1,000万円
金利年3.0%~14.5%

利用限度額金利
10万円~100万円年14.5%
100万円~200万円年12.0%
200万円~300万円年10.0%
300万円~400万円年8.0%
400万円~500万円年7.0%
500万円~600万円年6.0%
600万円~700万円年5.0%
700万円~800万円年4.0%
800万円~1,000万円年3.0%
借入方法ATM借入れ
返済方法毎月指定返済日口座引落し(口座引落型)
毎月14日までにATM振込(直接入金型)
返済方式残高スライド元利定額リボルビング方式

借入残高返済額
2,000円未満全額
2,000円~10万円以下2,000円
10万円~20万円以下4,000円
20万円~30万円以下6,000円
30万円~50万円以下10万円増す毎に+2,000円
50万円~100万円以下20,000円
100万円~200万円以下30,000円
200万円~300万円以下40,000円
300万円~400万円以下50,000円
400万円~900万円以下100万円増す毎に+10,000円
900万円以上110,000円
収入証明書が必要になる金額50万円以上
担保・保証人不要
保証会社SMBCコンシューマファイナンス

以上が親和銀行カードローンの利用条件や金利、利用限度額などの詳しい商品内容の紹介でした。

親和銀行カードローンの特徴

詳しい商品内容を紹介した後は親和銀行カードローンの特徴などについて紹介していきます。

利用限度額は1,000万円まで

親和銀行カードローンの利用限度額は10万円~1,000万円までで、金利は年3.0%~14.5%となっています。

親和銀行カードローンから借りることが出来る利用限度額の上限は1000万円に設定されていて、この金額ははカードローンの中でもトップクラスの利用限度額となっていて、ネット銀行ではこれ以上の金額はありますが店舗型の銀行の中では最も高い金額です。

日本の最大手の銀行のメガバンク「東京三菱UFJ銀行」「みずほ銀行」「三井住友銀行」の3社でも最高でも800万円までとなっているので、1,000万円という金額の大きさが分かると思います。

金利については100万円以下の比較的少ない金額を借りる際に重要になる上限金利は年14.5%となっていて、他の銀行カードローンでも同等の金利になっているので平均的な金利となっています。

利用限度額の上限に近い金額を借りる際に重要になる下限金利は年3.0%に設定されていて、利用限度額の上限1,000万円と合わせて同額の銀行カードローンと比べると、1%後半から3%程度に設定されている事が多いですので、1000万円借りることが出来るカードローン中では平均的ですがその中では高めの金利に設定されています。

WEB完結が可能

親和銀行カードローンは店頭へ行くことなくインターネットのみで申し込みから契約まで行うことが出来るWEB完結に対応しています。

地方銀行の中にはインターネットからの申し込みには対応していても最終的に契約を行うには店頭窓口で行わないといけないカードローンもあります。

その場合は窓口が営業している平日の15時前までに店頭へ行く必要がありますが、忙しい方にとっては平日の昼に銀行へ行くのは難しいという方もいると思います。

そんな場合でも親和銀行カードローンであれば24時間インターネットからの申し込みから契約までが可能で、自分の好きな時間に行うことができるので、忙しい方であっても手軽に契約を行うことが可能となっています。

親和銀行カードローンは親和銀行の銀行口座がなくても利用することが可能となっていますが、その場合は郵送でのやり取りが必要になるので店頭へ行かずに契約を行うことはできますが、WEB完結は出来なくなり返済方法もATM振込(直接入金型)になるので気を付けましょう。

即日融資には非対応

親和銀行カードローンはWEB完結を行うことはできますが、お金を借りることが出来るまでに1週間~10日程度必要になるので、申し込んだその日にお金を借りる事が出来る即日融資を行うことは出来ません。

ですが、カードローンはATMでお金を引き出す際に必要なローンカードが手元に届くまで利用できないというものも多いですが、銀行カードローンの中には振込融資に対応しているものがあり、親和銀行カードローンも振込融資に対応しています。

振込融資というのは、ローンカードが手元に届いていない状態であっても振込融資に対応しているカードローンであれば、契約時に銀行にお願いすることで直接口座に金額を振り込んでくれるので、ローンカードが手元に届く前にお金を借りることが出来るサービスの事です。

親和銀行カードローンはその振込融資に対応しているので、即日融資ではありませんが正式契約したその日の内に口座に振り込んでもらうことが可能です。

なので即日融資までの早さではないですが、ローンカードが届くまで待つ必要がないので早く借りたいという方にとってはありがたいカードローンとなっています。

返済方法を選ぶことが可能

多くの銀行カードローンでは返済方法は「口座引落し」か「直接入金型(ATM振込)」のどちらかが採用されていますが、親和銀行カードローンではどちらにも対応しているので自分に合った返済方法を選ぶことが可能となっています。

口座引落型は毎月指定した日に自動的に親和銀行の口座から返済額が引き落とされる返済方法なので、自分で振り込む手間もなく手軽に返済することが出来ます。

返済日も銀行から指定された日にちではなく自分で好きな日を選ぶことが出来るので、給料日などに合わせて返済日を選ぶことが可能となっているので便利です。

ですが返済には十八銀行の口座が必要であったり、記帳した場合にカードローンからの引き落としがあったことが分かってしまうので、家族などにバレずに利用したいという方にとっては不安の残る返済方法となっています。

直接入金型は毎月14日までに自分で親和銀行ATMやコンビニATMなどから返済額を振り込む必要があるので口座引落しよりも手間は掛かってしまいます。

ですが直接返済型であれば親和銀行の口座を持っていない場合でも新たに開設すること無く利用可能ですし、口座引落しのように記帳した場合でも記録に残る事はないので、誰にも知られずに利用したい場合は安心して利用できる返済方法となっています。

