荘内銀行カードローン「べんリッチプラス」「カードローンweb」の特徴まとめ…幅広い年齢層に対応した二種類を使い分けよう

銀行

荘内銀行とは山形県鶴岡市に本店を置く地方銀行で、カードローンは「べんリッチプラス」「カードローンWeb」の2つのカードローン商品を展開しています。

どちらも来店不要で申し込むことが出来るので、時間を気にすること無く申し込みを行うことができますが、申し込み方法が1種類しか用意されていない点については注意しましょう。

その他にも金利などについてもお得な面もあるので、そのあたりも含めて紹介していきます。

スポンサードリンク

荘内銀行カードローン「べんリッチプラス」商品概要

荘内銀行が展開するカードローン商品「べんリッチプラス」の商品概要は以下のようになっています。

利用条件・申込時に満20歳以上で完済時に満70歳未満の方
・安定した収入がある方
・荘内銀行の普通預金口座を開設している方
・荘内銀行の各種カードローンの契約を行っていない方
・保証会社の保証を受けられる方
使用用途自由(事業資金を除く)
利用限度額10万円~50万円

10万円・20万円・30万円・50万円・100万円・200万円・300万円・500万円のいずれか

※主婦・パート・アルバイトの方は上限30万円

契約期間1年(審査の上自動更新)
金利年5.0%~14.6%(変動金利型)

利用限度額金利
10万円・20万円・30万円・50万円14.6%
100万円・200万円・300万円年8.8%
500万円年5.0%
返済方法・口座引落し
・ATM振込
返済方式残高スライド元利定額リボルビング方式

借入残高返済額
30万円以下5,000円
30万円~50万円以下10,000円
50万円~100万円以下20,000円
100万円~200万円以下30,000円
200万円~300万円以下40,000円
300万円~500万円以下50,000円
担保・保証人不要
保証会社イオンクレジットサービス株式会社

以上がべんリッチプラスの利用条件や利用限度額、金利などの詳細な内容でした。

べんリッチプラスの特徴とメリット

べんリッチプラスの詳細な情報を紹介した後は、特徴やメリットについて紹介していきます。

利用限度額・金利は平均的

べんリッチプラスの金利は年14.6%~5.0%で借りることが出来る金額の上限である利用限度額は500万円までとなっています。

上限金利は14.6%と若干高めになっていますが、それでも他の銀行の平均で見てみても0.数%程度の違いなのでそこまで大きな違いはありません。

下限金利を見てみても利用限度額が500万円の場合、銀行の平均的な金利は5%~6%前後になっているので、べんリッチプラスの5%は平均的かやや低めといった金利になっています。

平均的ということは逆に言うと特徴がないともいえますが、上限金利と下限金利のどちらかが高いくて、片方が低いというカードローンよりもどんな金額で借りても平均的な金利で借りれるという強みもあります。

なので今は少ない金額しか借りないけど後々大きな金額も借りる可能性があるという場合には選びやすいカードローンになっていると思います。

100万円を借りる場合は金利がお得

べんリッチプラスは借りているお金に応じて金利が3パターンに区別されていて以下のような金利になっています。

利用限度額金利
10万円・20万円・30万円・50万円14.6%
100万円・200万円・300万円年8.8%
500万円年5.0%

ここで注目してほしいのが100万円~300万円を借りた際の金利8.8%となっている点です。

この場合は100万円~300万円借りても金利は同じ8.8%になるのですが、この中で100万円を借りた場合が最もお得になります。

というのも100万円を借りた場合の平均的な金利は13%~14%となっており、特に低いところでも11%~12%という金利になっていますが、べんリッチプラスの場合は8.8%になっていてかなりの低金利で借りることが出来ます。

金利は平均的と紹介しましたが100万円を借りる場合はとてもお得な金利で借りる事ができるので、その程度のお金を借りようと思っている場合は是非べんリッチプラスを利用してみましょう。

来店不要で契約可能

通常カードローンの申込方法はインターネット、FAX、電話、郵送などの方法が主に用意されていますが、べんリッチプラスでは郵送のみで、これは他ではなかなか見れない申込方法となっています。

さらにこの郵送での申し込みは来店する必要がなく、書類のやり取りなどで契約をすることが出来るという特徴があります。

しかし郵送を利用することになるのでスピード感は欠けるので急いで融資を受けたいという方にとっては合わないカードローンかもしれません。

パート・アルバイト・主婦も利用可能

パートやアルバイト、主婦の方にとってみれば消費者金融のカードローンは利用できることが多いですが、銀行となると審査に通らないんじゃないかと不安になりますよね。

パート・アルバイト・主婦でも利用可能と明記されているので、その点は安心出来ます。

ただし借りることが出来る金額の上限は30万円までとなっているので注意です。

パート・アルバイトのが借りられる金額に上限が設定されることは珍しいことではありませんが、50万円借りれる所もある事を考えると、30万円は若干少ないと言えるかもしれません。

