高額の医療費の支払いにカードローンを利用するべきか…高額療養費制度や医療ローンの方がお得

ナース

病気や怪我などは突然訪れるものなので、元気なときから備えをしておくのが肝心ですが、備えのないときに入院や手術などを行う事になった場合にはカードローンに頼るしかないんでしょうか?

実は一定の基準はありますが、国の制度として高額療養費制度というものがあり、医療費の一部を払い戻してくれる制度があります。

実はこの制度を利用することができればカードローンに頼ることなく返済を行うこともかのうですが、場合によってはカードローンやフリーローンに頼らなければいけないケースもあります。

今回は突然の医療費が必要になった場合どうすればいいかなどについて紹介してきます。

スポンサードリンク

高額療養費制度とは

急な病気や事故などでの怪我をして入院や手術を行わなければいけなくなった場合には、数十万円単位のお金がかかることも珍しくありません。

保険適用がされるものであれば2割~3割の負担で済みますが、大きな手術などを行うと保険が適応されても大きな金額が必要になる可能性も低くありません。

そんな時に活用すべきなのが高額療養費制度で、この制度を利用すれば自己負担になる金額の上限を決めることができ、それ以上の支払いになった場合は差額分を払い戻してもらうことができる制度です。

自己負担の上限は年齢や収入によって変化しますが、多くの方は6万円~10万円程度が自己負担の上限になるでしょう。

つまり、保険適応される大きな手術をして入院費なども含めて総額100万円かかったとしても、自己負担の上限が10万円だった場合には、差額分の90万円は払い戻しされる為、実質的に自己負担は10万円程度で済むということになります。

またこの医療費は個人だけが対象ではなく、同じ世帯に住んでいる家族であれば医療費を合算することが可能です。

ただしこの場合70歳以下の方が合算できる医療費は1ヶ月に21,000円以上のものに限られ、世帯での合計額が自己負担額の合計を超えた場合には払い戻しを行ってもらうことができます。

高額医療費貸付制度

紹介したように高額療養費制度を利用すれば大きな金額が必要な入院などでも一定額以上は支払う必要がなく、家計には大きな助けになる制度となっています。

ただし払い戻しが行われるのは申請を行ってすぐというわけではなく、およそ3ヶ月後に払い戻しがされることになります。

というのも払い戻しを行ってもらうには支払ったと証明できる領収書などを提出する必要があり、提出後に審査が行われて問題なければ払い戻しという形になるからです。

なので払い戻しが行われはしますが、一旦高額療養費制度を利用しない金額を早くても支払った3ヶ月後に払い戻しということになるので、一時的とはいえ請求された金額全額を用意しなくてはいけないことになります。

まとまったお金をすぐに用意できないとなるとカードローンが必要になりそうですが、実はここでも国の制度を利用することで負担を軽減することが可能です。

その制度とは高額医療費貸付制度と呼ばれるものです。

この高額医療費貸付制度とは医療機関が発行した領収書のコピーなどを提出することで、高額医療費貸付制度で支給されるであろう金額の8割を無利子で貸してもらうことができる貸付です。

高額医療費貸付は申込から2週間~3週間程度で振り込まれることになるので、できるだけ早く申し込みを行い、必要があれば病院側に相談して支払いをそれまで待ってもらうようにしましょう。

高額療養費制度を利用したとき総量規制はどうなる?

先程も紹介したように、高額療養費制度を利用した際の払い戻しには早くても3ヶ月程度の時間がかかるので、高額な医療費は一旦自分で支払う必要があります。

高額医療費貸付制度を利用すれば無利子で8割り程度借りることは出来ますが、それを利用せずにカードローンなどで医療費を借りた場合には総量規制はどうなるか気になると思います。

何度か他の記事でも紹介したように総量規制には「除外」と「例外」になる案件があり、その場合はどちらも年収の1/3を越えての借り入れが可能となります。

高額医療費の場合は住宅ローンや自動車ローンのように総量規制の除外扱いになり、借入残高(どのくらいお金を借りているか)に加算されないので、カードローンを利用していた場合でもこれまでと変わらず利用することが出来ます。

これは医療費という生きるために必要なお金だからというのもありますが、高額療養費制度で貸したお金は返還されることになるので、担保があるからという見方もする事ができます。

また高額医療費貸付制度を利用した場合でも総量規制を気にする必要なく利用することができます。

というのも総量規制はあくまでも貸金業者から借りたお金に対して効力があるもので、今では銀行は自主的に総量規制と同等の規制を行っていますが、本来であれば銀行は法律的に総量規制を超える金額を貸しても全く問題はありません。

このように高額療養費制度も貸金業者からではなく国からお金を借りる制度なので総量規制について気にする必要は全くありません。

スポンサードリンク

保険適応外の場合

高額療養費制度や高額医療費貸付制度は入院時の負担を減らしてくれるありがたい制度ですが、前提として保険適応されている医療に対してのみ有効な制度です。

なので美容整形や最先端医療などの保険適用外のものにはこれらの制度は利用することはできません。

そのような場合は基本的にすべて自費として支払う必要があり、このような目的の場合にお金を借りたいという場合にはフリーローンがおすすめです。

もちろんカードローンでもカバーすることはできますが、目的のはっきりしている場合はフリーローンの医療ローンなどを利用したほうが金利が低くなる傾向になるので、金利を低く利用したい場合はフリーローンを利用したほうが良いでしょう。

医療・メディカルローンについて

保険適用外の医療費を借りるためにはフリーローンなどを利用したほうが良いですが、フリーローンでは年6%程度の金利が必要になることが多いです。

ですがより目的が明確なローンは金利が低くなっていることが多いので、できればフリーローンよりも医療ローンやメディカルローンでは3%~4%程度になっているものもあるので、利用できるならばそちらを優先するとより低金利で利用可能になります。

メガバンク3社にはフリーローンはありますが医療ローンはなく、フリーローン関係は地方銀行の方が充実している場合が多いので、お近くの地方銀行などを調べてみるといいかもしれません。

まとめ

以上が高額な医療費を支払う場合にはカードローンを利用するべきなのかなどについての紹介でした。

医療費は高額になりやすく、カードローンでも補うことは可能ですが、その分金利も多く発せしてしまい結果的に返済により大きな金額が必要になってしまうことになります。

なので保険が適応される場合はできるだけ国の制度で負担を軽減することができる高額療養費制度と高額医療費貸付制度の利用を第一に考えるようにしましょう。

保険適用外の場合はフリーローンや医療ローンなどを優先させ、カードローンは数万円程度の少額であれば利用を考えるくらいにとどめておきましょう。

怪我や病気は誰にでも訪れるリスクはあるのでまだ関係ないと思っているかたも知識として覚えておくだけでも安心感が違うと思うのでぜひとも覚えておきましょう。