このような2つの返済方法があるので自分に合った返済方法を選択しましょう。

返済額は2,000円から

親和銀行カードローンの返済額は借りているお金の残高が10万円以下の場合は毎月2,000円からとなっているので、毎月の返済額が少なく家計の負担になりにくく気軽に利用することが出来るようになっています。

気軽に利用することは利点ではありますが、逆を言うと毎月の返済額が少ないという事は完済するまでの期間が長くなるという事で、期間が長くなるとその分利息を多く支払う必要があります。

なので出来るだけ支払う利息を抑えたいという場合は毎月の返済額に加えて繰上げ返済を行うことが重要になります。

繰上げ返済とは随時返済とも呼ばれ、毎月の返済額に加えてお金を振り込むことで、より早く借りている金額を減らすことができる返済方法です。

毎月の返済額はその中から利息分を引いた金額が返済金額となるので、毎月支払っている金額が全て借りている金額の返済に充てられているわけではありません。

ですが繰上げ返済を行うと繰上げ返済で支払った金額はそのまま全て借りているお金の返済に充てられるのでより素早く借りている金額を減らすことができます。

なので支払う利息を減らしたいという場合は毎月の返済だけでなく、無理のない程度に繰上げ返済を行うようにしましょう。

パート・アルバイト・年金受給者の方も利用可能

カードローンを選ぶ際に消費者金融は審査に通りやすくて、銀行は審査に通りにくいというイメージがあると思いますが、銀行のカードローンであってもパート・アルバイト・年金生活者の方であっても利用できるカードローンが存在します。

親和銀行カードローンでもパート・アルバイト・年金受給者の方も利用可能となっています。

パート・アルバイトの方たちはそれほど収入が多いわけではないので、借りる事ができる金額は低くなりがちですが、その際に重要になってくるのは上限金利です。

その上限金利は消費者金融のカードローンと銀行カードローンの平均を比べると4%近く差があり、数百万円借りる際に重要になる下限金利よりも大きな差があります。

なので少額のお金を借りる時こそ銀行カードローンを利用するのがお得になるので、パート・アルバイトなどの方も消費者金融カードローンだけでなく銀行カードローンも選択肢に入れてみましょう。

九州・山口から申込可能

地方銀行は大手消費者金融や大手銀行などのように全国展開を行っていないので、地方銀行の本店や支店がある地域のみでしかカードローンに申し込めないというケースも珍しくありません。

親和銀行カードローンも同様に九州または山口県に住んでいるか勤務している方か、親和銀行の口座を持っている方のみが申し込むことが出来るカードローンとなっていて申し込めるのは以下の地域です。

親和銀行カードローン申し込み可能地域

長崎県
福岡県
佐賀県
宮崎県
大分県
鹿児島県
熊本県
山口県

以上の地域のみから申し込みができ、それ以外の地域からは申し込みが行えないので利用できる方は限定されることになるので、上記した地域以外に住んでいる方は利用したいカードローンであっても諦めるしかありません。

コンビニATMからお金を引き出すには手数料が必要

親和銀行カードローンからお金を借りる方法はATMからの引き出しになるので、頻繁にATMを利用することになりますが、恐らく最も身近にあるATMはコンビニATMであるという人が多いと思います。

なのでコンビニATMでお金を引き出すのが最も手軽ではありますが、親和銀行カードローンはでコンビニATMからお金を借りる場合には時間関係なく手数料が発生してしまいます。

ですがコンビニATMで親和銀行カードローンの返済を行う場合には手数料無料なので、ATM返済を選んだ場合でも安心して返済していくことができます。

お金を借りる際に手数料無料で利用したい場合は親和銀行ATMか提携銀行ATMを利用する必要がありますが、親和銀行カードローンではゆうちょ銀行やイオン銀行では返済を行うことは出来ませんが、お金を引き出す際には手数料無料で利用するとが可能となっています。

なのでコンビニATMでお金を引き出す際には手数料が必要になりますが、多くの手数料無料ATMが用意されているので様々な場所で利用することが可能です。

十八銀行カードローンで利用できるATMは以下のようになっています。

手数料無料ATM

親和銀行
福岡銀行
熊本銀行
西日本シティ銀行
筑邦銀行
佐賀銀行
十八銀行
肥後銀行
宮崎銀行
鹿児島銀行
イオン銀行
ゆうちょ銀行
セブン銀行(返済時のみ)
ローソンATM(返済時のみ)
イーネット(返済時のみ)

手数料有料ATM

セブン銀行
ローソンATM
イーネット

申し込み可能な上限年齢が高い

カードローンには新規で申し込める年齢には上限があり、銀行カードローンでは60歳~65歳程度までとなっている場合が多いです。

親和銀行カードローンでは申し込むことが出来る年齢が69歳までと高い年齢に設定されていて、平均から見ると5年~10年程度長くカードローンを利用することが出来ることになります。

年を重ねても冠婚葬祭などの急な出費がある事は変わらないので、長く使えるということはそれだけで大きなメリットになります。

スポンサードリンク

親和銀行カードローン評価まとめ

以上が親和銀行のカードローン「親和銀行カードローン」の詳しい商品内容や特徴などについての紹介でした。

親和銀行カードローンは利用限度額が1,000万円までとかなり高く設定されているのでほとんどの人が満足できる金額となっている上に、WEB完結が可能であったり返済方法の選択、手数料無料ATMが多いなど様々な要素を網羅した便利なカードローンとなっています。

金利についてはお得というほど低いわけではありませんが、平均的なので決して高くはありません。

金利よりも利便性が高いカードローンを利用したいという方にとってはおすすめできるカードローンとなっています。