ソニー銀行「カードローン」特徴まとめ

銀行

ソニー銀行はSONYや三井住友銀行などの出資により設立されたネット銀行で、カードローンは「カードローン」の1種類を展開しています。

ソニー銀行のカードローンはネット銀行特有の利便性の高さはもちろんの事さらに金利も他のネット銀行と比べると低く設定されています。

なので金利が低いネット銀行を探しているという方にとっては注目すべきカードローンとなっているので、そのソニー銀行カードローンの特長などについて紹介していくのでカードローン選びの参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

カードローンの商品概要

ソニー銀行のカードローン「カードローン」の詳しい商品内容は以下のようになっています。

利用条件
  • ソニー銀行に円普通預金口座を持っている方
  • 申込時満20歳以上65歳未満の方
  • 安定した収入がある方
  • 日本国籍または外国籍の方で永住権をお持ちの方
  • 保証会社の保証を受けられる方
使用用途自由(事業資金を除く)
契約期間1年(自動更新)
※満70歳まで
利用限度額10万円~800万円

10万円、20万円、30万円、40万円、50万円、60万円、70万円、80万円、90万円、100万円、150万円、200万円、300万円、400万円、500万円、600万円、700万円、800万円
金利年2.5%~13.8%(変動金利型)

利用限度額金利
10万円~50万円年13.8%
60万円~90万円年9.8%
100万円年9.8%
150万円年9.0%
200万円年8.0%
300万円年6.0%
400万円年5.0%
500万円年4.0%
600万円年3.5%
700万円年3.0%
800万円年2.5%
借入方法ATM借入れ
サービスサイト
テレホンバンキング
返済方法口座引落し
返済方式残高スライド元利定額リボルビング方式

借入残高返済額
10万円以下2,000円
10万円~20万円以下4,000円
20万円~40万円以下6,000円
40万円~60万円以下8,000円
60万円~80万円以下10,000円
80万円~100万円以下12,000円
100万円~150万円以下15,000円
150万円~200万円以下20,000円
200万円~300万円以下35,000円
300万円~400万円以下35,000円
400万円~700万円以下100万円増す毎に+10,000円
700万円以上70,000円
収入証明書が必要になる金額50万円以上
遅延損害金年14.6%
担保・保証人不要
保証会社アコム株式会社

以上がカードローンの利用条件や金利、利用限度額などの詳しい商品内容の紹介でした。

ソニー銀行「カードローン」の特徴

詳しい商品内容を紹介した後はカードローンの特徴などについて紹介していきます。

利用限度額は800万円まで

ソニー銀行カードローンの利用限度額は10万円~800万円で、利用限度額は通常では2.5%~17.5%に設定されています。

利用限度額の上限800万円は銀行カードローンの中でもトップクラスの金額の高さとなっているので、多くの金額を利用したいという方にとっても十分満足できる金額になっています。

金利については100万円以下の比較的少ない金額を借りる際に重要になる上限金利は年13.8%となっていて、銀行カードローンの平均は年14.5%程度なのでお得に利用する事ができます。

ネット銀行のカードローンでは消費者金融並の18%になっていることもあるのでネット銀行に限定するとはかなりの低金利と言えます。

一方で利用限度額の上限に近い金額をかりる際に重要になる下限金利は年2.5%でカードローンの利用限度額の上限800万円で同額の銀行カードローンでは年3.0%になっていることが多いので、年2.5%というのは平均よりも低い金利となっています。

なのでカードローンは上限金利であっても下限であっても幅広い方にとって利用しやすいカードローンとなっています。

店頭へ行かずに契約可能

カードローンはインターネットからの申し込みが可能となっていて、店頭へ行くこと無く契約を行うことが出来るようになっています。

ですが全ての手続をインターネットで行うことが出来るWEB完結には対応していないので、インターネットからの申込後に契約書類を郵送でやり取りする必要があり、WEB完結よりも時間がかかってしまいます。

銀行カードローンの中には店頭で契約を行わないといけないものもあるので、その場合は銀行窓口の営業している平日の15時までに店頭へ行く必要があり、忙しい人にとっては時間をとるのが難しいという方も少なくないと思います。