スポンサードリンク

べんリッチプラスのイマイチな点

べんリッチプラスのメリット以外にもイマイチな点についても紹介していきます。

特徴が少ない

特徴の項でも紹介しましたが、べんリッチプラスの金利や利用限度額は平均的な設定になっていて、デメリットはないですがメリットが少ないという設定になっています。

高額、少額どちらを借りても対応できるというメリットも紹介しましたが、平均的だからこそ逆にどちらを選んでもお得に借りることが出来ないとも言います。

なので少額の金額しか借りないという方や、高額な金額を借りるという目的がはっきりした方にとっては手を出しにくいカードローンと言えます。

申し込み方法の選択肢が少ない

これも特徴の項でも紹介しましたが、べんリッチプラスの申し込み方法は郵送のみとなっています。

郵送で申し込むと来店不要で契約できるというメリットもありますが、申し込み方法の選択肢がないと自分に合った申込方法を選ぶことが出来ないのであまり便利とはいいにくいかもしれません。

やはり郵送で送るならインターネットで申込んだほうが早いですし、申込用紙は店頭にありますが店頭までいくのであれば店頭からも申し込めるようにしたほうが手間も省くことができるので、選択肢はやはり幾つか欲しいと感じる方もいるんではないでしょうか。

荘内銀行の営業区域しか申し込みできない

べんリッチプラスの利用条件の中に荘内銀行の口座を持っている必要があります。

講座を開設するには店舗で開設する必要があるので必然的に荘内銀行の営業区域でしか利用できないという事になります。

荘内銀行の営業区域

山形県
宮城県
秋田県
福島県
東京都

このように基本的には東北を中心に展開していますが、この地域にお住まい又は勤務している方はべんリッチプラスを利用することはできますが、それ以外の方の利用は諦めるしかありません。

コンビニATMは手数料がかかる

コンビニは身近にあるので、コンビニATMを利用して返済するのがとても便利ではあります。

ですがべんリッチプラスではコンビニATMに関しては手数料が必要になっているので毎回コンビニATMを利用して返済するのは厳しいでしょう。

べんリッチプラスでは同じ地域の銀行と提携しているケースが多く、それらの銀行のATMでは手数料無料で利用する事が出来るので、荘内銀行の営業している地域に住んでいる方は荘内銀行のATMか提携銀行ATMを利用することで手数料無料で利用する事ができます。

手数料が発生するATM
ローソンATM
セブン銀行ATM
イーネット
イオン銀行ATM
手数料無料のATM
北都銀行ATM
ゆうちょ銀行
北海道銀行
<荘銀 しんきん>べんりだネ!っと
山形第一信用組合
山形中央信用組合
VIEW ALTTE(ビューアルッテ)

荘内銀行「カードローンWeb」の商品概要

荘内銀行のもう1つのカードローン「カードローンWeb」の商品詳細は以下のようになっています。

利用条件・申込時の年齢が満20歳以上満70歳未満の方
・安定した収入がある方
・荘内銀行の審査基準を満たされる方
・保証会社の保証を得られる方
※主婦、パート・アルバイト、年金受給者の方も利用可能。ただし学生は不可
借入方法ATM引き出し
利用限度額10万円~500万円

10万円・20万円・30万円・40万円・50万円・70万円・100万円・150万円・
200万円・250万円・300万円・350万円・400万円・450万円・500万円のいずれか
利用条件自由(事業資金を除く)
契約期間1年ごとに自動更新
金利年3.5%~14.5%

利用限度額金利
10万円・20万円年14.6%
30万円~50万円年11.8%
70万円年9.8%
100万円・150万円年7.8%
200万円・250万円年5.8%
300万円~500万円年3.5%
返済方法・ATM振込
返済方式残高スライド元利定額リボルビング方式

借入残高返済額
20万円以下5,000円
20万円~50万円以下10,000円
50万円~70万円以下15,000円
70万円~150万円以下20,000円
150万円~250万円以下30,000円
250万円~500万円以下40,000円
保証・担保不要
保証会社新生フィナンシャル株式会社