なのでカードローンはWEB完結ではありませんが、店頭へ行く必要が無いので便利な申込方法となっています。

カードローンを利用するにはソニー銀行の口座が必要になりますが、申込時に口座をもっていない場合でもカードローンと同時に口座開設の申し込みすることができるので、別途行う必要はありません。

即日融資は不可能

ネット銀行に限らず一部の規模の大きな銀行などではWEB完結を可能にしている銀行があり、その中には申し込んだその日の内にお金を借りることが出来る即日融資に対応していたカードローンも少なくありませんでした。

ネット銀行の場合は申し込みが主にインターネットからなので素早く申し込みから契約までを行うことができるので即日融資を売りにしているカードローンもありましたが、現在ではネット銀行を含め銀行カードローンの即日融資は不可能となっています。

というのも2018年1月から審査が厳しくなり反社会的勢力への融資を防ぐ為に申込者が反社会的勢力に属していないか1度警察のデータベースと照らし合わせる必要ができました。

その参照は銀行自体ができる訳ではなく警察に頼んで行ってもらうので時間が掛かり今までのように申し込んだその日の内に審査結果が出るというスピードを出すことが出来なくなったからです。

なので情報が少し古めの記事などでは即日融資可能となっていることもありますが、全ての銀行では即日融資は不可能と考えてもらっても問題ありません。

ですが即日融資が不可能なのは銀行のカードローンだけで、消費者金融のカードローンは今まで通りに即日融資が可能となっています。

初回振込融資に対応

カードローンからお金を借りる方法としてATM借入れがありますが、ATMからお金を引き出すにはローンカードが必要になります。

ATMからお金を引き出すのに必要になるローンカードは契約後に郵送されてくるので、手元に届くまで基本的にお金を借りる事ができません。

ローンカードが手元に届くまで利用できないというものも多いですが、銀行カードローンの中には振込融資に対応しているものがあり、カードローンも振込融資に対応しています。

振込融資というのは、ローンカードが手元に届いていない状態であっても振込融資に対応しているカードローンであれば、契約時に銀行にお願いすることで直接口座に金額を振り込んでくれるので、ローンカードが手元に届く前にお金を借りることが出来るサービスの事です。

カードローンはその振込融資に対応していて、契約後の初回限定ですが申請を行えば契約したその日の内にソニー銀行の口座だけでなく、指定の銀行口座に振り込んでもらうことが可能です。

なので即日融資までの早さではないですが、ローンカードが届くまで待つ必要がないので早く借りたいという方にとってはありがたいカードローンとなっています。

返済額は2,000円から

カードローンの返済額は借りているお金の残高が10万円以下の場合は毎月2,000円からとなっているので、毎月の返済額が少なく家計の負担になりにくく気軽に利用することが出来るようになっています。

気軽に利用することは利点ではありますが、逆を言うと毎月の返済額が少ないという事は完済するまでの期間が長くなるという事で、期間が長くなるとその分利息を多く支払う必要があります。

なので出来るだけ支払う利息を抑えたいという場合は毎月の返済額に加えて繰上げ返済を行うことが重要になります。

繰上げ返済とは随時返済とも呼ばれ、毎月の返済額に加えてお金を振り込むことで、より早く借りている金額を減らすことができる返済方法です。

毎月の返済額はその中から利息分を引いた金額が返済金額となるので、毎月支払っている金額が全て借りている金額の返済に充てられているわけではありません。

ですが繰上げ返済を行うと繰上げ返済で支払った金額はそのまま全て借りているお金の返済に充てられるのでより素早く借りている金額を減らすことができます。

なので支払う利息を減らしたいという場合は毎月の返済だけでなく、無理のない程度に繰上げ返済を行うようにしましょう。

サービスサイトとテレホンバンキングで借入れが可能

ソニー銀行カードローンでじゃサービスサイトとテレホンバンキングでお金を借りることが出来るようになっています。

他ではあまりきかないサービスサイトとテレホンバンキングですが、サービスサイトはインターネットバンキングのようなもので、ソニー銀行のサイトからログイン金額を入力することでソニー銀行の口座に入金されるという仕組みの借り方です。