以上が「カードローンWeb」の利用条件や利用限度額、金利などの詳細な情報でした。

スポンサードリンク

「カードローンWeb」の特徴と「べんリッチプラス」の違い

カードローンWebの特徴ともう一つの荘内銀行のカードローン「べんリッチプラス」との違いなどについて紹介していきます。

上限金利が低く設定されている

カードローンWebの金利は年3.5%~14.6%となっていて、上限金利と利用限度額はべんリッチプラスは同じ数値に設定されていますが、下限金利に違いがあります。

3.5%とパッと見ると低金利だと分かりますが、他の銀行では利用限度額が500万の場合は大体6%程度と設定されているのがほとんどなので、3.5%となるとかなりの低金利だといえます。

さらに金利3.5%が適応されるようになるのは300万円~500万円を借りた際に適応される事になります。

この時の最低金額の300万円を借りた時も適応され、他の銀行で300万円を借りた場合9~8%程度に設定されてる事がほとんどなので、こちらもかなりの低金利で利用できる事になります。

300万円~500万円のお金を借りようと思っている方はカードローンWebを利用すると利息を抑えることができます。

WEB完結が可能

べんリッチプラスも来店不要で契約可能ですが、申込方法が郵送のみだったのが利便性としてはイマイチな点でもありました。

カードローンWebでも申込方法はインターネット申し込み1つだけですが、郵送よりは利便性があがり、カードローンを利用するまでの時間も短縮することが可能になっています。

振込融資の対応で最短2日で利用可能に

申し込み方法がインターネットからになったことで審査のスピードも上がり、振込融資にも対応したことで最短2営業日でお金を借りることが出来るようになりました。

振込融資とは自動契約機のない地方銀行でよく行われる方法で、審査を通過してもお金を引き出すのに必要なローンカードが郵送されるまでは利用することが出来ませんでした。

ですがローンカードが届く前に銀行が直接指定された口座にお金を振り込むことでローンカードがない状態でもお金を借りる事が出来ることを振込融資といいます。

なのでローンカードが届くよりも早くお金を借りたいという場合は銀行に希望して振り込んでもらうようにしましょう。

学生は利用不可

べんリッチプラスと同じようにカードローンWebでもパート・アルバイト、主婦の方も利用可能で、さらに商品概要には年金受給者の方も利用できると明記されていますが、唯一学生のみが利用不可と記載されています。

パート・アルバイトの方も利用可能なので審査のハードルはそれほど高くないとは思いますが、どのような理由かは分かりませんが学生の利用は出来ないようです。

べんリッチプラスには学生不可とは明記されていないので、学生の方はべんリッチプラス、又は別のカードローンに申込んだほうがいいかもしれません。

荘内銀行の口座不要

べんリッチプラスでは荘内銀行の口座が利用条件になっていましたが、カードローンWebの場合は荘内銀行の銀行口座が必要ありません。

振込融資に対応していることは紹介しましたが、他の銀行では振込融資を行う場合は自社の口座を解説しておく必要があることが多いですが、カードローンWebであれば他の銀行の口座にも振り込んでくれます。

なのでわざわざ新しい口座を作ること無く素早く審査や融資を行ってもらうことができるのでとても便利になっています。

口座引落しに対応していない

先ほど紹介した荘内銀行の口座不要に伴ってかべんリッチプラスで対応していた自動引き落としにはカードローンWebは対応していません。

なので返済する時にはコンビニATMや提携銀行のATMなどを利用して自分で振り込む必要があります。

自動引き落としは記帳すると記録に残るので避けている人も多いですが、それを気にしない人にとってはとても便利な返済方法なので、人によってはとても困るかもしれません。

手数料無料のATMに関してはべんリッチプラスと同じなのでそちらを参考にしてみて下さい。

荘内銀行営業区域外でも利用可能

べんリッチプラスでは荘内銀行の営業区域内でしか申し込む事が出来ませんでしたが、tカードローンWebでは口座不要でインターネットから申し込むことができるので、荘内銀行営業区域外からも利用が可能になりました。

ただしカードローンWebの手数料無料で使える提携銀行のほとんどは東北地方にしか設置されていないので、手数料無料で利用できるのはゆうちょ銀行だけになってしまうので、返済の幅が減ってしまう点は覚えておきましょう。

まとめ

以上が荘内銀行が展開するカードローン「べんリッチプラス」と「カードローンWeb」の特徴やメリット、イマイチな点についての紹介でした。

べんリッチプラスは正直に言うと金利も利用限度額も平均的で特徴の少ないカードローンといえますが、カードローンWebはインターネットからのWEB完結や振込融資などに対応しているのでかなり利便性が高くなって使いやすくなっていると思います。

利用できる人もパート・アルバイトの、主婦、年金受給者と幅広く対応しているので、多くの人にとってお得になるカードローンになっていると思います。