テレホンバンキングは他ではあまり見られない電話での借入れで、カスタマーセンターに電話を掛けお金を振り込んでもらう事が出来る借り方です。

また毎月の返済はソニー銀行口座からの口座引落しのみですが、繰り上げ返済を行う場合はサービスサイトとテレホンバンキングからでも行うことができます。

なので借入れから繰り上げ返済までいつでも外に出ること無く手数料無料で行うことが可能な便利な方法となっています。

パート・アルバイト・年金受給者の方も利用可能

カードローンを選ぶ際に消費者金融は審査に通りやすくて、銀行は審査に通りにくいというイメージがあると思いますが、銀行のカードローンであってもパート・アルバイト・年金生活者の方であっても利用できるカードローンが存在します。

カードローンでもパート・アルバイト・年金受給者の方も利用可能となっています。

パート・アルバイトの方たちはそれほど収入が多いわけではないので、借りる事ができる金額は低くなりがちですが、その際に重要になってくるのは上限金利です。

その上限金利は消費者金融のカードローンと銀行カードローンの平均を比べると4%近く差があり、数百万円借りる際に重要になる下限金利よりも大きな差があります。

なので少額のお金を借りる時こそ銀行カードローンを利用するのがお得になるので、パート・アルバイトなどの方も消費者金融カードローンだけでなく銀行カードローンも選択肢に入れてみましょう。

金利は変動金利型

カードローンの多くは固定金利型といって基本的には金利は一定となっている金利方式を採用していますが、金利が低めのカードローンで採用されていることが多い方式が変動金利型です。

この変動金利型は固定金利型のように金利が一定ではなく、年に2回程金利の見直しが行われるので金利が変わっていく金利方式となっています。

住宅ローンや自動車ローンでは契約時の金利が適応されて金利が変動しても金利は変わらないというプランもありますが、カードローンでは金利が変更されると契約後であっても、カードローンの金利に反映されることになります。

ですが一気に数%の金利が上昇するといった金利が極端に上がり下がりすることは基本的にないので、それほど気にする必要はないかもしれません。

コンビニATM手数料無料で利用可能

ソニー銀行のカードローン店舗をもたないので自社ATMはなく、全国のコンビニATMなどを利用してお金を引き出すことになります。

銀行カードローンでもコンビニATMなどを利用してお金を借りることは出来ますが手数料が必要であったり、無料であっても平日のみであったり時間が決められている場合がほとんどです。

ですがカードローンであればコンビニATMやゆうちょ銀行などでATM利用可能時間であればいつでも手数料無料で利用することが可能となっています。

そんなカードローンで利用できるATMは以下のようになっています。

手数料無料ATM

セブン銀行
イオン銀行
イーネット(借入れ月4回まで無料)
ローソンATM(借入れ月4回まで無料)
ゆうちょ銀行(借入れ月4回まで無料)
三菱東京UFJ銀行(借入れ月4回まで無料)
三井住友銀行(借入れ月4回まで無料)

全国から申込可能

店舗型の銀行の場合は本店や支店がある地域に住んでいるか、勤務していないとカードローンに申し込む事ができないという場合も多いですが、ネット銀行であれば店舗がないので日本中どこからでも申し込むことができます。

返済も口座引落しと全国のコンビニATMなどからできますし、現金を引き出すのもコンビニやゆうちょ銀行から行うことができるので、店舗がないネット銀行でも便利に利用することが可能となっています。

なので自分の地域の銀行で納得いくカードローンが無いという場合はネット銀行を検討してみてはいかがでしょうか。

ソニー銀行カードローンの評価まとめ

以上がソニー銀行「カードローン」の詳しい商品内容と特徴などの紹介でした。

カードローンは他のネット銀行と同様に利便性の高いカードローンとなっていますが、最も大きな特徴は金利の低さです。

ネット銀行の場合は銀行カードローンというより消費者金融のカードローンに近い金利となっている場合も多く、多くの方が利用するであろう上限金利が18%程度という高い数字になっていることもあります。

ですがカードローンであれば年13.8%と銀行カードローンの平均よりも低い金利になっているのでとてもお得に利用することができます。

なので利便性と低金利両方あるネット銀行を探しているという方にはぴったりのカードローンとなっています。